安楽病棟 (新潮文庫)

  • 506人登録
  • 3.56評価
    • (38)
    • (47)
    • (106)
    • (6)
    • (3)
  • 59レビュー
著者 : 帚木蓬生
  • 新潮社 (2001年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101288130

安楽病棟 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初に一人一人の入院までの過程が短編風に語られ、その後、病院での生活風景が続き、最後にサスペンス。「閉鎖病棟」によく似た構成でできています。
    この人の文章はよほど私の波長と会うのでしょうか、導入部では一気に没入できました。しかし、祖父や母のことを思い起こさせる中盤はちょっと辛い。延々と痴呆の実態がつづられます。なんだか一種のルポルタージュみたいです。何がテーマなのか、どうエンディングにつながるのかと心配した頃、いきなりサスペンスに変わります。
    サスペンスが書きたかったのか、痴呆と言う社会問題を提起したかったのか、どちらにしても中途半端な感じは否めません。

  • 安楽死のことより、老人の抱える問題、特に痴呆老人のことが詳しく描かれていて、興味深い。
    40歳から老後が始まる、という記述にドキリとした。

  • 深夜、引き出しに排尿する男性、お地蔵さんの帽子と前垂れを縫い続ける女性、気をつけの姿勢で寝る元近衛兵の男性、異食症で五百円硬貨がお腹に入ったままの女性、自分を23歳の独身だと思い込む女性…様々な症状の老人が暮らす痴呆病棟で起きた、相次ぐ患者の急死。理想の介護を実践する新任看護婦が気づいた衝撃の実験とは?終末期医療の現状と問題点を鮮やかに描くミステリー。

  • 刊行されてから20年近く時間を経ているが、
    内容は色褪せないどころか、むしろ、切実になっている。

    いずれもモノローグで記述されており、読み始めは戸惑ったが、
    読み進むにつれ、全体像が掴めるようになり、
    その結末たるや、読者に大きな問いを投げかけるものである。

    高齢化してゆくのが自明である現代日本において、
    誰しもが考えるべきテーマだと思った。

  • 初めてこの人の本読んだけど、この人すごい!と思った。
    痴呆老人、介護士の客観目、安楽死。
    日本がこれから直面する問題であろう題材をミステリー仕立てに仕上げられている。

    最初の語りあたりは、正直気怠くて、ずっと最後まてこんな調子かなあ。。だったらこの本海外小説並みに分厚いし、途中で挫折しようかなと思ってたんだけど、途中からドンドン面白くなっていって引き込まれていった。

    直近未来に痴呆になる可能性がある親を持つ私には、小説の話だけとはいかず、かなり学びの感覚で読んでいった。

    それにしても、登場人物の看護士の着眼点は見事としかいいようがない。
    途中涙あり、笑いあり、驚きあり、で読み終わったらなんともいいようがない充実感に満たされた。

    もしかしたら、中年の私だからこの本に感動したのかな(*^^*)

    ま、でも年齢層関係なしにぜひいろんな方に読んでもらいたい一冊だと思ったよ。

    この人の本はこれ以外にも評価が高かったので
    今度読んでみよっと!

  • 2014.9月 読み終わり

  • 痴呆病棟を舞台にしたミステリーという括りだが、ミステリー要素はオマケ。新米看護師の目から見た痴呆病棟の叙述は密着ドキュメンタリーを観ているように細部まで描写されている。(身近に痴呆の人を見たことがない方は信じないだろうけど、かなりリアル)新米看護師の患者や家族との関わり方は慈愛に満ち、病棟で起きるハプニングもユーモラスにも思える。終末期の人間に関わるすべての人に対して粛々と問題提起する本。読んだ人は、家族なら、自分ならどうする?と考えずにいられなくなるはず。興味がある人は是非読むべき。

  • 冒頭だけ読んで眠るつもりが結局読破。
    手紙、あるいは報告書による細かいオムニバス形式で話が進む。安楽死の是非、尊厳ある死とは。医療ミステリの枠を大きく越え、筆者の描く問題提起が痛切に伝わってくる。
    「閉鎖病棟」とはまた違った切り口からの精神病棟の描き方。どちらも無視出来ない人間の有り様で、どちらも読者に強く考えを促す作品だ。
    倫理観が邪魔をしていないか、その倫理観は誰の立場に立ったものなのか、本当に患者のことを考えるとは何か。真の意味での「思いやり」を問われる長編。

  • まず、痴呆老人の実情にびっくりします。この小説の主人公の看護婦の観察眼のするどさ、気配りの細やかさに感心します。
    物語が進む中でじりじりと噴出してくる終末医療の問題点と疑念。
    ミステリーとしてではなく、私たちが向かっていく老人としての生活を知る上でも必読の書です。

  • 「少しくらいなら考えたことはあるけれど、【自分の意見はこうだ】といえるところまでは考えてはいなかったな」と思わせる問題を取り扱った小説でした。「安楽死」や「老人介護」など、今なお課題の多い内容に、序盤は家庭場面・中盤以降は医療場面を舞台に触れられていました。
    意外なラストにも注目、です。

全59件中 1 - 10件を表示

帚木蓬生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

安楽病棟 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

安楽病棟 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

安楽病棟 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安楽病棟 (新潮文庫)の単行本

安楽病棟 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする