顔のない裸体たち (新潮文庫)

  • 327人登録
  • 3.14評価
    • (8)
    • (37)
    • (66)
    • (21)
    • (6)
  • 54レビュー
著者 : 平野啓一郎
  • 新潮社 (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290386

顔のない裸体たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平野啓一郎は初めて読みましたが、文章力の凄い作家だなあ、と感じた。
    エロス一辺倒になってしまうようなテーマでありながら、人間の内面を心に迫る文章で描いていて、結構下品な表現もありながら、エロスよりも二人の人間の心理描写が印象に残った。

  • 地方に住む地味な女教師が出会い系サイトで
    陰気で偏執的な性癖をもつ男性とセフレ関係になる。
    彼の要求は徐々にエスカレートしていき、
    ある日、行為を撮影させろと言い出す。

    個人を規定する要素が多層化する社会で、
    本名や職業、居住地といったデモグラフィックやソーシャルな属性が消失し、
    さらには衣服や倫理観、性癖といった極パーソナルな属性までも剥ぎとられ、
    その上、顔にモザイクをかけられた全裸写真や性交動画がネットで公開された時、
    「個」として残るものは何か。

    かなり生々しくエグい性描写が続くが、
    本質は後の分人思想に連なる「本当の自分とは何か」にある。
    このテーマ性を表現するために、
    これら個を成立せしめる要件がひとつひとつ取り除かれ、
    文字通りむき出しの「個」が晒されていくという、
    全編を通じてかなり観念的な世界が提起されている。

    なので、そこを読み違えると完全にただの官能小説。
    筆力が半端ないので、エロスムードも満載。
    物語性や人間の辛苦といった、
    いわゆるイメージ通りの文学作品を期待して読むと
    ずいぶんと違和感を感じる羽目になると思う。

  • てっきり現実に起きた事件のルポかと。
    でもどうやらそうではない模様。

    難解な文章を書く平野さんにしては、随分と平易なタッチで読みやすいという評価がネット上ではなされてますね。
    ただ、内容自体は新鮮味に欠けるし、平野啓一郎がわざわざ扱う題材ではない、とのキビシー声も。

    書かれたのが5年前なのでなんともいえんけど
    今となってはこういった事件というか出来事は
    決して珍しくないんだろうなあ。

    割と誰でも
    「ミッキー」や「ミッチー」になりうる可能性はあるんだと思う
    SNSが流行ってる現代はなおさら。。

  • 刺激的な描写もあるが、心理描写などの文章力が高いので勉強になる。ネット上と、自分自身の乖離、どちらが本当かなど考えさせられる。

  • こちら側とあちら側の「私」。共存しつつもその線引きがわからなくなった男と、分けて生きたい女の話。誰しもにある二面性がうまいこと表現されている。分人主義の、はじまり。

  • 10年前の小説
    出会い系、露出
    まあまあおもろいけど時代のもの感はすこしある

  • 『私とは何か――「個人」から「分人」へ』を読み、この本を手に取ったが、内容がハード。それでも平野さんはやはり凄いと思わせた一冊。

  • 平野さんの分人主義を表現した小説だという。ネット社会とセクシュアリティの問題を題材にもしている。ということで読んだ。実験的な感じかな。

    Amazonの書評を読むと「分人」への言及がほぼなかったのに対して、ブクログの書評では「分人」へ言及している人の割合が相当数いる。Amazonブックレビューとブクログのレビュワーの層の違いがこの辺に反映されていたりするのかもしれないな。


    『私とは何か――「個人」から「分人」へ』
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4062881721

  • 平野先生の作品は 決壊 → ドーン → 空白を満たしなさい
    → 本の読み方 → 葬送 → 透明な迷宮 → かたちだけの愛
    の順番で読んできて、今この作品に至った。

    この順番で良かったかもしれない。

    平野文学は自分が今まで経験したことのない程の、
    とてつもない文章力で、読んでいて一文、一文に溜息が漏れる程。

    この作品は女性には少し受け入れにくい内容がテーマになっている。
    思わず顔を背けたくなるような描写も多い。

    これを平野作品の一番最初に読んでしまったら
    別の作品を読まなくなってしまっていたかもしれない。

    自分が手に取った一番最初の作品が「決壊」で良かった。

    しかし、皆さまの評価同様、平野先生の表現力は何を書いても
    平野文学になってしまう。
    このような難しいテーマでも十分に魅せられてしまう表現力に圧巻。

    そして、登場人物それぞれの心理描写も巧みで、
    読み終わって暫くは放心状態に陥ってしまう。

  • いまいち。
    事件の種類が違えど、社会に適応できない主人公とそれを取り巻きややもするとそれを助長させる環境や社会、というテーマは決壊とかぶるし、決壊より後に出ているのに比較にならないくらいしょぼい内容だし、別にって感じだった。
    普段見ることのできない変態の世界が見えた、という意味で好奇心が満たされたくらいかな。

全54件中 1 - 10件を表示

平野啓一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
三島 由紀夫
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

顔のない裸体たち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

顔のない裸体たち (新潮文庫)の作品紹介

地方の中学教師・吉田希美子が出会い系サイトで知り合ったのは、陰気な独身公務員・片原盈だった。平凡な日常の裏側で、憎悪にも似た執拗な愛撫に身を委ねる彼女は、ある時、顔を消された自分の裸体が、投稿サイトに溢れているのを目にする。その時、二人は…。人格が漂流するネット空間を舞台に、顰蹙の中でしか生きられない男女の特異な性意識と暴力衝動に迫る衝撃作。

顔のない裸体たち (新潮文庫)の単行本

顔のない裸体たち (新潮文庫)のKindle版

ツイートする