逃亡〈下〉 (新潮文庫)

  • 228人登録
  • 3.92評価
    • (35)
    • (30)
    • (34)
    • (3)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 帚木蓬生
  • 新潮社 (2000年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (587ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101288123

逃亡〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。なにかに一筋の集団には古い体質が残る。封建時代からの積もり積もった埃を誰もが被り、しかもそれに気がつかず自分達が一番だと思っている。いきおい頑なになる。
    舞台を巣鴨プリズンに移す。最後が呆気ないけど、長い物語を充分堪能しました!

  • 戦犯という立場、自らの罪意識は持ちつつも、それでもやりばのない国家から見放された理不尽さ、今まで考えたこともなかった戦争の側面を考えさせられた。そしてもうひとつ、下巻を通じて太く貫かれていたのが、嫁の気丈さ。はんぱない。嫁からの手紙は本当に泣けました。

  • 2000.01.01

  • 1945年8月15日、日本敗戦。国内外の日本人全ての運命が大きく変わろうとしていた―。香港で諜報活動に従事していた憲兵隊の守田軍曹は、戦後次第に反日感情を増す香港に身の危険を感じ、離隊を決意する。本名も身分も隠し、憲兵狩りに怯えつつ、命からがらの帰国。しかし彼を待っていたのは「戦犯」の烙印だった…。「国家と個人」を問う日本人必読の2000枚。柴田錬三郎賞受賞。

  • 戦時下の罪を背負いながら、それでもまっすぐに歩みを進めようとする主人公。戦犯と捕らえられてもなお自己の行いと向き合いながら、故郷を思う姿。晴れて、真の意味で、復員として曹長と顔をあわせる最後の数ページは圧巻。長編ながら、あっという間に世界に浸り、読み進めてしまう。帚木蓬生らしい、骨太な物語。

  • 第二次大戦期の香港で「活躍」した元憲兵が、BC級戦犯としての訴追を恐れひそかに離隊、逃避行を続けて行く様子を描く。前半は当の憲兵の人物像そのままのような淡々とした筆致がもどかしく感じられたが、後半は一気に読んでしまった。香港侵攻から占領に至るプロセスのことも知らなかったので、その点でも勉強になった。
     ただ、読み終えた時点で振り返ると、なぜこの主人公の元憲兵が巣鴨からの釈放後、かつての同僚(+逃避行の相棒)と再会するところで終わるかが問題となる。香港への移送がいったんは決まり、少しずつ意識され始めた〈認罪〉のプロセスも、ほんの入口部分で放置されたままだ。
     男たちの曖昧な戦後の始まり、という意味ではそれなりに典型的と言えるのだろうが、これだけの長さを費やした物語の終わりとしては、いささか物足りなさを感じざるを得ない。

  • 最近外れ続きだったので久々の傑作でウレシス。
    社会派だけど情景描写が素晴らしく、情緒的で、
    でも情に傾きすぎない、素晴らしい一冊でした。

  • 下巻では、帰国し、妻子と再会し、そして戦犯として逃亡する姿が描かれる。上巻がある意味ハードボイルド的な部分もあったのに対し、下巻は情緒的なところが大きい。特に、妻とのさまざまなやり取りは涙を誘う。

    舞台は全然違うが加賀乙彦の「湿原」を思い起こさせた重厚な傑作。

  • レビュー

  • ”逃亡”とは、憲兵の戦後を描いた大作である。国のために働いた彼らが戦後連合国に追われ、自国にも追われるという悲哀の物語である。プロの作家は資料を読み込むことで90%作品を完成させることができる。残りはリアリティをいかに追求するかがカギとのこと。本作品のリアリティのすごさとは、戦後の日本の農家の暮らしぶりや焼け野原となった博多の街並みと闇市の様。当時の人々の苦しみや希望を見事なまでに描いている。また戦犯への追及。戦争は終わってない。戦争は継続していることに対する緊張感。それにしてもリアリティの源泉が・・とは。解説を読んでびっくりです。

全25件中 1 - 10件を表示

帚木蓬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
帚木 蓬生
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

逃亡〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逃亡〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逃亡〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする