天国はまだ遠く (新潮文庫)

  • 4217人登録
  • 3.64評価
    • (353)
    • (683)
    • (855)
    • (93)
    • (7)
  • 653レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 新潮社 (2006年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101297712

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天国はまだ遠く (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 仕事のストレスで体を壊し、
    死ぬことにした
    23歳の山田千鶴。

    山奥にある小さな民宿で自殺を図るが
    なぜか失敗に終わる。

    田舎町での毎日の中、
    自然のリズムが目覚め、
    いつしか千鶴は
    生きる気力を取り戻していく…。



    ふんわりと
    溶けるように柔らかい卵焼き。

    生臭くなくみずみずしい
    アジの干物の朝食。

    冷めてもおいしい
    おにぎりやサンドイッチ。

    味が濃厚で甘い、
    取れたてのお米で炊いたご飯。

    しっとりと美味しい
    沖ぎすの煮付け。

    塩を振って焼き、
    柚子を絞って食べる
    新鮮な鶏肉。

    噛むたびに匂いが広がる
    打ちたての蕎麦。

    恋人と食べた
    和菓子屋のみたらし団子。


    瀬尾さんの小説には欠かせない、
    沢山の食事シーンが教えてくれること。


    食事をすると、
    自分が生きていることが分かる。

    思い出も
    美味しく食べたものの記憶は
    何年経っても強烈に覚えている。


    食べることは
    すなわち生きることで、
    本来人間は
    食べることによって
    ストレスに耐えうる心と体を作ってきた。


    「食」は、人間にとって
    本当に大切な行為なんだなって、
    瀬尾さんの小説を読むと
    あらためて思い知らされます。



    耳さえ澄ませば
    いろんな自然の音が聞こえ、
    ゆったりとした時間が流れる田舎町で、

    優しい人々と触れ合い
    美味しいものを食べ、

    初めて釣りをし、

    満天の星空の中、
    吉幾三の雪國を大声で歌い、

    何度もカルチャーショックを受けて、
    次第に心癒やされていく千鶴。


    自分自身、
    旅をして暮らしてきたのでよく分かるけど、
    自分の居場所が
    ここにないことに気づく瞬間は、
    本当に切なくて悲しい。

    華やいだ季節も
    いつかは終わる。

    人は自分の足で
    歩き出さなきゃならない時が
    必ず来る。


    だからこそ
    人にはとどめたい思いがあって、

    人は忘れていく
    生き物だからこそ、
    忘れたくない思いがあるんだと思います(^_^)


    幸せって、
    起こっている出来事によって決まるわけではなく、
    受け取る側がその出来事を
    どう捉えるかの問題です。

    自分の欲望を知るには、
    人と出会う旅に出なくてはならないし、
    一度はあたたかい場所から
    飛び出さなきゃならない。


    「救世主」なんて
    どこにもいない。

    自分を助けられるのは、
    自分しかいないのだということを
    この小説を読むたびに思い知るのです。

  • 人生に疲れた千鶴は自殺をしようと旅に出る。
    辿り着いた先、民宿たむらで彼女はしばらく生活する事に。
    たくさんの自然、美味しい食事、そしていつもそばにいてくれた田村さん。
    彼女はそこで暮らし心地よさと迷いを感じていく。
    大雑把な田村さんの心は大きかった。
    ずっと千鶴の背中を押してあげていたのだろうな。
    絵を描く事で答えを見つけた千鶴。もう大丈夫!

    誰でも自分に自信をなくす時がある。
    そんな時は民宿たむらへ。
    「まあ、おいで」って田村さんがいつもと違う世界へ導いてくれる。
    そして、自分が思うほど自分はダメじゃないことに気づけるかも。

    最初は「男」だった書き方が「田村さん」になって、瀬尾さんうまいなと思った。
    千鶴の心の変化がわかると共に物語が暖かくなった。

    星がひとつ減ったのは、田村さんが飲酒運転をしていた事。
    法律云々でなく、両親を交通事故で亡くした田村さんならそんな事しないと思う。
    いくら辺鄙で不便だとしてもよくないと思った。

  • この作者のやわらかさが好きだったんだけれど、本作に関してはそのやわらかさが裏目に出たような気が。

    ひとことでまとめると、「打たれ弱いスイーツ(笑)女子が田舎で素朴さに触れて立ち直る物語」。
    物語の波形が、あまりにも揺れなさすぎる印象。
    これが心に沁みるとしたら、よほど世間を知らない人か、そうでなければ死にそうな人だ。

    自殺を決めて、「北へ行こう」「奥へ行こう」「端へ行こう」とする主人公。北はまだわかる。奥ってなんだ。端ってどこだ。
    しかも主人公ったら、電車で行って、降りた駅でタクシーを拾い、運転手さんにそのまま言っちゃう。「端に行ってください」「北へ向かってください」「奥に行きたいんです」
    「そやから北ってどこやねん」と返す運転手さんに激しく同意。

    でも、確かにこれは、ものすごくものすごく疲れている人には救いになるのかもしれない。
    レビューを書くためにぱらぱらとページをめくって今、そう思った。

    「あ、パン屋さんがある」
    「私、歯ブラシはブラシが小さいのじゃないと吐きそうになっちゃうんです」
    一度は自殺を決意した人間が、あんたそんな脳天気な……。
    けれど、そういうものなのかもしれない。逃げることを自分に許してさえしまえば、何もかもから救われるのかもしれない。
    この主人公からはちょっと残念な子のニオイがするけれど、本当に自殺を考えてしまうような人も、「ひょっとしたら案外自分もそんなものなのかも」と思ってくれたらいい。

    針が激しく振れない物語というのは、誰も傷つけない物語でもあるのかな、と思った。

  • 前略 新刊のお知らせは削除しました(笑)

    本題に戻ると、この「天国はまだ遠く」。
    自殺を決意した若いOLが、誰も知らない何処か遠くの町へ行くという設定なのだが、いとも簡単に失敗して「やはり、生きていこう」というお話。
    プロットとか、変な捻りとか一切なし。
    とても単純なストーリーなのだけれど、何故に彼女が書くと、ここまでしみじみ心に響いてくるのだろう。
    特にてらった表現があるわけでもない、素直な文章。
    やはり登場人物が優しい人ばかりだからかな。
    民宿の田村さんも、みかんをくれるおばあさんも、地域のおっさん、おばさんたちも。
    みんなあったかい。
    田村さんとの会話のキャッチボールも、とても面白くて楽しい。
    *「農業と漁業のバイリンガルや」というのが可笑しかった。
    ホントに彼女の作品には癒し効果があります。
    温泉にぬっくりつかっている気分というか、ヒーリングミュージックを聴いているというか、アロマオイルマッサージをしてもらっているというか。
    心休まる小説ばかりです。
    桜の樹の下で、春の陽射しを浴びながら、ゆったりした気分で読むには最適の書でした。

    ───ちなみに昨日は、『千鳥が淵』に桜を観に行って来ました。
    満開一歩手前の八部咲き程度でしたが、それでも綺麗でしたね。
    人出がまたすごかった。
    去年は震災の影響もあり、自粛ムードでそれほど混雑していなかった記憶があるのですが、その分、今年は弾けたみたいで。
    日本武道館への入り口から外堀周辺は、歩行者の交通規制まで敷かれていました。
    しかも武道館では某大学の入学式。
    晴れの入学式に遅刻した方もいたのではないでしょうか。
    他人事ながら、少し心配になった私です。

  • 重いお話かなと思っていたのですが、
    読んだ後は ほのぼのとして心が温かくなります。

    生きること、死ぬことを考えさせられるのですが、
    読むのが辛いとかは なかったです。

    一度は死と向き合った主人公が、
    やさしくて楽しい日々を過ごしながら立ちなおっていくお話。

    「毎日辛くて息が詰りそう」
    こういう経験のある人は多いと思う。
    そんな時にこの本を読んでみると、心が軽くなると思います。

    ものすごく落ち込んだり 悩んでいることがあって、
    でも ある時ささいなことで ふっと軽くなる感じ。

    誰かのちょっとした一言や、本の文章、映画やドラマ。
    好きな音楽や楽しいひとときに出会った時。
    時間の経過。

    なんであんな事であんなに悩んでいたのだろうと、
    前向きに変わった時のような爽快感を感じられるお話です。

    主人公の過ごした民宿が あまりに心地よくて、
    読み終わるのが残念な気がしました。

    お話の終わりに、主人公は前に進んでいく。

    それが大事なことだけど。。。

    私なら その心地よい場所にとどまってしまうかもしれないなぁ。


    疲れた時に読みたい本。

    映画「めがね」を見た後の感じと、
    少し似ているなぁと思いました。

  • 上手くいかないことばかりで、いっぱいいっぱいの日常。
    なんだか体の調子も悪いし、もう、むりだ。

    追い詰められた気持ちでいっぱいの千鶴は、とうとう死ぬことを決意する。


    人が死にたいと思うとき、多くの場合は「死にたい」のではなく、「もう生きていたくない」「これ以上は無理だ」といった、現実からの離脱を望んでいる気がします。
    というのも、上手くいかない現実に対して、対応しうる術が思いつかない、あるいは、絶望しかないと感じてしまうから。

    千鶴が行き詰まった主な原因は、職場での人間関係。
    職場にいる時間は、1日の1/3を占めるし、影響力が大きいですよね。


    辿りついた山奥の民宿にいる「田村さん」や、自然との触れ合いの中で、少しずつ生きる力を取り戻していく様子がとてもリアルだなぁと思っていたら、一部著者の実体験も含まれていたんですね。

    読み終わった後はふっと心が楽になります。気持ちいい風が吹いた後みたいな清々しさ。
    心が疲れたとき、豊かな自然や温かな人との触れ合いほど心に染み入るものはないですね。

  • 合わない保険の営業の仕事に失敗続き。
    上司の怒り、同僚の嫌味。
    どんどん追い詰められて、もう逝くしかない。
    辞表を出して、部屋を整理して一晩分の荷物を持って北へ向かった千鶴。
    日本海の暗い海と暗い空なら決行できる。
    行き着いたのは木屋谷という閑散とした山間の集落だった。

    こう書くと、重い始まり方なんだけど、千鶴がどこか惚けていて、切羽詰まった感があまり感じられない。
    電車を降りてみたら賑やかな駅前に戸惑い、とりあえず飛び乗ったタクシーでは運転手に当惑され。
    でも、なんとか決行したものの。

    どうにもならない。
    身動きができない。
    そんな気持ちになった時に、全てを一度リセットして、こんな時間を持つのは簡単なようで難しい。
    でも決行すべきだな。
    諦めるのはまだ早い。

    千鶴を見守る田村さんや散歩で行き合う近所の人たち。山間の自然、海。
    田村さんじゃないけど、千鶴の印象がどんどん変わっていく。
    環境のせいだけではない気がするけど。

    「ミスチルでもビートルズでも、なんや世界平和が大事で、人は人を傷つけるけど、愛することは素晴らしい。ってな感じのことを歌っとるんやろ」
    「それ以外のことやったら、いちいち歌わんでもええやん。どのみち世の中ラブアンドピースやったらええんやろ。ラブアンドピース以外のことが聴きたかったら、吉幾三を聴けばええ。それ以外のことは吉幾三がみんな歌ってくれとるから」

  • 薄いこともあって、1日で一気に読み切ってしまった本。
    ただ生き残っていれば楽しいこともあるけど、逃げてるだけではダメ。そういう大事なことを学べた気がします。

  • 久々に再読したけど、やっぱり良かった〜
    緊張と緩和が絶妙でおもわず笑える。
    ほのぼのした休暇を一緒に体感した気分になれるから
    疲れている人にオススメです。
    地に足がついてる村の人たちの生き方はシンプルでブレがない。
    自分も多分、そうはなれないけれど。

  • タクシーの運転手に告げた行先は、「できるだけ端に行ってください」、「北の方へ」
    「はっきりゆうてくれ」と運転手に言われつつも着いた場所は『民宿たむら』。
    自殺のために「端っこ」と「北」を目指した千鶴。
    あえなくその目論見は失敗に終わり・・・

    わっ、ちょっと重たい内容になるの?とおそるおそる読み進めると・・・
    途中で思わず「プッ」と声を出して笑ってしまう場面があったり。
    『民宿たむら』での暮らしは千鶴にとって自分の居場所を見つける時間になっていく。
    文庫180ページほどの分量なのでさらさら~と読めて、すっと心に染み込んでくる。

  • ★時間の許す限り本を開いている今日この頃。自分でもなんだかなぁと思う日々が続いていて、どうしたものかと思いながらこの本を思い出した。田村さんに大雑把に見守られながら、生きていく力を取り戻していく千鶴。読みながら私もそこで暮らしたい!と妄想が果てしなくふくらんでいくような場所だけれど、千鶴は去ることを決意する。居心地がよいのに、自分の居場所ではないと強く感じるって…。自分の居場所って何なのだろう。憧れる生活があるけれど、それは現実逃避なのだろうか。今、自分が置かれている環境で精一杯過ごしていくべきなのか、進路変更をするべきなのか、とどまるべきなのか。わからない…。1年くらいのんびり休めたらいいのになぁ。どうしてこんなにめまぐるしいのだろう。(2015/11/15)

    ★瀬尾さんのほんわかした世界が好きです。
    なんだかなぁ、疲れちゃったなぁと思うときに手に取りたくなる。
    久しぶりにゆっくり読書をできる時間ができ、目に入ったのがこれでした。

    田村さんがものすごく好きです。田村さんみたいに、さりげなく手を差しのべられたらいいのに。田村さんの押しつけがましさのなさ。今の世には稀有なことだ。急かすのではなく、ひたすら待つ。

    ゆっくりゆっくり自分をチューニングする時間。
    私もほしいなぁ。(2012/02/21)

  • 日々の繰り返しの中で少しずつ溜まった小さな傷み。一つ一つは何気ない事でも、それがどんどん大きく広がっていく、、、



    死に場所を探して、北へ北へと向かってたどり着いた田舎の民宿。
    いっぱいの自然と、田村さんとの出逢いが少しずつ千鶴の心をときほぐしていく物語。





    澄んだ空気の冷たさ、にわとり小屋に敷き詰められたワラのにおい、新米の甘さ、、、
    どれもが手に取るように鮮やかに感じられました。


    田村さんの人柄が、凄く魅力的。



    田舎でのスローライフに幸せを感じながらも、自分の居場所ではないと感じ、元の生活に戻っていく部分はとてもリアルでした。




    全体的にはほんわかとした温かい雰囲気。




    疲れた心を癒したい人に読んで欲しい一冊。
    人それぞれの生きて行く場所をしみじみと考えさせられる作品です。

  • 都会に住んでいる人のほとんどは千鶴のように日常に疑問を持っていると思う。自然と生きもっとシンプルに生きていけたらどんなに素晴らしいことかと。だが、多くの人にとって、そこには居場所がないのかも知れない。千鶴と田村さんのその後について、数年後に千鶴が新たなスキルと意欲を持ってこの村に帰ってきて、そして二人がともに人生を歩んでくれたら、こんなに素敵な物語はないのにね。

  • 秘境といえるほどの寒村で自殺をしようとしたのに、死にきれなかった主人公がその寒村で少しの間暮らすうち、人々や自然の営みを借りて少しずつ立ち直る話。
    書き方を間違えると暗いだけの話になりそうなのに、主人公と民宿の田村さんの人柄のせいか、あくまで爽やかな感じで話が進みます。
    良かったのは立ち直って、その村と決別するところが描かれていた点。いつまでもそこにいることを選んだっていいのに、そうはしない主人公と、そうさせない田村さんがとても良かった。
    別れるけど、最後に民宿のマッチを田村さんが主人公に持たせていたというラストシーンが、この小説の中のほぼ唯一と言っていい恋愛のシーンです。だけどそれで十分な気がしました。

  • ツライことがあったんだね、でも、早まっちゃダメだよ。
    たまたまとってもいい民宿に辿り着いたみたい。
    民宿なのにあまり商売気がなく、千鶴のことを気にしているようで放置してくれており、田村さんの大雑把な感じが田舎の風景と相まっていい感じを出している。
    田舎なら、よそから来た人に興味津々で、見張られてるのか? と勘違いするほど注目されてしまうものだけどねぇ。
    千鶴の気が済むまで居させてくれて、あれこれ体験させてくれて最高の民宿だな。
    凝った造りの建物というのではなく、こういった特別でない普通のおもてなしをされてみたいものだ。

  • 主人公が自分と同じ年(読んでる途中で誕生日を迎えてしまい私のほうが1つ年上になっちゃったけど)ということで、すごく共感できることが多かった。今の生活に満足してはいけないし、頑張らなくちゃいけない。なぜなら若いからね。だけど頑張るためには休憩も必要で。思いついたらすぐに行動に移して、決心が揺らいじゃうから。
    自分に当てはめたい教訓がたくさん出てきたな。それにしても本当に温かいお話だ。ほかのお話も読んでみようっと。

  • 瀬尾さんの作品は人悩む人の心に確かに心地よく寄り添ってくれる感じがする。23歳の千鶴は仕事関係に悩んで悩んでどうしようもなくなって自殺を決行?するが生還する。そして、豊かな自然と素朴な人達の中で再び自分を再生させていく。中学生だって「死にたい」って言ってくる時がある。この本も図書館に入れようと思いました。

  • 消えてしまいたい。死んでしまいたい。わたしがいなくなったって誰も困らないし、みんなわたしのことはあっさり忘れて生きていくだけだ。そんな風に毎日のように考えていた頃があった。
    人より感情に敏感なのか、いつも余計な感情まで読んでしまって気を遣ったり友達の厄介事に巻き込まれて板挟みになったり。みんなは見えないところで手を抜いているのに、それが出来なくて、その割に報われず。
    大学に入ってから、まあ、これがわたしか。と思えるようになってきた。
    悩んでた高校時代に欲しかった言葉たちがたくさん詰まった、優しい本です。

  • 相変わらず読みやすくて読後感がいいですね。
    最近「ベタ甘」が得意な作家さんを読みまくってたので、田村さんとそういう仲になったりしないの?と期待した分がっかりしましたが(笑)、そういうのナシでも再生の物語的でよかったです。
    「私の居場所はここじゃない」って自分で気付けて、居心地がいいけどここに留まってちゃダメだって自ら去っていくとこが好きでした。

    実際こんな子がいて、こんな旅行に出ても、こんな風に立ち直ったりはできないんじゃないかなぁと思わなくもないけど、希望があっていいなと。

    あと、相変わらず出てくるご飯のおいしそうなこと(笑)。
    白ごはんだけでおいしい!ってお米、食べてみたい!!

  • 疲れた時に読みたい本。

    何も言わず、ここにいていいんだよ
    って言われてるような気持ちになります。

    田村さんがすてき。
    映画ではチュートリアルの徳井さんだったみたいですが
    もっとむさ苦しい人でも良かったかなー。

    ありきたりと言えばそれまでかもしれないですけど
    やっぱりこういう田舎が舞台のお話はいいなぁと思ってしまいます。

    あとやっぱり瀬尾さんの本は
    読んでるとお腹がすきますw
    美味しそうな家庭料理がたくさんでてくるからw

  • ずいぶん前に読んだものを再読しました。

    瀬尾さんの小説は高校生の頃にはまっていて読みあさっていたのですが、これもその頃に読んだものでした。瀬尾さんの小説ほとんどに共通している、ほのぼのとした、心がすこしずつ温まっていくような、そんなことがこの小説にはつまっていて、前に抱いたときと変わらず、読了後もそんな思いに浸っていました。

    何かがものすごく嫌なわけではないけど、単調な毎日に嫌気がさして、自分って何のために生きてるんだろう、と思ってこの小説を読んだら、読み終わったあとに心が浄化されてとりあえず前に進もうという気持ちになりました。

    忙しい日常から離れて田舎で自分を見つめ直すのもいいですね。

  • めっちゃ好きな雰囲気の作品!
    田村さんが素敵すぎる♡

    自然のなかで
    少しの間休憩したい(。-_-。)

  • 年に一人客が来るか来ないかぐらいの田舎の民宿をやってる田村さん(30)が、会社員時代を思い出して
    『まだまだやりたいこともあったのになあ』
    と呟くシーンが良いですね。

    都会の生活に疲れきった主人公から見れば
    田村さんは素敵な田舎スローライフを送ってる男性だけど
    実はそういうことじゃない。

    スローライフ満喫するつもりで読むとちょっと裏切られる、
    そしてまた自分のいるべき場所に戻る勇気をくれる良い作品です!

  • 主人公の日々の生きづらさに自分の身を重ね、しがらみのないのんびりと時間がすぎていく穏やかさを想像する。特別なことは起きないけれど、読み進めていくと、読者の気持ちが主人公と同時進行に洗われていくような本だった。

  • 瀬尾さん初読。

    二人の会話が所々笑えました。
    良いコンビだなぁと。

    こんな民宿、泊まりに行きたいな。
    炊きたての新米を食べるシーンがすごく好き(笑

    最後の終わり方が素敵でした。
    この続きが気になって想像…妄想?が膨らみます(笑

全653件中 1 - 25件を表示

天国はまだ遠く (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天国はまだ遠く (新潮文庫)に関連するまとめ

天国はまだ遠く (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天国はまだ遠く (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天国はまだ遠く (新潮文庫)の単行本

天国はまだ遠く (新潮文庫)の文庫

天国はまだ遠く (新潮文庫)のKindle版

ツイートする