満願 (新潮文庫)

  • 1163人登録
  • 3.90評価
    • (76)
    • (143)
    • (84)
    • (8)
    • (2)
  • 117レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 新潮社 (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287843

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

満願 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 短編集なのにその一つ一つが濃い。

    最初の『夜警』を読み終えて,
    そのずっしりとした読み応えに続けて読むのは躊躇われたが,
    再び手に取ると今度は一気読み。
    もっと味わいながら読むべきだった。

    洗練された6つの短編。
    その中の『死人宿』『関守』が個人的に好きだった。

    読んでいるとき,

    ”お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ”
    ― ニーチェ

    のフレーズが頭をよぎった。
    日常の中の謎に一度囚われてしまうと,
    もうそれを見なかったことには出来ない。
    そして自分もその謎の一部となる。

    気付けばもう9月も終わり,
    今の季節感にぴったりの雰囲気を醸し出す本作。

    秋の夜長を過ごすお供としてぜひ。

  • 短編集。
    表題作は最後の一作だが、
    ある意味全作満願と言えるストーリーだった。
    何かを成し遂げる決意をした人間の
    怖いくらいの気持ちが読了後に染みる。

  • 短編嫌いの私が★×5
    これは初めてのこと。

    全ての作品が★×5。素晴らしかった。

    何冊かこの作家さんの本は読んだことがあるはずなのに、
    ここまで心掴まれたのは初めてかもしれない。

    インシテミルは自分の好きな分野だった為好印象なのは当たり前だが、
    この作品は自分の得意分野というわけでもない。

    それなのに全ての作品に気持ちを集中できた。
    短時間で没頭して読了してしまった。

    凄い・・・
    絶対この作家さん、上手くなっている。。。
    短編でこんなに惹かれる作品に出会えたのは初めてのことで、
    自分自身とても驚いている。

    とても良い作品に出会えて幸せだ。。。
    これこそ読書の喜び(*^-^*)

  • 賞を総ナメにして話題となった、ミステリー短編集。
    物語が進むにつれ、些細ではあるがどこか気味の悪さを孕んだ違和感が一つまた一つと積もっていく。最後の数頁でミステリーらしくその違和感は解消されるが、代わりに恐怖や戦慄が残される点ではホラーと言えるかもしれない。
    どの短編も素晴らしい出来栄え。

  • 場所も内容も様々な、それでいて目をそらすことのできない、強く惹きつけられる力を持った短編集。どれも人間の怖い部分が見え隠れする作品でした

  • 最近話題の米澤さんの新刊短編集。評価は高かったけど、私は儚い羊たちの祝宴の方が好きです。
    遠回しに隠される書き方、なんか薄暗い文章、最後にひっくり返される恐怖…大人版「怖い話」のようだ。

  • 面白かったー。
    短編ミステリーなのだけれど、一編一遍の読み応えが短編ではない。
    どのお話も面白かったですが、「関守」が一番好きでした。
    読んでいくにしたがってザワザワしていくこの感じ。そしてこの終わり方。楽しかったです。
    「万灯」はまるで長編小説の様で、最後の展開にそうきたか。となり、「満願」は切なくも満願でした。
    どの話も展開が上手い。
    人の内面、考えている事は表面だけでは決して分からない。
    その人にしか分からない。
    人間は一人ひとり、自分と他人、全くの別物なのだと改めて気づかされた気がします。
    六回とも明かされる真実に戦慄。

  • 時々ミステリーを読んでいて
    どんな優れているトリックやオチがあっても
    (それまで語られてきた人物像)から
    オチやトリックが少しずれていて、
    たまに違和感を覚えることがあるんだけど、
    (そんな行動的か?とか、そんな派手か?とか、
    そんなジメジメしたか?とか)

    でもこの短編に登場する主人公たちは
    その人物像からしっかり想像できるんですよね。
    なぜ、そこに至ったのかが。
    執念深さ。姑息さ。自分勝手さ。使命感。
    それは、それぞれ違うんですけど、
    根雪のように積み重なった何かがあるから、
    心から震えるんでしょうね。

  • ドキドキハラハラする話の短編集。ちょっとホラーめいているものも。
    米澤穂信氏の作品はあまりあわないと思いながら、本屋で推されていたので手に取る。面白かったな。話のテンポも良く、ハラハラドキドキ感が良い。
    一番印象に残ったのは、三流雑誌に乗せるため都市伝説の取材に行き、話を聞いていくと。。。の話。

  • 純粋なミステリー「短編」として、かなり完成度の高い作品。氷菓等で米澤穂信を知った人には、後味の悪さを感じる部分もあると思うが、後味の悪さを越えた爽快さのようなものがある。

    一度読むと内容を忘れられない、インパクトを持った本。

  • 単行本で出たとき、同僚に薦められた本ですが、その時読んでなかったのを思い出して、単行本になったから買ってみました。
    多角的に多面的に。円錐が、円にも三角形にも見えるのはわかるけれど、大きすぎると点しかわからないような感じ?

  • 短編集だが、各作品とも最後に真相が明らからになる、どんでん返しが見どころ。

  • 葛藤や罪悪感はある。けどそれを越えるのに特別な理由は要らない。線はあるけど壁はない。読了後、そんなことを思いながら本を閉じました

  • 積読してて、やっと読めた。
    どんな本かと調べずに評判につられて買ったので、短編集だとは思わなかった。
    ただ構成というのか、ストーリーが1つ1つ綺麗で、まさに一気に読めてしまう。ざらりとした読後感とも書かれていたが、この本を表現するのに最適な言葉だと思う。


    人は見たいように見て、聞きたいように聞く。
    身近にいる人ですら理解はきっとできないだろう。誰でもどこか歪で、他者には分かり難い思考回路をもっているんだろう。
    そんなことを不安に感じつつも、だからこそこの本は面白いし、怪しく光る。

  • ミステリー短編集。ひとつひとつは短いが、人の業を感じさせる2時間ドラマ的なヘビーな話。女性の芯の強さを中心にした話が多い印象。
    文章が上手な書き手。違和感なく、さらっと読めて、新幹線出張に丁度良い。

  • 読後感が悪い、なんだかザワザワすると言う小説は好きです。その点から言うと少し物足りなさを感じました。私的には沼田まほかるさんの方が、そう感じます。しかし、最近の短編小説にありがちな読み終わって見たら全部の短編になんらかの繋がりがあるような構成になっていないのが、好きです。

  • 短編集。どの短編も暗い話だが、不思議と後味は悪くない。何れの話も面白いのだが、個人的には最後の「満願」が圧倒的に良かった。

  • 2017.10.17読了。

    読後、居心地の悪さが残る感じがクセになり、どの作品も夢中で読み進めた。
    特に万灯は、短い作品にもかかわらず映画のようで面白かった。

  • 解説でも書かれていたが、読後にざらりとした感触が残るミステリー短編集。人間の業を題材にした短編集。
    ホラーとは違う種類の怖さがある。

  • 6つの短編はいずれも珠玉。余分な夾雑物は一切ない。読ませる力があり、短編でありながら、すべてに意想外の結末が用意されている。どんでんの予想はいつも綺麗にはずされた。みかけからは読み解くことができない人の裏側。隠された真実に背筋が凍った。人の世は良くも悪しくも自分の全く知らないところで日々動いていることを思い知らされる。

  • 落ちが見えてしまう短編もあったので、そこはきつかった。しかし、最初の短編と最後の短編は面白かった。
    最初の方は、立派に警察小説していて、短編にするのがもったいないくらい、交番勤務の気怠さや投げやりな雰囲気をリアルに表現していた。人間の小心さや小狡さがテーマになっており、その辺の書き方も自分の中の似たような部分を見ているように感じ、ドキドキした。
    最後の話も、弁護士が主人公ということで、興味深く読んだ。ただ、秘書さんが常についているようなブルジョワさんなのね。うらやま。多分時代設定は現在より少し早いと思う。

  • 文庫化を待った自分に敗北感を感じ、結局今更の読了
    もっと軽い文体の作者というイメージだったのだがよく考えてみればインシテミルなんだからそりゃそうかと、アニメの方に引きずられてしまった
    圧倒的な読みやすさなんだけど単に今の自分にはミステリーじゃなかったなと、時が満ちてなかった
    大変面白いのでそういう気分の人にはおすすめできる

  • 「儚い羊たちの沈黙」同様、ダークな世界観を持った短編集。「儚い…」のオチに痺れた読者なら本作も楽しめるでしょう。何れ劣らぬ6編ですが、中でも他と肌合いの異なる「万灯」が秀逸でした。

  • 6つの短編集
    全体を通して昭和な雰囲気が漂う印象
    ミステリーともホラーとも言える内容で
    読み始めると続きが気になって仕方なくなりました。

    夜警
    仕事に向いている向いていないという話の前に
    一人前の大人としてどうなのか?という問題
    自分の不始末は自分で責任をとりたい

    死人宿
    物語がどっちの方向に進んでいくのかがわからない感じがよかった
    需要と供給

    柘榴
    ダメンズ好きも遺伝するのか
    腹黒い女子

    万灯
    ビジネスマンの活躍する話かと思いきや
    一転

    関守
    途中から危ない!危ない!という気持ちになる

    満願
    6つの中で一番良かったと思った話
    絶対に譲れないものというか
    根っこにあるものというか、信条というか、
    DNAに刻まれたというか、
    そういうものは大事なことだと思う。

  • 短編集。オチは自分の中でストンと落ちるものもあれば、
    どこか後味の悪さが残る作品もありました。
    最近の「世にも奇妙な物語」のテイストに似ていると感じます。
    映像化できないことはないと思うので少し期待が膨らみます。
    ただ、もう一度読みたい作品かと言われるとそうではないです...。
    何でしょう...オチ前でハードルを上げている気がします。

    読みやすかったのでミステリー作品を初めて読む方にも
    オススメできる作品。

全117件中 1 - 25件を表示

満願 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

満願 (新潮文庫)の作品紹介

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

満願 (新潮文庫)のKindle版

満願 (新潮文庫)の単行本

ツイートする