パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)

  • 768人登録
  • 3.64評価
    • (28)
    • (83)
    • (56)
    • (12)
    • (5)
  • 67レビュー
著者 : 川上弘美
  • 新潮社 (2013年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292427

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • なんとまぁ
    贅沢な短編集だこと。

    やっぱ川上弘美好きやわぁ〜♪


    美しく官能的な文体が織りなす
    切なくも心地良い世界観、

    あの独特な言い回し、

    そして川上さんお得意の
    物語を彩り
    主人公たちの心情に寄り添う
    たくさんの料理や食べ物の描写の素晴らしいこと。

    久々にハズレのない短編集に
    何度も読み返してしまったなぁ(^O^)
    (この一遍の短さで
    この味わい深さと完成度の高さは
    もはや職人技!)


    個人的に気に入った話を挙げると、

    『古道具 中野商店』のヒトミさんとタケオのじれったい恋を思い出した
    「銀の指輪」、

    親の再婚に揺れる
    中学生のリアルな心情と
    クロスワードパズルを組み合わせた構成が見事な
    心に残る一遍
    「すき・きらい・らーめん」、

    料理下手な女の葛藤と
    ばあちゃん幽霊との出会いを描いたユニークな表題作
    「パスタマシーンの幽霊」、

    人を好きになる不思議を
    思春期の淡い恋心と併せて教えてくれる
    「ほねとたね」、

    コロボックルの男性に恋した奥手な女性の
    揺れ動く心情を綴った
    「ナツツバキ」、

    オカマの修三ちゃんと
    ダメな男を忘れられないアン子との
    性別を越えた絆の話
    「修三ちゃんの黒豆」、

    コロボックルが再び登場し
    一人ぼっちの中年女性との心の触れ合いを描く
    「庭のくちぶえ」、

    甘ざみしくて物憂い片思いと
    おむすびに込められた恋情が切ない
    「少し曇った朝」が
    オススメ。


    しかし恋とは
    なんて報われないものなんだろ。

    それでも人は恋に落ちるし、
    誰かとの明日を夢に見る。


    映像喚起力の高い
    それぞれの話を読んでると
    村下孝蔵の「初恋」や
    オリジナル・ラヴの「プライマル」や
    YOSHII LOVINSONの「CALL ME」や
    山崎まさよしの「振り向かない」などの名曲が
    脳内再生されて流れてゆく。
    (さてどれがどの話でしょう笑)


    切なくて可笑しくて
    シュールでいて
    読む者に小さな勇気を与えてくれる一冊!


    しかし、コロボックルと人間の女性との恋の行方が無性に気になるし、

    バターとお醤油とケチャップが
    三位一体となった
    ケチャップごはんの威力には
    胃袋掴まれましたよ(笑)(>_<)
    (いつか川上作品の料理本出ないかな〜)

  • 川上さんの本を開くといつも、同じ活字なのに、活字を見ただけで、あっ川上さんだって思ってしまう。
    「ざらざら」の続編。
    不器用でどうしようもない、女という厄介な生き物について書かれている。
    厄介だけど、恋するって幸せなんだよね。

    修三ちゃんとアン子と中林さんの登場する長編が読みたくなってしまった。
    あと、コロボックルの山口さんも。

  • このお話が好き、こっちがいちばん、

    と心でしるしをつけながらひとつひとつ読み進めたら、

    最後にはいちばんがなくなってしまった。

    ひとつ読むと、それがいちばんになる。

    そして、左手で挟むページが薄くなってくると

    かなしくて、

    あとひとつ?まだある?と、

    そわそわした。


    読んでしまうのが勿体ない。

    けど、もっと欲しい。まだまだ食べたい。

    だから、川上さんの短いお話はだいすきなのだ。

  • いくつかの短編は、ドキドキするほど自分のことが書いてある…と思い、
    自分のこの恋も、もしかしてこの小説の登場人物たちみたいに終わっちゃったりするのかなとか、
    本気で心配しちゃうくらい、気持ちの中で重なるところが大きくて、
    小説は小説なんだろうけど、どうにも繊細にあたしの胸をついてくるものだから、
    読みやすいんだけど、数編読むと疲れて先に進めないのでした。

    今はいくつかの短編にビビっと反応して、
    きっとまた違う恋をしたら違う短編にビビっと反応して。

    川上弘美さん、もてるんだろうな。
    良い恋も悪い恋も、たくさんして来たに違いない。
    良い恋も悪い恋も、どれもたぶん良い恋なんだ。

  • まったりしてるのにどこか物悲しいところが好きだな、と思った短編集。
    いや、超短編集。

    パスタを作るおばあちゃんの幽霊が出てくる表題作もとても可愛らしくて好きだけど、私は小人のヤマグチさんが出てくるお話が好きだった。
    忘れたころにまたヤマグチさんの短編がやってくるところも何か嬉しい。そういうつくりだった。

    可愛くて笑ったり、ちょっとほろっとしたり、切なくなったり。
    そしてそこにはいつも男女がいる。様々なかたちで。

    多くは語れないけど大好きな世界観。

  • 読んでいてすごく心がザワザワした。

    道明寺ふたつ、やっとこ、きんたま、富士山が好き。
    この本の中では言葉にできて的確なものは言葉にするししないものはしない。と言葉できない感情をそのまま時々差し出されるような。
    それが心をざわつかせるのか。
    好きになった瞬間の言語化は特に難しい、反面別れたこと、原因を言葉にするのは易いよう・・・で易くない自分の倫理と感情が反するような。
    うまくいった話も、行かなかった話もどこかしんとひとりごちたよう、個人の感覚的で人は1人と思わせられる悲しさも感じた。
    感想を考えるうちに思い出と混同してチクチクしてきたから締めたい。
    「今」から離れた時にもう一度読みたい。

  • クウネルでの連載をまとめた2作品目だということは解説にて知ったが、オトナの女性が読んだらきっと胸がつかえるような、繊細な物語たち。
    川上弘美が紡ぐ言葉が本当に好き。この人はなんて綺麗な言葉を編むのだろう。
    流れるような日本語の甘く脆く緩やかな様にいちいち胸がきゅっ、となる。
    少女も会社勤めするOLもお婆さんも、女性が抱く繊細な感情は大して変わりないのかもしれないなーなんて思うと、私もずっとこのままなのかなあ、と何だか不安な気持ちになる。同時に、このままでもいいかな、とも思う。

  • 「柔らかいしわなしの黒豆は、長時間かけてゆっくりお砂糖をしみこませてゆっくり冷まして段階ふんで作るけど、しわしわの黒豆は砂糖なしでゆでたあとどばっといっぺんに砂糖を入れてばりばりにしわを入れるのである。どば。ばりばり。アン子そのものだな。修三」
    (修三ちゃんの黒豆)

  • 短編集。
    最近気づいたんだけど、わたしは川上弘美の本をつい買って読んでしまう。無自覚的なファン状態なのだと思う。

  • 短編集。世界観すき。マーブルな感じ。

  • 川上弘美さんの短編集にはハズレがないですね。これも面白くて次々読んでるうちにするする読み終わってしまいました。

    お気に入りは最初の「海石(いくり)」。この人の書く海から来た変な生き物ものは鉄板(笑)。あとはコロボックルの“山口さん”の出てくるシリーズ。

    基本的に私が好きなのはちょっと不思議系ですが、それ以外の日常や恋愛や、ちょっと変な人(笑)の出てくるお話どれも違和感なく自然にすとんと腑に落ちます。上手いなあ。

  • 川上さんの短編小説はほんとに心が癒やされます。
    すばらしい、一遍ずつありがとうの感謝です。

  • 花澤香菜ちゃんが読んでたって言っていたから購入した、たぶん。独特な世界観についていけなくてはじめて読み始めた当時は積んでしまっていたけれど、数年経って読んでみたらすんなり入ってきた。色んな恋の深みを体験できて楽しくてすこし寂しい。

  • 川上さんの小説を読むといつも不思議な居心地になる。独特な世界観のなかで、ゆらゆらしてる感じ。今回も、短いながらもぎゅっと詰まった22のお話を堪能できました。海石とナツツバキが好き。
    カバー装画 伊藤絵里子。図書館より借り出し。

  • 表紙が可愛いが、内容はシュール…

  • 「女子の」、と言うより「女の」と言う方がしっくりくるような感じがする。恋に関するおはなし。

  • 川上弘美さん大好きです
    この本の中では [ほねとたね]が好きでした
    日常の なんでもないようなことが川上弘美さんのフィルターを通すと 読んでいて 面白いです

  • 短編が読み良い気持ちの波が来た

  • 修三ちゃんと杏子、コロポックルの山口さんなど、好きなキャラクターのでてくる短編を含む一冊。2時間もかからず読了できてしまう薄い本ですが、やっぱり好きな作家の本はなるべく自分で買おうと思う。

  • 2015/09/21 読了
    解説が高山なおみさん、うれしい。

    病院で待っている間とか、ほんの少しの待ち時間にすこしづつ読み進めました。何度も持ち歩いてぼろぼろになってもずっと読んでいく本になると思います。表紙になぜかベタベタとしたものがついてしまって捨ててしまい、すでにボロくなっている。

  • 22の短編集。

    修三ちゃん
    コロボックルの山口さん
    好きです。

    楽しく読めた(^o^)

    P30
    しあわせな女の定義。
    何より一番大切なのは「揺るがないこと」。

  • 恋をテーマにした短編集です。
    それぞれのお話に趣向がこらしてあって、全部面白いです。川上弘美さんの作品には、通常の小説には出てこないような単語がたくさん出てくるので楽しいです。海石とか、きんたま火鉢とか、コロボックルとか…。現実的な恋愛小説に食傷している人にはおすすめです。私の家のベランダにもヤマグチさんが来てほしい。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第49回目に紹介されたのは、川上弘美 の「パスタマシーンの幽霊」に登場する『かぶの煮物』。

    ―皮をむいて、切りわけて、だしで煮た。
    それから少し迷ったすえ、お酒とお醤油をたくさんめに入れて味をつけた。
    最後にゴマ油をたらした。




    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 裏表紙に「恋をしたとき、女の準備は千差万別。」「女たちが足をとられた恋の深みの居心地を描く22の情景。」と書いてあるけれど、これは恋の本なんだろうか?



    恋愛の話もある、あるというか読み終わったらほとんどそうだった気もした、前の「ざらざら」から続いているアン子の恋の話もあるし、表題の「パスタマシーンの幽霊」だってそれは恋人の部屋で見つけたパスタマシーンに問い詰めた所から話は始まるし、他にもいっぱい恋も出て来るんだけれど



    最初の一編が「海石」と書いて「いくり」と読む圧倒的でどこか神話的な話から始まるのもあって、まるで色々な立場、年齢、環境にいる様々な女たちをどこかから見ている神様か何かがいて、少しずつそれを私にも見せてくれているような気がして、恋もそういう女達に起こる出来事の一つのように思ったのかもしれない。



    描かれている恋愛も、こんな感情を持つというのはなんと可愛らしいことかと涙ぐみたくなるような恋もあれば、いらないのならそれはいらないでいいんだなと思う話もあり



    クウネルで連載していた短編というとクウネル的なという風に思うかもしれないけれど、表題作である「パスタマシーンの幽霊」は

    蕎麦も打ったし、餃子の皮も手作りしたし、パンも焼いた

    という ”料理上手なばあちゃん”が念願のパスタマシーンを孫達からプレゼントされてじきに亡くなって、幽霊になってまでパスタを作りに出てくるのだけれど、その孫の一人の恋人で料理が下手だと自分で言い「パエリアなんか、土鍋で作っちゃうような」女をまるで仮想敵のように思っているのに、恋の終わった反動で料理に没頭し「今にパエリア女になってやる」と叫ぶ唯子の所にあらわれて

    料理上手な女なんて、ロクなもんじゃないよ。

    と非難する。



    イメージを持ったりそれで整理をつけると便利なこともいっぱいあるなと思うけれど、そんな風にだけでは収まりきらないこともあるからおもしろい人や物事に会えたり、おもしろい本が読めたりすることもあるんじゃないかなーと思ったり。


    普通に幸福だと言われていることがそうだとは限らないし、逆もまたそう、ということもとても思った本でもありました。

全67件中 1 - 25件を表示

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)の作品紹介

恋をしたとき、女の準備は千差万別。海の穴に住む女は、男をすりつぶす丈夫な奥歯を磨き、OLの誠子さんは、コロボックルの山口さんを隠すせんべいの空き箱を用意する。おかまの修三ちゃんに叱られ通しのだめなアン子は、ふたまた男の誘いの電話にうっかり喜ばない強い心を忘れぬように。掌小説集『ざらざら』からさらに。女たちが足をとられた恋の深みの居心地を描く22の情景。

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)はこんな本です

パスタマシーンの幽霊 (新潮文庫)の単行本

ツイートする