別府・国東 殺意の旅 (新潮文庫)

  • 30人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 新潮社 (1995年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285085

別府・国東 殺意の旅 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 内容紹介

    レイプ犯の汚名を着せられた西本刑事。罠の存在を嗅ぎつけた十津川警部は、逮捕された部下の西本を救うため、必死の捜査を続ける。

    内容(「BOOK」データベースより)

    小雨降る深夜、赤いレインコートの女が倒れていた。西本刑事は、自宅前で偶然、その女を発見、119番通報するのだが、逆にレイプ犯として告訴されてしまう。「現職刑事がレイプ」と騒ぎ立てるマスコミ。十津川警部は、罠の存在を嗅ぎつけ、部下の西本を救うため立ち上がった。しかし、二重の罠が西本を殺人犯に仕立て上げる。十津川警部の捜査線上に浮かんだ犯行グループの狙いは。

    内容(「MARC」データベースより)

    警視庁捜査一課十津川警部の部下である西本刑事は、ある夜、自宅マンション前で意識不明の女性を救護した。しかし意識を取り戻したその女性は西本を監禁・暴行罪で告発するという。これは罠かもしれない…。十津川警部の東奔西走が始まる。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

    著者について

    1930年東京都生まれ。トラベル・ミステリーの第一人者。65年『天使の傷痕』で第10回江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞、2005年、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。著作は560冊を超えた! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    西村京太郎 1930年東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

    本の感想
    (オフィス樋口Booksより転載、http://books-officehiguchi.com/archives/4725728.html

    十津川刑事の下で働いていた西本刑事が女優の新谷みやこの殺害現場にいたところから始まる。

    西本が監禁及び暴行罪で告発された。大分県の国東半島を旅行しているときに逮捕される。取り調べでは当初から罠にはめられたと容疑を否認。十津川警部も罠にはめられたと感じて、西本の罪を晴らそうとするために奔走する物語である。

    最終的に西本の無罪が証明される。

  • 罠にはめられた部下を救うために奔走する十津川警部。
    終盤は良い意味で強引だった。
    でもこんな方法で追いつめられる方はたまらんな。

  • 別府方面も旅行で回るので、こっちも借りて見ました。
    まぁ、旅行の参考には基本的にならないだろうなって分かってますけど(笑)
    マンション前で倒れていた女性を介抱してあげた現職刑事が、その女性にレイプ犯として訴えられる。
    しかもほとぼりが覚めるまで別府へ旅に出たのに、なぜかその女性が同じく別府で殺害された。
    その犯人として逮捕された刑事を助けるために、十津川警部が出てくる。
    あれ?こないだ読んだゆふいんの森の方も誤認逮捕でその疑いを晴らす話だったぞ、と。
    たまたま選んだ2冊がたまたまそういう話だったのか、西村さんの話ではそういうパターンが多いのかどちらでしょうか?
    でもこれも最終的にすっきりと読めておもしろかったです。

  • 刑事の自宅前で赤いレインコートの女が倒れていた。119番通報するのだが、逆にレイプ犯として告訴されてしまう。騒ぎ立てるマスコミと二重の罠が刑事を殺人犯に仕立て上げる。

  • 警官が罠に嵌って犯罪者として取り上げられる。
    取材を逃れるためにでかけた別府で,
    殺人犯に仕立て上げられる。

    西村京太郎作品の面白さの1つだ。
    刑事が犯罪者としてでっちあげられる。

    十津川警部は必死で防戦する。
    真犯人を探し,追い詰める。

    専門家としての意地と,人間としての意地がからみあう。

    違法とも思える捜査方法も,
    十津川警部の透明感のある人柄から,
    嫌味に写らないとことがよい。

  • 平成10.3.5 5刷 514
    小雨降る深夜、赤いレインコートの女が倒れていた。西本刑事は、自宅前で偶然、その女を発見、119番通報するのだが、逆にレイプ犯として告訴されてしまう。「現職刑事がレイプ」と騒ぎ立てるマスコミ。十津川警部は、罠の存在を嗅ぎつけ、部下の西本を救うため立ち上がった。しかし、二重の罠が西本を犯人に仕立て上げる。土津川警部の捜査線上に浮かんだ犯行グループの狙いは?

全6件中 1 - 6件を表示

別府・国東 殺意の旅 (新潮文庫)はこんな本です

別府・国東 殺意の旅 (新潮文庫)の文庫

別府・国東 殺意の旅 (新潮文庫)の新書

ツイートする