逃亡〈上〉 (新潮文庫)

  • 285人登録
  • 4.03評価
    • (45)
    • (38)
    • (34)
    • (2)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 帚木蓬生
  • 新潮社 (2000年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (623ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101288116

逃亡〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。「狂気と考えたいが、正気ですよ。全員が狂気になるとは思えません。正気で人間はどんなことでもやらかすんです」引き込まれ感ハンパない!

  • 憲兵視点での読み物は個人的には初めてなのでとても新鮮。戦争にはこういう側面もあるのかと。下巻に向けて逃亡も本格化しそうできたいたかまる。

  • 読み始めは一寸違和感があった。
    平和な世界から見れば、異常行動と言える拷問や殺人を経験した主人公が、反省や後悔も無く自己弁護している姿は、これまで読んできた帚木さんの感じとどうも違う。有ってはならない悲惨さを読者に訴えるのではなくて、むしろそれを肯定してる感さえあるる。
    しかし、後半に進むにつれ、本当に徐々に、しかも自然の流れの中で、追い詰められた主人公の自己弁護が後悔や反省に変化していき、最後にはいつもの帚木さんである。
    加害者である日本の犯罪的行為とともに、戦勝国である米国の行為も随所で批判しながら、再び起こしてはならない悲劇を、いつもの如く淡々とした語り口で表現している。

  • 逃亡モノ小説の最上級クラス

  • 必読書。

  • 読了

  • 1945年8月15日、日本敗戦。国内外の日本人全ての運命が大きく変わろうとしていた―。香港で諜報活動に従事していた憲兵隊の守田軍曹は、戦後次第に反日感情を増す香港に身の危険を感じ、離隊を決意する。本名も身分も隠し、憲兵狩りに怯えつつ、命からがらの帰国。しかし彼を待っていたのは「戦犯」の烙印だった…。「国家と個人」を問う日本人必読の2000枚。柴田錬三郎賞受賞。

  • 戦争当時の日本軍の非行を読むのは辛く、進みは遅く何度か止めようかと思いながらも読み終えた充実はある。戦争の中での日本の狂気と、敗戦国の不条理な不当な裁判のあり方、また無差別殺人である核兵器が何も問われない勝国の論理。これからは成り立たないだろう。

  • 戦時中の惨たらしい描写、その爪痕を背負いながらも歩みを進める主人公。ついにその怯える背中が捉えられ、下巻にかけて物語が駆け抜けてゆく。

  • 2014.10.17

全31件中 1 - 10件を表示

帚木蓬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

逃亡〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逃亡〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逃亡〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする