父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)

  • 39人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 遠藤展子
  • 新潮社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101286815

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 藤沢周平がレイチャールズの「愛さずにはいられない」を子守唄に口ずさんでいる状況、想像すら出ない。
    実直な人柄から摘み出される周作作品により親近感を感じる

  • 実は藤沢周平の本は読んだことが無いので人物についても良く知らない。
    でもこれを読めば、大作家でありながら素朴で普通の生活を好んだ人と成りが良く分かる。
    その家庭が愛情に満ちていたことも。

    藤沢周平は西武線沿線に家を構えていたようで、私も同じ沿線に住んでいるので勝手に親近感が沸いてしまう。
    「西武線の周辺は今でも畑がたくさんあって田舎の雰囲気を残しているからなんとなく落ち着くんだよね」
    と話していたそうだが、激しく同感。

    児玉清さんが後書きに遠藤展子さんの文章について
    「巧みさに唸ってしまった」
    と書いているが、私はどちらかというと巧みさを感じさせない、とことん素直な文章だと思った。その素直さは著者御本人の性格故であろうが、家族との暮らし振りがその長所を伸ばしたのだと容易に想像できるようだった。

    いらないことだけど、仮に私が父の事をエッセイに書くとしたらこんな素直な文章にはならず絶対に天邪鬼的な文章になるに違いない。

  • ちょっと、作家にしてはAURAがないというか、実直な生活人で、読み物としてはすかすか。

全4件中 1 - 4件を表示

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)の作品紹介

幼い日、会社勤めをしながら、男手ひとつで子育てに奮闘した父。夜なべで幼稚園の手提袋を縫い、運動会のためにのり巻を作ってくれた姿。育ての母を迎え、親子三人が川の字になってテレビを見ながら寝た夜。そして、娘の心に深く刻まれた「あいさつは基本」「自慢はしない」「普通が一番」という教え。やさしいけれどカタムチョ(頑固)な父・藤沢周平の素顔を、愛娘が暖かい筆致で綴る。

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)はこんな本です

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)の単行本

ツイートする