七つの黒い夢 (新潮文庫)

  • 2150人登録
  • 3.07評価
    • (47)
    • (137)
    • (678)
    • (105)
    • (30)
  • 246レビュー
  • 新潮社 (2006年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101281513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

七つの黒い夢 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • amazonのカスタマーレビューが低かったので、全く期待せずに読んだのが良かったのかもしれない。
    思ったより面白かったし、かなり読みやすい。
    でもタイトルからもっと怖い短編集かと思った。
    乙一と北村薫がおすすめです。

  • 夢や天使など現実でないものをテーマとしたアンソロジー。とはいえ、主人公が異世界へ引き込まれる、というような話は少ない。
    設定を無理やり文中で語ったり、主人公が興味深々のことにこっちは全然興味を持てなかったり、話の構成が私にはあまり好きでないものが多かった。短編は読む方も難しい。

  • 面白くない。怖くもない。読後感悪し。
    一番怖いのは恩田さんの赤い毬。見につまされる。

  • ●誉田哲也さんの「天使のレシート」
    後味悪すぎで良かった。
    ●西澤保彦さんの「桟敷がたり」
    死人が出ないのに人間の怖さがひしひしと伝わってくる作品だった。
    ●岩井志麻子さんの「哭く姉と嘲う弟」
    黒い夢を見た男の話。怖いというより哀しい。

  • 乙一さん他、今も一線で活躍されている方々の短編集。ホラー?というほどでもないけど、サスペンス?なのかなぁ。どの作家さんも長い話を読んでそのストーリー展開が上手い人なので、どうもすっきりしない話ばかりでした。どう読んだらよいのかオチが分からない物もあり・・・。西澤さんの「桟敷がたり」が良かったくらいかな。

  • 天使のように美しい顔をした私の息子。
    幼稚園児の彼が無邪気に描く絵には、想像を絶するパワーがあった。
    そしてある日――。
    乙一の傑作「この子の絵は未完成」をはじめ、恩田陸、北村薫、岩井志麻子ら、新感覚小説の旗手七人によるアンソロジー。
    ささやかな違和感と奇妙な感触が積み重なり、遂に現実が崩壊する瞬間を描いたダーク・ファンタジー七篇。
    静かな恐怖を湛えたオリジナル文庫。

  • 作家陣を見て、ホラー短編集かと思ってよんだけれど、期待外れ。
    これだけミステリ作家が集まっているのだから、もっとゾクゾクしたかった。

  • ちょっとダークな感じの話が集まったアンソロジー。作家名だけ見てハズレなしと思って読んだけど、どの話も良かった。さすがです。

    ・この子の絵は未完成/乙一
    乙一フリークなんですが、この話は初見でした。うっかりしてた。
    絵を描くとその絵に描いたものの香りが漂ってくるという才能(?)を持つ幼い男の子。その母親の視点で話が語られる。
    母親は息子が奇異の目で見られるのを防ぐために家の外でのお絵描きを禁止するけど、ある時幼稚園に来られなくなった友達の家に遊びに行った息子は、そこで禁じられたお絵描きをしてしまう。
    ダークな内容かと思ったけど、思いの他心温まる話だった。
    乙一なのでいつスプラッタがでてくるのかとビクビクしながら読んでた私、胸を撫で下ろす(笑)。

    ・赤い毬/恩田陸
    赤くてきれいな毬。それをついていたのは主人公の祖母。もうこの世にいないはずの…。
    そして「この毬は女の子が付き続けるもの。でもまだあなたはこの毬をつく番じゃない」と言う。
    毬が何を意味しているのかは想像するしかないけど、「素敵怖い」雰囲気漂う不思議な話でした。

    ・百物語/北村薫
    飄々としてない北村薫。
    タイトル通り、怖い話を終えた後の闇に、本当の怖いものがしのんでいる話。
    本当にオーソドックスだけど、引き込まれてしまう。

    ・天使のレシート/誉田哲也
    最初は「やれやれ主人公系ラノベ」のような語り口で話が進む。あれよあれよという間に「天使さん」のスケールが大きくなり、しまいにはSFのような設定に。そしてラストは結局、妹助からず…。余りにもあっけないというか「嘘だろ!」というようなラストシーンに驚愕している間に、バサリと幕が落ちる。

    ・桟敷がたり/西澤保彦
    自分勝手に恨みを抱いた人の悪意を、主人公が解き明かしていく話。
    「こんなことで恨んで、こんな迷惑千万な悪戯しちゃうのかい!」という…。その理不尽さが味な話だと思いました。

    ・10月はSPAMで満ちている/桜坂洋
    初読みの作家さん。
    もうSPAMが食べたくなって仕方なかった話。
    主人公の請け負っている業務以外、黒い箇所はかじられず、むしろおっさんたちがこぞって猫にエサやってたと言う妙におかしみのある結末。
    これ、シリーズにでもなってるんですかね。読みやすくて面白かったです。

    ・哭く姉と嘲う弟/岩井志麻子
    嫁入りした姉に語り掛ける弟、というスタイル出話が進む。
    弟は、昔姉に寝物語で話してもらった奇妙な話の思い出を語る。
    この姉と弟の関係がどうにも危ういなぁ……。
    そう思って読んでたら、ラストでこの話をしていた男の身の上が別の視点から語られる。
    妄想なのか過去の思い出なのかわからないけど、男の心が生きている世界はこことは違ったようだ…。

  • 2016年4月22日読了。「夢」をテーマにした7人の作家によるアンソロジー。見知った作家ばかりなのと、薄くてすぐ読めそうな本だったので期待したが、乙一・北村薫の作品はさすがの手腕で心に「ぞわっ」とした感じが残ったが、後の作家の作品はイマイチ。「夢」なんていくらでもお話を広げられそうなテーマだと思うが、かえってふわっとして取り組みが難しいのかねえ・・・?

  • 【通りすぎてしまう位の違和感の先】

    なんでこんなに安いんだろうって位充実した内容(定価400円)。本の適正価格について本当に疑問を感じる。

    ダークファンタジーに看板に偽りあり、内容には間違いはなし。

    アンソロ嫌いでも抵抗なく読めた。変な先入観を持たない方がいい。

  • 色々な作家さんの作品が載っているので、初めて乙一作品を読めたり出来て面白かったです。
    恩田陸さんにつられて読んでみたのですが、言うほどホラーでもなく、不思議な話が多かったように思います。

  • 乙一、恩田陸、誉田哲也はお馴染みですが他は初めての作家さん。乙一はちょっと前に読んだアンソロジーでダントツに怖かったので覚悟を決めて読んだもののそれほど怖くはなかった。むしろ胸がキュンとなるいい話。この中で一番よかった。

    ここに書かれている短編は「黒い夢」がテーマとあってなんとなく怖い雰囲気はある。けれど、それほど怖くはない。西澤保彦の「桟敷がたり」は現実的だけど人間の怖さ?いやらしさが最もよく描けててよかった。

  • 7人の作家さんによる短編集
    くくりとしては「ダークワンタジー」らしいけど
    うーん、それほどでもないかも(笑)

    現実からちょっと踏み出した感くらいかな?

    乙一の「この子の絵は未完成」がいちばん好き♪

  • 2015年、14冊目はアンソロジー。

    ダーク・ファンタジー??

    う~ん……。

    先に読んだ『七つの死者の囁き』がソコソコ良かっただけにね……。

    乙一「この子の絵は未完成」
    ファンタジーではある。ただ、ダークかな??

    恩田陸「赤い毬」
    コレもファンタジーではあるが、あまりダークは感じない。

    北村薫「百物語」
    最もテーマには則していると思える作品。もぅ少し分量があれば……、と思わされた。

    誉田哲也「天使のレシート」
    ラノベ版ターミネーター。ラノベ的な部分は別として、上位概念モノを打ち破るのか?と思いきや、結局、上位概念がカラスで保険かけてただけ。

    西澤保彦「桟敷がたり」
    ファンタジー??後付けミステリーじゃないの?話(出来事)が大き過ぎて入り込めず。

    桜坂洋「10月はSPAMで満ちている」
    「グレーゾーン」(笑)。言葉遊び的作品。このテーマで無ければ、★3なんだけど……。

    岩井志麻子「哭く姉と嘲う弟」
    ファンタジーではないが、ダーク。独自の世界観で、評価し難い。この量ではコレが限界なのかな?

    全体的に読みやすくはあるが、ソレだけ。(特に後半の)並びもシックリこないし……。最高で★3、全体的に★2~2.5の作品ばかり。単独作読みたいと思わせてくれる作家もナシ。

  • 7人の作者がそれぞれ短編を書いたのを集めた本。あまり黒さは感じなかった。乙一のは黒というか不思議系の話。誉田哲也のは著者の短編集にもあった話だがあの話が一番インパクトのある黒の話だったなと思った。

  • ダークファンタジーだったのか?
    でも楽しめたw

  • 乙一さん・北村薫さん・桜坂洋さんの話は面白かった。でもタイトルとは違う印象ばかりだった。

  • アンソロジー。
    ちょっと暗めの話ばかり。
    ジャンルで言うと、ダーク・ファンタジーらしい。
    特別いいってのはなかった。一作を除いてそこそこよかった。

  • この子の絵は未完成★★★☆☆
    赤い鞠★★☆☆☆
    百物語★★★☆☆
    天使のレシート★★★★★
    桟敷がたり★★★★☆
    10月はSPAMで満ちている★★★★☆
    哭く姉と嘲う弟☆☆☆☆☆

    誉田哲也さんの天使のレシートは好きな話だった。神に抗おうとして結局は神の思い通りという感じ。
    桜坂洋さんの話も、謎解きという感じで面白い。

  • 2014/9/11(木曜日)

  • 七人の作家によるアンソロジー。
    ホラーものかと思ったら、すこしぞっとするような不思議な話という感じ。相性もあるのだろうけど、個人的には前半はおもしろかったけど、後半はイマイチ。

    この子の絵は未完成/乙一 ★3
    赤い毬/恩田陸 ★3
    百物語/北村薫 ★3
    天使のレシート/誉田哲也 ★2.5
    桟敷がたり/西澤保彦 ★2
    10月はSPAMで満ちている/桜坂洋 ★1
    哭く姉と嘲う弟/岩井志麻子 ★2

  • タイトルと装丁からホラーを予想していたがちょっとダークで不思議な話、という感じだった。
    北村薫さんの「百物語」が定番の怪談っぽくて面白かった。
    あとは岩井志麻子さんの「哭く姉と嘲う弟」が印象的。

  • 七人の作家によるアンソロジー。

    この子の絵は未完成 乙一


    赤い毬 恩田陸


    百物語 北村薫


    天使のレシート 誉田哲也


    桟敷がたり 西澤保彦


    10月はSPAMで満ちている 桜坂洋


    哭く姉と嘲う弟 岩井志麻子

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    天使のように美しい顔をした私の息子。幼稚園児の彼が無邪気に描く絵には、想像を絶するパワーがあった。そしてある日―。乙一の傑作「この子の絵は未完成」をはじめ、恩田陸、北村薫、岩井志麻子ら、新感覚小説の旗手七人によるアンソロジー。ささやかな違和感と奇妙な感触が積み重なり、遂に現実が崩壊する瞬間を描いたダーク・ファンタジー七篇。静かな恐怖を湛えたオリジナル文庫。

    【キーワード】
    文庫・アンソロジー・ホラー




    +1++1

全246件中 1 - 25件を表示

七つの黒い夢 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする