菊亭八百善の人びと (新潮文庫)

  • 73人登録
  • 3.37評価
    • (1)
    • (9)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 宮尾登美子
  • 新潮社 (1994年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101293073

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 宮尾さんが描く女性には、いつも心が締め付けられるような悲しさを感じるのですが、今回の作品では一味違った女性が描かれていて新鮮な感じがした。
    こういうのも嫌いではないです。

    「八百善」という店が実在する事に驚き、ネットで調べてみたら今はお店自体は営業していないそうで、ガッカリしました。江戸料理って言われても何も思い描けず、文化がすたれてしまうのは勿体ないと思い、それならば食してお店の雰囲気を味わってみたいと思ったのですが。

    そんな風に思わせてくれる、なかなか読みごたえのある良い作品だと思います。

  • 最近は江戸、明治、大正、昭和など、少し時代が過ぎた頃を舞台にした話に興味がある。
    宮尾さんの作品に描かれる女性たちの強さ、悲しさ、はかなさ、とても魅かれる。魅かれながらも自分の知識の少なさから優美さを感じながらも想像ができない着物やお茶やこの物語であれば江戸前料理やら。

    汀子はこれからどんな人生を送るんだろうか。小鈴は?

  • 他の作品と比べると、ちょっと物足りなかった。人物描写がさみしかったような…。

  • 実在する料亭八百善の衰退の物語かと思いながら読んでいたけど、これは八百善の再生の物語だ。

  • 戦時中に閉めた繁盛老舗料亭。
    戦後、サラリーマンの家庭から嫁いだ嫁。ある日、義父が料亭再開に向けての土地を確保してくる。
    そこからトントン拍子にことが運び料亭再開へ。時代が変わり中々客足が戻らず悪戦苦闘する若嫁を中心に描く。

  • 戦後の物のない時代に、棔家の八代続いた料亭再建に尽力した女性のお話です。
    読み終えて、読みがいのあるお話だな~とつくづく思いました。
    以前読んだ本ですが、内容を全然覚えてなかったのが不思議です。

    主人公の女性に好感をもちました。
    歴史のある料亭を立て直すのに尽力したとなると、自分が前に出てバリバリに働くやり手の女将というのを想像しますが、この主人公の汀子はそんな風でなく、あくまで自分はこの家に嫁いだ立場と一歩引いている。
    しっかり者だけど、どこかおっとりしていて、サッパリした性格。
    そして優しい。
    そんな汀子が頼りない坊ちゃん気質の夫を支え、料亭の経営に気をもみながら成長していく様子と菊亭八百善で働く人々が生き生きと描かれています。
    読んでいると、まるで自分がその中にいるような気持ちになりました。
    料理についていの詳しい記載はないのですが、見たこともないお料理が見えてくるような-。
    そして板場のようすや、料亭の周囲も見えてくるような-。
    こういうお話なら普通、どんどん商売が気流に乗って繁盛していく様を想像しますが、このお話はその反対で、立ち上げた時が一番良くて、その後どんどん経営は苦しくなるばかり。
    しかも公私にわたり、次から次へと問題が起こる。
    そのひとつひとつに悩みながらぶつかりながらまっすぐに生きていく汀子に共感を覚えます。

    作者のあとがきを見て、この汀子さんは実在の人物をモデルにしているのだと知って驚きました。
    それにしては、とても踏み込んだ内容になっている。
    全てが実際の出来事ではないのでしょうが、読み物として、とても読みがいのある本だと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)に関連する談話室の質問

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)はこんな本です

菊亭八百善の人びと (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする