義経 (新潮文庫)

  • 76人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (3)
    • (27)
    • (3)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 宮尾登美子
  • 新潮社 (2007年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101293189

義経 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 静御前の歌がいい

  • 日本人の奥底に眠る英雄・源義経。
    判官贔屓の元になった生涯を、解説+随筆風に描く。大河ドラマの原作。
    源氏の棟梁の血筋を承けつつも、平氏全盛の京都で生まれた雅な男。自分達兄弟をのため、父親の仇に身を任せた母をそれほど嫌がらない。優しげな仇・清盛に父の姿を見る。寺に預けられるも、身分を知り出奔。奥州の藤原氏を頼るのであった。
    奥州で嫁を迎えるも、兄頼朝の挙兵を知り、駆けつける。作戦・戦術の才に恵まれた彼は宿敵・平氏を滅亡させる。しかし、戦略と人生の機微に甘い彼は、数々の失敗を犯し、頼朝から追われる身となる…。
    宮尾義経の特徴は、義経を愛した女達を細かく描いた事だ。母・常盤。妹・藤原能子。妻の良子。靜御前。そして見合いで娶った者たちまで。筆者の目は優しい。要するに義経は放っとけない男なのだ。

  • 悲運のヒーロー、源義経の生涯を宮尾登美子さんの語り口調で描いた本。
    小説ではありません。
    どちらかというと、子供の頃に読んだ偉人伝のような印象を受けました。
    とても分かりやすく読みやすいのですが、それだけに少し物足りない。
    だって、私が「義経」と言ってパッと思い浮かぶのは、弁慶との橋の上での出会いのシーンですが、そういう記述もなく、義経の生涯で主だった出来事、主な人物とその関係をサラっと描いているという感じだから。
    それに宮尾登美子さんの解釈が時折入っているという形式の本です。

    私は以前、宮尾登美子さんの「平家物語」を読んだ事があったので、この本に描かれている歴史的な出来事の背景はスッと理解する事ができました。
    あの本の反対側の目線から書かれた本ですが、最初に「平家物語」を読んでからこちらを読んだら面白く読めるのでは?と思います。

    それにしても、これを読んでやはり義経は悲劇の人だな~と思いました。
    男性にも女性にも慕われる魅力のある人なのに、何故か恵まれてない。
    目立つ人だけに極端な運命をたどることとなったのか-。
    ちょっとしたボタンの掛け違いや少し軽率で子供っぽい所があったとは言え・・・。
    でも、だからこそ、後世に語り継がれ、愛される人なのかも知れないな~とも思いました。

  • 同じ歴史物であっても“武士物”はあまり…な私であるが、宮尾氏のものだったら読めるかも、と思い手にとってみた。
    宮尾氏本人が語り手となって、改めて義経の生涯をたどっていく、といった一見エッセイめいたスタイルに意表をつかれた。しかしやはり武士としての義経ではなく、人間としての義経に思いを馳せる、そんな作品になっていて、しんみりとした良さがあった。
    それでも義経の最期より、平家の壇ノ浦での最期のほうがやっぱり読んでいてつらい。

  • 小説なのかな、と思って読み始めたのだけれど、違った。義経生前から死後までをまとめた一冊。読みやすい。

  • 義経 (新潮文庫)
    源義経の半生を描いた書物。部分的に空白があるがそこは作者の空想も入ってストーリーが続いていく。構成としてはもう少し詳しく描いてほしい所も随所にあったのが残念

  • 、宇治、鹿児島、平泉などを舞台とした作品です。

  • 著者の「篤姫」と「菊籬」は読みました。

    さて。ヒーロー義経が、女性をテーマにした著書の多い宮尾氏バージョンではどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?と思った矢先、いきなり宮尾氏が語り部として登場するスタイルにびっくり。

    著者の故郷高知では、節句に立てるのぼりをフラフというそうです。そこに描かれていた武者絵は圧倒的に義経を描いた柄が多かった、という挿話から始まり、宮尾氏が史実に沿って淡々と義経の生涯を追っていきます。

    こうだったのではないでしょうか?こうは考えられないでしょうか?と語りかけられる度に、バラバラの史実を紡ぎ合わせていくのは人間の想像力なのだなと感慨深く読みました。

    旅行の予習として鎌倉が舞台の小説を片っ端から集めてみましたが、よく考えてみると義経の活躍の舞台はほとんど鎌倉ではないのですね。鎌倉では、鶴岡八幡宮の若宮上棟式で大工の馬を引かせられる件。平宗盛・清宗父子を生け捕り凱旋するものの、腰越で止められてしまう件。後は静御前が鶴岡八幡宮の廻廊で義経を想って舞った件。くらいでしょうか。

    京都鞍馬山で修行。奥州平泉で青春。宇治川の先陣の話は木曾義仲を追って京都入りする時だし、平家を追い落としたのは神戸と山口でしたね。最近まで鵯越の逆落としは鎌倉の山中でのことだと思っていました。反省反省。

    著者同時代の超大作「宮尾本 平家物語」にも挑戦したいところです。

  • 女性の視点から義経について書かれてます。読みやすかったです。寂しがりやで家族想いな義経萌えたw最後に書かれていた、秀衡が死んだから戦闘意欲が失われたという筆者の解釈に、私もそうだといいなぁと思います^^

  • 頼朝の弟義経
    容姿端麗、頭もよく兄「頼朝」のためにつくす
    牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。平治の乱でやぶれ奥州平泉へ流される、。兄頼朝が(治承・寿永の乱)の手助けで、壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼしその後、
    頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことで頼朝が怒り、頼朝と対立した。逃れ再び藤原秀衡を頼ったが秀衡の死後、藤原泰衡に攻められ切腹した

  • 女性の側の視点で義経の人生が描かれている。悲しい物語だ。800年前の政権交代は、ドラマにあふれている。

  • 義経が主人公の歴史小説というより、時代を追った小説のような気がする。義経主観ではないので、感情移入しづらいし、小説という意味で物足りない。
    小学校で読んだ歴史漫画シリーズの義経は、脚色された義経なんだねー。
    しかしながら頼朝とは、現実主義、権力主義すぎる。そこに情は挟まれなかったのだ。人物的魅力に乏しいな。

  • 読後の第一印象は、この本は「宮尾本 平家物語」の副読本でありつつも、文体が作者自身による語りの形式をとっているため、「宮尾本 平家物語」を書き終えての感想・随想とも位置づけられる、というもの。書き足りなかったことを、この本で改めて述べているのだろうか?(未読のため、この辺りはよく分からない。)

    女性作家の歴史小説だからだろうか、歴史上の事実から読み取ろうとしている「背景」というものが、政治哲学や理念あるいは策略といったものよりも、むしろ人間として或いは家族としての感情や心情またはその人間性や情緒に端を発したものと捉えられているように感じた。「歴史」全てをそれにより説明することは非常に難しいようにも思うし、実際にこの本の中でも違和感を感じてしまう箇所もないわけではない。とはいえ、平安時代という時代背景を考え、(「をかし」の文学や「あはれ」の文学の延長という)「物語」という性質を強調するのであれば、人間ドラマとしての「平家物語」ゆえ、なのかもしれない。

    いずれにしろ、「宮尾本 平家物語」は未読なので、それを併せて一体として評価したい作品。

  • 柔らかい感じの文章。
    読みやすくて、わかりやすいよ。
    平家もいっぱいでてくるよ(´∀`)
    宮尾さん、平家をヒイキしてますね?(笑

  • こんなに素敵な人達本当にいたの???と隔世の感ありでした。

  • 最近、歴史小説を読んでいません。それで、宮尾さんの「平家物語」で悩み・・4巻は長過ぎる(^^;)・・
    隣を見て「義経」を発見。あ、これなら読みやすいと。。それだけの理由です(笑)
    大河ドラマは見てません、興味もなくて・・原作とは知らなかった。まぁ、「平家物語」からの抜き出しみたいなものだと思いますが、宮尾さんらしい距離感を持った描き方で判りやすい。感情移入してないだけに、絵巻とは全然違う情景が浮かびます。むしろ、人物像も浮かび上がってくる。
    しかし、勝てば官軍で、歴史ってのは何度も塗り替えられてるんでしょうね。残された資料も本当に信用できるのか・・

全21件中 1 - 21件を表示

義経 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

義経 (新潮文庫)の単行本

ツイートする