一月物語 (新潮文庫)

  • 326人登録
  • 3.48評価
    • (28)
    • (47)
    • (103)
    • (8)
    • (2)
  • 51レビュー
著者 : 平野啓一郎
  • 新潮社 (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290324

一月物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高野山十津川旅行シリーズ。読まなかった。読みたい。

  • 明治三十年の日本。十津川へ旅をした青年が、妖かしに惑わされるように迷い混む幻想的な時間のお話。古風な言葉や表現を駆使した文体は相変らずで、でも今回は舞台が日本ということもあり、かなりそれがハマる感じで、単純にあーやっぱこのひと上手いなあと感心。

    たとえば泉鏡花の『高野聖』なんかを思わせる、隠れ里じみた山奥に棲む美女の妖怪(ここでは西洋でいうところのいわゆるバジリスクですけども)とそれに恋してしまう青年の悲恋というシチュエイションだけでなく、幾重にも交錯した時間軸…夢と現実の区別がつかなくなってゆく青年の、そのどの時点で見ている夢なのか、というのがどんどんわからなくなってゆく多重のパラドックスのようなものに、かなり惑わされます。

    ラストは、青年の存在そのものが女性のほうの幻想だったのはないかという、さらなる入れ子構造的夢オチのニュアンスもあり(解釈によってどうとでも受け取れるでしょうけども)不思議な読後感が残ってとても面白かったです。

  • 読み始めてすぐに、この話は知っている、鏡花だろうか。と思っていたら、かなり昔に既読。単行本を買った覚えが無いので、文芸誌で読んだのだろうか…。多分当時、頭のいい人だなーくらいで忘れてしまったようです。「晦渋な漢字にルビつき、その上に表現が擬古典的」で取っ付きにくいように感じたけれど、読み始めれば馴染みのある世界観のせいか、スラスラと楽しめました。クライマックスの女を掻き口説く言葉はちと、情熱が過ぎて、照れ臭い。渡辺保氏の能になぞらえた解説がいい。

  • まさに現代の神話、と呼ぶに等しい作品。ゆっくりゆっくり読み進め、後半からクライマックスにかけてはまるで、舞台を観ているような美しさと熱情に満ちる。なんとも言えない読後感がいつまでも余韻として残る。

  • 選び抜かれた言葉、表現そのものの美しさ、表現されるものの美しさ、正体不明の妖しい女への烈しい憧憬という主題。どれをとっても最高。美に耽りたい人におすすめ。

  • 解説がとてもわかりやすい。
    『平野啓一郎「一月物語」は現代の神話である。』

    高子は人間と、何か得体の知れない恐ろしい力、つまり自然の究極のようなもの、とのあいのこで、「自然の最も深遠な美」に恋い焦がれる真拆と惹かれあうのは、運命であるというか、それこそ自然の求める終着だったのだろう。
    真拆は山を登り、高子は死ぬ。ふたりが行き着くのは、水音というかたちで何度か示唆されたような、澄みきった異世界だろうか。

    「日蝕」のぎらぎらした世界と対比して、一月物語は暗闇の物語であるので、闇の描写が印象的。時間の止まったように静寂な庭の草花や、"緋色の二点" の印象が読後もくっきりと脳裏に映し出される。

    漢字の密度の高いレビューは、明らかに平野啓一郎小説の副作用……

  • つまらなかった。
    耽美的で作者の個性に走りすぎ。

  • 雨月物語を思わせる題名と内容。

    古文体と旧漢字を多用しながら、美麗な文章で綴られているが、面白くなかった。

    現代人が、古文を駆使して幽玄な文学を産み出しました!と主張しているような作品だと思った。
    文章に素直さがないように感じられたので、伝わってこなかった。

  • 美しい物語。

  • 平野はすごい!
    日本人として読んどけ。

全51件中 1 - 10件を表示

平野啓一郎の作品

一月物語 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

一月物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一月物語 (新潮文庫)の単行本

ツイートする