この世をば〈下〉 (新潮文庫)

  • 146人登録
  • 3.79評価
    • (18)
    • (19)
    • (28)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 永井路子
  • 新潮社 (1986年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292076

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
永井 路子
有効な右矢印 無効な右矢印

この世をば〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤原兼家の三男・道長は、長兄・道隆、次兄・道兼の病死により、いちやくトップの座に躍り出る。
    995年、30歳の道長は右大臣となり、同時に藤原氏の氏の長者になった。

    時の天皇は一条天皇。
    道長の姉・詮子の子である。
    道隆の子・伊周(これちか)との権力争いは、詮子の後押しで勝つことが出来たのだ。
    それでも、伊周の妹の定子は一条の中宮で、安定した仲。
    伊周は博学な才子で、公卿の会議の席で道長をやりこめることもあった。
    伊周の弟・隆家はまだ17歳だったが気が荒く、花山法皇との間に事件を起こして墓穴を掘り、兄とともに都から放逐される。(花山法皇は兄弟の父・道隆の計略で天皇位を退いた人物でまだ29歳だった)

    道長は娘の彰子がやっと入内できる年齢になったので、さっそく一条天皇に入内させる。
    ところが、兄弟の不祥事で一度は尼になって退いたはずの定子が、妊娠しているとわかり‥
    道長は一条と仲が悪かったわけでもなく、政治的には協力体制だったが、妃たちを巡っては何かと力の押し引きが始まる。
    道長がただ強引だっただけではない、複雑さが読みどころ。

    雅な歌会や華やかな行事のかげに、疫病の恐怖、付け火による火事も度重なる時代。
    朝廷の人間は庶民のことなど考えず、出世競争に明け暮れていた。
    内裏が焼ければ再建費用を出したり、自分の屋敷を進呈したりする。
    一条天皇は道長が進呈した屋敷を気に入り、内裏再建後もよく滞在していたという。
    天皇一家が貴族の屋敷に行幸した後は、その褒美として位階が昇進するってのが、すごい。

    大病をすれば呪詛のせいと思い、治すには祈祷だけが頼り。天皇家の人間の病気には恩赦が行われる時代。
    伊周、隆家も恩赦で都に戻ってくる。
    道長も病気をすると気弱になり、引退を口走った。

    才気にあふれカリスマ性があった長兄・道隆や、野心的で激しい性格の次兄・道兼に比べると、平凡な男だったのではないかという。
    それゆえにバランス感覚があり、ほかに政治をこなせる人材もいなかった。
    彰子に子が生まれなければ最高権力の座は望めないが、二人の男子を出生し、道長は栄華を極めることとなる。
    だが関白になると別格となって公卿の会議に列席できなくなるため、関白の座につくことはなかったという。(御堂関白は俗称)

    実資といううるさ型の人物が「小右記」という当時の記録を残していて、その視点がところどころ挿入されているのが面白い。
    藤原氏の本流の嫡男という意識があり、教養もあって、九条流の三男でしかない道長に批判的で、何かと意地悪なことを書いたり悔しがったりしている。
    彰子の入内を祝う屏風に、貴族たちがこぞって歌を進呈したのにも参加しない。とはいえ、面と向かったときには愛想良くしていたらしいが。
    彰子は長じて穏やかな女性に育ったようで、この実資にも何かと声をかけたという。
    事態の推移が良くわかり、面白かったです。

  • 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 虧けたることも なしと思へば」藤原家の絶頂。ラッキー☆ボーイ藤原道長の物語。

     外戚というものを理解するのに役立つ。

    ______
    p44 定子の子
     道長は兄:道隆の三男:伊周と政治権力を争った。伊周の妹:定子が一条帝の子供を授かったことで、道長の娘:彰子が中宮になれるかが危うくなってきた。
     しかし、伊周は定子の懐妊を極秘にしていた。なにか妨害工作をされないように慎重になったのだろう。しかし、ここまで道長は本当にツイテいる。兄:道隆の生前には望まれてもできなかった定子が今更妊娠した。道隆一族が地盤を固める前その隙に道長はトップに躍り出た。
     さらに、この時の定子の赤ん坊は女の子だった。彰子の地位がとりあえず守られた。
     天皇の外戚になるかが覇権を決める当時の朝廷は、娘が天皇の男の子を産むかという強い運を引き当てた者が勝つという、心に悪い場所だった。

    p93 道長評
     道長は実力でのし上がってきた人間ではない。運でいつの間にかトップに躍り出た、だから、最高位についても凡人の感覚を忘れなかった。それはむやみな驕りや地位への執着を起こさない、冷静さ、平衡感覚になった。そう描かれている。
     たしかに、できる人間は頂点を極めると発狂することがある。もはや一般人とは異なる境地にたどり着いてしまうためか。そういう人が舵取りをする船は恐ろしい。
     トップになる人物は、どこか一般人の心を忘れない、心の隙があるほうが良いんだろうな。

    p115 幸運とは恐ろしい
     道長の感想。世の人は道長を幸運の男とうらやむだろう。しかし、本人にすれば幸運でこんな魑魅魍魎が跋扈する朝廷で人々の恨みを買うなんて、幸運とはなんなのかと言いたくなるのも分かる気がする。

    p137 賢帝:一条
     一条帝は才覚は乏しいが、当時の天皇を比較すれば賢帝に入る。庶民への配慮や財政の能力はないが、文化を奨励し神仏を崇敬し、道長の提案で倹約令を実施するなんて当時の権力者としては非常に清廉な人物である。

    p142 二后並立問題
     一条帝の妃には道隆の女:定子がいたが、道長は娘の彰子を入内させるため、定子を皇后として彰子を中宮に据えた。これは先例のない、二后並立問題として道長のゴリ押しとして有名である。

    p187 怨霊を恐れて
     道長はなかなか帝の子供を解任しない彰子のために「御嶽詣で」をやった。きっと誰かの呪詛のせいで妊娠しないと思ったのだろうか。少子から悪い憑き物が落とされるよう体を張ったのである。そういう時代。

    p225 有頂天の道長を案じて
     道長の妻:倫子は幸運で政治権力の階段を駆け上ってきた道長の変化を憂いた。道長は間違いなく運によって出世した。しかし、ここまでくるとこの強運も自分が引き寄せたものだと感じてしまうのも仕方がない。実際、彰子の子供が生まれたのも自分の御嶽詣での努力の成果だと思ったのだろう。
     当時は言霊信仰があったのだから、自分の幸運も引き寄せたものだと考えたのも自然である。

    p256 道長vs三条帝
     一条帝の次代:三条帝と道長は対立した。朝廷の権力を握り、専横に近い道長の在り方に反発したようだ。人事問題でもめた。しかし、体調を崩して(張力視力を失う)三条は政治参加ができなくなり、後継者工作でさらに道長一族が実権を支配することになる。

    p265 刀伊の襲来
     日本が外国勢力の大規模な侵入を受けたのは、元寇と太平洋戦争とこの刀伊の襲来の三度と言える。
     1019年の春に九州北部を刀伊の賊が襲撃し、略奪された。博多の筥崎宮でなんとか押し返したが、双方甚大な被害を受けた。

    p267 この時の政権
     刀伊の侵入を受けた時の朝廷は「すわ!一大事!」と大慌てだったが、彼らがやったことと言えば各地の警護の強化と諸社寺への祈祷命令だけである。こんな時も神頼み。
     さらに、この刀伊の役で守護にあたった戦後褒賞もなしにした。無慈悲に思えることだが、中央政府が出先機関の独断専行に褒賞を与える先例を作ると、各地で独断専行が横行し、中央の危機の種を撒くことになる。シビリアンコントロールのために妥当なことであるとも見れる。そういう意味でも、この刀伊の事件での朝廷の対応は現代に通ずる問題提起をするじつに興味深いことである。

    p271 兄から学んで
     道長は長年その地位にいた左大臣の地位を離れ、摂政になった。しかしその翌年にはあっさりその役も藤原頼通に譲ってしまう。権力の地位に固執した結末をそれまで多く見てきた道長らしい、凡人の才覚と言える行動である。

    p283 この世をば…
     三条帝は早世した。その後を注いだのは後一条帝(母は道長の女:彰子)その東宮を決定する際に、藤原済時の孫:敦明親王が東宮に決まっていたが、彼がまさかの辞退をしたため、敦良親王(母は彰子)が東宮になり後の後朱雀天皇になった。またしても棚から牡丹餅で道長一族に皇位継承権が転がり込んできたのである。
     すごく、すごい。

     こんなにツイてツイてツキまくるラッキーマンならこんな和歌もつい歌っちゃうのも分かる。

     この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 虧けたることも なしと思へば

     道長一族の世が永遠に続きそうな気がするよ、そりゃあね。

    ______


     僕はやっぱり平安時代はそんなに好きになれない。だったら戦国時代の男臭い物語の方が好きだ。単純な奴だな。きっとHunter×Hunterで言えば強化系の念能力者だな。

     でも、この道長のラッキー☆サクセスストーリーはオプティミスティックな感じで好きになった。

     こいつ、リアルなラッキー☆マンだな。

  • 藤原道長を主人公とした永井路子の長編歴史小説。 「美貌の女帝」もよかったけど、雰囲気はこちらがよいかな? 黒岩重吾から入った私としてはほとんど馴染みのない時代なのですが、ハマリますね。

  • 読みやすく面白かった。
    お人好しで慎重派ゆえに権力の座を得たというのが、権力者らしくなくて新鮮だった。

  • バリバリエリートではなく、小心者で堅実な道長が、帝や東宮に次々と娘を入内させ、ついに権力を手にする。人間らしい道長に親しみが持てた。

  • 藤原道長一代記の下巻。

    疫病のために自分より上位の公卿が次々と世を去り、
    いよいよ権力の座に上り詰めようとする道長。
    道長に対抗していた伊周とその弟の隆家も次第に落ち目になる。

    前半生は、一介の平凡児でありながら、
    皇太后である姉・詮子の後ろ盾を得て、
    幸運に恵まれながら出世してきた。
    平凡児であるがゆえ父・兼家、兄・道隆や道兼とは異なり、
    果断さや激しさはないものの、優れた平衡感覚で時代を生き抜く。

    権力をほしいままにした、というイメージのあった道長に、
    一人の人物としての彼の生き方に面白い解釈をあたえた小説。

    蔵人頭としてはたらく藤原行成が、一条天皇と道長との橋渡しをする、
    勤勉で有能な官吏として描かれていた。

  • 永井路子の本はほぼ読破しています。最も好きな時代作家。残念ながら手元に残っていない本を「読みたい」カテゴリ登録してるけど、かつて一度は読んだ(笑)。

  • 九州3位に入賞したときの指定課題作品。

    永井さんの歴史小説は本当に読み応えもあって好き。
    しかも、ドラマチックなのにさらっとしている文体なので、長い作品なのにずっと読んでしまう。
    特に道長が引退するあたりの描写はさらりとしているのに、畳み掛けるような感じで、よい。

  • 大好きな作品。だけど本を紛失してしまったので、また見つけたら買っておかなくちゃ!

全13件中 1 - 10件を表示

この世をば〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

この世をば〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この世をば〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

この世をば〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする