イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)

  • 468人登録
  • 4.10評価
    • (79)
    • (53)
    • (56)
    • (2)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 星野道夫
  • 新潮社 (1998年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101295213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
サン=テグジュペ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 七つのエッセイが載っていて、特にエスキモーやインディアンの言語についての話題が印象に残った。
    「雪、たくさんの言葉」では、様々な状態の雪を表す言葉が6個挙げられていて、いかにアラスカでの生活と雪が密接に関わっているかが現れている。
    「わしらは自分たちの暮らしのことを、自分たちの言葉で語りたい。英語では、どうしても気持ちをうまく伝えられん。英語の雪はsnowでも、わしらにはたくさんの雪がある。同じ雪でも、さまざまな雪の言葉を使いたいのだ」(エスキモーの老人)

    また、「ブルーベリーの枝を折ってはいけない」中の、ポトラッチ(亡くなった村の長老の御霊送りの祝宴)でのやりとりも印象に残った。
    「若い者も何か話したらどうだ!」(エルダー)
    「僕はエルダーたちが話すのをじっと聴いていた。自分たちの言葉なのに何もわからない。でもじっと聴いていた。何も理解できないけど、その響きを聴いているだけで気持ちがいい……」(若者)

    響きを聴くだけで気持ちがいいと言う若者の言葉には少し救われる気もしたけど、言語が失われていくということは悲しいことだと改めて思った。「自分たちの言葉なのに何もわからない」って悲しすぎる。
    歴史や文化、伝統が断絶してしまうわけで、民族のプライドやアイデンティティに深く関わる事柄だと思う。

    建国の歴史がそもそも原住民の駆逐であるアメリカにとっては、ある意味当たり前のことなのかもしれないけど、こういうことを考えると「アメリカが一番!」みたいな発想には眉をひそめたくなる。

    アメリカの悪口を言いたいわけじゃなくって、一番思ったのは日本語や地元の方言を大事にしたい!ということです。
    最近はともすれば日本語そっちのけでひたすら英語教育となりかねない風潮なのが気になります。

    いつも思うけど、星野道夫さんの文章はいい。「言葉を紡ぐ」という表現がぴったりくる。

  • この本には忘れた感覚が残されている。良き本に巡り合った。

  • 写真家でありながらこの格調高く想像を書きたてる文章。文字を弄するのではなく、どっしりと根を持った本物の男の文章という感じです。それでいて読んだ感触はそこらの文筆業の方々の技量を大きく引き離しています。つくづく惜しい人を亡くしました。

  • アラスカの人々のスピリットにふれた星野さんのこころ。

  • 壮大な写真が撮れて、文章が上手くて、生き方に魅力がある方の本です。写真、文章、生き方の3つが揃っている作家は、他に いないと思う

  • 遥かアラスカという大地で、そこに生きる大自然と人びとについてのエッセイ。

    いつ読んでも星野さんの文章には癒され、勇気づけられ、圧倒させられる。

    たぶんそれは星野さんを通してアラスカから送られるメッセージのようなもの。

  • 素晴らしかった。
    彼の写真は多くを語るのだろうが、文章は深さを感じるものだった。本当に素晴らしいと思った。
    素晴らしいバランス感覚の持ち主。
    彼の最期はあのようだったことが悔しい気持ちも生むが(多少調べた)、人と獣の世界を行き来した写真家として、もしかしたら避けられない運命だったのかもしれない…とチラリと考えた。

  • 3度目か4度目くらいの読み直し。大学のレポートで星野さんをとりあげたので、改めて読んでみた。日本に居た頃に読んだ時と比べて、アラスカに7、8年住んでから読んだ今とは、当たり前だけど内容に対して、ひとつひとつ実感できる。

  • 言葉が、とぎすまされている。
    シャッターでとらえるような、確実な言葉の運び。
    曖昧さをなくしている。
     
    ボクはアラスカの冬が好きだ。
    生き物たちは、ただ次の春まで存在しつづけるため、
    ひたむきな生の営みをみせてくれる。
    それは自分自身の生物としての生命を振り返らせ、
    生きていることの不思議さ、脆さを語りかけてくる。
    自然と自分との壁が消え、
    一羽の小鳥に元気づけられるのはおかしなことだろうか。

    雪の言葉
    アニュイ 降りしきる雪
    アピ   地面に積もった雪
    クウェリ 木の枝に積もる雪
    ブカック 雪崩をひきおこす雪
    スィクォクトアック 一度溶けて再凍結した雪
    ウプスィック 風にかためられた雪

    森の木こりよ その木だけは残しなさい
    一本の枝にも触れてはなりません
    子供だったころ、その木は私を守ってくれた。
    だからいま、私が守らなければならない。
    ガダシャン 無人小屋

  • すっと心に入ってくる素敵な自然描写がたっぷり。

    「アラスカという土地は、来る者を拒まないかわりに、自然がその代償を求めてゆく。」
    「暮らしてゆくスペースはほんの少しでいいんだからね。でも、どこかにその広大な自然がある。使うことがなくても、意識の中で自然の広がりを想像することができる。きっと、そのことが大切なのかもしれない。
    「(人生とは、何かを計画している時点で起きてしまう別の出来事のこと)」

  • やっぱアラスカいきたい

  • 小さい頃、絵本で見た外国の広大な雪景色が頭に浮かびました。
    「命」というものが生まれ、成長し、滅びる。
    アラスカも行きたい。

  • 最高です。旅に出るときは絶対持っていく一冊。

  • 星野道夫。
    ある旅人が一冊だけ肌身離さず持ち歩いている本がある、と聞いた。
    世界を自転車で回る旅人。
    読書家であり、年間何百冊読むという彼が一冊だけ持ち歩き、
    何度も読み返している本。

    それが星野道夫の作品だそうだ。


    読んでみて分かったことが二つある。

    彼は自然と共に生きている。
    彼は自然が好きだというよりも、
    もう一体となっているという印象を受けた。
    山火事は、悪いものではなく、一方で豊かな土壌を作ることに役立つことであるとか、雪崩を引き起こす柔らかい雪は、小動物が冬を越すための移動経路を確保している、といった視点から彼は、自然と共に生きていることを表わしているように思えた。

    彼の感受性は、素晴らしく鋭い。
    何気ない一こまをどう切り取るか、それが人の感受性を図る物差しであるように思える。
    何気ないものにも命が宿り、物語があり、ロマンがある。彼の文章を読んでいると、シンプルだけど忘れがちなことに気づかされる。


    「ストーブの炎を見つめていると、木の燃焼は不思議だなと思う。二酸化炭素、水を大気に放出し、熱とほんのわずかな灰を残しながら、長い時を生きた木はいったいどこへ行ってしまうのか」
    そして彼は、人間の生と死の神秘まで思いを巡らせるのだ。


    アメリカの老人兵のキャンバスの話は、非常に共感する部分があった。

  • 星野道夫さんの本の中で1番好きです。
    彼の写真は、とてもカッコイイですが
    何よりも1つ1つの紡ぎ出される言葉たちが
    とーってもキレイ!
    彼の「イニュニック、生命」観を感じられる作品だし
    これを読んで私自身や私の周りの人の「イニュニック、生命」を考える機会を与えてくれました。

    This book is the best one, written by Michio.
    All of his pictures move our hearts and his Japanese words and phrases are so beatiful.
    This book brings us some question, what the life is, so when you read this book, you will think about what the life is. That experience will not be futility.

  • 教科書に載ってたよね

  • ノーザンライツとともに、アラスカにいたときにずっと読んでいた本です。

    「ブルーベリーの枝をおってはいけない」という話が大好きでした。

    とてもよい本です

  • 教育実習を迎えるにあたり、星野道夫に対する知識を得たかったので購入。
    僕はこれまで海外に行ったことはないが、この本を読んで北極圏への憧れが沸々とわきあがってきた。生きているうちに直接この目でオーロラを見てみたい。
    柳田邦男の解説も星野道夫を考える上での参考になってとてもよかった。

  • 星野さんの著書を立て続けに読んでいますが、いいですね。引き込まれます。「魂」を感じるというのでしょうか、ふっと心が洗われれる、そんな感じがします。

  • 私もアラスカ大好きです。イニュニックの雪を表す単語の多彩さが印象に残りました。日本語の雨の表現と同じですね。
    星野さん、変なハナシですが、襲ったのが氏が愛したアラスカの熊でなかったのが、なんだか慰めです。。。

  • Life is what happens to you while you are making other plans.(人生とは、何かを計画しているとき起きてしまう別の出来事のこと)。私たちは日々を生きることに精いっぱいで大切なことを忘れているのかもしれない。目の前の雑事にとらわれすぎて、自分が過去から連綿と繋がる流れの一部だということを忘れがちだ。もがくばかりでなく大きな流れに身を投じて身を任せることも大事なのだろう。星野さんはアラスカという地で多くの人々、動物たちを通して時間の流れの尊さを感じ取っている。鮮やかな文章と写真に心を奪われる一冊。大好きです。

  • 上海で友人から借りて読む。
    著者のことは初めて知ったが、自然を愛し、写し、書き続けた様子が美しい。最後はその自然の一部になるようななくなり方をされたところも、圧巻。

    著者がアラスカに家を建てたいきさつ、北の地で出会った人たちなど、胸がじいんとなるストーリーがたくさん。
    都会で迷子になっているときには手に取る細やかさもわかないかもしれないけど、ほんとうはそういう時に読みたい一冊。旅先にいるときと同じくらいの心の繊細さを保ちたい。

  • 星野さんがとる写真も大好きだけど
    星野さんの描く文章も大好きです
    大切に編んでいく感じ とても優しい言葉達

    星野さんを囲むアラスカの自然 動物 
    あたたかい人たちに
    読んでるとほっとする 

    Life is what happens to you while you are making other plans

全43件中 1 - 25件を表示

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)に関連する談話室の質問

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)はこんな本です

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫)の単行本

ツイートする