ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)

  • 244人登録
  • 3.81評価
    • (22)
    • (47)
    • (32)
    • (5)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 黒井勇人
  • 新潮社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101286716

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題材はともかく、流れるような会話中心のストーリーテリング、はっきりとした起承転結、幾分かの謎と大団円への盛り上がり。
    ・・・そうか、これは社会派の皮を被ったラノベなのか。一気に読めます。

  • 予想より面白かった。

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:913.6||K
    資料ID:95100052

  • 2ちゃんねるのスレまとめ。凄まじいブラック会社のように思ったが、その中の人間関係が面白い。絶妙なバランスを保っている。後日談もきになる。

  • 内容は面白かったけど、2ちゃんに慣れてないとキツいです。
    読みにくい。

  • 2ちゃんねるのスレを書籍化したもの。横文字のこういう形を文庫本で読むことははじめてかもしれない。
    自伝的要素が多く、IT業界下層の状況にある片鱗を垣間見つつ、最終学歴が中卒で仕舞にはニート上がりの主人公が、母の死をきっかけに奔走する。
    社会に出る一人の人間として、ブラックとはどういったものなのか、アルバイト経験しかない身ということから、その一部を学ぶつもりで読んだが、全然それらしき要素は見られなかった(自分が想像するブラック企業が、人間関係が殺伐、労働時間に制限が無くサービス残業が当たり前、給料がとても安く貧しい生活さえ出来るかどうかのレベルを強いられる環境で働いてる人が所属している、といった条件が揃った企業と思っていることが原因かもしれない)。
    ただ、物語としては人間関係に焦点を当てたものとして読める。強引なところや、終わりの際に主人公が残す言葉など、いいのか? と思ってしまう点は残ってしまった。

  • 最終学歴中卒、ニート歴10年の1(マ男)がプログラマの資格をゲットし、零細IT企業に入社した日から、尊敬する先輩がやめて限界を感じるもその後その先輩から話を聞きまた頑張ろうと意気込むまでの3年間を、2チャンネル上で展開された話。

  • 最後にかけて、こみあげてくるものがある。
    ここまでのBK企業経験はないが、似たような経験はあり、
    とても他人事とは思えない。
    主人公のすごさに感嘆しつつも、ダメだと思っていた周りの人間が変わってゆく、いや、変わったように見える(?)経験も、
    自分自身が変化したからならでは、というところもあり、
    考えさせられる。

    ちなみに、再再再読だったのだが、登録し忘れていたようだ。

  • さくっと読めた。プログラム関係の用語はまったくの専門外なので適宜読み飛ばしつつ…

    2ちゃんねるをまとめた本は『電車男』を読んで以来。少々フィクションっぽさはあるものの、(仮に実話だったとしても脚色、誇張はしてるんだろうなぁ)筆者の読ませる力は確かだと感じた。

    前向きな結末だが、本当にこの会社はこのままでいいのか?ブラック体質は改善されてないような気がするんだが…

    人もそれぞれ、企業もそれぞれ。これを読んで「私(俺)も頑張ろう!」と思った人が、ブラック企業で無理をして身体を壊さないことを祈る。

  • 普通に面白くて続きが気になり一気に読んだ。

    マ男の行動を見たり、考えに触れるうちに人間を絶対に学歴で判断すべきではないと、強く思った。
    また、人は他の人との出会いや別れで変わることができるのだなとも思った。

    何より藤田さんが格好良かった。ほんとに格好良かった。格好良い大人とはまさに彼のことだと思った。

全50件中 1 - 10件を表示

黒井勇人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)の作品紹介

最終学歴中卒、ニート歴10年。母の死をきっかけに一念発起したマ男は、プログラマの資格をゲットし、IT企業に就職する。待望の社会人生活の先には輝かしい未来があるはずだったが-。ダメな上司に、ウザイ同僚、仕事はハードでサービス残業当たり前。壮絶なブラック会社で、マ男に未来はあるのか。2ちゃんねるで話題騒然。現代の蟹工船とも評された奇跡のスレ、待望の文庫化。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)はこんな本です

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (新潮文庫)の単行本

ツイートする