おめでとう (新潮文庫)

  • 1745人登録
  • 3.43評価
    • (116)
    • (197)
    • (523)
    • (37)
    • (8)
  • 235レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292328

おめでとう (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 川上弘美さんの作品は7作読みました。こちらは再読です。川上弘美さんらしい短編集。12編入り。中でもお気に入りは『冬の一日』。すごく昔に読みましたが、その時にもすごく心に残り、これだけ何度も読んだので今でもよく覚えていました。とても好きです♪それぞれ全体的に切なく寂しい雰囲気が漂っていますが、ほっこり温かい感じもします♪『冬の一日』のトキタさんが駅の改札口で言った言葉は切なくて、じーんとして泣いてしまいました(;_;)川上弘美さん平仮名の使い方も上手くて淡々と語られる大人の落ち着いた恋愛の雰囲気が素敵です☆

  • 恋物語が、なぜか淋しい恋愛と感じます。

    冬に読みたい本です。

    百五十年か……。

  • きれいな話、ではなくて、
    日常に潜むちょっと生々しい恋愛の1コマ、を、
    感覚的にスパリと切り取ったような短編集。
    きれい、というのは、
    クリーンの意味もビューティフルの意味も兼ねている。

    恋愛においては、
    おそらく倫理観というのは絶対的基準を持たないもので、
    不倫だろうが浮気だろうが復縁だろうが復讐だろうが、
    当人が良しとするならばそれが「善」である。
    よって、この作品中に出てくる様々な女性たちは基本的に自分の立場を恨んでいない。
    悔いてもいない。
    そういう意味では感情面でのドロドロ感は希薄で、
    善とした上で話がどう展開していくのか、
    を、楽しむ要素が大きい。

    んー、しかし、私はこのパターンに途中でやや飽きてしまい、
    もっとフツーの長編を読んでみたい気分になった。
    (とは言え『センセイの鞄』もやや苦手なのだが。)

  • 7年振りに再読。「春の虫」と「冬の一日」が好きだったなーと思い出しながら読んだら、やっぱりとても好きだった。
    「冬の一日」のトキタさんは優しい、でも今読むと、それはちょっとだけずるいよねって思ったりした。

  • 言霊っていうのかな。
    ことばひとつひとつに、何か見えない力が宿ってるよね、
    川上さんのお話は。
    しかも、長編より短編のほうがちょうどいいかも。
    長編だと、見えない力によって私の心が支配されて、
    読み終わるころにはいつも、疲れちゃうんだよね。

    川上さんの小説は、
    女じゃないとほとんど共感できない気持ちばかり。
    不倫やらなんやらドロドロしてても、共感できちゃうから不思議。
    男性のように哲学的でなく、
    直感的で感情的だから、
    ことばひとつひとつが、胸に突き刺さるよね。。。
    ふわふわした表現なのに、なんでこんなにグッとくるのかしら。

    あとがきにも書いてあったけど、
    表現がフランス的なんだって。
    フランスは、日本の文学よりももっと、
    言葉を大事にしてるのだとか。
    そんなフランスでは、川上さんが絶賛されてるっていうから、
    なるほどなって思った。

    もう、川上さんの小説は読み尽くしてしまったなぁ・・・。

  • 楽しく読めた。
    内容は忘れたけど・・・。

  • 再読でも、とても寂しくて好きです。
    記憶をなくし続ける物語の次に、忘れないでいようというこの物語を読んだのでなんだかそれが印象的でした。
    なんと表現していいかわからないくらい、ふわふわととりとめない空気ですが、それでもこれは恋愛なのかもしれません。レンアイ、と片仮名にしてしまう方がぴったりかも。
    どのお話も寂しくて好きなのですが、ラストの「おめでとう」が一番好きです。再読して初めて、「西暦三千年一月一日のわたしたちへ」と書いてあることに気付きました。滅びを感じさせる世界観が素敵です。
    昔、好きだった人に差し入れとして渡したことがあります。読んでくださったかはわかりませんが。
    わかりやすいのは「センセイの鞄」だと思いますが、川上さんの恋愛小説はこんな空気のものが好きです。

  • ☆5つは付け過ぎなんですけどね、色々と考えるネタを貰った作品なので、ちょっとサービスです。
    川上さんは多彩な作品を書く人のようですが、この短編集でも幾つかのパターンが出て来ます。
    「センセイの鞄」を思わせるちょっと不思議な主人公の恋愛を描く「天上大風」、「蛇を踏む」のようにファンタジックで寓意的な「運命の恋人」、そして男女の一場面を見事に描く「川」など。それぞれが見事だと思います。
    しかしいずれにしても、緩やかにうねり、決して白波の立つことの無い瀬戸内の海のような、どこかゆったりした流れがこの人の持ち味という気がします。

  • 男女の恋愛、不倫、同性の恋愛、いろんな形があるけれど根底にあるのはとても普遍的なものであるように思えた。
    失ってしまう不安や、先の見えない未来。それらと静かに闘っている人たち。
    決して幸せな物語ばかりではないのに、幸せな気分になるのはどうしてだろう。

  • 「運命の恋人」と「どうにもこうにも」がお気に入り。女性らしさ、というよりも、人間らしさという風に例えることがしっくりくるような感覚。卑怯なところも含めてこそだよなあと思う。女性らしさや男性らしさの定義は人によって違うし、だからこそ色んな人同士が惹かれ合うのかもしれない。どうあるべきなのか、よりも、どうしたいのか。

全235件中 1 - 10件を表示

川上弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
川上 弘美
川上 弘美
村上 春樹
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

おめでとう (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おめでとう (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おめでとう (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おめでとう (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おめでとう (新潮文庫)の単行本

おめでとう (新潮文庫)の文庫

ツイートする