めぐらし屋 (新潮文庫)

  • 332人登録
  • 3.64評価
    • (18)
    • (37)
    • (44)
    • (4)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 堀江敏幸
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101294759

めぐらし屋 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前にも言った気がするが、「天津甘栗」と「天使の蛤」では前半のイントネーションに、少なくとも東京弁では違和感がある。「肌の弱い子のためにへちま水くらい用意しとくべきでしょ」の母と合わせて、カマトト親子にちょっとイラッとする。

  • 堀江は自分自身の文学の技法をめぐらし屋という言葉に仮託しているのだろう。率直で少し暖かいそんな物語であるが、技法が中心なのでドラマにはなりきらない。もう少し読み足りない読者はいるだろうが、堀江としては十分満足しただろう。過不足なく書いたはずだ。

  • はっきりと何かがわかるわけではない。でも、ぼんやりと、蕗子さんのお父さんの姿が見えてきて、そして、蕗子さんの姿も見えてくる。お父さんの抱えていた思いがどんなものなのかは、分からなかったけれど、いろんなものを抱えて、ゆるく細く誰かとつながっていたことが、なんとはなしに、ほっとさせられる。

  •  蕗子さん…、この後どうなっていくのかな…なんとなく今後があやふやに終わってしまった感じが否めなく。最近、続きが気になってもやっとしてしまう小説ばかりに当たる気がします。そういう小説が増えたのかな。

  • 「物」に託して「心情」を語るのがうまい。
    最近いろんな小説を読んでいて思うのだけれど、ハッとさせられる小説には何かしら過剰さがある。もう少しで狂気に触れる瞬間というか。堀江敏幸の場合は、心理でも風景でも言葉そのものへの執着でもなく、「物」の執拗な描写に尽きると思う。

  • 蕗子さんの亡くなった父の遺品の中からでてきたのは“めぐらし屋”と書かれたノート。

    蕗子さんが父を思い出すとき、それは自然と自分の日々の何気ないことを想起すること。
    そうやって物語は綴られる。
    日々の何気ないことの積み重ねで。

    堀江さんのお話はそういう物語。
    ただただ優しく愛おしい。

  • 人物とそれに付随するさまざまな描写に惚れ惚れ。なにげにいろいろなことをしらないとこういう描写はできないなではないか?とおもった。それが小説家というものか。

    あいかわらずのやわらかい語り口。人物は「さん」付け。短編と違って長編なのでストーリーを引っ張るというか進めるというか、そういう意味での謎仕立てにもなっているけれど、とはいえストーリーを描くのではなく、人物の細部を積み重ねていくことでストーリーとなっていくスタイルは変わらない。

    あそこで終わるとは。ちょっと唐突というか、でもそういうの好きだしな。また時間を置いて読み返そう。そういう小説な気がする。

    解説で高野文子に触れてて、おお!と思った。るきさんなんだよな、俺のイメージだと。なんとなく飄々としているところなんか。

  • およそベストセラーになどなりそうもないタイトル。そもそも「めぐらし屋」というのが、例えば八百屋、あるいは魚屋などといったように、そのものの属性を現しているのか、それとも屋号なのかも読んでみるまではわからない。本書はおそらく、堀江敏幸の小説を読みたいと思って手にする読者だけを想定しているのだろう。関心のない人は読んでもらわなくていいのだという「いさぎよさ」に立脚しているのだ。しばしの間、蕗子さんとともに、たゆたうような、それでいて確かな実在感のある物語の世界に時を過ごすのは、まさしく小説を読む楽しみなのだ。

  • 疎遠だった父の遺品の整理をしているうちに、
    父が「めぐらし屋」と呼ばれていたことを知る主人公。
    生前、父と関わりがあった人の話を聞きながら、
    めぐらし屋としての父に近づいていく。

    ぼくは「めぐらし屋」という呼称に惹かれました。
    他人のために、至らぬ点がないか、十分に、そして慎重に考える、
    というのが「思いを巡らす」ということだと思います。

    この場合はどうなるか、
    不利益を及ぼさないか、
    本当にこの人のためになるか、など
    考えだすと限りが無くなることもあります。

    それでも人と人との関係のなかで、
    他人のために思いを巡らすことは大切なことだと思います。
    少なくとも身近な人間関係は「思いやり」で成立しているからです。

    自分はお客さんや周囲の人のために思いを巡らせているか、
    そんなことをあらためて考えさせられました。

  • …あまり印象に残らない…この人の輪郭がはっきりしない系の話は俺には合わない。

全42件中 1 - 10件を表示

堀江敏幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

めぐらし屋 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

めぐらし屋 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

めぐらし屋 (新潮文庫)の単行本

ツイートする