マネー資本主義―暴走から崩壊への真相 (新潮文庫)

  • 154人登録
  • 3.85評価
    • (11)
    • (20)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 新潮社 (2012年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101283722

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
池井戸 潤
伊賀 泰代
東野 圭吾
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マネー資本主義―暴走から崩壊への真相 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  18世紀は蒸気機関などの科学の発明と発見、20世紀は大油田の発見と内燃機関の発明、そして人々は大量生産システムの開発に明け暮れる。ここまでは実体経済で資本主義を語ることができた。しかしながら21世紀になると、世界経済を牽引するのは実体経済を伴わないマネー資本主義にとってかわられた(P250参照)

     それを支える金融工学についての説明「株価や為替の変動などのリスクを科学的にコントロールする技術」である。この金融工学の公式を利用して投資商品の値動きのリスクに投資家が対応できるようになった(その様に思っていただけ)開発者はノーベル経済学賞を受賞する。

     だが、その危ういモノの正体はリーマンショックで暴かれることになる。人工知能に為替取引をさせようとする試みもたぶん失敗におわるのか(笑

  • 今回のリーマンショックを4つのアクターの視点から描写している。
    ①CDSなどの金融商品を開発し、実際に販売した投資銀行側の視点
    ②高金利を求めCDSを求めた生保・損保・一般顧客
    ③景気回復のために超低金利政策を続けたけった金余り状態にさせた政策当局
    ④CDS開発を原動力となった金融工学、及びクオンツ。

  • 株価が上がってけっこうですが、アヘノミクスというか日銀のじゃぶじゃぶ戦略はどう見ても怪しいので、ちょっと前の金融危機を振り返っとこうと思って読みました。結果、みんな懲りてないだけということが良く分かりました(笑)。

    2008年のリーマンショックを、投資銀行、アメリカの金融財政政策、投資家やヘッジファンド、金融工学者のそれぞれの立場から振り返ったNHKスペシャルをまとめたもの。金融危機の内実が良く分かるだけでなく、読み物としてスリリングで面白い。

    NHKってこういうすばらしい番組を作ってくれるし(民放では無理)いいんですけど、最近の報道は政府の都合優先でとても残念ですね。

    さて戦後70年、アメリカによって心も自然も社会も目茶苦茶にされた日本はこれからどうなるんでしょうか。

  • NHKスペシャルの書籍化。近年稀に見るすごく良質な特集だったけど、インターネットでは観れない章もあったので。

    リーマンショックは表面的にはサブプライムローンの崩壊に端を発すると説明されるが、その説明をCDOだけに求めるのは教科書的であり実践的な話にならない。大学生が教科書の内容を「知っている」ようなものだ。

    ここでは、そもそもサブプライムローンのバブルがどういった歴史的下地を経て崩壊に至ったかという背景を、80年代まで遡って様々な角度から検証しており、内容が濃い。

    大別すると以下の4つの視点からそれぞれ整理されており、リーマンショックとは歴史・政治・システム・人間の本能などなどが複雑に絡み合って起こったものであり、決して単純な何かが発火した訳ではないことが分かる。

    1.投資銀行の競争激化
    2.金融財政政策による超低金利と量的緩和に伴う世界規模の金余り
    3.年金基金をはじめとする投資家、ヘッジファンドのマネーゲームへの参加
    4.金融工学の限界

  • リーマンショックに当たっては、ウォール街の愚かさ、強欲さがその原因とされているのが一般的な理解だが、その裏にはストーリーがあり、これは正しいとはいえない。
    特殊な一部の人間が暴走したわけではなく、私たち一人一人が、高い利回りを求める、という、たとえばインターネットである商品の最安値を検索するような、消費者行動(投資家行動ですらない)ところが、根本的なスタートになっている。
    また、企業年金や基金など、高い利回りを約束する契約制度を、市況の変化に対応が遅れた、ということも一因としてあげられる。
    いずれにしても、リーマンショックの原因は、投資行動を行った人間全員にあり、損失を受け、被害者の顔をしているのは、矛盾している点があることがわかる。

  • 2008年のリーマンショックの原因究明をすべく、数百人に及ぶ関係者へのインタビューをもとに作成したNHKの番組をもとにした本。
    この金融危機は、多岐にわたる原因が複雑に組み合わさり、さらに必然と偶然が繰り返されて起こったものらしい。その中でも主要な原因を以下の4つに絞ってまとめている。
    ①投資銀行(サブプライムローンなどを商品化)
    ②アメリカの金融政策(超カネ余りを引き起こし放置した)
    ③年金基金やヘッジファンド(マネーゲームのプレイヤー)
    ④金融工学者(複雑でリスキーな金融商品を開発)
    投資銀行の社員の中にも、当時の方針転換をおかしいと指摘していた者もおり、また、金融工学者の中にも疑念を持ち離れていった者もいたという。
    顧客である年金基金は、この前にあったITバブルの損失をカバーすべく、積極的に投資していったらいい。
    キーワードとして登場してくるのは、それぞれの「強欲 greed」ではあるが、それだけでは説明できない何かが、経済や政治の世界に欠けていることの問題を強く感じた。

  • とめられないマネー資本主義のメカニズムと当事者たちの証言がよくまとめられている。資本主義もまだ完全無欠ではないことを思い知った。

  • TV版を書籍化したものだが、TV版そして本著共によく解説されていると思う。
    インタビュー記事も添加されており、サブプライム危機とリーマン・ショックを経るマネー資本主義についてしっかり理解できる内容だと思う。

  • 金融危機に陥るまでの金融商品の起源や流れが書かれている
    読み物として非常に面白い

  • あらためて時代を振り返って見る本。日本人とアメリカ人の意見の違いが面白い。

  • リーマン・ショックから遡り、マネーの暴走の奇跡を追う。記憶に新しい時代の経済史であり、今の時代、これからの経済の進む道を考える上でも刺激になった。

  • リスクを分散し、より多くの人がリスクを負担し合う金融工学の仕組みが、逆にリスクを拡散させ、まるで関係がないと思える人々に影響を与える。

  • テレビで放送していた内容を文庫化したもの。現在のマネーゲームになるまでを分かりやすく書いている。非常に興味深い。

  • テレビで一部見たので読んでみる。
    名前が残ってしまったリーマンが気の毒なほど、企業、人の欲、国政、実態を失った技術、計算上の数値の争い、遊び、リスクの分散という名の無責任の複雑な絡み合いが、切り取られている。
    ある意味ミステリーを読んでいるかのよう。
    そして、多分予言の書になるのだろうね。

  • 金融工学とはリスク分散の仕掛けか。なるほど。面白かった。

  • 良著。サブプライム金融危機が四つの視点から語られている。投資銀行、マクロ経済と金融政策、年金、金融工学。
    歴史と共に語られていて、読んでいる中で色々なキーワードが繋がっていく。
    CDO,CDSからグリーンスパンのやってきた事、投資銀行が何故そこまで利潤を求めたのか、年金基金は被害者なのか、金融工学の先駆者達の話など、とても面白かった。
    オススメ。

  • 以前TVで見た時に、なかなかおもしろかったので、本も購入。

    グリーンスパンが、金融政策でバブルをうまく処理してきた結果、
    バブルに対して人々へモラルハザードが広がっていったというのは
    なんとも複雑な結果だなあと思う。

    うまく処理することはいいことなんだけど、うまく処理をし続けた結果、
    その事実がリーマン・ショックを引き起こした要因になった。
    じゃあ、うまく処理しなければよかったのかといえば、そうでもないし。

    低金利の日本がリーマン・ショックに与えた影響はそれなりにある。
    リーマン・ショックによる金融危機はは対岸の火事ではなく、
    自分たちが放火した本人でもあり、被害を受けた本人でもあるということ。

    だからといって、自分たちがどうすればよかったかといえばどうにも出来なかったのだけれども。

    ウォール街のモラルハザードは避難されるべきだとは思うが、
    自分たちも気づかないうちに小さな加害者だったことは忘れてはいけない。

  • リーマンショックに至った経緯を、投資銀行、金融財政政策。ヘッジファンド。金融工学者などのインタビューで振り返る。
    さすがNHK。よくわからない部分もいい意味でぼかして本質(とNHKがしたい所の)的な結論へ持っていく。
    抽象的な事象を数字で表現することへの情熱で生きているような、金融工学者の話が一番おもしろかった。

    が、でも放送が2009年だっただけに、話題やトーンに今更感がぬぐえない。当時テレビで見た記憶のある話もいくつかある。
    それだけこの3年間で世の中が色々変わってしまったともいえる。
    もっと早く文庫化してほしかった。

  •  2008年のリーマンショックがなぜ起こったかをコンパクトにまとめている。1.投資銀行2.アメリカの超金あまり3.年金マネー4.金融工学の4つ流れで説明してある。
     基本的な解説書では最適である。

全20件中 1 - 20件を表示

マネー資本主義―暴走から崩壊への真相 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マネー資本主義―暴走から崩壊への真相 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マネー資本主義―暴走から崩壊への真相 (新潮文庫)の作品紹介

世界を大恐慌という崩潰の淵に立たせた2008年秋のリーマンショック。何が"百年に一度"の危機を招いたのか。怪物のような金融商品を作った天才たち、年金基金の役回り、「超金余り」現象を生んだ背景…日米政府関係者やウォール街のトップら当事者の肉声が浮き彫りにした「失敗の本質」。出口なき経済昏迷の元凶を明らかにして、大反響を呼んだNHKスペシャル同名番組の文庫化。

ツイートする