私の浅草 (新潮文庫)

  • 55人登録
  • 3.91評価
    • (9)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 沢村貞子
  • 新潮社 (1987年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101291024

私の浅草 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1996年に亡くなった役者・沢村貞子が、生まれ育った浅草の風物、
    家族の思い出等、下町の暮らしを綴ったエッセイである。

    なんだろう、この人の文章の上手さは。気のきいた言い回しなどない
    のだが、すーっと気持ちに入って来るのだ。

    下町の、貧しいけれども身の丈にあった暮らしを精一杯生きた人々の
    記憶でもある。ほろりとさせられる話もあるが、全編温かい気持ちが
    伝わって来る。

    ほんの少しいたんでいるみかんを「あたりみかん」なんて言うの、
    いいねぇ。

    読みながら大笑いしたり、ニヤニヤさせられたりする本はあるが、
    本書は知らず知らずににっこりさせてくれる。

    こんなエッセイを書ける人は、本業の文筆家でも少ないのではない
    だろうか。

  • 2ページから長くても5,6ページ程度。
    出てくる人々がみな、生き生きとしている。
    エッセイということだけれど、「パン屋のしろちゃん」や「秋田の女」などなど、それぞれが小説のようなひとつの「お話」として成り立ちそう。

    白粉、物売り、髷、芝居に祭り、年中行事…。
    古きよき浅草の、風情や情緒に包まれてた1冊。

    あの沢村さんの、つややかだけどしゃんとされた姿のもとは、ここにあるのかもしれないと思った。

  • 市井の人々の暮らしの匂いが随所にする。
    こぎみいい東京の下町の家族が活写されている。

  • あたたかく強い母とはこんな人。子育て中のお母さんに是非とも読んで欲しい本です。

  • 現在まで版を重ね続けるベスト・セラー。著者が幼少期を送った浅草の日常が、生き生きとした筆致で語られている。単なる回想記などにとどまらない、普遍的な魅力を持っている本。

全6件中 1 - 6件を表示

私の浅草 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

私の浅草 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

私の浅草 (新潮文庫)はこんな本です

私の浅草 (新潮文庫)の単行本

私の浅草 (新潮文庫)の単行本

ツイートする