この人と結婚していいの? (新潮文庫)

  • 612人登録
  • 3.77評価
    • (62)
    • (73)
    • (80)
    • (12)
    • (4)
  • 95レビュー
著者 : 石井希尚
  • 新潮社 (2002年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101294315

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
渡辺 淳一
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

この人と結婚していいの? (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★印象に残った文章

    『理想的な人に出会うという言葉がありますが、理想的な人は見つけるのではありません。結婚とは理想的な人になることなのです。
    それも相手に理想的な人になってもらうのではなく、自分が理想的な人になことなのです。』

    これは恋愛だけでなく、人間関係全般において言えることだと思う。
    人はよく「どうしてあの人は○○してくれないの!」と考えがちですが、これは既に自分本位。
    人からもらうばかりでなく、自分から与える存在にならなくてはならない。
    幸せそうに見える人は、概して自分から空気を変えようとする力を持っている。
    自分の人生なのだから、不満ばかり言ってても何も始まらない。
    自分から何かを創出せねば。

    最終的に自分の気持ちが人生を創り出すということを、改めて考えさせてくれた本。

    その他にも学んだ点、多数。

  • 母のおすすめ。

    男はウルトラマン思考で女はシンデレラシンドローム
    っていう男女の違いの話
    別に結婚するわけじゃないんだからね!
    てかこのタイトルやめてほしい

    本屋で注文するとき相当恥ずかしかった
    ち、ちがうんです!
    なんかこの本いいって聞いたから読みたかったのに
    図書館になかったんです!
    そんなケコーンしたくてたまらんわけやないんです!
    できたらしたいけど、まだ無理なのはわかってるの!

    みたいな。
    ふはは。
    逃げないで、頑張る。
    せっかくの縁を切らないように頑張るおれ。

  • 相方に勧められて読んでみました。

    『話を聞かない男、地図が読めない女』と違って、本当にわかりやすいです。

    しかも、日々意識すべきことまで書かれており、実践しやすいです。


    お互いに、この本を読んで、フィードバックしあってから、確実に関係がよくなりました♪

    オススメです♪




    以下、メモ。

    ________________________________________

    相手は自分とは違う存在であると言うこと。
    実はそこにこそ全ての問題がある。
    女性と男性は、実は根本的に全く違う生き物である、というこの真実を知ることこそ、幸せな結婚生活への第一歩。


    具体的にあらわれる典型的な6つの違い
    ?男は「裁判官」、女は「体温計」
    ?男は目標達成思考、女は同情と感情を共有したい
    ?男は客観的、女はパーソナル
    ?男の頭はコンパートメント、女にとってはすべてが流れる川のごとく
    ?男は環境と自分を区別する、女は環境が自分の一部になる
    ?男は一般化したがり、女は詳細を知りたがる


    男と女は、コレだけ違うからこそ、尊敬に値する。


    女性にとってコミュニケーションとは、「一緒にいること」


    男は「ウルトラマン思考」、女は「シンデレラシンドローム」

    男性は基本的に、常に相手からの賞賛を求めている。
    賞賛こそがウルトラマンのビタミン。
    ウルトラマン思考の本質は「プライド」

    ほとんどの女性は、実際は答えを求めるよりも、感情表現を受け止めて欲しいと思っている。

    男性は、「光の国」、つまり「自分が誰からも侵略されずに、自分のままでいられる場所」を必要としている。

    男性は、先が見えない話にはついていけない。

    女性は男性と違い、「セキュリティ」を求めている。

    女性は、「自分の愛する皇子様から、誰よりも一番愛されている」と感じていなければならない。

    結婚と言うのは女性にとって、自分の生涯を掛けた「安心」へのステップ

    女性の安全基準は、一度上がったら二度と下がらない。
    セキュリティの本質、安全基準は、既に到達している点に欠けるところが見えると警鐘を鳴らす仕組みになっている。


    男性諸君!
    帰宅時には1つのことを心がけてください。
    「戦いはあと1時間残っている」
    これこそが、玄関の前で思い出されるべき教訓なのです。
    そうして、もう一度、心を引き締めて玄関の扉を開けましょう。
    そのとき、あなたを待っているのは、怪獣ではなく、あなたの妻であることを感謝する日が必ずやってくるでしょう。
    いざ、行け、我らのウルトラマン!!





    破局への14ステップ
    ?相手に対する尊敬を失う
    ?相手に失望する
    ?怒りが生じる
    ?相手を拒否するようになる
    ?触られるのも嫌になる
    ?夜の生活もなくなる
    ?会話が成り立たなくなる
    ?距離を置きたくなる
    ?感情が薄れる
    ?ばからしく思う
    ?気力がうせる
    ?将来の希望を失う
    ?あきらめる
    ?離婚




    男性が帰宅するときの心得
    ?女性は安心を得るために、『話さなくてはならない存在だ』と心得る。
     『仕事はあと1時間残っている』と言い聞かせてから扉を開ける
    ?軽く体に触れるなどして『ただいま』という
    ?自分から先手を打って「今日はどうだった?」と聞く。



    女性が帰宅する夫を迎える心得
    ?英雄のように夫を迎える。
    ?男性が鎧を脱ぐ20分間は余裕を与える。
    ?お茶を入れるなど、無言のふるまいによって、彼を包み込む。
    ?特別な話があるときは、「今話してもいい?」と聞く。
    ?不安なときこそ、一呼吸




    『父よ、... 続きを読む

  • 男女の違いについて述べている部分で、ここまでひどくない&当てはまらないよ~と思う部分も幾つか有り。自分が気付いてないだけ(笑)?結局すれ違ったときは話し合いが大事。

  • 牧師さんの結婚あるある話。
    男と女は考え方も感じ方も違うけど、違いを理解する事が楽しいと思える様に、思い遣りを持って生活する事が大事。アメリカでは結婚前に2人で婚前カウンセリングもある。

  • 男はウルトラマン 今日はどうだった
    カルフォルニアではプリマタルカウンセリングを受けないと結婚できない→なぜ日本でははやらないのか、はやらせたい。
    →もっと身近に。別に結婚前にこだわらなくても…
     人生最後 男は趣味、女はパートナー。
    バジェッティング 経済感覚の一直線
    結婚生活よりも式の準備をする 性の概念の一致 結婚後、実家でつかっていたもの、もらったものはおかない。 お互いの体はお互いのもので義務をおう。
    一緒にいる、話すのが女性?
    男が加害者のとき、自身に大丈夫だと言い聞かせないといけないため、軽くなる
    ギリシャ語で兄弟愛はフィレオー、無条件はアガペー 。おばさん化の半分は男の責任。 病気の彼女への愛、それはエゴ 2000千年前、父よ彼らを許してください、なにをしているか、わかっていない。 相手を責めずにすむ根拠
    pms月経前緊張症

  • ・男女は根本的に思考が異なる生き物
    ・一緒に暮らして行く中で、必ず価値観の異なる事項が生じる
    ・相手を受け入れることが唯一の解決方法

  • 男=懸命に戦うことのできる範囲だけでのウルトラマン。女=話を聞いてもらいたいだけのシンデレラ、わかりやすい比喩である。なお、著者のツレアイさんのあとがきがとてもイイ。

  • 結局、この人と結婚していいの?の解が出るものではなかった。この人と結婚したけど大丈夫なの?の解にならなり得るかもしれない。

    多すぎる選択肢を前に、バシッと解を与えてくれることを期待して読むと、うーん…という感じ。
    男女の性差と行動の本を既に読んだことがあると、目新しいことはそこまで書かれていないかも。
    或いはパートナーと、2人で読み、これを2人の共通言語としていく、という本にするといいと思う。


    しかし、単語の選び方があまりしっくりこなかった。体温計、ウルトラマン、シンデレラ、など。ウルトラマンって賞賛されないと頑張れないんだっけ?みたいな(笑)(わたしがウルトラマンに対する知識がないだけかもしれないけれど。)

    とは言え、自分は体温計(笑)の側なので、何かあった時にふと読み返して客観的になる為に、手元に残しておきたい。

  • 悩んだ時に読めば、優しい言葉はすんなり入ってきて、良いのかも知れない。しかし、順風満帆な状態で読んでも、なんだか批判的な視座を捨てられぬ嫌な自分の一面に気付くだけ、という感じ。悪びれず、他人に嫌悪感を抱かされるタイプの中身であり、著者近影であり、執筆時いまだ結婚5年目なんて、なんと鉄面皮な、という事なんである。

    人間の行動力が与える影響の強さを改めて感じた。いや、これ以上言うと自分が嫌になりそうだから言わない。

  • 恋愛マニュアルは興味が無かったけれど、恋愛に関する本が読んでみたかったので読んだ。

    「男はウルトラマン」、「女はシンデレラ」、「男性は賞賛を求め、女性は安心を求める」といった言葉で、性差を分かりやすい説明で分析していて自分にも当てはまるところがあるなと実感した。

    良い本だと思ったので読み返してみたい。

  • 既婚者です。夫の態度に?と思った時に読み直します。そして読みなおす度に、そーなのかー。と思います。男女関係は難しく、しかしうまく言った時の楽しさは人生の楽しさを見つけたという気分になります。伴侶とは大変な宝物です。
    その宝物を維持するために、人の気持ちを察するのが下手な私には貴重な教科書です。

  • 男女の違いを分かりやすく書いていて、ナルホド、と思いながら読んだ。
    女性は体温計、男性はウルトラマン。
    夫婦や恋愛関係の深い相手を理解するのにも勿論いいけど、その他の関係性の人たちを理解するのにもわかりやすい。
    うちの母は体温計だった。

  • あとがきに感動したところから入る。
    イスラムの一夫多妻制の妻の本音は、やはり「シンデレラローム」と同じだった。
    すなわち、女性の「私だけを愛して欲しい」と言うのは真理だったのだ。

    今の日本の価値観の象徴とも言える、「夫は浮気をしても暗黙の了解だろう」と言う雰囲気が蔓延しているこの社会には憤りを感じる。
    何故男は良くて女はダメなのか。
    男の浮気を見て見ぬふりをするのが女の器、的な感じになってしまっているのはなんだ。
    論理的に考えるのが男の性だとしたら、何故そこは論理的に考えられないのだろうか。
    色気のある女の人を見て「綺麗だなぁ」と反応してしまう脳の動きみたいなものは多少は仕方ないにしても、そこから「だからそれ以上に発展しても仕方のないことだろう」と考えるのは違う。
    相手の立場になれば分かること。
    絶対悲しむでしょ。
    浮気をした人の考えとして、「心はずっと君(妻)の元だ、君が1番なんだよ」
    と言うのはおかしい。それはただのエゴ。

    いい本だった。
    勉強になった。


    以下、重要な部分を抜粋。

    ・男は論理、結果思考
    女は感情、プロセス思考

    ・PMS
    プリ、メンストロール、シンドローム
    月経前緊張症

    ・男と女ではお金をかける比率が女の方が多い
    化粧品、生理用品、オシャレ用品

    ・結婚とは理想的な結婚相手を求めることではなくて、理想的な人になると言うこと

  • 20歳を越えると結婚の話とかが出るようになる。結婚してもいいなと思える彼氏があらわれる。いいかもなぁと思える。

    でも「若いから」とか、「恋人でいられるうちがいい」とか言われると不安にもなる。というわけで読んだ。

    結論からいうと、あんまり面白くなかった。「男はこういう生き物だから」「女はこういう生き物だから」我慢せよ、と言われて我慢できるかと言われるとそうでもない。

    ただ、カウンセリングに行くのはいいことかもしれない。

  • こんなの読んでしまって迷走してる感はあるけど、すごく納得いってしまった。別に結婚関係なく女の人ってこういう傾向あるよね、男の人ってこういう傾向あるよね、だからお互い歩み寄りたかったらこういうとこ気をつけましょうね、っていう内容。

  • 結婚は人生のひとつの節目である。その結婚のパートナーは本当にこの人でいいのだろうか?そんな不安を持つ人は少なくはないのではないだろうか?夫婦の日常によくある具体的な会話を用いて、男女の考え方や行動の違いを解説している。なんで、男って◯◯なの?女って◯◯なの?と思い、苛立ったことはきっとあるはず。でもその苛立ちは本を読み解決されます。パートナーに対する不安がある人も、その違いを理解できたら少しは考えが変わるかもしれない。そして、ぜひとも人生のパートナーになる相手に読むことを勧めたい一冊です!よりよいパートナー選び、幸せな結婚生活の助けとなるであろう本です。

  • 本書の著者石井希尚氏は、キリスト教会の牧師として、結婚前のカップルに男女の考え方の違いやそれに基づくパートナーシップの構築の仕方についてカウンセリングを行っている方です。

    本書のタイトルは「この人と結婚していいの?」ですが、実は本書は「結婚する前に相手が自分にとってベストの人かよく悩め」ということを勧めている本ではなく、「この人(人生のパートナーと決めた人)と幸せになる」→「ではどうすればいいか」ということを書いています。

    著者の言いたいことは大きく分けて二つ。

    一つは、「男と女ではものの考え方、感じ方が違うので、夫婦はそれを分かったうえでお互いにコミュニケーションを図り、共通の認識、目標・希望を持ち、お互いに歩み寄って問題や擦れ違いを乗り越えて、人生を生きて行こう」ということを勧めています。

    ここでまたいつもの私の好きな歌のフレーズ「♪わーたしにはスタートだったの、あなたにはゴールでも~(『何も言えなくて…夏』byJ-WALK)を歌いたくなりますね(笑)。

    もう一つは、結婚の際に(できれば結婚の前に)、自分のパートナーと、お互いの考え方や価値観を確認しておき、相手を正しく知っておくことが必要だということです。(著者は、結婚を考えていても、ここで相手とのすり合わせができなかったら、結婚にNOということも必要とも言っています)。

    本書は前者の方に圧倒的な比重が置かれており、特に、キリスト教の神は男と女を違うように創り給うたという考え方?に基づいているからか、男女のモノの見方、考え方、感じ方、コミュニケーションの取り方を明確に区別して、それに基づく、主としてコミュニケーション面のアドバイスをしています。

    私は平均値で、又は総体としてみれば、男女の違いもうなづける点もあるのですが、個人差も結構あるよな~と思うので、少なくとも本書においては、置かれている比重こそ小さいですが、後者の点の方が大事かなと思います。

    ただまとめると結局は、「結婚前であれ、結婚後であれ(男女間のものの見方、考え方がどれくらい明確に異なるかはともかく)、お互いにものの見方、考え方、感じ方、価値観などを良く理解し、できれば尊重し、ある程度の違いならば歩み寄って、同じ方向を向いて人生を歩んでいけることが必要だ、という、当たり前のことになるのかもしれませんが。

    いずれにせよ、本書は、これから結婚をする方には、ぜひご一読いただきた本ですね。

  • ツイッターで評判が良かった。男女における日々の生活や、自分や相手に対する考え方が客観的に理解できて、異性と新生活を始めるにあたって肩の力が抜ける感じ。「結婚する前にこれを読んでくれる男性と結婚したらいい」と言ってる人がいて私も賛成。

  • パートナーシップのバイブル。結婚に関係なく恋人関係、家族関係でも理解が深まり無用な争いが減る。知ると知らないでは雲泥の差。是非一読を。

  • 男女間の根本的な考え方の違いと、結婚生活がうまくいくためのコツ。
    プリマリタルカウンセリング。

  • 星五つ
    まるで自分の事が書かれているように感じる一冊
    妻も「すごく面白い!」とのこと
    おすすめ

  • ・ 相手は自分とは違う存在であること。そこにこそ全ての問題がある。
    ・ 男性は左脳を使用しているときは、右脳は休んでいるが、女性は左脳で思考し、同時に右脳で感じるということを容易に行える。
    ・ 「性格の不一致」ではなく、「男と女の根本的な違い」
    ・ 男は「裁判官」。常に事実を発見し、それを表明しなければ気が済まない。また事実発見型で、特別に発表しなければならない大事なことがない限り、取り立てて話す必要性を感じない。
    ・ 女性は「体温計」。自分がその時々「どのように感じているか」という気持ちを非常に大切にしている。
    ・ 男性は目的達成思考、つまりハンター。結婚するまでは獲物をゲットするために惜しみなく努力をするが、結婚してしまうと獲得する努力をしなくなる。これは愛が冷めたのではなく、結婚したことにより、目標が変わってしまったため。男性は往々にして、仕事に身を入れることが家庭を支えることになると知っているからです。
    ・ 女性は感情や同情を分かち合うことをごく自然に求めている。
    ・ 多くの男性にとって、コミュニケーションは自分の伝えたいことを、自分の伝えたい時に、なるべく簡単に省略して結論だけを一方的に伝えることだと考えています。しかし女性にとっては、コミュニケーションこそ生活そのものであると言っても過言ではない。ですから基本的に女性は、いつでもコミュニケーションを図りたいと願っている。コミュニケーションが円滑に機能していることによって、自分の存在が確かであるという安心感を得たいのです。それと同時に、女性は常に愛しいパートナーと「人生を共有している」という実感を必要としている。そうでないと、自分一人が置き去りにされているような不安を感じるのです。これは最も感じてはならない不安で、「自分が大切にされていない」という決定的不安につながってしまいます。
    ・ 男性はウルトラマン。男性は自分の存在が基本的に善であり、正義の味方であると思いこんでいるし、そのような自己意識を持たなければ生きていけないのです。仮に自分が悪くても、決して自分が悪いとは認めたがらない。それどころか、自分が悪くなかったことを力説し、説得しようとさえする。「隣のご主人ね、奥さんの誕生日にグアム旅行に連れて行ってあげたんだって。」と妻が夫に言ったとすると、正義の味方でなければならないと思っている男性にとっては、女性の発言が、「責められている」ように感じられることが多い。
    ・ 特に結婚してからの女性は男性が負っている潜在的なプレッシャーを理解するようにしてあげましょう。男性は、結婚した瞬間から、家庭を治め、安定を維持していかなければならないという社会的責任を無条件で感じるようになります。
    ・ 夫婦の会話でよくあるのは、男性が解決を提示したがるということ。例えば、奥さんが仕事で悩んでいます。「あ〜あ、明日も憂鬱だな」それを聞いた夫は簡単にこう言います。「じゃあ、やめれば!」男性はとにかく答えを出したがります。ほとんどの女性は、実際は答えを求めるよりも、感情表現を受け止めてほしいと思っている場合が多い。だから、問題自体が解決していないにも関わらず、気持ちを吐き出した後は、ケロッと立ち直ってしまうケースがよくみられる。
    ・ 夫がどこにいるのか妻であっても知らない。こんなことはちょくちょくです。妻は本当は知りたいと思っているのですが、夫が何も知らせずに出かけてしまうのです。
    ・ 同じように男性も妻がパニック寸前になるとようやくその様子に気づいて、重い腰を上げるという傾向がある。なぜなら、男性は女性が助けを必要としていることに気づいていないことが圧倒的に多いからです。
    ・ 男性にとって、家は休むところ。本質的にウルトラマンは我が家を自分の光の国にしたいと願っています。何をやっても文句を言われず、勝手気... 続きを読む

  • 「男は、ウルトラマン」。「女は、シンデレラ」が、共感できた。
    「男は、強くなければいけない。正義の味方なんだ」って思ってる。

全95件中 1 - 25件を表示

この人と結婚していいの? (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この人と結婚していいの? (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この人と結婚していいの? (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

この人と結婚していいの? (新潮文庫)の作品紹介

男はウルトラマン、女はシンデレラ-結婚カウンセラーとして数多くのカップルの問題を解決してきた著者が、男女の思考・行動の違いを、ユーモラスにわかりやすく解説!「結婚したら夫が急に無口に…」「突然怒ったり泣いたりする彼女が理解できない」「性生活が不一致で…」など、心当たりはありませんか?結婚前は勿論、倦怠期、破局寸前の夫婦にも効き目抜群の"愛の処方箋"。

この人と結婚していいの? (新潮文庫)のKindle版

この人と結婚していいの? (新潮文庫)の単行本

ツイートする