捜査一課秘録 (新潮文庫)

  • 44人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (7)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 三沢明彦
  • 新潮社 (2009年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101291611

捜査一課秘録 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美談仕立てではあるが、体を張って犯人を追う刑事たちの姿に、だから安心して生きていられると思った。
    宮崎勤の章は、娘2人を持つ父親として読めなかった。

  • 内容のほとんどをオウム真理教事件が占める。当時、新聞で断片的に知っていた事実が、改めて筋が一本通って「そういったことだったのか」と納得がいった。
    作者は、新聞の社会部記者なのだが、この作品を読むと作家の資質と、新聞記者の資質に違いがわかる。
    新聞記者があくまで事実を記載することが求めれるのに対して、作家はフィクションを混ぜながら、読者が興味を持ち続けるように話を作ってゆく。
    だから不要なエピソードは例え真実でも省くし、筋がすっきり読みやすい。

  • 小説やドラマでお馴染みの捜査一課。周知の如く、殺しや強盗なんかの凶悪犯罪を担当する部署であります。おそぎやあてかんわ。
    著者の三沢明彦氏は、その捜査一課を長年担当した読売新聞社の記者といふことです。なるほど、一課の刑事さんたちとの距離感が近いので、当事者しか知らない秘話もさぞかし多いのでせう。
    一方で、かういふ立場の人は、対象に近すぎて情が移り、目の曇りから客観的な視点を忘れる恐れもございます。さて本書はどうでせうか。

    二部構成になつてゐまして、第一部は「凶悪犯逮捕の舞台裏」と題して、四件の禍禍しい事件を取り上げてゐます。即ち「有楽町三億円強奪事件」「中村橋派出所警官刺殺事件」「宮﨑勤事件」「富士写真フイルム専務殺人事件」
    中でも宮﨑勤事件は、現在でも語り草になるほどのイムパクトを我々に与へました。事件以後、ビデオを大量に所持する人は、ふざけ半分ですが「危ない人物」呼ばはりされたものです。
    事件としては解決したが、一課の敏腕をもつてしても、結局彼の心を開くことはできなかつた無念さがひしひしと伝はります。しかし、取り調べにおいて、実際に「オトシの○○さん」なんて呼ばれる人はゐるのですね。

    第二部は「オウムとの死闘」。1995年。阪神淡路大震災が発生し、地下鉄サリン事件をはじめとするオウム真理教による事件の数々が勃発したのであります。ある古老が「戦後でこんなに酷い年はなかつた」と嘆いてゐたのが印象的でした。
    オウム事件については夥しい数の書物が出てゐますので、事件の全容を俯瞰したい方には、しかるべき本に当つていただくとして、本書ではひたすら捜査一課からの視点で描かれてゐます。

    テレビドラマでは、熱血刑事が靴底を減らしながら、粘り強く尾行・張込みをし、時には命を襲はれかけ、それでも事件解決のためには危険を顧みることなくコツコツと証拠を固めてゆく。さういふ姿はフィクションの世界かと思つてゐたら、大多数の刑事さんはむしろそれ以上に泥にまみれ、事件と向き合つてゐるのですな。
    サリン事件でも、職場放棄になるからと、危険を承知で現場に留まる警官の話などを聞くと、やはり日本の警察官の多くは使命感を持つてゐることがわかります。

    本多猪四郎監督の怪獣映画では、逃げ惑ふ住民たちを誘導する警官の姿がよく登場します。本多監督の盟友・黒澤明が「あれはをかしいよ、警官だつて真先に逃げるはずさ」と茶化したのに対し、本多監督は「いや、警察はああぢやなければいけないのだ」と反論したさうです。本多監督ファンのわたくしでさへ、「それは理想論に過ぎるよ」とその時は思ひましたが、実際に怪獣が出たら、意外と映画通りに行動する警官が多いのではと、本書を読んだ後では考へが変りました。

    美談ばかりが強調されてゐると鼻白む向きもおありでせうが、著者の立ち位置ではある程度仕方ありますまい。それよりも、事件の経過を述べる時は、極力時系列にしていただきたいものです。ただでさへ登場人物が多くて、読者としては相関関係を捉へるのに難儀するのに、意図的でせうが話が前後しすぎて、ちよつと疲れます。
    まあ注文を付けるとしたら、そんなところでせうか。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-551.html

  • 警視庁捜査一課の追った凶悪事件とその裏側を振り返る。
    ここでは日本中を恐怖に陥れたオウム真理教の事件が主に取り上げられている。
    今でも鮮明に覚えている『サリン』。
    平和な日本で無差別に撒かれた毒物。
    オウムという謎の宗教法人と長期に渡り闘った警察の苦悩は想像を絶する。
    現在も数多くの犯罪が起こり、未解決もある。
    それらは優秀と言われる日本の警察の手に、今日も委ねられている。

    2014.9.23

  • 読売新聞社の編集局長による警視庁捜査一課に密着したノンフィクション。

    二十年目にして解決した有楽町三億円強奪事件解決の鍵を握ったのは、一枚の毛布に賭けた刑事の執念だった…

    派出所警官刺殺事件の犯人を逮捕した刑事の眼に溢れた涙…

    宮崎勤事件を捜査する刑事たち…

    オウムとの死闘を演じた刑事たち…


    ここに描かれる刑事たちは、テレビドラマや小説よりも犯人逮捕への執念を感じた。

  • 警視庁担当の新聞記者が書いた本。二部構成で第二部はオウム真理教関連の事件を取り扱っている。そっちがメインという感じ。
    捜査一課の課長やその下の管理官などに焦点を当てオウムが起こした事件の捜査などをドキュメンタリーっぽく書いている。
    読んでいて刑事ドラマみたいに熱くなる場面もあるが、著者の古い価値観も随所に見られるのでそこは少し嫌だった。

  • 10.01

全8件中 1 - 8件を表示

三沢明彦の作品

捜査一課秘録 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

捜査一課秘録 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

捜査一課秘録 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

捜査一課秘録 (新潮文庫)はこんな本です

捜査一課秘録 (新潮文庫)の単行本

ツイートする