土の中の子供 (新潮文庫)

  • 1203人登録
  • 3.39評価
    • (42)
    • (126)
    • (192)
    • (39)
    • (6)
  • 139レビュー
著者 : 中村文則
  • 新潮社 (2007年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101289526

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
村上 春樹
三島 由紀夫
村上 春樹
中村 文則
中村 文則
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

土の中の子供 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『土の中の子供』
    子供の頃虐待され、土の中に埋められたことのある“私”が大人になってからの物語です。

    私は、公園で男達に全身を蹴られながら何であるのかはっきりしない何かを待っていたり、マンションの階段の踊り場で上半身を外へ乗り出させ、落下したら不安と恐怖の向こう側に何かを見るだろうと考えたりします。何かとは、何なのでしょうか。死を求めているようにも見える奇行です。でも、“似ているように思うが、”“違う(p64)”と私は思います。

    この恐怖を求める奇行について、施設長のヤマネさんと話している途中で“恐怖が身体の一部になるほど侵食し、それに捉えられ、依存の状態にあるんです(p82)”という声が私の脳に直接響きます。しかしその後、“自分に根づいていた恐怖を克服するために、(中略)恐怖をつくり出してそれを乗り越えようとした、私なりの、抵抗だったのではないだろうか(p105)”と思います。

    私はタクシー強盗に襲われた後、車の速度を上げ続け、落下し続け、カーブのガードレールにぶつかります。その時、“私は、柔らかなものが自分を満たすように感じ(p106)”、“すごく自分に自分が合わさっていくような気が(p109)”します。

    読んでみて、“これ以上ないほど、やられちゃえばさ、それ以上何もされることはないだろう?世界は、その時には優しいんだ。驚くくらいに(p109)”という私の言葉に、共感しました。
    私は過去の体験を克服したのかそうでないのか、どちらとも読めるよう思いますが、克服していってほしいと、希望をこめて願います。世界が優しくなくても生きていかなければならないのだと、力をもらえるような作品でした。

    『蜘蛛の声』
    “私”はある日、橋の下の、それを支えるコンクリートの窪みに体を潜らせます。そして、“今まで私が求めていたものは、きっとこれ(「隠れている」こと)だったのだろう(p126)”と思います。
    「隠れている」ことの、“安堵感”、“自分だけが異なる世界にいるような奢りの感覚”、“喜び”、“懐かしさ”、理解できるような気がしました。

    しかし、一本の糸を使って空中に浮遊していた蜘蛛の声が聞こえたことで、何が真実で何が思い込みなのか、わからなくなってきました。

    人と関わらなくなることで得られるものもあるのかもしれませんが、その分人として失うものの方が多く、やはり人は人と関わっていなければならないと、読んでいて感じました。

  • 2017年3月23日読了。
    養父母からの虐待の記憶を引きずり、死の淵ぎりぎりまで近付こうと、わざと殴られる主人公。鬱々とした、暗い内省的な文章が続きますが、決して退屈ではなく先へ先へ読ませる魅力があります。幼少時のエピソードを読むと、これだけ厭世的になるのも仕方ないと納得。最後は救いがあり、良かった。
    短編の「蜘蛛の声」は面白かった。ある日突然すべてを捨てて橋の下で暮らすようになる男の物語。

  • 恐怖を克服する子どもの話。
    同著者の銃を読んだ後なので、話に救いが見えたことになんだか安堵してしまった。
    蜘蛛の声は、その状況わかる…わかるぞ…っていう。何かから隠れるのはとても落ち着く。

  • 非常に重苦しい2編の短編である。重苦しさを感じるのは、著者が小説という手法を使って登場人物の心の中に抱える闇の全てを明らかにしようとしているからだろう。

    表題作の『土の中の子供』では親に捨てられ、孤児として虐待された過去を持つ主人公が暴力をきっかけに死を切望し、それに向かっていくという物語である。虐待され、疎外され続けた精神の崩壊と、生と隣り合わせの死を描き、最後には微かな光を見せてくれる。

    表題作とは対極にあるような『蜘蛛の声』を併録。

  • 芥川賞受賞ということで読んでみたが、、ある人の内面を言語化した小説でした。
    怖いという気持ちもありましたが、実在しそうな雰囲気もあり、面白くよみました。

  • 死の欲動について。

    とにかく暗い。途中読むの辞めようか本気で悩んだ。しかし、ここが中村文則さんの本のいいところだと思うが、絶望的で抑鬱的な気持ちになるがきちんと救いがある(捉え方次第だとは思うが)。

    決して精神衛生上いい本だとは思えないので読むタイミングは重要かもしれない(笑)

  • 混沌とした閉塞感が続く中で救済と希望が感じられる「土の中の子供」、同じ閉塞感が安息と危険な感覚にひかれる「蜘蛛の声」、どちらの世界にもある意味共感したくなる秀逸な表現が見られた作品です。

  • 過去に両親から受けた虐待のトラウマに苦しむ日々を送る主人公。度重なる不可抗力の暴力に無条件に身を委ねる事を学んだ彼は、必然的に死の淵へと歩を近付けていく。ただひたすら鬱な展開に何度か本を置きたくなったが、最後はある程度希望が見えて良かった。途中主人公が「城」を読んでる事からしても、作者が非常にカフカに影響を受けた事が分かる。カフカは人を救う力があるのだろうか。

  • 衝撃的な話ではあるが、現実が追いついてきている。意外に読み易い文体で、ぐいぐい引っ張っていく。作家は、この物語を書くことによって、救われているのか。

  • 後にエンタメに近づいて行っている(と私は思う)筆者ではあるけれど、これは完全に純文学。壮絶かつ悲惨な物語。けれど、読後感は悪くない。こういう作品は好きだなあ。

  • 細かな心の動き、詳細な心理描写が巧いと思う部分はあったけど、主人公のバックボーンが伝わりにくく、わかりにくい箇所がある。
    白湯子の存在意義もあまり感じない。

    なので、読み進めて半分ほどで帯の『芥川賞受賞作』というのを見て、正直そんな賞もらうぐらいの作品だったの?と驚いた。

    表題作より『蜘蛛の声』の方が良かった。
    あくまで比べると、だけれど。

  • 著者作品初読みですが、他を寄せ付けぬ魅力がありますし、ファンが多いのも納得です。私は個人的にあまりこういうストレートエッジな作品を好む傾向にないですが、好きな人が出会ったらたまらないと思います!

  • 「土の中の子供」
    生きたいのに、染みついた暴力のなかでしか生を感じることができないでいた主人公。土の中に捨てられ、土の中から生まれる。
    「蜘蛛の糸」
    こっわ!中村さんの小説はいつもすれすれのところを走っている。

    借り物。今回はタイミングじゃなかったかもしれない。また時機を見極めて読み直したい。

  • 相変わらず暗い。暴力に晒されたその後が描いてある。
    こういう作品を読むと、ある種の安心感が得られる。こうならずに済んで良かったとか、現状の満足感を感じることができるから。
    ただ読み終わると、その暗さを引きずってしまう。それでもまた読みたいと思ってしまう。すごい中毒性ですね。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #土の中の子供
    #中村文則
    #2016年72冊目

  • ひどい虐待を受けて育った「私」は、「彼ら」の影に怯えながら、自分の人生と向き合いもがき苦しむ。
    現実に、虐待されて育つ子供はたくさんいる。虐待の程度に差はあっても、虐待される側が受ける衝撃はあまり変わらないように思う。その意味では、知っていなければいけない現実の物語だと思う。

  • この人の作品は、こんなに暗いのに、どうして少し希望を感じられるのか不思議で仕方ない。
    「僕は、土の中から生まれたんですよ」というセリフが全てだと思う。

  • 子供の頃、養家にて虐待を受けていた主人公。自ら殴られるため暴走族グループにケンカを売る冒頭部分は衝撃的でした。しかしラストでは生への執着があり、ほっとした。
    最近の芥川賞受賞作の傾向ともいえる生きにくさが、見事に表現されていたように思う。

  • 恐怖に打ち勝つために恐怖を求める、とか理解できない感覚がたくさんあった。考えただけで恐ろしいけど、だから考えないのではだめだと思った。それに無実な子供たちが蝕まれなくてはいけないことを避けるためにも、私たちはその苦しみをまずどういうものか理解するべきだと思った。
    初めてこういうことを真剣に考えさせてくれるこの本を読んでよかったです!!!

  • 無意味の苦しみと優しさと。

  • 高校生の時、特別授業か何かできていた客員教授のひとに薦められた。
    表題作ほか一編を収録。
    表題作ももう一つの作品も、人間の醜い部分、おぞましい部分を覆い隠すことなく、容赦なく描き出している。読んでいると、この世はひとつの舞台で、そこで演じる人間はみな生まれる価値のない人間だと思わずにはいられなくなる。そして、自分もその一員なのだと思わずにはいられない。だが、それでも人間はこの地球で生きる生物のひとつなのだ。

  • 負の連鎖に打ちのめされる。虐待を受けて育った主人公が、自ら炎に集まる羽虫のように理不尽な暴力に身を委ねていく…うっかりしていると読んでいるこちらまで死に引きずり込まれそう。

    意識があるまま土に埋められる…想像するだけで恐怖だ。

    「蜘蛛の声」もなんと言うか…こうやって人は狂うのかな…もはやどこからが妄想なのか分からなくなるようで混乱する。

    所有したくはない本。

  • BSの番組でゲストとして出演しているのを観、芥川賞受賞作家ということで、読んでみたいと思った。
    実の親、親戚から虐待され、養護施設で育てられた主人公が、自ら暴力の被害を招くような生き方をする物語。
    虐待を受けて育った主人公がどのような感情に突き動かされているのかを、主人公の主観から詳細に述べられている。
    同様にくるしむ人々の救済となりたいとする著者の意図が伺える。いわばピアカウンセリングのような役割を担う小説として意図されているのではないかと思われる。

  •  『世界は、最後には、自分に対して優しかったのだと思った』。すごく印象深い文章だった。

     自分が土の中に埋められて、息もできず苦しい状況なのに、それ以上に苦しい経験をしてきたがために、安らかな終りに対して優しさを感じてしまうほどの辛さ・・・想像できない。

     主人公が恐怖というものを求めてしまう感覚。それは私には理解できないけど、虚無感に浸ることは私にもあるし、ある一定の虚無感は常に抱えていようと思っている。日々を生きていくのに、そうした負の要素を抱えていないと壊れそうになるから。

     白湯子にとっての主人公は救いで、主人公にとっての白湯子もまた救いなんだと思う。傍から見ればダメな二人だけど、そんな二人だから理解できることがあるんだと思う。

     私にはこの話は救いがある話だと思った。ここに出てきた二人はもう大丈夫だと思う。

  • 中村文則氏の書く小説の中には、自分が読みたかった何かが必ずと言えるほどに含まれています。

全139件中 1 - 25件を表示

土の中の子供 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

土の中の子供 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

土の中の子供 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土の中の子供 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

土の中の子供 (新潮文庫)の作品紹介

27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。人間の業と希望を正面から追求し、賞賛を集めた新世代の芥川賞受賞作。著者初の短篇「蜘蛛の声」を併録。

土の中の子供 (新潮文庫)の単行本

ツイートする