椰子・椰子 (新潮文庫)

  • 1025人登録
  • 3.69評価
    • (132)
    • (134)
    • (260)
    • (12)
    • (5)
  • 161レビュー
著者 : 川上弘美
制作 : 山口 マオ 
  • 新潮社 (2001年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292311

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
川上 弘美
川上 弘美
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

椰子・椰子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 変わっている。変わっていすぎて、自分の枠では、この本がなんだったのか、判断できない。

  • な、なんじゃこりゃぁ…
    アパートの管理人がハトだったり、出かける前に子どもを折りたたんで押し入れにしまったり、ニホンカモシカと目を合わせてはいけないルールが渋谷にあったり…
    主人公の「わたし」は冬眠とかしてるし…
    なんじゃこりゃぁ…
    明らかに現実的ではないのに、なぜか「普通の日記」に思えてしまう、妙な説得力…いや、納得力?
    こんな日常があったら面白いのに。

  • 日記風に記書かれていて、内容もとても変わっています
    ありえないことを当たり前に書いていたので、そこがおもしろいです。

  • 奇妙な夢と現を行き来するような川上弘美ワールドと山口マオのイラストの織りなす不思議で飄々とした世界。
    言葉の世界にとぷんと潜り込んで遊んでいるような不可思議さとなんともいえないおかしみが溢れた世界がとても楽しいです。
    どことなくエロティックなところも素敵。
    なんともいえず面白おかしく心地よい、ふっと気持ちを持っていかれる世界が詰まった一冊でした。

  • 風変りな生活を送る女性の一年を描いた作品。モグラや鳥と話したり、結婚しているけれど、片想いを貫いていたりと、川上さんの雰囲気があふれている作品でした。イラストとお話がとても合っていて素敵でした。

  • へんてこで不気味でユーモラスな日常を淡々とおくる。

  • 子供を畳んで押入れにしまったり、町内に縄文人街があったり、1月8日から2月3日まで冬眠したり。
    作者の川上弘美さんとイラストの山口マオさんの「あとがきのような対談」によると、「椰子・椰子」は川上さんが実際に見た夢から始まったものだそう。
    どんなに変てこなことでも、そういうものだと受け入れてしまう、まさしく夢の世界。
    山口マオさんのイラストがあまりにぴったり、というか、文章+絵でどちらか1つだけでは成り立たない、またちがう夢の世界が紡ぎ出される。
    不可思議で不条理で、でも居心地はわるくない、夢の世界を起きながらにして見ている気分になりました。

  • 川上弘美はほとんど読んだことがないんだけど、山口マオが絵を描いていたので衝動買いしました。
    ふしぎな日常が綴られててとても好みでした。

  • 恋人の肩の上で「きりつ、れい、ちゃくせき」をしてしまうくだり、ぜんぜんそんなことしないのに切実にきゅうってなる。

    子供をたたんでしまうところと、夫が長持の中にいたところ、上座にパンダが座っているのが解せないところも好き。

  • 友人にすすめられて読んだ一冊。

    不思議でヘンテコな世界。
    この世界観、たまらないです。
    気になってどんどん読んじゃいました。

  • 解説のとおり,夢の中なら納得してしまうような世界。
    読み終わった日に,この本に出てきそうな
    いい感じに変わった夢を見た。で,覚えていた。嬉しい。

  • 「子供をきちんとたたんで押入れにしまってから」
    え、たたんで?
    …えったたんで??(二度見)

    いや、まあ、
    しょっぱなから小6くらいの背丈のもぐらと並んで写真撮るとか、かたつむりが団体演技とか、殿様が町内会長とか、片想いしたり恋人がいたり淡々と忙しい内容なんだけど。

    あーでも、
    最初の方から、冬眠明けたら2倍にふくらんだりしてたなあ、子供。

  • 楽しげではっちゃけた感じ。川上弘美さんには、こんなニコニコ微笑んで読み進められる作品を書いてもらいたい。

  • この世界観大好き。
    みんなに読んでもらいたい。
    この不思議な気持ちを共有したい。

  • 不可思議と言って差し支えない本。もぐらがしゅじんこうだったり、なんとも言えない化け物に恋人がなってしまって、でも全然悲しまない話だったり。
    なんかちょっと人間でいるのが悲しくなって、でも毎日は続いていく、ああ良かったあと思える本。面白いです。

  • 川上ワールド全開のお話に、これまた飄飄とした山口マオの絵がおまけに付いている。ただ、いつもとちょっと違うのは、日記形式をとっていること。各季節の終わりにある短編を除いては、概ねショート・ストーリーズの連作といった趣き。中には、わずか1行「松も取れたので、冬眠に入る」などというThe shortestとも言うべき、ショートショートの限界を突き破ったようなのまである。もちろん、1日ごとの単体で読むものでもなく、トータルに「軽み」の世界を味わうものだ。

  • 川上弘美の、さらっとしてて、すこし奇妙で、やさしい世界がすきです。この本は不思議な生活をするすると送る女性のおはなしで、梨木香歩の「家守綺譚」みたいなかんじ。「〜を〜した」の「〜」にランダムな日本語を当てはめて、出来た文章から物語を展開させていった、という印象。ことばをひとつひとつ取り出して、いろんな角度からじっくり見つめてみたり、撫で回したりして、ぽんっと文章に落としてみて、みたいに、ことばでたのしく遊んでるんじゃないかなあとおもった。ことばってたのしいよね、愛おしいよね、って無邪気に微笑むこどものような小説。どろどろと疲弊していたこころにするりと潜り込んでくれる。

  • 腰、しませんか(笑)

  • 年末年始の空いた時間に気軽に読めるライトなものを、と思って買ったのだけど、ちょっとライト過ぎたように感じた。思い返すと山本アユミミとかちょっと好きだし、お正月には合わなかっただけかも。頭は使いたくないし時間もないけどちょっとだけ本を読みたい夜とかに、お風呂で読んだらよさそう。ひとまず眠くないときにもう一度読もうと思います。

  • 奇妙でユーモラスなうそばなし。ほとんどが川上弘美さんの夢をもとにしてるとのこと。
    日常からちょっと離れた、でも荒唐無稽ではないこの空間が、川上さん独特の世界観である。一度はまるとクセになる。

  • 沢山引用をしてしまいました。川上さんの世界観は、一度味わったらじわじわとクセになります。何でもありで、変なことが起きても納得してしまうような、まさに夢の中を再現した印象です。川上さんの奇妙で不思議で、時々不気味系のお話のBGMには、谷山浩子さんの曲がぴったりだと改めて実感。

  • こんな発想の人、クラスにいたよね。「前線通過、前線通過」と唱えながら円の中を片足跳びする雨乞い。クレーン臭い人。町内会の係りで「1日幼児」。。はぁ? 山口マオ♂の絵もfunny.

全161件中 1 - 25件を表示

椰子・椰子 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

椰子・椰子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

椰子・椰子 (新潮文庫)の作品紹介

妊娠中のもぐらと一緒に写真をとったり、町内の縄文人街を散歩したり、子供たちを折りたたんで押入れにしまったり、中くらいの災難に見舞われ一時乳房等の数が二倍になったり。奇想天外でヘンテコで不気味な出来ごとが、次々と繰りだされる日常を、ごく淡々と送る女性の、ユーモラスな春夏秋冬。一足踏みいれたらきっととりこになる、とっぷりと心地よい「椰子・椰子」ワンダーランド。

椰子・椰子 (新潮文庫)の単行本

ツイートする