神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)

  • 81人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 奥泉光
  • 新潮社 (2011年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101284224

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 達者な文章、変幻自在な文体、深遠なテーマ、さすがだなあ・・・とは思うものの、上巻読んでついていけるか心配になった。だけど、時空が歪みだしたあたりから、何故か読むスピードに勢いがついてきたみたいに思う。果てしなく広がるような風呂敷、ちゃんと畳んでくれるんでしょうね・・・と、不安になりつつ下巻へ。

  • 本屋さんで平積みされてた本
    本と目が合う瞬間がある本屋さんは私には絶対に必要だなと思います
    上下巻で上巻を読み終え、上巻は面白かったです
    悲惨な部分をぼかして、「ご想像におまかせします」と言われる方が底なし感があると思うのですが、そこにぷっと笑える要素も組み入れていて、とってもシュールですが面白いです
    深くなった謎がこれから下巻で暗黒色になり、それをどうほぐすのか楽しみです

  • これだけ長くひっぱってひっぱって、意味ありげなものいっぱい出して、なんだなんだと思わせておいて、で、とどのつまりの種明かしがこれ?
    ってのは奥泉さんの小説を読んでいつも思うことなんだけど、この作品はそれがなおいっそう強かったなぁ。。。なんたって上下巻だもんなぁ。費やした時間と、その結末を見たときの満足感が全然つりあってないわ!! まあ今にして思えば途中からすでに破綻は始まっていたのだけれどもね。。。いつもの奥泉節を味わうにはいいけれど、結果を求めてはいけない作品です。
    真の日本人は死に絶えたのか?今の日本は本当に日本といえるのか?テーマが深遠なだけに、無意味な長さと破綻した物語が残念でした。

  • 2011/7/31 Amazonより届く。

  • 奥泉光の作品には興味がある。面白いし、純文學をはみ出した趣も感じてしまう。芥川賞受賞作品である「石の来歴」こそ読んでいないが、多くの作品に触れた。桑幸シリーズも、ミステリーを髣髴とさせる「吾輩は猫である殺人事件」や「グランドミステリー」等々…。
    この作品も飽きさせることは無いと確信している。

全5件中 1 - 5件を表示

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)はこんな本です

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)の単行本

ツイートする