不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)

  • 108人登録
  • 3.20評価
    • (4)
    • (8)
    • (22)
    • (6)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 亀山早苗
  • 新潮社 (2006年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101294513

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。最後の章の「恋に幕が下りるとき」は、しんどかった。その章まで、不倫する男の苦悩がわかった。わからんでもない。でもされた方の苦悩は想像して欲しい。

  • 結婚してからも恋愛する男たちの、インタビュー集なのだが、それらがうまく繋いであって、著者の思惑通り、男たちが苦悩している様を、きれいに描写してくれています。
    私はまだまだ、こんなオトナの恋はできないな、まだまだ未熟だな、と感じました。

  • 衝撃を受けた一冊。
    男としての意見を言えば、非常に辛く知られたくない一面を垣間見、見られたような気がした。
    不倫を行った(行っている)男性にインタビュー形式でエピソードを語ってもらう形式の、収録集。短編集とでも言えばいいのだろうか…。
    他人だからこそ、男であっても、そうだ! とか、もっと上手く出来るだろうとか、そうなったら仕方ない、どうしようもない、感情を揺さぶられる話が殆どだった。
    ”結婚をしたからと言って、恋をしないとは限らない”というある種のメッセージ、そしてその例がありありとここには記されている。

  • それでも人は愛することをやめられない・・

    人それぞれ。
    それに尽きる。

    好きになった人にたまたま家庭があっただけ、妻がいただけ。
    そう割り切れたらどんなにラクか。

    男はズルイ
    結論を出さないから。
    でも、たいてい不倫なんてもともと結論なんてあるわけじゃないから
    求めるほうが間違っているのかも。

    なんだかいろいろ考えさせられて、若干切ない気分。

  • 男女を問わず、魅力的な人間というのは、理性と感情がともに豊かで、その表現方法のバランスがとれている人だと思う…なるほどー。不倫と言っても色々あるんですね。形はどうであれ真剣に向き合った恋は無駄にはならない…と信じたい。リアルな不倫の実態が語られていて面白かったが、こんな苦しい恋?がすぐ側に転がっているのかもしれないのなら、ますます他人の見えている部分だけでその人は判断は出来ないと思った。

  • 重いけれども、まともな恋愛に関する本を読んだと思う。

    それにしても、男って不器用なものだな。
    いい意味ではなくて、悪い意味で。

    「もうちょっとなんとかならんものか」と思うけど、ならないんだろうね。

    片方に、必要以上に記号化した性があり(ヤるとかって言い方からしてそうだ)、
    片方で、幼児のように馴致されていない愛がある。
    たしかに男はuncivilizedだ。そうあれかしと生きてきたんだから、しょうがないな。

  • 意図的か否かは別として、不倫の恋をするはめになった男性の実例をあげながら、筆者が解説している本。 


    「恋は善悪で図りきれない」というのが、大前提なので、それに対する異論は抜きとして読まないと、イライラするように感じた。現に私もそういう主張に対して思うところがあり、釈然としない気持ちを抱えながら読み進めた。

    ただ、読んでなるほどなぁと思ったのは、「不倫をする男は嫉妬深い」ということと「男性は感情の整理が苦手」ということ。
    別れ際をキレイにするための嘘の吐き方、出会いの必然性に関しても丁寧に書かれていたところも参考になった。私には不倫をするつもりなんて毛頭ないのだが。

    知人の話を聞く限り、不倫って案外一般的にあることらしく、一生縁なく過ごすことは難しいと思う。だから、その参考にと、いろいろ読んでいるのだが、そういう類の本の中でも割と興味深く読むことができた。

  • 夫婦で同じ会社勤め

    旦那が浮気

    妻「同じ会社にはいられないので私、辞めます」

    上司「いや困るよキミこの前新しいプロジェクトを成功させたばっかりだし有能だし」

    妻「じゃあ、旦那を辞めさせてください。」

    なに?このクールさは。スピードワゴンじゃない。死ぬ前に一度やってみてぇ。
    そして旦那は会社をクビになり、その後元・愛人、現・第二妻の実家でお世話になりましたとさ。ああっ、こんな大人カッコ悪い!

  • 不倫をしている最中の男性心理を描いた本。
    身勝手な男性の、でもある部分共感させられる本音が詰まっている。
    色々勉強させられた一冊です。

  • 価値感の多様性と、善悪という価値観について考えさせられた本。

    家裁の人の中の話が思い出されて、感動。

全12件中 1 - 10件を表示

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)の作品紹介

浮気じゃない。セックスフレンドでもない。それは「不倫」という名の「本気の恋」-妻子がいるのに運命の女性に出会ってしまった人。夫ある相手と逢瀬を続ける独身者。ダブル不倫の苦悩から抜けられない人もいる。真剣に愛することの歓びを知りつつも、彼らの胸の奥には深い惑いと哀しみが去来する。その様々な恋の行方を追い、「恋する男たち」の心を探った告白ドキュメント。

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)の単行本

ツイートする