ノーザンライツ (新潮文庫)

  • 552人登録
  • 4.11評価
    • (91)
    • (66)
    • (63)
    • (2)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 星野道夫
  • 新潮社 (2000年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101295220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
サン=テグジュペ...
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印

ノーザンライツ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大自然を賛美し守るようなことが書かれているのかなと思っていたが、それは余りにも浅はかだった。アラスカでの核実験計画プロジェクト・チェリオットの話には興奮した。ただやみくも今のアラスカを守るのではなく、アラスカや人々の変化は当然で必要でありそれに対応していくことが重要という立場は非常に冷静で、しかしアラスカに対する情熱は人一倍であるのが伝わってくる。

  • 今回で、星野道夫氏の著作は8冊目ぐらいだが、今までで圧倒的に面白かった。いや、どれも星野道夫氏の著作は面白いのだが、この著作では、アラスカの激動の歴史が、その時代を生きた人々からの経験や言葉から語られ、それらの人と年齢が大きく離れているにも関わらず星野が実際に深い友情で結ばれていること!が物語を面白くしている。こんなにも、アラスカという場所が、魅力的であることを今まで知らなかった。いつか、自分にとって人生で大事な旅の時に、アラスカを訪れてみたいと思う。

    星野氏ほど、写真としての表現力、人を惹きつけるこの文章力の2つの両方が、これほど卓越している人はいないのではないか。。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“あの人が買う本”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/04.html


    女優の田中律子さんが手に取ったのは、「ノーザンライツ」(星野道夫)

    「星野さんって大好きだったんです。カメラマンさんなんですけど、行ったことないのに、涙が出る感じなの。」


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 去年、六本木のキャノン写真展であった写真がちりばめられ、書かれていた。この本を読んでから写真展へ行く、というのもありだったかな、と。

    それにしてもこの本は、自分が「アラスカ行ってみたい」とは思っているのだが、そういう軽い気持ちで数日間いるのではもったいないな、と思わせる。

  • 自然写真家の星野道夫氏による、アラスカの生活や文化に関するエッセイ。
    「旅をする木」が有名が星野氏は、90年代に仕事中にヒグマに襲われて亡くなっている。
    日本人によるアラスカ本はあまりないので、人類学的には貴重なのではないか。中でも、原住民のエスキモーたちの、伝統的な生活様式について詳しく書かれている。年中、カリブーと呼ばれる大型のシカのような動物の狩りをして、自然のなかで暮らしているようだ。アラスカには壮大なマッキンリーもある。アメリカ政府が、アラスカに原子力研究所を作ろうとしたり、土地の所有権を西洋的に決めようとするたびに、原住民たちは自分たちの意見を表明してきた。
    著者は大学卒業後アラスカに移り住み、そこで十数年現地の人に交じって暮らした。民族意識が強い地域に、よく受け入れられたと思う。
    アラスカのことはあまり知らなかったので、現地のいろいろな人生の話をへぇ~と思いながら読んだ。インディアン文化に興味がある人には面白いはず。

  • なぜこんなにも、星野道夫に魅かれるのか、わかった気がする。

    もちろん、アラスカという地に魅かれているのも事実。でも、たぶん、自分は星野道夫の視点とアラスカを知るための姿勢に魅かれていたのだろう。

    星野も知らないアラスカがたどってきた歴史を、その当時を生きてきた人たちから話をうかがう。オーラルアーカイブやオーラルヒストリーをこんなにも自然にこなしているのだ。それが、今の自分のやりたいことと重なり、魅かれているのだ。

    よく星野の言葉で表現される、「間に合った」「間に合わない」ことがどれほど貴重なものか。自分が一歩を踏み出さない限り、「間に合わない」ことがどんどん増えていく。

  • この歳にもなってまだ、生きている意味ってなんだろう、などと考えたりする。
    意味などない、ということは知っている。

    北へ旅するムースの群れだとか、
    季節ごとに巡ってくる鯨たちだとか、
    年ごとに変わる氷河の風景だとか、
    そういうものと同じ。

    でも、「暮らし」には意味がある。
    その意味を守ろうとする尊い意志がある。

  • マニアック。いまいち入り込めなかったのは、淡泊な文章のせいか。

  • 旅をする木の本の内容をもっと深く書いた話で写真も満載。山岳パイロットのドン・シェルドンの姿やグッチンインディアンの人達、トーテム・ポールの木など、旅をする木では言葉で表現してた話が写真でも見られる本書。

  • アラスカ行きたい。アラスカの百年を生きた人びとのストーリー。星野道夫は最後、ノンフィクションライターとしても一流の域に。

  • 星野道夫さんの2冊目。
    最初に読んだ、「アラスカ、風のような物語」同様、内容はアラスカのこと。
    ジニーとシリアという、二人の元パイロット達との交流を中心に描かれている。
    半世紀以上前に、アメリカにはパイロット志願の女性達がたくさんいたこと、実際にパイロットになり、命をかけて空を飛んでいたことなど、それだけでも信じられない思いだったが、その中の二人が、アラスカという大地に根ざし、様々な活動を生涯をかけておこなってきたという事実にはただただ感服するばかり。
    二人の写真も掲載されているが、本当に素敵だ。
    最終章では星野さんが、ジニー、シリアと一緒に川を旅するのだが、最後は涙無しには読めなかった。

  • 星野さんが生きたアラスカで出会った人々が歩んだ道。

    それは大自然の中、カリブーやサーモン、クジラなどの恵みの中で暮らし、その自然を守ろうとした人々の歴史。

    どんなに厳しい環境であれ彼らはこの場所で生きているしこれからもきっと生き続ける。

    ノーザンライツ―北極光とは“オーロラ”のことだそう。

  • いつもバイブルにしてます。星野さんの本。

  • 自然を愛し、自然に命を落とした偉大な写真家の思い出に。

  • 沖縄人はどこからきたのか?というテーマをもって、本を選び読んでいると数万年前からモンゴロイドのたどった道を調べるようになった。

    そんななかに、星野道夫の存在を知った。
    そして、「ノーザンライツ」を手に取っ た。

    「ちょっと待ってくれ。おれたちの想いは、あなた達の考えている自然保護とは少し違 うんだ。
    おれたちは季節とともに通りすぎていくカリブーを殺し、カリブーとともに生 きている。
    自然はみて楽しむものではなく、おれたちの存在そのものなんだ。」グッ ティンインディアン

    このグッティンインディアンの言葉は、
    今の自然保護というものの視点を大幅に変えてしまう。
    そこまで、私たちの生活は、自然の中にないことを知る。
    どうも、自然の外に、自分の生活がある。
    星野道夫が、アラスカにあこがれた。

    人間は、自分だけだけど、自分さえもその自然の一部として 存在している。
    星野道夫の本を読みながら、自分の中にあった何か忘れている
    人間のかすかな本能がよみがえった感じがした。
    寒い国というより、凍った国での生命の営み。

    そこには、自然を守ろうとする人たちの思いがあり、
    それを星野道夫が淡々と書いていることに興味がもてました。
    今まで思いも寄りませんでしたが、アラスカに行ってみたい気分になりました。

    これまでは、どちらかといえば、あたたかい国に行くことばかり考えていました。
    しかし、今回の星野道夫の本を読んで、とりあえず、アラスカのフェアバンクスにいってみたいと思いました。
    詐欺師がつくった町というのに、興味がもてました。

    アメリカ大陸の北の果て、ポイントホープにもいってみたいな。
    「フロンティアというのはね、2つの種類の人間を魅きつけるところなの。
    新天地を求 めて、
    2種類の人間とは、実に魅力的な人々と、悪人たち
    両方とも、生まれ 育った世界に溶けこめず、
    何かから逃げてきた人間たちだからね。」

    ジニーがいったのか、シリアがいったのかわかりませんが、
    しかしこの言葉はおもしろいと思いました。

    フェアバンクスの町は、詐欺師バーネットがつくった町だった。

    「フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子をつたうようにいつもまっすぐ降りて くる。
    雪の世界の美しさは、地上のあらゆるものを白いベールで包み込む不思議さかも しれない。
    人の一生の中で、歳月もまた雪のように降り積もり、辛い記憶をうっすらと 覆いながら、
    過ぎ去った昔を懐かしさへと美しく浄化させてゆく。」

    この表現が、フェアバンクスという町を魅力的にしています。

  • 2012年は星野道夫の本を読もうという目標を掲げ、本作で今年5作目。

    他のエッセイ集は星野道夫自身の体験したことが中心だが、この作品ではアラスカに生きる人々の人生が多く取り上げられている。他の著作を読んだ後だったので、見覚えのある名前ばっかり出てきて、スピンオフ的に楽しめた。

    アラスカ核実験場化計画プロジェクト・チェリオットや原住民土地請求運動など、ここ数十年の間にアラスカに起こった出来事については、他の本では取り上げてないし、全然知らなかった。

    プロジェクト・チェリオットの反対運動でも重要な役割を果たしたビル・プルーイットが記した“Animals of the North”の第一章は「旅をする木」で始まる。『旅をする木』(文春文庫)は星野道夫を知るきっかけになった本で、お気に入りの本だけど、あらためて語源のエピソードに触れられて良かった。万物流転や諸行無常がイメージされた。

    「人はいつも、それぞれの光を探し求める、長い旅の途上なのだ。」(P.276)
    「あらゆる生命が、ゆっくりと生まれ変わりながら、終わりのない旅をしている。」(P.288)

    たくさん写真が載っていたけど、エスキモーやインディアンの人たちの顔を見ると本当に日本にもいそうな顔をしている。自分たちや彼らがモンゴロイド(この言葉に差別的な意味が含まれているということも全然知らなかった)なんだなということを再確認させられた。また、彼らの自然観やシャーマニズムはやはり日本古来のものと近そう。最近は人間中心、経済中心の価値観が強力になるばっかりだけど、だからこそこうした別の価値観に触れられるのは読書のありがたさだな。
    それにしても、もう星野道夫氏がいないというのは残念でならない。

    2012年が終わっちゃう!と思い慌てて読んでしまったのがもったいない。もうちょっとじっくり味わいたかったな。

  • 旅をする木のほうがおもしろかったかな。
    目をつぶると風景が映るような文章ですごくきれいだった。

  •  写真もいいけど、実章は文のほうが好きかも知れない。
     この人の別の本だったかもしれないが
      直に自分の周りになくても、
      地球上のどこかにその自然が残されているのだと思うと
      豊かな気持ちになる、
     というようなことを(たぶん)書いてあって、
     何かひどく納得するなあ、と思った。

  • アラスカという、ひとつの、とても美しい、しかし急激な時代の流れに飲まれながらも抗い生きる、土地と人々の物語。

    ここに描かれるアラスカの人々は、ある意味で悲劇的である。近代化の時代の流れの中で辺境、マイノリティとしての位置に立たされながら、変化への対応と伝統との葛藤に苦しみながら、なんとか自己を守ろうとしている。

    しかし、ここで著者が出会い讃えているのは、単純な過去への感傷やノスタルジアや反近代思想に溺れることなく、日々の生活の中で、時にそれを受け入れながら、自らのアイデンティティと向き合っていく、とても楽観的で力強い生き方をしている人々だ。

    受け売りの思想に頼るのでなく、巨大な絵画のような時代風景に没入するのでもなく、あくまで等身大に時代と向き合う、たくましい人々だ。

    彼はきっとそんな人々に共感し、我々日本人もそのような精神的試練に立ち向かうべきときが来る、と言いたかったのではないか。

  • 星野道夫さんの遺作。
    アラスカの近代史もその土地に住む人々の目線でストーリーになっているのと、変化する時代や自然環境を脅かされていることへの星野さんの目線がアラスカへの愛情あふれていて素敵。

  • イニュニックとともに、アラスカにいたときにずっと読んでいた本です。

    カラー写真がたくさんあります。

    とても良い本です

  • この本を読んで星野道夫さんを知りました。
    読んでいて、広いアラスカの景色にぐんぐん近づいていくようで、生きているうちにオーロラを見てみたいと思いました。

  • 浅上さん所有
    →11/07/30 浦野レンタル →11/10/29 返却
    →11/10/29 西村さんレンタル →13/04/19 返却(浦野預り)

  • アラスカ、フェアバンクスの美しい大自然の物語。新しくて古い物語。『フェアバンクスの町もわ何もない原野に一人の詐欺師が現れたところから始まったのだ』という序章の文章はとてもいい。

    このノーザンライツではフェアバンクスが核実験場化計画によりエスキモーや神話が息づいている時代から近代の波に晒される中で、人々が何を感じているかを描いている。
    運動のリーダーだったシリアは言う『時代はいつも動き続けていて、人間はいつも、その時代、時代にずっと問われ続けながら、何かの選択をしてゆかなけらばならないのだから』。

    最後は新しい時代の担いてに託して物語は終えている。

    オーロラ、数十万頭に及ぶカリブーの群れ、トーテムポールや墓守…
    どれも美しく、一つの所作や秘められた物語にこころをつかまれる。
    そして人が人である営みがそこにはあった。

    人の豊かさとはなんだろう?そう思わされた。

全51件中 1 - 25件を表示

ノーザンライツ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ノーザンライツ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノーザンライツ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ノーザンライツ (新潮文庫)の単行本

ツイートする