古道具 中野商店 (新潮文庫)

  • 2263人登録
  • 3.61評価
    • (145)
    • (356)
    • (402)
    • (51)
    • (6)
  • 294レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2008年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

古道具 中野商店 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恋愛モノだって気付いたのって読み進めてだいぶ後。
    不思議モノかと思ったのに。でも良かった。
    少年ぽい笑顔じゃなくて中年そのものの笑顔(笑)の中野さんはリリー・フランキーさんになぜか変換して読んでました。
    人との関係ってレンアイ関係じゃなくても良くも悪くも変わっていく。
    そういうもんなんだってもういい年なんだから分かってるけど、イライラしたりさっぱりしたり、寂しくなったりもするけど、申し訳ないなと反省もする。
    ひとみちゃんが数年後、タケオに「悲しかったよ」って言えて良かった、いいなぁーと思った。
    3冊目にしてようやく川上弘美作品の魅力が分かりました。よかった。

  • お仕事小説であり、恋愛小説であり、人間ドラマでもある。面白いバランスの作品だった。

    主人公は、中野商店という古道具屋でアルバイトをしているヒトミ。経営者の中野さんはけっこう適当で、仕事中たびたび出かけて行っては、不倫相手のサキ子と会っている。
    ヒトミは同僚アルバイトのタケオと、付き合っているのかいないのか、微妙な関係が続いている。
    中野さんの姉であるマサヨさんは芸術家で、中野商店の面々と程よい距離感で絡んでいる。
    そして月日が過ぎ…というお話。

    雰囲気は緩いのだけど、実はものすごく深い。
    人と人の関係(とくに恋愛)のままならなさ。若いからこそお互い意地を張ってすれ違って、そこから数年過ぎた頃、大人になって素直さを手に入れたらすんなり進んでしまうちょっとあっけない感じ。
    でもやっぱり、大人になっても別のままならなさがあったりして。
    3組のカップルが出てくるのだけど、みんなそれぞれに小さな苦しみがある。

    著者の川上弘美さんの弟さんが実際古物商をされているらしく、古道具屋の仕事の内容や競りの様子なども描かれていて興味深かった。
    住み分けじゃないけれど、この店はどの分野に強い、とか同業者でもお互い何となく線引きしている感じが面白い。

    日常の些細な痛みをあぶり出すのがやっぱり巧いなぁ、と思った。生きていればそういうことの積み重ね。
    ドラマチックなことなんて、そうそう起きるわけじゃないものね。

  • 東京の西の近郊の町で
    古道具屋を営む、
    女にだらしなく浮き世離れした
    中年親父の中野さん。


    語り部であり
    主人公の
    中野商店アルバイト店員のヒトミさん。


    同じくアルバイトで
    右手の小指の先がない
    タケオ。


    中野さんの姉で
    きっぷのいい芸術家の
    マサヨさん。


    凛とした中野さんの愛人の
    サキ子さん。


    どこかちょっと変わってるけど、
    憎めない登場人物たちが織りなす
    心ほぐれていくストーリー。



    店に来るお客がまた
    あやしくて
    一癖も二癖もあるような連中ばかりで
    ホント飽きさせません。


    川上さん特有の
    上手いなぁ〜と思わず唸るほど美しい文体と、
    ドキドキするような言い回しと、
    瑞々しい
    恋する女性の心理描写。


    印象的なシーンも
    沢山あります。


    三日月が浮かぶ
    夜の公園のベンチで、
    ヒトミさんが
    ひとりチーちくをアテに
    缶ビールを一杯やってる場面。


    タケオとヒトミさんが酔っ払って
    公園でキスをする場面。


    タケオからの留守電を聞きながら
    コンビニで買ったプリンを
    ゆっくりと食べるヒトミさん。


    タケオが携帯に出れない
    あらゆるシチュエーションを
    ヒトミさんが妄想する場面。


    どれも劇的な出来事ではないけれど、
    普通の日常の中の
    小さな幸せの粒を
    見逃さず掬い取ってくれる感じ。


    それにしても
    生きるのがヘタで
    じれったい恋に悶え苦しむ、
    ヒトミさんとタケオの
    ぎこちない会話が、
    どうにも切なくて胸が震えます(≧∇≦)


    誰かを好きになればなるほど、
    不安になったり
    怖がったり
    胸が張り裂けそうな思いを
    嫌でも味わうことになる。


    でもそれでも、

    過去にどんなに痛い目に遭ったって、
    人は人をまた好きになるし、
    性懲りもなく
    ある日突然
    恋に蹴つまづく。


    人は本来、永遠や、
    限りないものに
    憧れる傾向があるらしいけど、

    限りあるものや
    いつかは無くなってしまうものほど、
    いとおしく思える体質な自分には、


    埃の匂いのする古道具屋での
    可笑しき日々と、
    亀のように進む
    じれったい恋を描いたこの小説は、
    読み終えてしまうのが勿体無いくらい
    空気感がハマった作品です。


    民法ではなくNHKで
    全5話くらいの
    ドラマにしてほしいなぁ〜(笑)

  • 中野商店に集まる、一風変わった人々のエピソードがおかしくて、吹き出しそうになりながら読みました。
    ヒトミとタケオの恋愛が、不器用でじれったいのだけれど、応援し続けてよかったー!最後は感動でした。
    姉のマサヨさんの率直な一言が、毎回気持ちよくて、感心しちゃいます。

  • あまり感情の起伏のない主人公だなぁと思いながら淡々と読んでいたので、ラストの「悲しかったよ」でびっくりしてもらい泣きしそうになった
    ヒトミちゃん、悲しかったの?!分かりにくいよ!!っていう。
    この人の小説の、そういうところがわりと好き。自分の感情なんてそんなに出すつもりはないし他人に分かってもらおうとも思いません、でも間違いなくそこにあるしだからほんのたまに、自分ではどうしようもなく漏れでてしまうことがあるんです、という孤高なところ。

  • アンティークでも骨董でもなくどこかテキトーな古道具を扱う中野商店。
    そこに集まるのは人たちもダメっぽかったり、不器用だったり、
    大人になりきれない人たちばかり。
    中野商店に漂うゆるい空気は
    そんな一癖も二癖もあるモノや人をすっぽり包み込みこんでくれます。
    ちょっと寂しく切ないけれど
    「ちゃんとしてなくていい」というある種の居心地よさに
    どっぷり浸れる一冊です。

  • ゆるりとした日常が、ゆるりとした文章で描かれていていて、なおかつリアルな感じで心地よい。日々は驚きで詰まっているわけではなく、こんななんとなーくな時間のつらなりだなと思う。

  • 『古道具 中野商店』は、どこかにあるような無いような、不思議に懐かしい気がする古道具屋さんで起こる物語。
    最初の一文からするっと『古道具 中野商店』の世界に入って行った、という感想。
    主人公のヒトミは、はっきりしない、今どきじゃない人
    で、そのゆらゆら感に共感してしまう。
    じわじわと沁み込んでくるような不思議な存在感ある文章、また味わいたくなりました。
    http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-150.html

  • 川上弘美にしては珍しくリアリズム小説。少なくても日常を超越したり(この人の場合は超越というよりは逸脱か)はしない。東京のどこかの街(特定されてはいないが、タイトルにある中野だろうか?)にあった、古道具の中野商店を舞台に、そこに集う人々がヒトミの視点から語られる。ここでの川上宏美の方法は、中野商店を設定し、主要な人物(ヒトミ、テツオ、ハルオ、マサヨ)の基本的な性格付けを行った後は、これらの登場人物たちに自由に行動させたのではないかと思われる。終わってみると、なんだか一場の夢だったかのようだ。

  • タケオにどきどきした。

  • 339

    おちついてて、でもそんな時間はずっとは続かなくて


    ウエウエの地下安汚ホテルで読む。

  • アンティークショップでも骨董品屋でもなく、古道具屋なのがよかった。

    ゆっくりゆっくりゆっくり、変わらないように見えてもしっかり確実に時間は流れていくし、人と人との関係も変わるのだなあと。
    ずっと読み続けていたくて、でも必ず終わるのだなあと。
    読み終えてしまっても、誰かとの関係が変わったり、途絶えても、会えてよかった、読めてよかった、と思えるような、それもいいかな、と思えるような。

  • 川上氏のなかでは、ゆるいお話。
    相変わらず仕草ひとつひとつの描写が奥深くて少し重い。
    でも、このお話は骨董屋さんの日常を淡々と語った軽い仕上がりになっている。

    ちょっとどろどろした川上作品に慣れていたので、
    あっさりしすぎているのが物足りなくもある。
    でも、このどうでもいいような毎日をただ淡々と描いた作品・・・
    って考えると、川上氏じゃなければ途中で読むのを止めていたかも

    やっぱり、川上氏の独特な表現が好きなんだなぁ、私。

  • 好きで、ばかみたい、と思う。好きって、ばかみたいな感情、と思う。

    ↑この部分いいな~。ヒトミとタケオ、
    不器用な感じのじれったい恋がなんか、いいす。

  • 5冊目の川上弘美作品。
    長篇は最初に読んだ「センセイの鞄」以来。

    古道具屋の中野商店で働く人々と、そこに集う人々の話。
    とりたてて何かが起こるわけではなく、
    もちろん小さなことはいろいろと起きているのだけれども、
    それは日常の積み重ねであって、
    中野商店を取り巻く人々の情況が時間が経つごとに、
    少しずつ少しずつ変わっていく。
    変わっていくというよりも、物語の中で登場人物たちが
    生きているってことなんだろう。
    時間も場所も変わっていく。
    人々の関係性もちょっとずつ変わっていく。
    それでも、繋がっている。

    こういうの素敵です。
    大好きだな。

  • 古道具屋の中野さんとその姉マサヨさんと、バイトのヒトミちゃんとタケオの日常。
    ヒトミちゃん一人称で、タケオとの煮え切らない恋愛が主題(たぶん)なんだけど、中野さんやその愛人や、マサヨさんの不安になったり見栄張ったり恋愛したりの心模様が面白い。
    そしてそれを小さな行動や口調で表現してしっかり伝わっているのがすごい。

  • 眠れない夜に読んでいたら、すーっと無理なく朝を迎えました。

    はっきりしない男とふらふらしてる男が好きにはなれない私としては(悩む男、とか暗い男、は好きなんだけども・・・)、この本に出てくる男衆にはいららららー!!としてたまりませんでしたが、
    そういう、「『嫌い』に近い『嫌いではない人』を割りと多く見かけるこの著者の作品の端々に、ふとシンクロする自分がいるので。普段自分からは積極的に絡まないそういう人の中にも、自分と似たような欠片があるんじゃないの?といわれてるような気がして・・・そういう穏やかさを持つことのあたたかさを自分の中に感じたくて、つい手にとってしまう。

    男って、「文鎮みたいなのよ。」・・・イメージ的にわかる。そう、こういうシンクロがあるから、めくってしまう川上文学。

  • 12編の短編集と思ったら長編らしい。
    中野商店が舞台のじれったい恋や年齢を超えた友情が描かれている。
    川上さんのお話はどこかつかみどころが無く文体もまったりで、本来は好みではないのだけどなぜか読めてしまうし、クセになる。

  • ブクブク交換会(2/15、新宿 Be Wave)で採り上げられたお勧め本。

    川上弘美の作品は初めて。またなんともくすんだ感じのタイトルだなあと思ったら、物語の登場人物も、キラキラ輝いている人は誰もおらず、くすんだ、小さくまとまったタイプの人ばかりでした。
    古道具屋といったら、過ぎた時代を負った物言わぬ商品が雑然と並べられているという印象ですが、その印象を壊さぬまま、そのお店を中心にした人々の日常が描かれています。
    商売の特殊性で、集まる人もどこか変わった人ばかりだったり、地味なりにいろいろなことがあるので、退屈せずに淡々と面白く読めます。

    どこか浮世離れした古道具屋ですが、人々はみんな等身大のリアルな描写がされており、体験記のような妙な現実感があります。特に好きなキャラクターがおらず、誰にも感情移入できなかったので、あっさり読み終わりました。

    この、どこか埃の匂いがするような静かな雰囲気がいい味を出していますが、数年後のエンディングが、予定調和的にまとめられていたので、それまでの淡々とした流れが変わってしまって、残念に思いました。

    『センセイの鞄』もそのうち読んでみたいと思っています。

  • 川上弘美は好き嫌いがはっきりしちゃうと思うんだけど、
    私は好きだな。
    ニシノユキヒコ より センセイの鞄とか、この中野商店なんかの独特な雰囲気が好きだ。
    本から風景やら匂いを感じ取れる。

  • 2008/05/20購入、読了。

  • 登場人物がみんな変わってて癒し系
    ハッピーエンド

  • これはなかなか良かったなー。人物がみんな愛すべき人たちだったのが良かった。主人公と男の子のあたりは歯がゆかったけど、店主と愛人のあたりはなんかおかしみがあって、そこになんか人生のおもしろさが垣間見えた気がした。ラストも好き。

  • 中野商店で働く人や、関係する人との人間模様を描いた話。曖昧な恋愛関係とか。
    こういうのは説教臭い恋愛観を話す人物が出てきて辟易することが多いが、この話はそういうこともなく、ぼんやりものを思うように読める。この感じが心地いい。

  • こういう系ね。
    はあぁんって感じ。
    好きだけどね。

全294件中 1 - 25件を表示

古道具 中野商店 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古道具 中野商店 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

古道具 中野商店 (新潮文庫)の作品紹介

東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち…。不器用でスケール小さく、けれど懐の深い人々と、なつかしくもチープな品々。中野商店を舞台に繰り広げられるなんともじれったい恋と世代をこえた友情を描く傑作長編。

古道具 中野商店 (新潮文庫)の単行本

ツイートする