長崎乱楽坂 (新潮文庫)

  • 552人登録
  • 3.18評価
    • (17)
    • (50)
    • (153)
    • (22)
    • (8)
  • 66レビュー
著者 : 吉田修一
  • 新潮社 (2006年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287522

長崎乱楽坂 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やくざの家族の物語 地方のやくざ一家の物語、いつもの半端もんの男達が集まる家も時代とともに、廃れていき最後に物語の象徴的な離れが火事で焼ける。最初は子供目線で見ていた一家の様子も大人になり思い出となり、人は死に、殺されと憧憬と共に寂しさが伝わってくる。

  • だと思ったよ、お兄ちゃん。

  • 何かを期待させるのだが、読み進んでも何も残っていない。自分に読解力が不足している?著者のパークライフという作品も心に響くものがなかっただけに、相性が悪いのだろう。

  • 家族や自分の置かれた状況から抜け出せない行き詰まる感覚に襲われる作品。

  • 吉田修一や石田衣良は若者の風俗を描いて支持を得たような印象があるのですが、そういう作家さん胡散臭くて結構嫌い。吉田修一もパレードが面白かったにも関わらず、結構胡散臭げに見ていてあまり読まなかったのだけれど、去年読んだ「さよなら渓谷」で見直したのです。
    さて、この本は多分昭和30年代位のやくざの家系の家で育った少年が大人になる道すがらを描いた連作長編で、予想通りろくな大人になって行かない姿がつらつらと書かれています。性的な描写も結構有りますが、個々の章が全て寸止めなので、すっきりしたいエンタメ好きの人には物足りないかも(僕がそうです)。でもそういうワカモノガーみたいな変なおもねりはなく、淡々とどうしようもない家庭のどうしようもない道を歩みそうな少年~青年を描いていて結構好印象。読んでいてぐったりはしましたが、そこは評価とは別の個人的な好みの部分になるか。

  • 吉田修一作品というと、そこはかとなくおしゃれですっきりサラサラしていて、そしてフェミニンなかおり漂うというイメージなんだけど、それを気持ちよく裏切るような泥臭い話。何しろ、やくざ稼業の一家で大人になっていく少年の話なんだから。
    はなれのおばけを信じていた駿少年が青年へと育ち、アルバイトで金をためて女と街を出ようする。そして……。半生記かというと、実は一代記ではないだろうか。駿は若くして生ききってしまったような気さえする。やくざ稼業の一家のなかでは浮いたような、どこか一家を客観的に見ていた彼は、没落していく家から最後の最後でのみ込まれてしまった。
    「乱楽坂」という坂が長崎あたりにあるのだろうか。楽しく乱れながら堕ちていく坂ということか。

  • 全体の雰囲気はそんなに好きじゃないけど、文章が好きです。

  • 母と二人の息子と3人で
    九州の実家に戻り
    ヤクザ一家とともに暮らし、その息子たちが大人になるまでのお話し。

    ん~
    ちょっと自分としては物足りなかった感じでした。

    奥深いところまで感じることが出来ない自分のせいでしょうか・・・スミマセン。

  • 読んだ時はそこまでの感情はなかったが、後から風景が蘇ってくる才能。

  • 読了。

    この話は今まで読んだどの吉田修一作品よりも、静かで悲しいものだったように思います。
    ラストのあの一件で何かが変わり、彼等が少しでも良い方へ進んで行けるようになる事を祈る他ありません。

全66件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

長崎乱楽坂 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

長崎乱楽坂 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長崎乱楽坂 (新潮文庫)のKindle版

長崎乱楽坂 (新潮文庫)の単行本

ツイートする