花宵道中 (新潮文庫)

  • 2027人登録
  • 4.14評価
    • (301)
    • (306)
    • (132)
    • (23)
    • (6)
  • 303レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 新潮社 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
和田 竜
宮木 あや子
有川 浩
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

花宵道中 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 哀しい遊女の生き様。安達祐実さんがそれまでのイメージを一新した、って言われてるけど原作通りならそれにも納得。大奥で公家のお姫様演じてたときも和装似合ってたもんなぁ。男を信じては馬鹿を見る、そんな世界でも恋した方が幸せか…。映画、見てみたい。

  • 章のタイトルからすごい好き。花宵道中、薄羽蜉蝣、青花牡丹、十六夜時雨、雪紐観音、大門切手。目で見ると日本語って綺麗だなーと思うよね。それだけじゃなくて声にして読んでみて。はなよいどうちゅう、うすばかげろう、あおはなぼたん、いざよいしぐれ、ゆきひもかんのん、おおもんきって。音程やリズム、舌と唇の動きが心地よい。これだけですごい満足した。
    文章も巧いなー!これも声に出して読みたくなる日本語ですね。特に各章一行目は作者さんもかなり苦心したんじゃないだろうか。それぞれの章で印象に残るシーンがある。
    心情の表現もどきどきしちゃう。「見ないで、でも目を瞑らないで。」。読んだ時衝撃を受けたよね。
    話としては、どうなんだろう。時代小説素人、少女漫画はかじる程度、の身としては普通に面白く読めた。小さな世界の驚く人間関係とか、その心情を想像しては震えていたのだけど。吉原とか大奥とかの話を好きな人には陳腐になるのかな?
    総じて満足度の高い小説。全体に漂う諦念と矜持と愛情のバランスが好きでした。

  • ご縁があり貸して頂くことができました。素晴らしかったです。R-18文学賞受賞作。江戸末期の吉原の遊女たちの物語。6編の短編集。それぞれの登場人物が時系列前後して描かれていきます。とても切なく苦しく儚くて読みながら何度も胸が痛くなりました(;_;)一話から一気に引き込まれました。特に心に残ったのは『花宵道中』『青花牡丹』『十六夜時雨』。R-18文学賞受賞なので官能的な場面も多いです。遊女たちの苦悩や純愛が伝わり幸せを願わずにはいられませんでした。大切に読みたくて一日一話ずつ読みました。

  • 以前から気になっていたのですが、映画化される前にどうしても読んでおきたいと思い今回手に取りました。予想以上に面白く、また想像していたよりとても読み易かったためすぐに読了。
    吉原遊廓や花魁がモチーフの作品は元々好んでいましたが、この花宵道中は他の作品に負けず劣らず素晴らしいです。涙脆い私は読書中、何度も泣いてしまいました。
    特に好きなのは『十六夜時雨』『雪紐観音』『大門切手』で、私が一番好きな遊女は八津。しかし緑の直向きさや勝野の凛とした快活さも好ましい。
    見ず知らずの男や好きでもない男に抱かれ続ける日々の中で、愛する人への想いに幾ばくかの夢を見て強く儚く生き、散っていった遊女たち。実際に同じ様に懸命に生きた女達が確かに実在していたのだと思うと、本書でその生き様を垣間見た様な気がして、同じ女としては複雑ながらも潔く美しく感じるのでした。



    ※以下ネタバレ有り↓


    『花宵道中』『青花牡丹』を読むと、個人的には何人もの遊女達の中で一番不憫なのは霧里ではないかなと。おはぐろどぶへ身投げした朝霧は結果的に忌み嫌っていたであろう母親と同じ場所で最期を迎えたわけですが、その前に愛する男と花舞い散る中で念願の道中をし、僅かな時ではあったけれど結ばれる事が出来た。勿論、二人生き延びて結ばれる事が出来たならそれは最良ではあっただろうけれど、愛する男に想いも伝えられず一度も抱かれることなく死んでいった霧里を思うともう不憫で可哀想で。挙句、実父に気づかれもせずに再び抱かれるというのは気が狂っても可笑しく無いですよね。その辺りは東雲もまた辛い立場ではありますが。しかし霧里の弟である東雲が、まさか朝霧と想い合う半次郎であったとは…霧里が其れを知らずに死ねてよかったなと。知っていたらきっと最期にあれ程までに鮮やかで綺麗な夢をみる事は出来なかったんじゃなかろうか。


    目次

    花宵道中
    薄羽蜉蝣
    青花牡丹
    十六夜時雨
    雪紐観音
    大門切手

    儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、官能純愛絵巻。

  • 江戸吉原の遊女のお話。

    主人公が異なる短編を読み進めるうちに、あの話の主人公は周りからこう見えていたとか、新しい発見があって面白いです。

    今度映画化されるけど、朝霧のお話しかないのかな。。
    全て読み終えてみると、この本の主人公は八津なのでは、と思えてきました。

  • R-18文学賞受賞作。
    買った経緯は忘れたが、冒頭を少し読んだら吉原の話だったので、あ、これ苦手、と暫く積んでおいた。今回積読消化月間で渋々読み始めたらみるみる引き込まれた。これは面白い!やはり食わず嫌いはイカン。短編集のようだが連作で、様々な視点から女達の生き様が浮き彫りにされる。客に五文銭を投げつけた朝霧の啖呵にはみな快哉を叫んだのではあるまいか。三津の「生きてゆくのは、諦めちまえばそんなに辛くないよ」が心に沁みた。嶽本野ばらの渾身の解説も必見。
    あとウスバカゲロウは子供の頃から薄馬鹿・下郎のイメージだったのに、正しくは薄羽・蜉蝣だったので驚いた。幼虫がアリジゴクなのは知っていたが。

    p.211
    「お座敷の遊び方も心得ん人に暖簾をくぐられたら、うちの暖簾が汚れます。あんた、羅生門なり風呂屋なり行って、一発五文の鉄砲女郎でも買っておいで」
    冗談ではなく、朝霧は袖から何枚かの五文銭を取り出し、ばらばらと卯之助の前に投げ出した。

    p.218
    「座敷遊びも心得ん人に、うちの暖簾がくぐれるもんか。羅生門なり風呂屋なり行って、一発五文の鉄砲女郎でも買ってきな」
    叫びながら袂に腕を突っ込むと桂山は、ばらばらと五文銭をばらまいた。

    p.313
    「何で泣いてたのか知らないけど、生きてゆくのは、諦めちまえばそんなに辛くないよ」

  • どの話も切なくて読了後しばらく引き摺られてました。遊廓ものだから性描写が出てこないと成立しない訳で。R18指定も付いてるし覗き見されると確かに気まずい文面もありますが、別に性的興奮目的で見てないし…気にせずカフェにて没頭。
    宿命を受け入れ必死に生きた女性達の強さ気高さそして報われない恋に涙腺が緩みました。
    以前ゲーセンの前世占いで花魁と印字が出た時周りにからかわれ、私も軽視してしまっていたけど本当は血の涙を流しながらいつか抜けられる日を指折りながら懸命に生きてた。
    巻末の2行の作者の思いにも視界が泪で曇りました。

    -私の知らない吉原で、恋に泣いて、思いを遂げられないまま死んでしまった遊女たちの魂が、少しでも慰められることを願います-

  • 宮木 あや子さんの本に初めて出会ったのがこれ。
    もっと早く出会いたかった。
    たまたま書店をぶらぶらしていて、表紙の美しさに手を取った。なんとなく、本当になんとなく、さらりとあらすじだけを読んで購入。何の期待もせずに読み始めたけど、のめり込むのに、そう時間はかからなかった。
    デビュー作とは思えないおもしろさ。遊女の儚さ、夢、足枷、恋、折檻、男、艶やかな情事、秘め事。女子ならぜったいに好きなはず。エロさも抜群。だけどただエロいだけじゃない、読みすすめるたびに切なくて涙がとまらなくなります。
    短編で構成されていて、短編ごとにヒロインが変わる。けれど、舞台や登場人物はすべて一緒。違う短編に、他の短編のヒロインが出てきたりして、わくわくします。

  • 恐るべし、宮木あや子!!!デビュー作ながら売れ行き好調で、ずっと読みたいと思っていた作品の待望の文庫化。予想以上の出来に無我夢中になり、だらだらと泣いていました。
    感情を揺さぶるのがすごくうまい。吉原の遊女の儚さや激しさをこれでもかと狂おしいまでに描き、読む側も翻弄され、心乱される。
    そして構成もうまい。連作短編の形を取り、時間軸も敢えてずらしながらドラマを展開させる。まるで映画を見ているかのようだった。
    文庫化にあたって、スピンオフ作品の「大門切手」が収録されている。賛否両論のようだが、ま、これはこれで後日談的な作品てことでありじゃないかしら。
    嶽本のばらの解説もよかった。宮木さんのかわいい素顔を暴露しつつ、その末恐ろしい才能を絶賛していて、全くその通り!今後が本当に楽しみな作家である。

  • 儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たちの物語。

    本書が宮木さんのデビュー作。
    非常に官能的で切なく、苦しく痛いけど淡い幸せもある、精神を随分と揺さぶられる作品でした。
    遊女たちの連作小説ですが、この連作具合が非常におもしろくて、思わぬ視点で物語が解き明かされて、不思議な縁によって点と点が結ばれていく様が見事でした。

    この時代、遊女たちは大抵貧しくて売られてきたか、人攫いにあってきたか、その生い立ちは壮絶です。
    時に諦め、時に心を殺しながらも、恋に翻弄されたり、大事な何かを守りながら生き抜いていて、読み終わった後の余韻がなかなか消えません。

    艶やかな衣装や髪型、美しく官能的な遊女に心奪われながらも、叶わぬ恋に、迫り来る死にいかに向き合っていくかという彼女たちの直向きさに何より気持ちを動かされました。
    私なら一体、誰のように生きただろうか、と思いを馳せずにはいられません。

    どんな業か、一番悲しかったのは朝霧の章。
    とはいえ、他の章も引けをとらないくらい悲しくさせてくれますが、そんな中にある淡く小さな幸せが希望の光でした。

    あとがきで嶽本野ばらさんが「全ての人間は尊いという揺るぎない思い込みがなくては、このブレのないストイックな文体は生まれてこない」と書かれていますが、まさにそのとおりだなと思いました。

    安達ゆみさん主演で映画化もされているようで、そちらもいつか観てみたい。しばらく余韻が消えなさそうです。

  • 切ないお話でした。
    江戸吉原で、恋に泣いて、思いを遂げられないまま死んでいった若い遊女たち。
    宮木あや子さんの美しい日本語が散りばめられていて、景色としても鮮やかです。
    親が子どもを売るとか、年季明けとか身受けとか、そんな時代があったことは映画やドラマで知っていても、この小説を読んで(フィクションではあっても)、初めてかなりリアルに知らされた感じです。娘を持つ身としては切なすぎです。

    特に冒頭の朝霧のストーリーが印象深かった。
    映画になっているようですが、見ないと思いす

  • 江戸時代の吉原遊郭の話みたいやから、なんか言葉とか古くて読みづらかったりしたら断念するやろな・・っておもっとったけど、そんなことはなく、むしろ言葉がすごく綺麗やから引き込まれる感めっちゃあった。
    どの話も全部切なくって、もうずっと泣きそうになりながらよんどった。
    目を背けたくなるくらい酷い話も出てくるげんけど、こんな辛い思いしてきた遊女たちに感情移入しすぎて、切ないながらも我慢して読んだよ。
    読んでよかったと思った

  • 男に足を広げ、自分の夢は見ず、夢を見させ、売ることを仕事とする吉原の遊女たちの悲恋を描いた連作短編集であり、様々な遊女たちのつながりも多い。
    女たちのR-18文学賞受賞作なので、性的描写は多いけれど、拒否するぐらいのイヤらしさは感じられない。様々な事情があり、吉原に売られてきた遊女たち。その遊女たちの置かれている立場や気持ちがすごくあふれていて、良かったです。表題作の『花宵道中』とその背景にあたる『青花牡丹』は、読み終わった後、奥深さを感じた。『十六夜時雨』もよかった。

    この作品は、吉原の雰囲気や着物や小物の雰囲気など、コミックでも読んでみたくなりました。

  • 書店のポップで気になっていた作品。先日、信用出来る筋(氏は甘口に過ぎるトコあるが)の推しもあって手にしました。
    普段、歴史小説、時代小説の類とは縁遠い、自分。
    コレは江戸時代末期の吉原遊廓を舞台にした連作短編集。
    各章ごとに主人公は異なりますが、それぞれがリンクしあっていますので、順を追って読んで下さい。
    色々とあり、読了まで四日かかってしまったが、中五日とか空けたくはなかった。とても素敵なはなし。
    表題作「花宵道中」「青花牡丹」「十六夜時雨」は特に良かった。
    そして、「大門切手」オーラスが八津でなかったのに、グッときた。八津だったらたぶん、評価★★☆☆☆に下がってしまったろうな……。
    自分程度では、色彩やディテールで映像喚起しにくい部分あるのも否めないが、映画化(読んでる途中で知った)は、様々な意味で興味そそられない。
    コミックは読んでみたいかな?!
    R-18文学賞受賞作だけに官能系とみなされる部分もあろうかと思うが、根はソコでないと、自分は感じる。

  • 江戸末期の吉原を舞台にした連作短編集。
    楼閣山田屋で起こった出来事を時間軸を前後しながら描いていく。
    デビュー作でもある『花宵道中』は、女郎朝霧が偶然であった男と恋に落ちる悲恋。
    短編のため勢いでごりごり進み漫画的な非現実感があるなと感じた。

    『薄羽蜉蝣』
    朝霧の妹女郎・茜が初見世を迎えるまでの話。

    『青花牡丹』
    『花宵道中』で起きた事件の真相が明らかになる。父親に捨てられたあと、女郎となった姉と、着物職人となった弟が交互に物語を進める。
    時間が行ったり来たりして若干わかりにくかったが、『花宵道中』とセットで読むとうまく仕掛けた話だなと思う。

    『十六夜時雨』
    朝霧の妹女郎で、茜の姉女郎である八津が主人公。
    他の女郎たちが恋に破れ死んでいく姿を見て、自分はああはなるまいとシニカルに構えている。
    『薄羽蜻蛉』の伏線を回収している。
    一番スッキリした結末に感じる。

    『雪紐観音』
    山田屋でとびきり美しい女郎の緑が初見世を迎えるまでの話。『十六夜時雨』と平行して起きた出来事。

    『大門切手』
    少し時代が進み、山田屋の楼主が主人公となって自分の過去を振り返る。
    うじうじしておらず、明快な生き方でトリとして相応しい物語だった。


    ほとんどの登場人物が女でかつ女郎のため、名前で以外の判別が難しかった。書き分けられていない部分があるのか。
    同じ人物が複数の話で出てくるが、どれも印象が違って、「色々な面がある」という表現より矛盾に感じてしまった。
    掲載順に書かれたのかは不明だが、明らかに後半の作品のほうが読みやすく感じた。

    でもデビュー作でこれは上等だと思う。

  • すずらん本屋堂で、紹介された本

    幼い遊女達のはなし。みんなそれぞれひどい過去を背負いながらも毎夜好きでもない男に抱かれ いつか好きな人と吉原を出られたら…と夢を見る。
    初めて好きになった男の目の前で前で、犯されてしまう子
    父親におもちゃにされてその挙句 売られてしまう子
    坊主の慰み者になってしまう男の子
    好きな男と一緒になりたいばっかりに 吉原に火付けをしてしまう子
    切ないです。
    そして、びっくりするのが
    色!!すごく色鮮やかな文章でした。
    こんなにも日本っていろんな色があったことにも驚かされました。
    紅・薄紅・深紫・青・桃色・若竹色・空色・鬼灯色…そして、白 いろんな色が出てきます。遊女たちの心を躍らせたり、悲しい気持ちを映したり、色の使い方がとてもすてきでした。

    「雪紐観音」がよかったです。

  • 江戸末期の新吉原で生きた、遊女たち。
    どの遊女たちも、過酷な環境の中でも
    自尊心を捨てず、宿命を受け入れている。
    花魁のように華やかでなくても、必死に生きている

    桂山や緑それから八津は、大門切符を持って
    堂々と外の世界に戻れたらいいな

    二回、三回と読んでいくともっと
    遊女たちの想いや交錯した関係が
    堪能できる

    目次

    花宵道中
    薄羽蜉蝣
    青花牡丹
    十六夜時雨
    雪紐観音
    大門切手

    解説 嶽本野ばら

  • 面白かった!意外に!
    朝霧から始まり茜、霧里、八津、三津、緑、最後に勝野、と。見事な構成。
    吉原をまっとうした勝野だけにほんの少しの幸せがあったことは皮肉かな。
    でも出てった遊女たちも立派に戻ってこないってことは、
    桂山とか八津は堂々と大門切手をもらって出られたのかなー。
    そうだといいな。江利耶は女将になっちゃうのかしら。
    個人的には朝霧がいちばんすきかな。なんとなく。
    にしても半次郎も東雲も三弥吉も、出てくるのみんないい男。色男。笑
    切ないけどとても奥深くて読み応えありました。

  • あー・・・・・
    切ないです・・・・・

    遊女達の恋のお話です。
    独特の世界ですね。詳しくないのでところどころわかりませんでしたが、歴史初心者の私でもクリアできました。

    宮木さんも描写がグサっと来ます。ますます切ない。
    朝霧、霧里には幸せになってほしかった・・・

    すべてのお話を読むとつながっていっているのが楽しいですね。
    姉から妹へ、そのさらに妹へ。
    こういう短編集好きです。

  • 堪能した。
    この一言。

    血肉の通った、時代小説。
    今も昔も変わらない世の無常さ、女達の儚さや愚かさ。
    絢爛豪華な着物や嬌声、華やかな宴の裏ににある
    目を覆いたくなるような、鼠色の現実。

    時代の波に飲みこまれてしまわぬよう
    それぞれの場所で、必死に生き抜いた彼女達のことを
    私は愛しく思わずにはいられない。

  • 最初から最後まで切ないような、悲しいような、寂しいような内容にため息が止まらなかった。
    短編のようで全体でなんとなく繋がっていて、
    時系列がバラバラなのが少し読みづらいですが、
    そこも飽きずに読めるポイントだと思います。

    時代物は苦手ですし、知らない言葉や知らない世界が多かったのですが、
    すらすら最後まで読めました。
    R指定と書いてありますが、何の気恥ずかしさもなく文学として読めました。
    時代物を避けている方もこれなら楽しく読めると思います。

    私が読んだ恋愛物の中でも素晴らしい本。

  • さすが宮木あや子。
    女が読んでエロい。

    解説で嶽本野ばらさんが書いているように、吉原が舞台で女郎がヒロインだからこそ、このエロティシズムは成立しているんだろうね。

    実際には過酷だと分かってはいても、山田屋の禿になって姉さんたちに可愛がられてみたいなぁと思ってしまう。

  • どの話も切ない。当たり前のように人買いがいたり、毎日ご飯が食べれるなら御開帳なんてどうってことないという考え方があったり、現代よりもみんなが生きる事に貪欲だった江戸時代の吉原が舞台の恋物語集。短編ばかりだけど登場人物はみんなリンクしてて物語が変わる度に『お、今度の主人公はこいつか!』とわくわくした。吉原なだけに性描写が多いけど不快になるようなものではない。女郎たちもなんだかんだで性根は良さそうな印象で、人間関係も案外ドロドロしてなくて良かった。そのぶん恋物語に特化してるのかな。現代の、恋人からメールが返って来ないだとか恋人が素っ気ないだとかいうのが贅沢な事に思えた。そうやって恋人との距離感は昔と大きく変わってしまっても、恋人を想うと胸が苦しくなったり恋人に触れられるとドキドキしたりするのだけは今も昔も変わらないのかな。個人的な話だけど今まさに私が読みたかったような話ばかりで超満足でした。

  • 凄くせつない。

  • 朝霧、茜、霧里、緑、八津、三津、桂山・・・。

    読んでいる最中の興奮から抜け出せな い。
    江戸の話は好きな方だと思っていたけれど、これは好き過ぎる。

    期待通りの進みっぷりも、失うものは何もない遊女たちの突き抜け感も大好き。

    あたしは遊女だったのだろうかと思うくらいこの話が好き。

    宮木あや子さんってこの作品がデビュー作なんだ。
    2006年R-18文学賞大賞受賞。

全303件中 1 - 25件を表示

花宵道中 (新潮文庫)に関連するまとめ

花宵道中 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花宵道中 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花宵道中 (新潮文庫)の作品紹介

どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまでは-初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、美貌を持てあまし姉女郎に欲情する緑…儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、官能純愛絵巻。R‐18文学賞受賞作。

花宵道中 (新潮文庫)のKindle版

花宵道中 (新潮文庫)の単行本

ツイートする