古道具 中野商店 (新潮文庫)

  • 2254人登録
  • 3.61評価
    • (145)
    • (353)
    • (399)
    • (51)
    • (6)
  • 291レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2008年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

古道具 中野商店 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • こういう系ね。
    はあぁんって感じ。
    好きだけどね。

  • たまに読みたくなる川上弘美。これは他の本より分かりやすくて、身近な世界のようで、よい。とはいえ、不思議な人はたくさん出てくるけど、不思議な人って見方をすれば私の周りだって不思議な人ばかりかも。ヒトミさんのたんたんとした感じ、よい。ラストもとてもよい!

  • 川上弘美の作品にしては、登場人物もどこか優しい感じです。どちらかというと、吉本ばななの登場人物のような含みのあるタケオやヒトミと、美しいサキ子さんが特徴的。とてもマイルドで、わりと幸せな最後でした。名前を呼ぶだけで揺さぶられるところや、なにより途中の転機みたいなところがいくつかあるんだけれど、うまく踏み込めない若さみたいなところがとっても好き。

  • 大きく感情が揺さぶられるような話ではない。かといって滔々と読めるような話でもない。なんだこれは?と不思議な感覚を持って読み切った。 他の作品と違ってズバッと君たちは恋仲!君たちの関係はお終い!ではなく着かず離れずで微妙な距離感の仲がだらだらと続いていくのがリアリティーあるなと思った。

  • あまり感情の起伏のない主人公だなぁと思いながら淡々と読んでいたので、ラストの「悲しかったよ」でびっくりしてもらい泣きしそうになった
    ヒトミちゃん、悲しかったの?!分かりにくいよ!!っていう。
    この人の小説の、そういうところがわりと好き。自分の感情なんてそんなに出すつもりはないし他人に分かってもらおうとも思いません、でも間違いなくそこにあるしだからほんのたまに、自分ではどうしようもなく漏れでてしまうことがあるんです、という孤高なところ。

  • 読みやすく、最後のパンチングボールの所が好きです^ ^

  • 時間が止まっているようで、一瞬のみずみずしさに溢れた美しい物語。みずみずしさは魔法で、思い出せばいつでもその瞬間に戻ることができる青春だ。ヒトミちゃんに似てる友だちに、この本をプレゼントしたい。

  • お仕事小説であり、恋愛小説であり、人間ドラマでもある。面白いバランスの作品だった。

    主人公は、中野商店という古道具屋でアルバイトをしているヒトミ。経営者の中野さんはけっこう適当で、仕事中たびたび出かけて行っては、不倫相手のサキ子と会っている。
    ヒトミは同僚アルバイトのタケオと、付き合っているのかいないのか、微妙な関係が続いている。
    中野さんの姉であるマサヨさんは芸術家で、中野商店の面々と程よい距離感で絡んでいる。
    そして月日が過ぎ…というお話。

    雰囲気は緩いのだけど、実はものすごく深い。
    人と人の関係(とくに恋愛)のままならなさ。若いからこそお互い意地を張ってすれ違って、そこから数年過ぎた頃、大人になって素直さを手に入れたらすんなり進んでしまうちょっとあっけない感じ。
    でもやっぱり、大人になっても別のままならなさがあったりして。
    3組のカップルが出てくるのだけど、みんなそれぞれに小さな苦しみがある。

    著者の川上弘美さんの弟さんが実際古物商をされているらしく、古道具屋の仕事の内容や競りの様子なども描かれていて興味深かった。
    住み分けじゃないけれど、この店はどの分野に強い、とか同業者でもお互い何となく線引きしている感じが面白い。

    日常の些細な痛みをあぶり出すのがやっぱり巧いなぁ、と思った。生きていればそういうことの積み重ね。
    ドラマチックなことなんて、そうそう起きるわけじゃないものね。

  • 古道具屋さんで働く女子とその周囲の人たちのお話。
    ヒトミとタケオの不器用な恋愛も気になるけど、中野さんの恋愛もとっても気になりながら読んだ。
    と言っても中野さんは妻子持ちで不倫相手なんだけど、なかなか不思議な人で面白い。
    中野さんも変わっていて面白いな。
    こういう一見男前でなくても、不思議と女性にもてる人いるよね。

  • 川上さんの中でもいちばんすき。
    ヒラヒラしていて古道具やさんの立ち位置として正しいしゆるやかでたのしい。

  • 読み始め…16.6.5
    読み終わり…16.6.8

    東京近郊の小さな古道具店でアルバイトをする「わたし」。店主はダメ男感が漂う中野さん。そしてきりっと女っぷりのいい姉のマサヨさんも店を手伝っていて、もう一人のバイトをしているタケオとは恋仲であるようなないような。。

    古道具屋さんの中野商店は骨董屋さんなのかリサイクルショップなのか...どっちつかずの曖昧さがあるベースのなかで、登場人物たちそれぞれの個性にも仕事や人付き合いに対しての不器用さや、しっかりと地に足がついていないというようなふわふわとした不安定な空気が漂っています。

    ハルオさん、マサヨさん、ヒトミちゃん、タケオくん。

    みんなそれぞれに、大切に思う人とどうにかして心を繋ぎ合わせたいと日々悶々としていながらも、事のなりゆきにはなすがままに受け止めています。まぁいっか~みたいな....

    曖昧で流されているだけのようであっても、読後の気持ちが柔らかに感じられるのは著者さんの作風にありそうです。川上弘美さんとは初めての出会いでした。

  • 「許せないわよ」「それとはまた違うことなの」

  • 2016/01/24 読了
    だいぶ前にブックオフで買ったもの。
    けっこう好きなので何度も読む本になりそうだ。

  • センセイの鞄、パレードに続き、わたしが読む川上弘美3作目。

    うー、こういう小説、最高に好きだ…
    友だちやダイスキな人に読めっ と押し付けたいが、こういうのどこがいいの、 とか言われたらイヤだから押し付けられない…

    こういう小説を読むと、ああワタクシ日本語が母語でよかった、これが自分のことば、日本語で読めてよかった、と思う。
    海外のヒトにも読んで欲しいが、lost in translation の部分が多くなりそうで、この良さが正しく伝わらないんではとも思ってしまう。

    中野さんの姉貴のマサヨさんがわたしはダイスキだ。

  • 中野商店にはないもの

  • 古道具屋さんという、外から見るとわかるようなわからないようなあいまいで不思議な空間。
    よくよく見れば、死傷事件、別れ話、怨念の丼に、淫靡な会話も出てくるには出てくる。
    けれど愛憎ドロドロ方向には向かわない。それどころか肩の力の抜けた空気がポワンと回っているよう。
    ちょっとしたおかしみも散らばっている。

    この表現は適切じゃないかもしれないけれど、なんというか、みんなかわいい人たちだなぁ。
    ゆるくいい距離感でつながりながら、それぞれ自分らしく歩いているよう。つっかえながらも。
    数年後彼らがどうなっているのか、ちょっとのぞいてみたい気がした。

  • 古道具の店、中野商店で働くヒトミ。
    お店に集まってくるのは、ちょっと風変わりな人ばかり。働く人も、やって来るお客さんも、だ。
    ヒトミが出会う人たちとのふれあいと恋を描いた物語。

    2015年10月9日読了。
    特別な事件が起きるわけでもないのだけれど、ちょっとした出来事で、ちょっとだけ右往左往する人たちの物語を集めた連作短編集です。
    みんなの不器用さがなんとも、ほんわかとさせてくれる、味のある作品でした。

  • 「わたし」は特にこれと言った特徴もなく、多分それなりに可愛らしく、でも飄々としているので女の子らしい愛らしいさとは無縁。同僚のタケオの事が好きでありながらどうアプローチして良いか分からずに、時にタケオからザリガニのように引かれたりする始末。

    仕事はぼちぼちで、店主で女ったらしの中野さんや、中野さんの姉マサヨさんとも上手くやっているが、どちらからも小金額を授受しダブルスパイをしてそのお金でお菓子やお酒を買ってタケオと酒盛りしてしまったりする。
    そんな淡々とした楽しい生活もいつまでも続かない。いつか人は変わって行かなければならない。それは人も、そして店さえも。

    なんとも人間臭い愛おしさに満ちたお話でした。

  • 中野古道具店でアルバイトをしているひとみさんと、店に関わる人たちの静かな日々。なんとも適当だけど腹の中が読めない店主の中野さん、中野さんのおおらかで女っぷりのよい姉マサヨさん、ひとみさんと恋人なのか微妙な関係の無口なタケオ、などなど、読むほどに好きになってしまう人たち。
    なんの心配もないはずなのに古道具屋という商売柄のせいなのか、いつかこの生活が綻びてしまったら、と不安な気持ちにさせられる。どこか不器用なまま大人になってしまった人たちの恋は切ない。
    ひとみさんの、たまに顔を出すジリジリとした気持ちから人間らしさを感じる。

  • 好きだなぁ…こういうの…。

    なぜだろう??
    うまく説明できないような感じ。

    また、こんな作品に出会ってみたい。

  • 小さな古道具屋さんを舞台に主人公と周りの人たちとの関わりを描いた作品。派手でもなく、感動でもなく、おかしくもなく、でもなんかホッとする。居心地のいい作品。また中野商店の人たちに会いたいな。でも解散しちゃったから続編はないのかな。

  • ゆるさが大好き。
    ゆるい人にはゆるい人なりの理屈があるんだなー。
    川上さんの書く男性は、ダメダメなのにいつも素敵。

    「世界でいちばん愛してる」

    のことばがたまらなくいじらしかった。

  • かなり昔の川上弘美の作品になるが、もっと早く読んでおけばよかったと後悔。極めて感覚的な作家である彼女の作品には、正直バラツキが大きいのだが、僕の感覚では『センセイの鞄』・『ニシノユキヒコの恋と冒険』に続くクオリティ。

    登場人物が全員魅力的であり、一見普通の人に見えるが
    皆どこかにストレンジな感覚があり、ユーモラスに、しかし切なく物語が進んでいく。最後の再会の場面は特に感動的。

  • 良かった~。単なる人情物語でも恋愛物語でもなく、まさに川上弘美ワールド。古道具屋のなんたるかもわかって面白かった。
    私も中野商店で働きたい。そして、中野さん、ダメ男やけどめっちゃいい男。現実におったら、めちゃめちゃ嫌な奴なんやろうけど、川上さんが描いたらとっても魅力的になる。
    ラストまで、ずっと切なかった。この後どうなるんやろて、すごく気になったけど、ここで終わるのがいいんだろうなあ。

全291件中 1 - 25件を表示

古道具 中野商店 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古道具 中野商店 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

古道具 中野商店 (新潮文庫)の作品紹介

東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち…。不器用でスケール小さく、けれど懐の深い人々と、なつかしくもチープな品々。中野商店を舞台に繰り広げられるなんともじれったい恋と世代をこえた友情を描く傑作長編。

古道具 中野商店 (新潮文庫)の単行本

ツイートする