遮光 (新潮文庫)

  • 1394人登録
  • 3.51評価
    • (75)
    • (160)
    • (183)
    • (45)
    • (11)
  • 195レビュー
著者 : 中村文則
  • 新潮社 (2010年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101289533

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

遮光 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 限りなく5に近い★4つです。

    いや~…

    まじでこの人すごい。
    24でこの世界観、完成度の作品を書くとは本当にすごい人が現れた。

    個人的な好き嫌いはあろうかと思うが、
    少なからず読書をするものであれば、
    この小説が(というか作者が)他とは明らかに違うということがわかると思う。

    大衆文学やら純文学のそもそものカテゴリ分けなどは知ったこっちゃないが、
    もし分けるとするならば大衆とは一線を画するのは必至だ。

    限られた登場人物、限られた場面、
    進展しない物語の中、
    ここまで世界が広がる小説こそ、私が読みたい小説であり、
    本当の物語は外にではなくやはり内にあるのだと、
    改めて思い知った。

    本作は、恋人を失った虚言癖の男がその恋人の指と共に行動を共にするという
    かなり変わった物語であるが、
    その異常性如何よりも、陰鬱なものを秘めながら社会と関わる姿に全てがあるように思えてならない。

    タイトルが『指』とかでないのも、重点がそこではないことを物語っていると思う。

    虚言癖でありながら、簡単に狂人然としないところにも好感を覚えた。
    小説でもリアルでも、簡単に人が狂いすぎる昨今だから。

  • ある種の錯覚を生み出す狂気を持った作品です。あるべきではないのにそこに佇んでいるような感じにさせられる・・・ある意味すごいと思います。

  • すっかり熱烈な文則ファンになりました。
    今年に入って、えーと、5冊目になりますか。
    この調子ですと、恐らく年内か来年中には中村文則の全著作17冊を読破するでしょう。
    そんなに面白いのかって?
    どういう意味で面白いって言ってますか?
    読後に訪れる圧倒的なカタルシス?
    思わず溜飲を下げる爽快感?
    元気をもらえるビタミン剤みたいな感動?
    すみません、そんなものはありません。
    本書も、例によって救いのない物語です。
    主人公は、事故死した恋人が忘れられず、小指(!)を小瓶に入れて持ち歩きます。
    恋人は、米国で留学していると周囲に嘘をついて―。
    主人公は明らかに狂れていますが、その狂気の中に、私は最も純度の高い愛の形を見ました。
    もっとも、その愛ですら、最後は主人公自らの狂気でほとんど粉みじんに打ち砕かれます。
    読後、胸が苦しくなりました。
    ただ、強く魅かれました。
    これが中村文則の魅力であって、多くの読者を獲得している理由でありましょう。
    中村文則は、読み手の負の部分を強く刺激してきます。
    普段、生活をしていて、あまり他人には見せない負の部分。
    そこを解放してくれるのです。
    安易に読者に救済の手を差し伸べる小説が多い中、中村文則は貴重な作家だと思います。
    恐らく日本を代表する大作家になるでしょう。
    いや、もう、なってるか。

  • 読後(厳密には)第一声は「こいつキチガイか…」。作者の本は初めてだったので実際はそうでもないのかもだが。西加奈子を初めて読んだ時もこいつはやばいと思ったが、それとは違う絶望に近い嵐の前の曇天の地球の色のようなヤバさ(のが多い。)話の暗さも相まって本当に狂気を感じた。
    内容としては主人公の気持ち悪い性質も理解出来るところがあるわけだが、それでいて圧倒的な狂気を感じるところがまたヤバい。主人公の自我のない「ような」感覚を作者も持っているんだろうなと感じる。
    話の筋としては総じて美しいと思う。期待の裏切りあり、期待通りあり。でもそれら全てを許してしまえるのはこの本に圧倒されているから、というのは多分にある気がする。
    中村文則は他の本も読まないと好みの判断をつけられそうにない。こうして人は読書という迷宮〜ラビリンス〜に迷い込んでいくのか…あな恐ろし。

  • 幼い頃に両親を亡くした不幸な生い立ちの青年。
    内面の虚無感を隠すため嘘を重ねるうちに、
    現実と虚構の区別があやふやに。
    そして徐々に精神の均衡が崩れ、
    正気と狂気の間をふらふらと綱渡りしているようだったが、
    恋人の死をきっかけにとうとう向こう側へ落ちてしまう。

    狂気に飲み込まれていく様が、あまりにも生々しく恐ろしく、
    鉛を呑まされたような読後感。
    人は精神を病むと太陽に背くDNAが組み込まれているんだと思う。

  • 久々に鬱々とした小説だった。

    自分の行動すべてが嘘っぽくなることってあると思う。俯瞰してみているような冷めた感じ、そんな感情を演じてみてるような感じとか。主人公の嘘は、嘘として機能させているわけじゃなくて、どっちでもいいような適当なものなのだと思う。世の中すべてが自分にとってどうでも良いから。ただ死んでしまった彼女以外は。

    彼女の死をきっかけに絶望に陥って、それでも最後は救われるって話じゃないのね。最後まで、幸せな方向には向かえない、彼女への愛は偽れないから壊れてしまう。

    読んでで感情があっちこっち飛んでいっててまとまりも結論もないけど、そうなりたいからそうするっていう描写。ちょっと分かるような気もする。

  • 死んだ彼女の小指をホルマリン漬けにして持ち歩き、彼女が生きている妄想にすがりながら日々を消費していく青年の話、といったところでしょうか。

    「ホルマリン」「死者」というキーワードがあると、いつも大江健三郎「死者の奢り」をイメージしてしまいます。実際、ラストシーンで主人公がとった行動のグロテスクさは、「死者の~」にある吐息のような気持ち悪い湿り気があって、微妙に救われた感が漂いつつも底知れない生理的嫌悪感がねっとりと感情にまとわりついてきました。

    それでも全編通しての印象としては、今まで読んだ中村文則作品「銃」「掏摸」と同じく、空虚・ドライといったもののほうが近いかも。

    彼女が死んだという現実を受け入れられない主人公がとる行動はイミフな点も多く、共感しづらい部分も見せてくれます。けれども「彼女が死んだ」というショックから立ち直れないということがその要因であるなら、さらに言えば幼いころに両親も亡くしていることもそれに関わっているとしたら、多少同情する部分もなくはありませんし、理解できなくもない部分もあります。

    ただ、これだけの不幸を抱えて、かつ淡々と時間を消化していくだけのような生き様を見ると、そこまでして生きる必要ってあるのかという絶望感すら覚えてしまいます。それがとてつもない空虚感を覚えた要因になっているのかなと思っています。

    作品自体は後味のよい内容ではないものの、むぅ…と唸らされる渋イィものだったとは思いますが、唯一「うーん」と首をひねったのは著者本人によるあとがき。

    小説の感想だとか解釈は読み手に委ねさせてほしいと思っているのですが、著者本人が作品解説をしちゃうと、自分の解釈が異なっていた時に国語のテストで間違っちゃったような気まずさがあるんで、できればやめてほしいんですよね…ここが本作一番の不満点でした。

  • 小説全体をおおう切なる感じに、何度か泣きそうになりました。

    主人公にとって嘘をつくことは、自分の異質性や現実世界への違和感が表に飛び出さないような膜を張って、その中に自分を安置することのように思えました。現実を照らし出す太陽光をさえぎるもの。衝動的に何かをしても、演技だと自己暗示をかけて、膜を死守しているかのようでした。死という圧倒的な事実の前であがく姿が、本当に切なかったです。

    この作家の小説を初めて読みましたが、とても純粋な方なのだろうな、という印象を受けました。他の作品も読んでみたいです。

  • 隣室と間違えて部屋に入ってきたデリヘルの女、美紀。そんな成り行きから付き合い始めた2人だが子供のように喜ぶ美紀に知らず知らず依存していた私は、彼女の事故死を周りに告げられず虚言を撒き散らしながら日々を過ごす。

    事故で亡くなった彼女の遺体から指を持ち帰ってホルマリン漬けにして持ち歩く主人公は不気味で哀しい。

    中村氏の作品を読むのは二作目だけどやっぱり暗い…芥川賞作家とは相性悪いのかなぁ…
    上手いんだけど積極的に読みたいお話ではないなぁ。

  • 彼女が交通事故で死んだことを周りに隠し、アメリカに留学中だと周りに言い続ける主人公。ペラペラ嘘で塗り固める、心の無さというか不自然さが不気味。
    人との距離感、会話の原理が「自分の意思で」ではなく「他人がこう反応すると推測したから」で、異邦人を思い出した。ホルマリン漬けの指。
    楽しい思い出を、幸せな未来が無くなってしまうと、保存しておくのはとても難しい。

  • 部分部分にこの感じ知ってるというのある。最後が違和感

  • 世界に引き込まれてあっという間に読んでしまった。狂っているのに、愛する人を失ってしまったらそうなってしまうのだろうと納得というか主人公の気持ちに感情移入する。

  • 最近は後味のいい、軽い小説ばかり手に取っていたので、陰影の濃い、狂気を孕んだ小説に圧倒されました。
    今さらながら初読みの中村文則さんでしたが、読了後まだ心臓がばくばくいってます。

    そもそも読んだきっかけは、又吉さん。
    どこかでとてもお勧めされていたのを目にしたのですが、帯にも又吉さんのコメントで、「もし、世界に明るい物語しか存在しなかったら、僕の人生は今よりも悲惨なものになっていたでしょう。自分の暗い部分と並走してくれる何かが必要な夜があります」と、書かれています。

    絶望的な、取り返しのつかない出来事に対して、器用に蓋をして一定の距離を取れる人ばかりではないんですよね。
    ギリギリ正気の淵で生きていた彼が、絶望に背中を押されて狂気の海で溺れてしまうのが、この作品。
    息継ぎをするように正気を吸い込むけど、海の底から足を引っ張られるように狂気の海に飲まれていくのは、読んでいて恐怖を感じました。その恐怖は、彼自身を怖いと思う恐怖ではなく、理解ができてしまう気がすることへの恐怖な気がします。自分もまたぎりぎりの淵に立っているのかも。

    あとがきでも書かれていますが、印象的なのは太陽を背にした男性の映像。脳内に焼き付くほどくっきりと残っています。彼が彼として見た映像だからでしょうか。それとも男性の助言が、彼の人生を左右するほど大きかったからでしょうか。全体的に暗い中で、とても眩しく、また濃い陰影を作っていて、印象的でした。

    レッテルを張られることは著者の本位ではないかもしれませんが、解離性障害、境界性パーソナリティ障害という単語が頭に浮かびます。
    きっと、美紀がいたら、なんだかんだで平凡で、幸せな人生を歩んでいただろうし、彼が、彼らしく生きていくことができたんでしょうね。人生は、ままならない。寂しいですね。

  • 平凡さを装うことに快感もするけれど、平凡すぎて恐怖心に覆われる.
    読んでいて、虚しいって思うほど、誰にも変えられることができないのが気持ちかって思う.

  •  他人だけではなく自分にまで嘘をつき続ける主人公。恋人の死を受け入れられず、その代用としてホルマリン漬けにした恋人の小指を持ち歩く主人公。

     どう考えても異質で、狂人というか変人なのだけれど、そんな主人公が暗い淵にあえて突っ込んでいきたくなる理由もなんとなくわかる。私自身も、常にここまでひどくないけれど、ある一定の暗さや闇を抱えて生きている。それを、辛いとか苦しいと感じるわけでもなく、あえてそうしている。自分でもわからないが。

     ただ、そうすることで何かしらの救いを求めているような気もする。結末は辛いものだけど、現実を受け入れるということと、嘘から解放されるには、この結末がふさわしいようにも思えた。

  • この小説凄いな
     
    心の、その内面までひっくり返してくれた

  • 主人公は、自分のことも自分のこととしてとらえられず、他人の幸福よりも不幸を願う男(まぁ、彼にとってはどちらでもいいのだろうが)。自分というものの徹底した浮揚感、不確かさ、自己の「絶対零度」がこの小説では不気味なまでに見事に表現されている。
    だが完全に醒めているその一方で、一連の不可思議な行動の動機がどこまでも典型的な「幸福」に対する渇望であり、それから逃れられないのが悲しい。他人の痛みよりも光のまぶしさ、ジーンズを溢するビールの冷たさに向いてしまう意識。その正体は、矛盾だらけで吐き気を催すほどの自我である。狂気だのボーダーレス障害という診断だので片付けるには余りに安易な、恐ろしい問題がここにある。

  • 全体を覆う陰鬱さが何とも言えず心地良くて、文章もとても読み易くスッと入ってきたため、一気に数時間で読み終えた。虚言癖を持ち演技をしながらなりすまして生きる主人公、愉快に笑いながら喋るも、それを冷静に見つめている自分が常にいる。主人公は、付き合っていた風俗嬢である美紀が死んだことを告げられるがショックから彼女の死を受け入れられずに、死体の指をもぎ取りビンに詰める。美紀はこの世にいない。けど瓶に入った美紀の指をみては存在を感じ落ち着かせる。死を受け入れられず、周りにも美紀の死を嘘で固めて隠蔽し続ける。そのうち、嘘と妄想と現実が入り混じってしまう。そんな主人公をバイト先の男がすべて見透かして晒し上げて次々に述べるシーンがある。なりすましを見抜かれた主人公は、追い詰められて幻覚をみたり錯乱状態になってしまう。
    中盤で、主人公が幼い頃、肉親が自死したとき引きとられた養父に述べられた台詞が語られる。太陽の光の中でそのとき見た幼い主人公の目に移る世界の変容。。。
    終盤につれて、主人公の自己破綻は進み、
    現実と妄想の乖離、破壊衝動と怒りが抑えられず、女友達の彼氏の見ず知らずの男を殺してしまう。生身の人間から溢れてくる鮮血と死の手応え。。。
    そのとき、狂気の中で、主人公はたしかに
    死を感じた。瓶に入ってた彼女の指を自分の中に取り込んだ。最後の最後に彼は、死を受け入れることができたのだ。
    そのときの文章から伝わってくる背筋の凍るような妄想、目眩と全能感と抱擁、、、
    とても気持ちのいい締めくくりであった。

  • どうしようもない事柄、について筆者はあとがきで触れていたが、それによって言葉では言い尽くせない説明できない不快感が走る小説となっていた。が、1度は感じたことのある、想像したことのあるものと既視感を持ちえるもの。

  • 「こう思っていることも、あるいは、私の演技であるのかもしれなかった。私はわからなくなった。…私にはそれがわかった。…ここには、確かに、美紀がいるのだった。…私は、以前美紀に対してふざけてよくそうやったように、わずかに濡れたその美紀の指を、そのまま、口の中に含んだ。」

    逸脱。むき出しの感情や、鬱屈とした感情が生き物のように揺れ動き、その感情によって引き起こされる行動の非常識さに思わず顔が引きつるのだが、同時に愛おしさを感じさせる。恋人の指を切断したことを問い詰められる場面や、電車内で指が入った瓶を落としてしまう場面では、表面上は静かだが、何かまずいものをようやく飲み込んだような印象を持った。あとがきで書かれていた、「暗黒だが、それを経なければ、主人公は瓶と共にいる世界に行くことができなかった」が腑に落ちました。

  • 著者の作品を初めて読みました。

    話には聞いてたがとにかく暗かった。ただ著者特有の世界観を感じ、暗い小説を読みたい時にはいいんじゃないかなと思った。個人的にこの世界観が気に入ったので他の作品も読んでみる。

  • 凄い小説だ。負をかかえた主人公。その心の描写にグングン引き込まれる。

    負、陰、暗であって「怒」ではない。
    「怒」を演じることで意味を模索しているのか。

    遮られた光がやがて通って広がっていく様がはっきりと見えた。

  • 演技している部分と心からの行動の部分の境目がわからなくなることって意識してみると、割とある。(例えばtwitterで呟いたあとに、これは本当にただただ心に浮かんだから書いたのか、他人の共感なり何らかのアクションが欲しくて書いたのか、など)これを言葉にしてくれてありがとう。自分としては承認欲求とは何たるかを考えるきっかけになって良かった。

  • さおちゃんオススメ

全195件中 1 - 25件を表示

遮光 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

遮光 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遮光 (新潮文庫)の作品紹介

恋人の美紀の事故死を周囲に隠しながら、彼女は今でも生きていると、その幸福を語り続ける男。彼の手元には、黒いビニールに包まれた謎の瓶があった-。それは純愛か、狂気か。喪失感と行き場のない怒りに覆われた青春を、悲しみに抵抗する「虚言癖」の青年のうちに描き、圧倒的な衝撃と賞賛を集めた野間文芸新人賞受賞作。若き芥川賞・大江健三郎賞受賞作家の初期決定的代表作。

遮光 (新潮文庫)の単行本

ツイートする