四畳半王国見聞録 (新潮文庫)

  • 2963人登録
  • 3.20評価
    • (51)
    • (181)
    • (370)
    • (105)
    • (18)
  • 218レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 新潮社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290539

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • も一回くらい読まないと全容が把握できないくらい広大な話。四畳半のくせに。。。

  • 京都大生の四畳半下宿生活を太宰治風に森見が書くとこんな感じになるのだろう。太宰の小説をパロディ化しながら、実は、自己肯定と自己否定の間を行き来する日々を悶々と送る学生の心理を描いている、ような気がする。ただ、太宰のようにまっすぐに書かず、笑いの要素がたくさん入っているため読みにくい。単なるお笑い短編集と思って読めば、それはそれで構わないのだけれども、それだけではもったいないような、もったいなくないような、不思議な小説。

  • 相変わらずのわざとらしく持って回った文体が素敵。個々の動きとしてはそれぞれ独立している"阿呆"どもの話が、"世間は狭い"的な人間関係のつながりによって微妙な距離感でつなぎ合わされている。

    こじつけをあえて乱用した「蝸牛の角」、奇談だけど怪談にはしない「真夏のブリーフ」、登場人物のキャラが立った「大日本凡人會」、藪の中的な手法を活かした「四畳半統括委員会」、痛々しさまみれの「グッド・バイ」。とにかく著者の癖っぽさだけ食いたいんや!というひと向けか?

  • 旅のお供は森美登美彦―と独り決めしてしまって、今回も隣県への小旅行のお供に。
    道中一通り読めてしまうのだけれど、一読しただけだと混乱して終わってしまう。
    結局読み直し、これなら倍の時間かけて読めばよかったのかも、とちょっぴり後悔。

    詭弁論部の芽野、芹名といった、例の人物たちも登場する。
    思いのほかに登場人物が多い。
    大日本凡人會、人間関係研究会、四畳半統括委員会など奇妙奇天烈な団体と、そのメンバーたち。
    個性的なのか、「阿呆」という個性だけが際立って、もはや誰が誰だかわからなくなる(笑)
    二度読んでやっとわかった。

    人間関係で躓いた鈴木くんが四畳半の中へ、中へと「領土」を拡張していき(世間的には引きこもりということになろう)、その先に世界への通路が開けていく、というあたりが救いになっているように思う。

  • 「どうやって僕は自尊心を持てばいいんですか?」

    評価は人からされるもの、という。
    たしかに人は周りに認められることではじめて自尊心を保てるんだと思う。
    人は1人では生きられないんだなぁ。

    個人的に、やっぱり森見さんの魅力は会話。
    この本は会話部分が少ないのがちょっと残念。

  • 独特すぎる言い回しと、個性的すぎる登場人物と、もはや展開しているのかもわからない展開。

    愛すべき阿呆、
    そして非凡。

  • 森見ワールド全開。ああ、いろいろ拗らせてんなぁ、大学生ならではという感じで楽しく読ませてもらいました(笑)面白いのは文体でしょうか。ちょっと明治や昭和な感じのする古めかしい固い文章が個人的にはとても好きです。それが大真面目な感じを出しているのに、内容は……(笑)男子学生の日常会話ってこんな感じかなぁと。度々登場する桃色映像の使い方がおかしくて仕方ありませんでした。

  • カオスでダラダラで、ヘキョメキョ。えーっと、何読んだんだっけとまで思える読後感。

    表紙絵も似合っていて、
    クセが有るのに止まらない味。
    森見ワールド、流石。

  • 連作短篇集。
    『夜は短し歩けよ乙女』の樋口氏や『新釈 走れメロス』の芽野や芹名、図書館警察などのおなじみの面々も登場。
    「蝸牛の角」の森見流にどんどん繋がっていく感じが良かったな~。
    「大日本凡人會」も好き。
    全体的にはムツカシイというかなんというか…。この作品を理解しようとするのが間違ってる?笑

  • 『そんなことを言う分からず屋は、呪われてしかるべきであろう。未来永劫、なんだか気になる吹き出物で苦しむがよい!』

    「性の理論のこと? 何を怖じ気づく。独自路線でいけ」
    「それぞれがそれぞれの性の理論を持つ」
    「つまり性の世界は相対的なんだよ」
    「それが相対性理論というものか。深いな。アインシュタインは言うことが深い」

    「彼は人類全般を馬鹿にしてるところがあるね」
    「やっぱり私を馬鹿にしてるのね。鈴木君ももう少し後輩の教育に力を注いでよ」
    「そのかわり彼は平等だよ。分け隔て無く馬鹿にしてるから」

    「…きゃ! こっち見た。やばいよ、これはやばい」
    「警察に相談したら?」
    「緊迫感のない人ね! 今、目が合っちゃったよ! これで警察呼んだりしたら逆恨みされて、きっと殺されちゃうよ。私がそんな目にあってもいいの?」
    「三浦さん、ブリーフの柄だけで人を判断してはいけない」
    「ブリーフの柄が見えてるのがそもそもの問題だと言ってるの。あ、ほら、いや、また目が合った!」
    「ベランダでじろじろ見てるからだ。窓閉めて、カーテン引いて」
    「だって気になるでしょ? 気にならないの? マンションの裏の空き地に、水玉ブリーフ一丁の男がぽつんと立ってるんだよ? 日傘さして、ちょっと哀しげな瞳で」

    「男女の関係には三種類しかない。恋人か、赤の他人か、奴隷です」

    「水玉ブリーフ一丁の筋肉質な男が、日傘を持って空き地に立っているとします。彼は何をしているんでしょうか?」
    「それは心理テスト?」

    「そんなところで何をしているのですか?」
    「なんでもない一日が終わっていくのを眺めている」
    「仙人様みたい」

    「…でも、あのおじさんは何をしているのかしら。あの空き地には何もないのに。あんなところで日傘をさして、淋しそうに空を見上げて。しかも立派な腹筋」
    「きっと地球温暖化を憂えているのだ」
    「グローバルな人なのね。じゃあ、あのおじさんが猥褻物陳列罪で逮捕されてしまわないように、私、祈るわ」
    「君はとても優しいな」

    『その視線は暖かいものから生暖かいものに冷めていった。』

    「でも色々と話はしたんだろ? ー 幸せのお裾分けをしてよ」
    「デートの最中も、彼女は構図を考えたり、試しに撮影したりしていて、多忙を極めている。次回作のためのロケハンも兼ねているんです。だからあんまり余計はことを喋っている時間はないのだ」
    「それは…正真正銘のロケハンではないの?」

    『私は断固として戦います。私といっしょに四畳半統括委員会に対する浪漫的闘争を戦い抜いてくれる、黒髪の美人からのご連絡をお待ちしています。』

    『人に愛されるために血の滲むような努力をしたわけですよ。野を超え、山越え。喉から血が出るほど挨拶する。死ぬ気になって道行く人に声をかける。毎日鏡を見て、まるで世紀末における伝説の救世主のように「おまえは愛されている」「おまえは愛されている」「おまえは愛されている」「おまえは愛されている」と唱え続ける。それはもう厳しい修行の数々。その成果が今に結実してる。
    今に。
    この淋しい夜に。』

  • 森見さんのクセがかなり強い。
    読了したが、読んでいてなかなか情景を思い浮かべるのが難しく、いまいち頭に入っていない笑
    もう少し他の森見作品に触れてから再読する予定。

  • 主人公は本当に数学氏によって現実世界へと帰還を果たしたのだろうか?言及されていないところがさり気なく怖い。何処までが妄想で、何処までが現実かはかりかねる作品。

  • 森見さんの小説を読むのは、これが2冊目です。そして1冊目は何かと言うと、「きつねのはなし」でした。
    そして両方とも読まれた方はおわかりの通り、全く雰囲気が違いますね。いや、むしろ「ほんまに同じ人が書いたん?」って思えるほど。
    ただ、☆は三つにとどめたものの、面白かったですよ。自意識過剰的非モテ屁理屈童貞大学生の姿というか、その妄想が、見事に描かれていたと思います。
    自分の大学時代を想起させられるようで、同族嫌悪的に☆満点は上げられへんのかと考えたけど、でもやっぱり昔の自分とも違うのです。
    これが森見ワールドなんかな?
    ハマるかどうかは、もう1〜2冊読んでからの判断になりそうです。

  • 「神話大系」読了後に本書へと進む。恋人の存在を数学的に証明した数学氏が、てっきり黒髪の乙女とネンゴロになるかと思ったのだが、想像とは全然違う展開だった。本作はパラレルワールではなく、メリーゴーランドのように場面がくるくる回り目が回る。四畳半の主が誰だったのか? 絞り込みきれないうちに嫌になった。モリミーの世界は奥深く難解だ。

  • 何回読んでも大好き。
    四畳半文学の金字塔。

  • 森見さんの詭弁を弄する語り口は、森見さんの真骨頂だど思うのですが、今回ばかりは阿呆の愛らしさを感じられず、出だしで躓きました。
    それでも、不毛な妄想に時間を浪費できる若人を羨ましく思わせる辺りはさすがです。

  • 非モテの青春、インテリ風(かぜ)7、トリッキーな文体、奇想、そういったものに溺れて堕落したなーと考え深い。一発屋が舞台から降りずにねばっているとすごくみっともない。
    女性の登場人物は相変わらず童貞男子が憧れる清楚だけどちょっと不思議なふわっとした女の子だし。
    コミュニケーションを磨くためのなんの努力もしなくても女の子を手に入れることができるし。
    京都の夜のエキゾチズムももはや見られない。
    読み終えるのに苦労した。
    著者は大人になって、大人のための小説を書くべきだろう。
    いつまでもバンカラ京大生ノリをひきずるのはとてもみじめなことだ。一番新しい文庫も似たような
    幼児の落書きだったなー。ぽんぽこ仮面?みたいなやつ。

  • 色々な話が出てきて混乱したが、それはそれで楽しめた。大学生がもつ漠然とした不安など、共感できるところもあった。

  • ★3.0
    再読。四畳半をタイトルに冠し、“私”や小津や明石さんが少し登場するものの、「四畳半神話大系」の続編にあらず。そして、かつてない程にしっちゃかめっちゃかで、理解することを放棄して感覚で楽しむ1冊。それでも、いつも以上に濃い気がする森見節、四畳半や数式に賭ける阿呆な情熱、一癖も二癖もあるキャラクターたちがやっぱり面白い。ただ、全体的には他の作品以上に好き嫌いが分かれそう。正直なところ、森見好きから見ても「やりすぎでは?」な感が否めず…(笑)。何はともあれ、「翼よ、あれが四畳半の灯か。ほにゃららら」。

  • 二度目の読了。不思議なもので、一度目はさして面白みを感じなかったのだが、此度は、内向きに無限大に広がる妄想、阿呆の織りなす変な世界に取り込まれて、楽しんで読むことができた。
    蝸牛の角が一番好きです。

  • もう読者を完全に無視した、森見氏の一方的な詭弁的妄想によるハチャメチャ四畳半の物語です。

    本書で知識や教訓などを求めようとしてはならない。『夜は短し』を読んだことをアピールして、黒髪の乙女に近寄ろうとする不埒な若輩や天才ぶった凡人は、必ず本書で挫折するであろう。阿呆でない人には、森見氏の本は危険だ(嘘つけ!)。

    これほどまでに四畳半を愛する作家は他にいるだろうか?森見氏はMBCより、四畳半しか取り扱わない賃貸会社を設立するべきです。

    ひそかに四畳半手帳を手に入れ、四畳半統括委員会の構成員になって活動してみたい。

  • おそらく再読。登録忘れだと思うけど、森見登美彦氏の四畳半ものはパラレルに似た感じなので、自分が読んだものが既読なのか未読なのか判別するのは困難だし意味が無い。

  • こんなに無利益な読書はじめて。

  • 森見さん、私はあなたの作風や文体が好きなのですが、本書はどうしても途中で投げ出してしまいました。だって、本編が始まるまでの前置きがあまりにも長すぎるんだもの。

  • 阿呆感、極まれり。
    ちょっとの時間でも「バカンス」と称して怠ける三浦さん。
    いいね、バカンス。
    *
    グッド・バイの主人公。
    最後の方の独白がいい。
    「世の中に迎合して。なんでご機嫌をとる必要が。人類全般の。知らん。どうでもよい。勝手に行こう。愛の自給自足。誇りを持て。」
    だね〜。

全218件中 1 - 25件を表示

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の作品紹介

「ついに証明した! 俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフ、モザイク先輩、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる――。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)のKindle版

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)の単行本

ツイートする