悪人正機 (新潮文庫)

  • 1175人登録
  • 3.64評価
    • (85)
    • (155)
    • (202)
    • (16)
    • (6)
  • 163レビュー
  • 新潮社 (2004年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101289229

悪人正機 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わったと言ってしまってよいのかとても悩む本。

     「生きる」ってなんだ?
     「友だち」ってなんだ?
     「挫折」ってなんだ?
     「殺意」ってなんだ?

    …等々。
    いろんなテーマについて吉本隆明さんの考えが語られている。
    きっとずっと考えてきた経緯があって語られているだろう言葉達は、とてもやさしい言葉のように見える。
    なんとなく分かる気がする。
    それがちょっと危ないように思う。

    内容をどの程度理解出来ているかは横に置いてもすごいなと思うのは、
    「…、というのが僕の立場です。」
    と言い切っていること。
    自分の考えをこんなにズバッと、力まず、難しい言葉や表現を使わずに言い切っている吉本さんはむちゃくちゃカッコイイ。
    私もこうなりたい!と心から思う。

    吉本さんの言葉を読んでいると、考えることがすごく大事なことだということに気付く。
    いつもは自分がうだうだと悩んでいることを忘れたいとか、考えても仕方ないとか、なるようになるとか思っているのだけど、やっぱり考えることをやめちゃいけないな。

    1番心に残ったのは、「10年間やれば、とにかく一丁前だって、もうこれは保証してもいい。」という言葉。
    もう、この言葉を信じることに決めてしまった。
    10年間、毎日、意識的にやる。
    そう決意した。
    一丁前になるかどうか分かるのは10年後。はてさて…

  • 個人的に面白いと感じたところは、職業人としての一人前の基準を10年とおく根拠に自己評価の正確さを挙げていたところ。自己評価よりも高いことに手を出すなというのは妙に納得です。また、震災やフランステロ以前の対談でありながら、未来を予感させるような社会情勢の推察は見事でした。

    あとがきでは中学生に読んでもらいたいと綴ってありますが、20代後半~30歳くらいの働き始めて数年したところで出会っておきたかった本。もう少し力の抜けたものの考え方や批判的な見方もできたのかなと。

  • 自分がいかに凝り固まった考えの持ち主かということを痛感した一冊。

    知の巨人、吉本隆明の深い洞察と幅の広い知識、そして新しい知識を追い求める姿勢は是非とも見習わなければ!

    「オウムを排除すべきかどうか?」から始まる「宗教ってなんだ?」の項目が一番引き込まれた。
    宗教と科学の接点というのは、オイラも時々考えていたことなのだ。
    その昔、出張先のビジネスホテルでお化けと出くわした体験を持つオイラは、
    「やっぱりそれは幻なのではないか?」と「いやあれは実際に見たのだ」を行きつ戻りつしていて。
    その葛藤はやっぱり端から見て、単なるオカルトマニアだもんね。

    糸井重里というキャッチャーがいたからこその、わかりやすくそれでいて深遠な一冊。

  • 良かったなぁ。吉本さんの言葉には人間への鋭い目線があって、甘えや不必要な優しさはない。それが人への公平さというか、真面目さを感じさせる。世の中の本は現実に則さないほど厳しすぎたり、優しすぎたりするから。なんでもない毎日に一本の串をさすような本。

  • それほどためになった感じはしないが、「ユーモアなんて必要ねえ」と言い切る吉本隆明の考えに、ユーモアは善なるものと信じ切っていた私は「そういう考えもあるのか」と思わせられた。私はユーモアはあったほうが絶対いいなあという考えだ。

  • 「子どもの「書く力」は家庭で伸ばせるby高濱正伸&竹谷和」の中で、著者が小6の頃からずっと悩みだったことへの答えをくれた本として紹介。

  • 吉本さんは、自分自身や自分の暮らしに足を置き、自分の考えに基づいてぽつりぽつりと話をしている。自分があるからどんなことでも多く、少なく語ることができる。

    この本では、生きる、ということや、人助けをする、など広くいろいろなことが語らいのテーマとなっているけれど、自分というものを高めつつも、怪しげな風潮に左右されず、人には自由に動いてもらえるような、そんな人を目指しているように思われた。

  • インタビューものだが、糸井さんが会話に入る形式じゃないのがいい。糸井さんが章ごとにまとめを書いていて、その大衆的な視点に安心するし、学ぶこともある

  • 親鸞とは全く関係ありませんでした。
    「生きる」「友だち」「挫折」「殺意」「仕事」「物書き」「理想の上司」「正義」「国際化」「宗教」「戦争」「日本国憲法」「教育」「家族」「素質」「名前」「性」「スポーツ」「旅」「ユーモア」「テレビ」「ネット社会」「情報」「言葉」「声」「文化」「株」「お金」
    について吉本隆明が語ったことを、糸井重里がまとめたもの。

    “僕ら日本人っていうのは、過剰に気を使いすぎる。だから、こう言っちゃ悪いんだ、みたいになっちゃうんですね。人それぞれ違う考えがあるっていう、相容れない者同士のルールってのが、できてないんじゃないかな。”
    「殺意」について。
    一見殺意とは無関係な事を言っているようではあるが、過剰に気を使うということはストレスになる。こんなに気を使っているのに報いられなかったとき、殺意が生まれることもある…のかな。
    ただし殺意を持つことと殺害することは全然別のこと。

    「正義」ってなんだ?
    “自分だけがストイックな方向に突き進んでいくぶんにはかまわないんですけど、突き詰めていけばいくほど、他人がそうじゃないことが気にくわねえってのが拡大していきましてね。そのうち、こりゃかなわねえってことになるわけですよ。”
    そうね。
    正義が大義名分になったあかつきには、ろくなことが起こりゃしないわね。

    「ネット社会」ってなんだ?
    “情報科学系の人たちっていうのはマルチメディア関係のいろいろなことが発達してきたら、要するに人間の精神もそれにあわせて発達するって言ってるんですね。(中略)そりゃおかしいんじゃねえかって僕は思うわけです。そういうものが発達すると、感覚も発達するっていうだけのことで、精神が発達することとは違うよねって。”
    感覚は脳の働き、精神は心の働きだからだそうです。

    でもってマルチメディアの基本にあるのは「利益」と「損害」だそうです。
    言われてみれば確かにそうかも。
    以前からちょっと気になっていたのですが、最近本当に「損得勘定」で行動する人が多い。
    確かに損はしたくないけど、そんなに得したいですか?って言うくらい細かなところも「損得」を計算する。
    このアプリをこう使うと「得」
    これを知らないのは「損」
    世知辛い世の中になったもんじゃのぅ。

    吉本隆明の思想の全てに賛同するわけではないけれど、何事にも捉われたくないという強い意志、風通し良く生きたいという思いはよく解る。
    そしてなるべく多くの視点で物事を見つめたいと私も思っている。

  • 死ぬほど深く思考をこねくり回さないとたどり着かないような結論が、とても簡単な言葉と、わかりやすい説明で書いてある。
    目からウロコなところもたくさんあって、なんども心が軽くなるように感じたけど、自分で同じように思考を辿ってそこに行き着くまで、本当の意味ではきっと理解できないんだろうな。

全163件中 1 - 10件を表示

吉本隆明の作品

悪人正機 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

悪人正機 (新潮文庫)に関連するまとめ

悪人正機 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪人正機 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪人正機 (新潮文庫)の作品紹介

例えば、「生きる」ってなんだ?という問いにいわく「泥棒して食ったっていいんだぜ」-。ほかにも「働くのがいいなんてウソだよ」「円満な家庭なんてねえんだよ」「有名になるっておっかないことだ」…。糸井重里が、吉本隆明から引き出すコトバの数々。驚きに充ちた逆説的人生論だ。「今、中学と大学が危ない」と考える吉本さんが、若者から大人まで元気づけてくれる一冊である。

悪人正機 (新潮文庫)の単行本

ツイートする