きのね〈上〉 (新潮文庫)

  • 343人登録
  • 3.92評価
    • (45)
    • (50)
    • (52)
    • (1)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 宮尾登美子
  • 新潮社 (1999年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101293103

きのね〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮尾登美子の作品は初めて読んだ。女流作家らしく丁寧に心情を汲み取っていてさすがと思わせる。
    11代目市川団十郎の妻をモデルにした作品。梨園の世界は大変だとは聞くけれど、果たして今でもこれほどまでに尽くす女性がいるだろうか。光乃が雪雄にささげた半生の描写もさることながら、歌舞伎の魅力も余すことなく描いている。今さらながら成田屋の芝居を見てみたい。

  • *大正~昭和初期、戦時中の生活風景ーしかも冒頭、主人公光乃の学生時代までは、貧しさで一家離散する家族の、そして光乃が女中として働きだしてからは、松本幸四郎家や市川団十郎家をモデルとした歌舞伎役者の家のーがよく描かれていて、「自分の知らない人生を知る」という読書の楽しみの一側面については、まず申し分なく満たされる。

    *十一世団十郎(当代海老蔵のおじいさん)がモデルということで画像検索してみたら、今の海老蔵にそっくり。かっこいい。頭のなかでは海老蔵主演で映像化しながら読むので、活字なのに目の保養ができます。イケメン(が登場すると面白い)の法則クリア。

    *しかも貧しい田舎出の特別美人でもない女中光乃が、雲の上の存在であるとわかっていながら、主であるそのイケメンに恋い焦がれ、そしていずれは結ばれる(まだ上巻しか読んでないし史実も詳しくは知らないけど、少なくとも子をなす、それが十二世団十郎)、そういう物語である。恋愛小説として考えても、王道。

    *そして、歌舞伎役者のこととにかく知りたいファン(かつ初心者)にとっては、今をときめく海老蔵さんのルーツ=市川宗家の近現代史を楽しく学べる、最高の参考図書であります(「教科書」は中川右介の本)。

    下巻早く買わなきゃ。

  • 十一代市川団十郎と妻光乃の、壮絶で不器用な真っ直ぐな生き方。戦前戦中戦後の日本の生活文化、歌舞伎の世界の厳しさ賑やかさが、行間から立ち上り、強いエネルギーに眩みながらの読了。十一代が病に冒されていく様子が十二代の最期と重なり、涙した。

  • 段々面白くなってきてる。ミツノの心情がよく描かれてる。

  • 会社員になりたての頃、同期とこの本の感想を熱く話したのは懐かしい思い出。
    耐えて耐えて生きる女性の話。

  • 健気な少女が奉公に出て、御曹司に恋をするといっても単純なシンデレラストーリーではなく、嫉妬や羨望といった自分の醜悪な感情とも向き合い、罪の意識も持つようになるところが人間くさい。
    宮尾さんの作品を読むのは初めてだけど、なるほど、女性の情念の表現が上手いと引き込まれました。
    雪雄は、あの時代だから憧れに値する男性かもしれないけど、癇癪持ちで手が早く、現代なら間違いなくマスコミに叩かれそう。私なら役者としての彼はファンになっても絶対に配偶者にはしたくないタイプだなあ。

  • 最近なぜか急に歌舞伎に興味が出てしまい、歌舞伎座で歌舞伎を観てからというものすっかりその魅力の虜になってしまいました。
    というわけで遅まきながら本書を読んだというわけです。
    あくまでフィクションではありますが、成田屋の12代目のお母さまが主人公のモデルになっている本書、宮尾登美子さんだけあって女性の生き方を見事に描き切っています。たいへん面白いです。
    …が、やはり成田屋やそのごひいきの方が良い顔をしなそうだよな、ということも同時に思いました。

    そのあたりのことはさておいても、歌舞伎に魅せられ、歌舞伎役者としての坊ちゃんに魅せられたお光の生き方は波乱万丈で、健気。
    現代の感覚からすると、「ダメ男に尽くす女」な構図で理解できない!となりがちですが、でも心から好きになるというのはこういうことなんでしょうね。

    何も歌舞伎の知識がなくても十分面白いと思いますが、やはり知っているとさらにさらに面白いです。
    光乃の別称である「野崎村」、そして「助六」(助六縁江戸桜、ですね)あたりのストーリーを頭に入れて読むとなお一層楽しめます。
    まさに主人公の光乃の生き方は「野崎村」のお光に通じるものが…!とか思いますからね。
    「助六」なんかはストーリーというよりは、「助六」が持つ歌舞伎における意義や位置、ふんだんに盛り込まれている型なんかを知って読むと、「なるほどなー」と思えますね。

  • 実話を元にしていて人物描写がとてもこまかい。一気に読んだ。

  • ・あらすじ
    十一代目 市川団十郎の話。メイドの子。
    ・かんそう
    読んでよかった。裏側を覗けた。伝統芸能っていいね。

  • 海老蔵さんのお祖父さんとその夫人の話。


    母からこの小説を薦められた。
    母は海老蔵さんのお祖母さんを見て、歌舞伎俳優の奥さんらしくない、控えめで地味な方だなと幼心に思ったらしい。
    私は写真でも見たことがないんだけど、これを読んで見てみたい気持ちが大きくなった。

全41件中 1 - 10件を表示

宮尾登美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮尾 登美子
宮尾 登美子
湊 かなえ
宮部 みゆき
宮尾 登美子
宮尾 登美子
有効な右矢印 無効な右矢印

きのね〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きのね〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きのね〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

上野の口入れ屋の周旋だった。行徳の塩焚きの家に生れた光乃は、当代一の誉れ高い歌舞伎役者の大所帯へ奉公にあがった。昭和八年、実科女学校を出たての光乃、十八歳。やがて、世渡り下手の不器用者、病癒えて舞台復帰後間もない当家の長男、雪雄付きとなる。使いに行った歌舞伎座の楽屋で耳にした、幕開けを知らす拍子木の、鋭く冴えた響き。天からの合図を、光乃は聞いた…。

きのね〈上〉 (新潮文庫)の文庫

きのね〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする