四畳半王国見聞録 (新潮文庫)

  • 2896人登録
  • 3.19評価
    • (49)
    • (178)
    • (358)
    • (103)
    • (18)
  • 210レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 新潮社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290539

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 非モテの青春、インテリ風(かぜ)7、トリッキーな文体、奇想、そういったものに溺れて堕落したなーと考え深い。一発屋が舞台から降りずにねばっているとすごくみっともない。
    女性の登場人物は相変わらず童貞男子が憧れる清楚だけどちょっと不思議なふわっとした女の子だし。
    コミュニケーションを磨くためのなんの努力もしなくても女の子を手に入れることができるし。
    京都の夜のエキゾチズムももはや見られない。
    読み終えるのに苦労した。
    著者は大人になって、大人のための小説を書くべきだろう。
    いつまでもバンカラ京大生ノリをひきずるのはとてもみじめなことだ。一番新しい文庫も似たような
    幼児の落書きだったなー。ぽんぽこ仮面?みたいなやつ。

  • 色々な話が出てきて混乱したが、それはそれで楽しめた。大学生がもつ漠然とした不安など、共感できるところもあった。

  • ★3.0
    再読。四畳半をタイトルに冠し、“私”や小津や明石さんが少し登場するものの、「四畳半神話大系」の続編にあらず。そして、かつてない程にしっちゃかめっちゃかで、理解することを放棄して感覚で楽しむ1冊。それでも、いつも以上に濃い気がする森見節、四畳半や数式に賭ける阿呆な情熱、一癖も二癖もあるキャラクターたちがやっぱり面白い。ただ、全体的には他の作品以上に好き嫌いが分かれそう。正直なところ、森見好きから見ても「やりすぎでは?」な感が否めず…(笑)。何はともあれ、「翼よ、あれが四畳半の灯か。ほにゃららら」。

  • 二度目の読了。不思議なもので、一度目はさして面白みを感じなかったのだが、此度は、内向きに無限大に広がる妄想、阿呆の織りなす変な世界に取り込まれて、楽しんで読むことができた。
    蝸牛の角が一番好きです。

  • もう読者を完全に無視した、森見氏の一方的な詭弁的妄想によるハチャメチャ四畳半の物語です。

    本書で知識や教訓などを求めようとしてはならない。『夜は短し』を読んだことをアピールして、黒髪の乙女に近寄ろうとする不埒な若輩や天才ぶった凡人は、必ず本書で挫折するであろう。阿呆でない人には、森見氏の本は危険だ(嘘つけ!)。

    これほどまでに四畳半を愛する作家は他にいるだろうか?森見氏はMBCより、四畳半しか取り扱わない賃貸会社を設立するべきです。

    ひそかに四畳半手帳を手に入れ、四畳半統括委員会の構成員になって活動してみたい。

  • おそらく再読。登録忘れだと思うけど、森見登美彦氏の四畳半ものはパラレルに似た感じなので、自分が読んだものが既読なのか未読なのか判別するのは困難だし意味が無い。

  • こんなに無利益な読書はじめて。

  • 森見さん、私はあなたの作風や文体が好きなのですが、本書はどうしても途中で投げ出してしまいました。だって、本編が始まるまでの前置きがあまりにも長すぎるんだもの。

  • 阿呆感、極まれり。
    ちょっとの時間でも「バカンス」と称して怠ける三浦さん。
    いいね、バカンス。
    *
    グッド・バイの主人公。
    最後の方の独白がいい。
    「世の中に迎合して。なんでご機嫌をとる必要が。人類全般の。知らん。どうでもよい。勝手に行こう。愛の自給自足。誇りを持て。」
    だね〜。

  • あ、だめだ…合わないやつだ…!!
    最初は面白い表現する方だなー思って読んでたけど、予想以上についてけなかった…orz
    途中で離脱。

  • 相変わらずのわざとらしく持って回った文体が素敵。個々の動きとしてはそれぞれ独立している"阿呆"どもの話が、"世間は狭い"的な人間関係のつながりによって微妙な距離感でつなぎ合わされている。

    こじつけをあえて乱用した「蝸牛の角」、奇談だけど怪談にはしない「真夏のブリーフ」、登場人物のキャラが立った「大日本凡人會」、藪の中的な手法を活かした「四畳半統括委員会」、痛々しさまみれの「グッド・バイ」。とにかく著者の癖っぽさだけ食いたいんや!というひと向けか?

  • 京都を舞台にした、ややうちに酔狂な学生たちによる青春ものです。ストーリー性のあるエピソードは先が気になり読み進めるのですが、四畳半のよくわからない妄想を綴る章、特に最後なんかは読むのが面倒な気持ちになります。一貫して登場するキャラクターたちは作者の意図もあり曖昧になっているが、感情移入がしにくく、自分にとっては単に読みにくいだけでした。実在する京都の場所やお店が多数出てきます。作者が思い入れのある場所なのでしょうね、いつか訪問してみたいと思いました。

  • 芽野とか芹名とか樋口師匠とか小津と思しき人物とか出てくる。
    連作短編のようだけど、最早連作なのか何なのか分からんw

  • 四畳半に住む阿呆たちの物語でした。

    『四畳半王国建国史』
    主人公は、シュレディンガー氏との別離を経た後、四畳半王国を確立し始めました。

    『蝸牛の角』
    京都には、無益な日々の営みに血道を上げる学生たちが奉じる神、阿呆神がいます。その阿呆神が、激しく、大胆に、艶かしく阿呆ダンスを踊ることで、阿呆たちに良い影響を与え、繋がっている世界にも連鎖していきます。
    ただやはり、阿呆ばっかりの物語でした。

    『真夏のブリーフ』
    主に詭弁論部の人たちが出てきます。登場人物みんなが水玉ブリーフの話をしています。水玉ブリーフという響きがもうおもしろいです。

    『大日本凡人會』
    凡人を目指す非凡人の集いである『大日本凡人會』には、数学氏、モザイク先輩、凹氏、丹波氏、無名君がいました。彼らはその能力を決して世のため人のために使うまいと誓っていましたが、初音さんと出会い敗北したことで、彼らの真の活躍が始まることになります。
    凡人なので、非凡人に憧れます。

    『四畳半統括委員会』
    「世界を四畳半化する」という目標を持つ四畳半統括委員会は、謎に包まれており、存在しないかもしれないとも言われています。だからこそ、その組織に興味が湧きますし、想像して楽しめます。

    『グッド・バイ』
    主人公は京都を去るためサヨナラを言いに、様々な人たちに会いに行きます。しかし、それはどれほど愛されているかということが確かめたくてついた嘘でした。
    人に愛されたいとは思いますが、人に愛されるための努力は、どこまでするべきなのか、考えさせられました。

    『四畳半王国開国史』
    主人公は四畳半の壁と天井と床の拡張に成功し、四畳半内部の空間を開拓し始めます。四畳半王国は鎖国をしていましたが、数学好きの学生が変革をもたらしたことで、主人公は開国を宣言します。
    四畳半内部の世界に可能性を感じる作品でした。

  • 京都に生きる変で怠惰な大学生を、四畳半の部屋という偏ったテーマでまとめた連作短編。
    インテリ風の言葉を連ねて、ひたすら栓のない思索やコミュニケーションをつらぬいていく、著者の作風ガン出し。
    が、今作はあまりにそれだけ。
    所々で笑いそうになる描写もあるが、ストーリーに脈絡が足りなくて、消化不良だった。
    話としてある程度具体的な、「大日本凡人會」はよかったが。
    2+

  • 四畳半という無限の可能性を追求し開拓する阿呆大学生や、ブリーフ一丁の男、非凡な能力を持つ男たち。
    京都を舞台に阿呆なことをしまくります。
    こんなに阿呆なのにラストには少し感動してしまった私も、相当な阿呆なのでしょう・・・

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「ついに証明した!俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして、運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフの男、モザイク先輩、凹氏、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる―。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。

    【キーワード】
    文庫・連作短編集・青春・大学生

  • 阿呆神。
    このなんともいえないユルイかんじ。

    悪くない。

  • 旅のお供は森美登美彦―と独り決めしてしまって、今回も隣県への小旅行のお供に。
    道中一通り読めてしまうのだけれど、一読しただけだと混乱して終わってしまう。
    結局読み直し、これなら倍の時間かけて読めばよかったのかも、とちょっぴり後悔。

    詭弁論部の芽野、芹名といった、例の人物たちも登場する。
    思いのほかに登場人物が多い。
    大日本凡人會、人間関係研究会、四畳半統括委員会など奇妙奇天烈な団体と、そのメンバーたち。
    個性的なのか、「阿呆」という個性だけが際立って、もはや誰が誰だかわからなくなる(笑)
    二度読んでやっとわかった。

    人間関係で躓いた鈴木くんが四畳半の中へ、中へと「領土」を拡張していき(世間的には引きこもりということになろう)、その先に世界への通路が開けていく、というあたりが救いになっているように思う。

  • 連作なので共通する設定が色々と用意されているんだろうけど、ぶっちゃけそれに関してはあまり興味が湧かなくて、語り芸こそが一番の特徴になってるんだろうなと。グッドバイとか、構ってボーイが聞き手にひたすらナルシスティックな独白をかますだけの内容なのに、最後まで読めちゃうし。ただ悪くすると小手先に頼ったあんま胸に刺さらない短編集とも。

  • 森見登美彦節がありながらも、個人的には他の作品の方が好きですね。。。
    京都が舞台なので他作品で出てくる人が出てきたりこの本の中の短編同士でも紐づく出来事があったりもするのでいろいろ予備知識があると楽しめたりするかもしれません!

  • 四畳半ワールドをよりインナーに拗らせつつ掘り下げた世界観に引き込まれる。森見登美彦を知らないで読めば大困惑に違いないだろうけど。

  • 四畳半シリーズ。 表紙絵がイイ。 こちらの本も、女性より男性の方が面白く読めると思う。 諸君!から始まる言葉に耳を傾け、いや読み進めていくと随所に高等な笑いのツボ満載。 大学時代に親元を離れて生活をしていた男性向き。 (主人に読ませたかったが長編以外は読まぬとキッパリNO!と言われた思い出の1冊) 

全210件中 1 - 25件を表示

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の作品紹介

「ついに証明した! 俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフ、モザイク先輩、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる――。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)のKindle版

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の単行本

ツイートする