ボトルネック (新潮文庫)

  • 8234人登録
  • 3.28評価
    • (369)
    • (1000)
    • (1339)
    • (534)
    • (130)
  • 1137レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 新潮社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287812

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ボトルネック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • あぁ自分はこういう存在か、、と分かってしまった。

  • うーん、合わなかった・・・

  • まさかの終わり方で、結末さえもミステリー(笑)
    2つの世界について、最初から最後まで想像を掻き立てられる。始終頭を使わされる1冊だった。

  • 一行目から惹き込まれる書き出し。
    途中まで本を置くことが出来なかった。
    途中、普段読んでいる作家さんより書き方に劣りを感じてしまったが、後半一気に取り返された感じ。

    映画化したい話だった。
    これをオマージュさせて貰って脚本書いてみようかな。

  • 冬の東尋坊から始まり、全体的に重く陰鬱な雰囲気。
    自分が生まれず代わりに姉が生まれた平行世界に飛び込んでしまう。
    そこで、あの時こうすれば、自分が果たせなかった良い方向への解決を姉があっさりと実現している事実を見せつけられる。
    漫然と想像力を働かせないで日々過ごしていたことが悔やまれる。

    最後のメールを受けた後、どうすべきか、読者を考えさせる構成。

    しかしながら、最後、読者に考えさせるとはいえ、尻切れトンボ感があります。


    読了感、いまひとつです。

  • まさかこれほど救いのない話であったとは。
    中盤の軽やかで微笑ましさすらある叶わなかった姉弟のやりとりの底には、残酷な真実がずっと横たわっていたんだなぁと思うと恐ろしくなる。
    米澤氏の、親しみやすく身近さを感じさせながらも突然スパンと切り捨てられる感じの文体、癖になります。

  • 主人公に何らかの救いがある展開かと思いきやその逆で、どうしようもない閉塞的な絶望感の描かれ方がよかった。
    金沢のまちの描写もおもしろかった。金沢駅にある「ようこそ北陸の小京都へ」に対する「優れているとされるものを小規模に模倣していることがそれほど誇らしいことなのか」というツッコミ、その発想はなかった。

  • うーん、タイプじゃなかった。やはり学生が主人公の作品は昔から合わない気がする。

    この作者の別作品をあたってみるべきか、違う作者に
    いってみるか、、。

  • 元の世界に戻った主人公に待ち受けるのは、変えられる未来か、変わらぬ現実か。
    ハッピーエンドで終わらないことが良いこともある。

  • 金沢に住んでたから情景が想像できてしまう分、リアルとファンタジーの線引きがはっきりできてしまい、うまいことのめり込めなかった。ただ強烈なキャラクターとでも言おうか、米澤穂信独特?の陰な青春劇感が満載だったため、その印象が非常に強い作品だった。

  • なんて残酷な物語なんだろう。
    認めたくないもの、正視したくないものを、容赦なく突きつけてくる・・・そんな物語だった。
    そのときは気づかずとも、人は否応なく岐路に立たされるときがある。
    対応次第でまったく違う結果が待ち受けていたとしたら、それはとても怖ろしいことだ。
    サキがいて、リョウのいない世界。
    想像力をフル稼働させたサキによって両親の危機は去り、とりあえず一般的な家庭の形をいまも整えていた。
    あまりにも違いすぎる世界に、リョウは戸惑いながらも徐々に抵抗を感じなくなっていく。
    サキの事故がもたらしたもの。
    ノゾミが遭うはずだった事故の真相。
    そして、あれほどまでに恋しく思えたノゾミへの思いが足元から崩れたとき、リョウの中で何かが決定的に崩れていく。
    もしかしたら崩れるほどの何かなんて最初からなかったのかもしれない。
    すべてを他人事のように感じ、受け入れているようにみえたリョウ。
    その存在そのものが、こんなにも心もとないものだったなんて。
    気づいてしまったら、平気でなんかいられない。いられるはずがない。
    着地点は示されない。
    どう感じ、どう受けとるか。
    すべては読者に任されている。
    痛みと怖さと切なさと・・・救いの扉さえ見えない結末が、とにかく辛かった。

  • 自分の存在しない世界では、世界はどう変わっているのか。
    そんな設定の小説。
    自分がいるからこそってことが一つでもあったら、それは幸せなんだろうと思えた。
    ちょっと違う世界を想像するならこのお話。

  • 読みやすい。
    評価されてる点を意識して読むと確かに著者の評価されてる点が分かる。
    なんだかなぁ…と思った。本当に落ち込んでる時、これ読んだらどうなっちゃうかなと思った。

  •  大人になること。それは身の程を弁えていくこと。しかし、それが極端に振れたならば、それは呪いであり、未来への虚無を生んでしまう。その虚無の自覚を、存在しているだけで生み出すのは、本作の主人公にとっては姉の存在だ。
     しかしながら、人生における恥辱感があったとしても、それが公知にならなければ、人間は生きていけるのだ。なぜなら、恥辱を曝け出せる存在、つまり家族や兄弟が救いをもたらしてくれるからだ。

     このように年齢の近い兄弟に対するルサンチマンと家族の持つ毒を、ファンタジーという手法で極限まで引き絞った佳品といえそうだ。
     夢幻から現実に引き戻されたかに見えるラストは、オープン・エンディングといってよいだろう。が、リョウは夢幻ながらも新たな家族(姉)の存在を心に刻み得たと信じたい。

  • もし自分が存在世界に行ったらば。そこでは自分の代わりに存在しないはずの姉がいる。自分の世界のこの世界の間違い探し。自分の存在価値が試される。中二くさい設定ではあるけど、多少覚えのある金沢の景色に、淡々と進む描写と突きつけられる事実。読みやすかった。

  • 東尋坊から墜落して気が付けば並行世界。そこには自分がおらず、代わりに流産で亡くなった姉が存在していた。
    姉と二人で行動をするものの、姉の居る世界は自分の居た世界よりも遥かに良く、それは姉の起こした行動がプラスになって働いた結果。
    そんな光景を見せ付けられてしまえば自分の世界で自分の生きた道を否定されたも同然で主人公の心情を思うと遣る瀬無かったです。
    最後も主人公はどうするのか…と言うところで終わるけれどどう行動してもハッピーエンドにはならない終わり方で憂鬱な読後感でした。

  • 自分がプログラミングをすることもあって、ボトルネックというタイトルに惹かれて購入した作品。
    読み終わったあと、とても苦しく切ない気持ちになりました。
    自分がいなければ、という仮定の下で成り立っているもう一つの並行世界。
    もしそれが、今の自分の世界よりいい世界なら人は何を思うのだろう。
    そうして考えてみる。わたしの世界のボトルネックは何だろう。
    ・・・やっぱりこの作品の主人公と同じ結論に至ってしまいそうです。

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:Browsing
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=86636

    崖から墜落したはずの僕は「僕」のいない街にいた。

    東尋坊の崖から墜落したはずの僕が立っていたのは見慣れた地元の風景だった。

    ―生まれなかったはずの「姉」
    ―死んでしまった「彼女」
    ―そして、今日通夜を行われる「兄」

    何も変わらないはずの街は、けれど決定的に変わっていた。

    少年の葛藤と絶望を描いた
    米澤穂信の青春ミステリー

  • 異次元系の話。if。
    ストーリーは複雑でなく、謎解き(?)も想像の範囲内。
    ただ、氷菓シリーズから入った私としてはハッピーエンディングを予想していたけど、裏切られました。
    久々に後味の悪い小説でした。

  • パラレルワールドと暗い青春の話。
    最後まで主人公に希望を持たせない辺りが徹底している。

  • 主人公と周りのキャラクター(特に主人公)になんだか乗り切れず。この不快感が青春の青さ、とか言われればそうなのかとも思ったり。どんどん読めるので早く終わる。
    最後は強く生きる方にかけたい。

  • 自分ではなく、他のだれかが生まれた世界に飛ばされて間違い探しをするとしたら。自分がボトルネックであると気づいてしまった少年はどうするのか。

  • 家庭において、地域において、職場において、自分はなくてはならない、欠けてはならない存在と肩肘張って生きている自分。そんな己を自意識過剰の滑稽なものと少し斜めに見ることができた。本書の主人公には、さらなる驚愕の厳しい現実が突きつけられる。自分が生きている、社会に存在している意味を深く考えさせられた。

  • エンターテインメントとして楽しく読んでいたら、
    だんだんと ... ラストが苦い!

    そこが気に入らない人も多いかなと思うけれど、
    「凄い!」と思うよ。これは。

  • 『ボトルネック』
    システム全体の効率をあげる場合の妨げになる部分のことをこう呼ぶ

全1137件中 1 - 25件を表示

ボトルネック (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボトルネック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボトルネック (新潮文庫)の作品紹介

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。

ボトルネック (新潮文庫)の単行本

ボトルネック (新潮文庫)のKindle版

ツイートする