鳥の仏教 (新潮文庫)

  • 139人登録
  • 3.34評価
    • (7)
    • (2)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 中沢新一
  • 新潮社 (2011年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290133

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
村上 春樹
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
内田 樹
中沢 新一
坂本 龍一
有効な右矢印 無効な右矢印

鳥の仏教 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • わかりやすく伝えることを考える。それはひとがどういうふうにものごとをとらえているのか、ということを考えることにつながる。自分ではないひとたちが自分とはちがうもののとらえかたをしていることを認めること、それが自分の思うことを伝えるのに役に立つということ。それが鳥の姿を借りているだけのこと。という本。なのか。

  • 正式な経典ではなくて、チベットで一般の人たちに読み継がれてきた物語のようなものを中沢新一氏が翻訳した本です。カッコウに姿を変えた観音菩薩がブッダの知恵について語るという内容。道元の「正法眼蔵」の動物や植物の文字で書かれた経巻というのと通じるものがあります。
    あとがきの文章が美しくて、高木正勝さんという音楽家のことを知りました。映画「おおかみこどもの雨と雪」のあの印象的な音楽や耳に残っているCMソングを手掛けられているそう。この本のBGMにピッタリきます。

  • 近世チベットで作られヨーロッパ等でも広く読まれている仏教の入門書のようなもの。中沢新一がチベット留学の際に僧に薦められ愛読していたものとのこと。鳥の挿絵が美しく今まで読んだ何より仏教についてわかりやすかった。仏陀は聖なる鳥とされるカッコウの姿で語っている。特にへこたれていた時期に読んだのですごく静かに浸透してきた気がする。

  • 手塚治虫のブッタのような話でした。

  • 中沢新一の著書という体裁になっているが、中身はチベットの何者かが書いた仏教のテクストの翻訳が中心になっている。
    このテクストは書かれた時代がよくわからないようだが、そんなに古いものではなく、近世、あるいは近代のものかもしれないという気がする。
    大乗仏教的な思想を、童話のように平易な口調で、民衆的なわかりやすさで説いたもの。
    易しい言葉だが、なかなか味わいがある。
    130ページほどの、本当に薄い文庫本で、おまけに鳥のイラストがたくさん入っているから、文字は少ない。あっという間に読んでしまった。

  • 表題と読み始めに多少の戸惑いと誤解は生じると思う。
    何が書かれているのだろうか・・・というのが正直なところ。
    人間の世界を鳥の世界に模したというのではなく、そもそもアニミズム的思想においては、人間と他の生物との壁はなく、ごく自然に、鳥たちもまた語り、思索すると考えるのは当然かもしれない。
    現代人の視点で解釈してはいけないということでしょうか。

  • とても挿絵の綺麗な本です。
    内容も、わかりやすく 鳥たちが話してくれます。
    いつも、持ち歩いていたい本です。

    中沢先生って…素敵♪

  • 文章自体は決して多くないのですが、伝えられる本質的メッセージは非常に示唆に富んでいます。

  • チベットで作られ、ヨーロッパ等でも読まれる仏教の経典です。
    中沢新一氏が翻訳、解説をしています。

    この本の興味深いのは、仏教が生まれたインドで作られたものでないこと。
    鳥や動物の方が理想の姿に近い存在とも読み取れること。

    読みやすい仏教の本ですが。
    読みやすい=わかりやすいではないので注意。

  • どんな話かわくわく!

  • 観音さまがカッコウの姿となってチベットの鳥たちに仏の教えを説くという神話のようなお教を、中沢さんが満を持して訳し、解説を加えた本です。カラーの挿絵もきれいです。つらい修行に耐えた一部の者だけでなくあらゆる有情のもの(心の働きをもっているもの)全てが救われる、という大乗仏教の思想を、簡易な表現で表したというチベット語で書かれた経典。おもしろいのはこの経典が仏教の根本の教えの優れた教本となり東洋に限らず自然と広まっているのに、実は本筋ではなく邪道というか、本家インドに原典の無い、チベットで本家をまねて作られた偽作とでもいうようなものだ、というところ。文章は易しいのでサっと読めます。が、当然ながら読める=わかる、というようなものではないので、ときどき、読み返して、いつかこの境地にしみじみ共感できるようになりたいものです。チベットでこの経典がすんなり受け入れられた背景などの解説も読んでいてとても面白かったです。

全13件中 1 - 13件を表示

鳥の仏教 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

鳥の仏教 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鳥の仏教 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鳥の仏教 (新潮文庫)の作品紹介

カッコウに姿を変えた観音菩薩がブッダの最も貴い知恵について語り、鶴、セキレイ、ライチョウ、鳩、フクロウなどの鳥たちが、幸福へと続く言葉を紡ぐ。20世紀初頭に存在が知られるようになったこの経典は、チベットで古くから読み継がれてきた、農民や牧畜民など一般の信者に向けられた書物です。はじめてチベット語から翻訳される、仏教思想のエッセンスに満ち溢れた貴重な一冊。

鳥の仏教 (新潮文庫)の単行本

ツイートする