白い夏の墓標 (新潮文庫)

  • 281人登録
  • 3.56評価
    • (20)
    • (33)
    • (55)
    • (8)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 帚木蓬生
  • 新潮社 (1983年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101288017

白い夏の墓標 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/10/03 - 2016/10/09
    パリで開かれた肝炎ウィルス国際会議に出席した佐伯教授は、アメリカ陸軍微生物研究所のベルナールと名乗る見知らぬ老紳士の訪問を受けた。かつて仙台で机を並べ、その後アメリカ留学中に事故死した親友黒田が、実はフランスで自殺したことを告げられたのだ。細菌学者の死の謎は真夏のパリから残雪のピレネーへ、そして二十数年前の仙台へと遡る。抒情と戦慄のサスペンス。

  • 読了。僕達を封じ込めているのは社会とか思想とかではなく、1日24時間という物理的制約と知性という生理的限界だけである。テーマの割に明るい展開と相変わらず引き込まれるわ。ただ、読書に絶望的な虚脱感を求める僕としてはハッピー(?)エンドにそうなの?感はあり。間違えなく面白いけどね。

  • 黒田は手記に書いてあるように佐伯とずっと一緒にいれば人生が全然違ったのかもしれない…。
    貧しさゆえに両親に愛されず、兄は狂い、自分は狂わないために殻に閉じこもり、ウィルスだけに心を注ぐ。
    自分が発見した仙台ヴァイラスが認められアメリカに行けると決まった時はどんなに嬉しかっただろう。心を許せる友になりつつある人よりも、たった一人の肉親の兄よりも黒田はウィルスを選びアメリカへ行った。そこで得て、失った物はなんだったのだろう。
    「水を得た魚という評は正解だろう。だが水を得た代償として何を売り渡してしまったのだろう。」

  • 私的には低い評価になってしまいます。
    私にとっての帚木さんは、ヒューマニティの作家さんなのです。でもこの作品は普通のサスペンスですね。まあ、裏表紙の解説を見た時点で、その覚悟はしていたし、そのため今までこの作品に手を出さなかったのですけどね。
    悪い作品ではないと思います。ズンズンと力強いものではないですが、静かに引き込む力を持っていますし、終わり方も綺麗ですしね。ただ、帚木さんに対して私が勝手に持ってる要求がかなえられなかったと言うだけで。。。。

  • 今回は細菌学をテーマとしており、多少医学の知識がある私でも難しかったです。しかしさすが帚木氏。黒田の死の真相が明らかになっていく過程が良かった。佐伯氏が本当の黒田を理解したのかなぁ~と感じた。ベルナール氏も本当は心優しい科学者だったんですね。最後までハラハラしながら読める作品でした。

  • 細菌の研究というジャンルは新しかった。

  • 医学の世界がリアルに書かれてて、お見事!の一言。派手に知識をひけらかす訳でなく、基礎がどっしりしていて、医学を学んだ者でも納得しながら読める。
    なおかつ、故人を訪ねて死の謎を追っていくミステリーの要素もテンポよく進んでいく。最後の手紙で、エンターテイメントとして丸く収まったか?

  • テーマや環境が似すぎていて、だんだん全部が同じに思えてきた。
    細菌兵器を作るために引き抜かれ・・・だけどやりきれなくなり逃げて自殺したと思われていた友人の足跡をたどる話。

  • 純粋エンタメに近い医療サスペンス。帚木氏ならではのスケール大きな舞台展開と一気に読ませる筆力。一方でテーマの深みにはやや欠ける感があり、帚木氏独特の壮大な人間愛を期待した身としてはやや物足りなかった。

  • PDF

全34件中 1 - 10件を表示

帚木蓬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白い夏の墓標 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白い夏の墓標 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白い夏の墓標 (新潮文庫)はこんな本です

白い夏の墓標 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする