ざらざら (新潮文庫)

  • 1363人登録
  • 3.56評価
    • (50)
    • (135)
    • (160)
    • (23)
    • (3)
  • 139レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2011年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

ざらざら (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ku:nelの連載小説1冊目。川上弘美さんはあまり読んでいなかったけど、この短編集は本当に好き。もっと開拓してみようかなぁ。
    沢山の恋の余韻が、そこここに浮遊している。でも、どれも緩やかに終わりに向かってる。そういう倦怠感が漂っている感じ。
    でも、まだ余韻に浸っていたい…諦めきれない。女心は複雑です。男の方がよっぽど引きずるとか、よく言うけど、多分ね、女の方が“終わり”の前に長く永くその余韻に浸ってるのです。でも、一度糸を切ってしまったら、もう涙を拭いて前を向くのが、女という生き物なのです。
    別に見栄を張ってるんじゃなくて、そうしなきゃって思えば、女は強いんだと思う。それをきっと彼女はよく知っている。川上弘美さんという方はね。そんな感じがするんです。

  • 片想いとか、失恋とか、心の中のもやもやしたものをおもしろ可笑しく書いてある。
    悲しいはずなのに、何だか満ち足りているようにも見える。
    滑稽な自分を楽しんでるっていうか、読んでいてとても楽しかった。

    「びんちょうまぐろ」の、恋愛みたいなこと(もの)、という表現がいいなぁ。

  • この、淡々とした文体が好きです。

    内容はけっこう、えぇ!?って感じに進行するんですが。。
    よく分からない夢を見たような、と解説に書かれてたけど
    まさにそんな感じ。

  • 短編集。恋愛もの。
    甘すぎず淡々としていてつかみどころがない。
    でもやわらかくてあたたかい。
    この人の本を読んだときにいつも感じる不思議な感覚。
    登場人物たちもへんてこでとぼけた人が多いけど魅力的。
    読んでいると何だか恋愛したくなる。

  •  短編集、というか掌編集。全部がそうではないけれど、主として、敵わなかった恋の話だった。ほんのり百合な話もいくつか。それぞれにちょっと切なかったり、ちょっと微笑ましかったりする。
     ……のだが、恋愛が主題の話ではなかった一篇、普段は地味な靴下なのに、小説を書くときににだけカラフルなパステルカラーの靴下を履く作家(中年男性)の話がいちばん印象に残ったのはなぜなんだぜ……。自分はそこまでフェチではないと信じたい、のだが否定しきれない。妙な趣味に目覚めたらどうしよう。(動揺)

  • うまいなー。
    川上弘美って、短編が、キツネが憑いたようなうまさがある。

    乙女心を書いた作品集。
    たいして乙女心を持ち合わせていない私でも、しびれる瞬間があります。
    乙女たちが読んだら、たまらんのではなかろうか。

  • 短編集…というにはもっと短めなので、ショートショートに近いテイストかな?23編すべてが、この短さでよくぞここまで!という充実のクオリティです。なんてことない日常のひとこまですが、キャラクターひとりひとりに個性と愛情があり、共感できて時々ほろりとして、上品で気の利いたお菓子の詰め合わせみたいでした。

  • 川上弘美さんの小説を読み終わると、毎度のことながら時間がしばらく経つまで、その世界観にどっぷりとはまりこんでしまう。文章のリズムのせいなのだろうか、どっぷりと浸かってしまったときは一気に読み込んでしまうのに、足先だけをほんの少し浸けたくらいでは読み進めるのは容易ではない。チーズや漬け物と似ている、発酵されゆくほどに浸かりきってしまう。その独特さ。毒毒しさに。
    初期の作品ではゆったりとした中に棘を隠していて、少し気を抜いてしまえば刺されそうなほど攻撃的だったのに、今回読んだ「ざらざら」は沼の底にいるような、おどろおどろしい雰囲気がして呑み込まれそうになる。
    それにしても解説の吉本由美さんのいう通り、川上弘美さんは男の子をかくのがうまい。彼女が所々で登場させる男の子(高校生以下)には、実の所私も結構どきどきさせられている。

  • このひとの、書かれる、ぽんとまるっとそのままにフォローとか常識のオブラードとかなしにほうりだされてる肉欲とか、その反対にすっとしたうすい色気めいたものとか、さらにいっそうつきつめて乾燥しきった修行僧みたいな空気とか、そういう、かわいてるんだか湿ってるんだかよくわからない感じがいりまじってる、のが、すきなんだかそうでないんだかよくわからない感じで、でも、ずっと、読みつづけています。

  • めっちゃいいです。
    心がとても癒やされます。
    ざらざらした棘が丸く優しくなります。
    短編小説の天才、川上弘美さん、これからもがんばれ!!

  • この前に「おめでとう」を読んでいるけど、較べると此方は随分と読みやすく感じた。それ以外は特に何も。
    私が男だからなんだろうな、と思う。

  • 寝る前にさくっと読めて、じわっと心にくる短編集です。
    枕元のサイドテーブルに置いています。

  • こちらが少し元気のないときにじんわりあたためてくれるミルクティーのような味わい。苦いような甘いような…。
    また他の作品も読もうと思った。

  • ドラマチックな恋愛ってそうそう起こるわけないよね、こらこら白馬の王子様はあんたを迎えに来ないぞって優しくカツを入れてもらえる短編集だと思っちゃいました。
    これが恋なんかなぁ、わたしこの人のことが好きなんかなぁ。いつの間にか2人でいるよなぁ…
    え、なに突然のこの別れは?絶対忘れられないと想ってた人なのに、忘れる瞬間は、案外早く来ちゃった。とか、そんな場面が、実際ほとんどなんだろうなと。
    恋は、まるで漆黒の天鵞絨を広げた夜空に、ばらまかれた色とりどりのビーズ。そんな星々がつなぐ星座物語のようでした。
    恋愛ってホント、星の数ほどあるんだなぁ。

  • 2017.1.14 こたつの中で

  •  初川上弘美。
     まさに人肌温度の短編集。濃すぎず淡泊すぎない。悲しい、寂しい、いろいろあるけれど、決してとげとげしていない。手触りはタイトル通り”ざらざら”。

  • 2015/07/21 読了 さらっと読めるけどちょくちょく、頻繁に出てくる独特の川上節がじんわりとくる。

  • やっぱり川上弘美は好きです。

    女の子で良かったと思うのはこの人の本を読むとき。
    共感できる部分が絶対見つかってほっとする。


    ・トリスを飲んで
    ・山羊のいる草原

    がお気に入り。
    一つの物語が二駅分くらいなので気軽にさくっとーー。

  • 人と人との出会い、交差、別れの予感と余韻を颯爽とした筆で描いてみせた。線だけで風を書くのは実は相当の力量が要る。「あたし」だけはどうも頂けないが。

  • 【本の内容】
    風の吹くまま和史に連れられ、なぜか奈良で鹿にえさをやっているあたし(「ラジオの夏」)。

    こたつを囲みおだをあげ、お正月が終わってからお正月ごっこをしているヒマな秋菜と恒美とバンちゃん(「ざらざら」)。

    恋はそんな場所にもお構いなしに現れて、それぞれに軽く無茶をさせたりして、やがて消えていく。

    おかしくも愛おしい恋する時間の豊かさを、柔らかに綴る23の物語のきらめき。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    ちょっとした日常を切り取った23のショートショートの詰め合わせです。

    はじめの物語から順番に読むも良し、気になる物語から読むも良し。

    その日の気分で好きな話を、お気に入りの場所で楽しんでください。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 女の子が大人の女になるときに
    通る道 好きってことに、恋してる様な「ざらざら」って 感覚

    あ~こんな気持ち 忘れちゃったなぁ~(*^^*)

  • さらさらーと読めた。
    女の子友達と一緒に読みたい本かも。
    全然感動的なお話ではないけれど、こういうのがちょっとした栄養をくれると思う。

  • 23の短編集で さらりと読みやすい恋愛小説でした。それぞれが淡々と日常が流れてて読み終えた今、ふわふわした感覚でなんだか不思議な感じ。

全139件中 1 - 25件を表示

ざらざら (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ざらざら (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ざらざら (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ざらざら (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ざらざら (新潮文庫)の作品紹介

風の吹くまま和史に連れられ、なぜか奈良で鹿にえさをやっているあたし(「ラジオの夏」)。こたつを囲みおだをあげ、お正月が終わってからお正月ごっこをしているヒマな秋菜と恒美とバンちゃん(「ざらざら」)。恋はそんな場所にもお構いなしに現れて、それぞれに軽く無茶をさせたりして、やがて消えていく。おかしくも愛おしい恋する時間の豊かさを、柔らかに綴る23の物語のきらめき。

ざらざら (新潮文庫)の単行本

ツイートする