決壊〈上〉 (新潮文庫)

  • 579人登録
  • 3.75評価
    • (46)
    • (79)
    • (61)
    • (15)
    • (2)
  • 55レビュー
著者 : 平野啓一郎
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290416

決壊〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 引き込まれる感じもあるんだけど、あんまりにもくどくて飛ばしたところもあり・・・。
    上巻ラストあたりでやっと大きく物語が動き出す。

  • 圧倒的な知識量で描かれる渾身の現代ミステリ。

    まだ事件の起きない上巻では家族、友人、恋人に対して抱く微かな「不信感」や、自分以外が他者であるがゆえの「心のズレ」を感じる違和感を巧みに書いている。

    人間関係を上辺では体裁良く保っていても、日常的に心の奥底に感じている上記のような空虚感は誰でも抱いた事があるのでは無いだろうか。

    序盤のシーンで韓国語教室のCDを義母が流した時に、佳枝が「夫が在日韓国人なのではないか」と不意に疑ってしまう部分から、様々な人間が抱く不信感の連鎖はまるで自分を見ているかのよう。

    ただ上巻は地の文が三人称なのだが、二次的な一人称が一つの章の中でコロコロと変わってしまって分かりづらいシーンが多かった。

  • 実際は星など1つたりとも付けたくありません。マイナス5つ星と言ってもいいくらい。
    難解も難解、とにもかくにも非常に難解な文章が特徴。と言うよりは“書き手の独りよがり”による読み難い文章と言った方が正確かも知れない。そんな読み進めづらい文章が、序盤からこれでもかと全開で、それが頁を繰る毎に益々酷くなっていく。
    表紙だけを観て上下巻をまとめて購入してしまったのですが、正直言って、本好きな人にもそれ以外の人にも決してオススメ出来ません(ムリ!)。作者はインテリを自負していらっしゃるようですが、とてもじゃないけどこの作者が評価される理由が皆目判らない。小ムズかしい文章を羅列すればアタマがいい、とでも思っているのだとしたら… ため息しか出ない。
    途中からは完全に斜め読みした挙句、古本屋に持っていくのも面倒になってコンビニのゴミ箱へ放り捨ててきました。金返せ、と言ってみても詮無いので諦めです
    (;T T)=3

  • 表4のあらすじからサスペンスを期待したのに、事件が起こるのが上巻のラストって遅過ぎだろ。最初の300Pはホントに必要なのかな? 読み終われば感想変わるのかもだけど、ちょっとフラストレーションが溜まった。

  • 取り返しのつかない凄惨な現実一点に向かって、人の強い思考をなぞってヒビが走っていく。ヒビは「悪魔」の一打で決壊へ。
    「あなたは殺人者である。たとえ世界が、卑劣にも捏造した事実であったとしても、それは結局、不可避の運命だ。それ以外の何でもない。世界はあなたを選んだ。なぜか?あなたに、殺人以外の『幸福』がないことを知っているからだよ。」

    相変わらず「プロットの時から文章削ること一切考えてないのでは」と言いたくなる思考のボリューム。著者は中二病なの?と途中うんざりしそうでしたが、それでも下巻まで手にとる気になったのは、「中二病」という言葉で把握した「つもりにしている」現実の一部があることに気付くから。

    アイデンティティーの複数性、という考え方は「ドーン」に引き継がれているんですね(「決壊」は「ドーン」より以前の作品)。
    「この著者はこういう哲学を持っている」と、明確な印象を持ってその著書をとれる作家、最近(比較的若い作家では)まれな気がしますが、平野さんはそんな一人だと思います。それでいてどの話も同じような雰囲気、というマンネリには陥らないから飽きない。
    「頭がいい」かどうかとかよくわからないけれど、読んでいると、言葉を通して著者が「ぶつかってくる速度」がとても速く、また意志をもって敢えて乱暴なぶつかり方をしてきているよう感じる。その度胸に敬服はします。
    凄惨な描写をすればいい、ということではなく、えぐい現実を突きつければいいということでもないし、自分哲学を書きなぐればいいということでも勿論なくて・・・
    押し付けがましくないのに、明確な意思を感じる。そのバランス感覚が、嫌味がなくて好きなのです。突きつけている現実は「現代」だけれど、とてもクラシックな感じがする。

    下巻に続く。
    上巻の最後の時点で、もう、取り返しつかない事態になっていて・・・このあとこなごなに散っていくだけであろう物事を思うと、その後味を回避したい気持ちから、読む意義を自分自身に問いたくなるんだけど・・・
    なんで読むのか。
    こういうことを書く作家がいるからです。昔からいたけれど、最近あまりいないからです。

  • 私はこの、佳枝がうざくてうざくて…

  • 平野啓一郎 ミステリー

  • 9・11後の2002年10月、国内で犯行声明付きのバラバラ殺人が起きる。遺棄された遺体の部分が全国に散って発見され、その第一発見時の異様な写真と複数の犯行声明文がインターネットを通じて瞬く間に広がった。「悪魔」を名乗る犯人の主張「人間社会からの離脱」に同調する者たちによる予測できない無差別殺人の波紋が広がる。これは形を変えたテロでは無いのか。犯人は一体誰なのか?

    誰もが生きにくさを感じている社会の中で、「幸福」を目標に生きることを当然と思う。それは一つのファシズムではないのか?格差社会の中で、持たぬ者、最底辺にいる者の孤独とルサンチマンを煽る「悪魔」とは、一人の誰かでは無く、誰の中にもある憎悪と殺意なのか…。

    最初にバラバラ死体となって発見された野沢良介の死は、その妻子、両親、とりわけ優秀だった兄の崇を巻き込んで、微妙なバランスを保っていた家族を完全に崩壊させて行く。

    重く、陰鬱な話ではあるが、べとつく感じでは無く、現代社会における人間の存在、一人の人間の外から見るイメージと実体、上部構造に属するインテリの分析癖と、自分の人生を生き切れない虚無感、この社会に居場所がなく、遺伝と環境によって人生を奪われたと感じている者の虚しさ、善が信頼性を持つためには、捏造してでも外側に悪を作り出さなければならない、など、多岐にわたるテーマが多少衒学的に盛り込まれていてとても語りつくせない。再読必至の傑作だと思う。

  • 大きな事件(しかも表紙に書いてある)が起きるのが上巻の最後という。
    途中、崇が語る言葉が長かったり回りくどかったりで、かなり読み飛ばした感じ。目が滑るーそして分からなくても今のところまったく困らないー。

    登場人物の不器用さとか、他人との距離の取り方とか、かなりリアル。よく分かる。
    人間関係、いろいろあるよね…

  • エンタメ小説として面白く読めた。
    酒鬼薔薇事件と闇サイトを下敷きにしたような劇場型犯罪を通して、人間世界(生活)というシステムの矛盾をテーマにした話。

    ミステリ出身の作家が社会問題に興味を持って書いたら、きっと同じような作品になるだろう。
    ただし、その作品の評価は、芥川賞作家をとった純文学出身の作家が書いた場合(本作)と違った評価になるだろうと予測する。

全55件中 1 - 10件を表示

平野啓一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
村上 春樹
池井戸 潤
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

決壊〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

決壊〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

決壊〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

決壊〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

決壊〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

地方都市で妻子と平凡な暮らしを送るサラリーマン沢野良介は、東京に住むエリート公務員の兄・崇と、自分の人生への違和感をネットの匿名日記に残していた。一方、いじめに苦しむ中学生・北崎友哉は、殺人の夢想を孤独に膨らませていた。ある日、良介は忽然と姿を消した。無関係だった二つの人生に、何かが起こっている。許されぬ罪を巡り息づまる物語が幕を開く。衝撃の長編小説。

決壊〈上〉 (新潮文庫)の単行本

決壊〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする