片想い (新潮文庫)

  • 26人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中島みゆき
  • 新潮社 (1987年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101283043

片想い (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2017年2月5日購入。

  • 【目次】
     いらっしゃいませ
     あの中島みゆきのかくされた実態!!(高倉マサオ)
     ふだんは無口なふたりです(所ジョージ)
     会いたかった! 酒酔い仲間(根津甚八)
     みゆき奴隷度テスト
     ハッピーエンドは不安すぎる(勝新太郎)
     プラトニック・ラブ(吉行淳之介)
     女は愛などほしがらない。ねっ!(高橋三千綱)
     四日違いで生まれたから(村上龍)
     アカルイ・クライで分けないで(松任谷由実)
     みゆき・ザ・コミック(河島北京・高倉マサオ)
     美貌に頼らない人生でよかったと思うの(桃井かおり)
     似た者同士の歌作り(河島英五)
     いい音楽はシットさせる(岩城宏之)
     萬流コピー塾「独身のススメ」(糸井重里・春風亭小朝)
     詞と重なって見返り美人(村松友●)
     眼鏡騒動(呉智英)
     悲しみ歌うたい(田家秀樹)
     のう・さんきゅう
     エデンの乳房
     豚の目
     バイオグラフィ
     ディスコグラフィ
      解説(氷室冴子)

全2件中 1 - 2件を表示

片想い (新潮文庫)の作品紹介

デビューしてから12年、心に残る歌をたくさん届けてくれた中島みゆき。彼女のもうひとつの魅力は、素敵な人たちとの楽しいおしゃべりです。お相手はユーミン、村上龍、所ジョージ、勝新太郎…と豪華絢爛。恋、音楽、そして人生-。話題は無限に広がります。詩とエッセイはもちろん、マンガも収められています。傑作トークを中心に、あなたもみゆきの足跡を辿ってみませんか?

ツイートする