響きあう脳と身体 (新潮文庫)

  • 80人登録
  • 3.86評価
    • (8)
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 新潮社 (2010年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101299549

響きあう脳と身体 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 解説の養老さんいわく、二人とも野蛮人とのことです。どちらも非常に変わっており、一般の人から見れば、野蛮人というよりも変人ですかね。議論は噛み合っておらず、お二人の著書を知らない人が読むと、分かり辛いかも知れないですね。

  • 途中で眠くなった(^^;;

  • お二方共、脳のほんの一部分の直線的なシリアルな論理思考しか使ってない現代人にアラートをあげているところは一致しているが、それ以外は嚙み合ってるのかちょっとあやしい感じの微妙な均衡のやりとりがなかなかどうして面白い対談。
    茂木さんの要約力に脱帽。

  • 甲野氏の主張は他書でも述べられているものとの重複が多かった。
    茂木氏の文章は初めて読んだが、哲学的な抽象的な論調が多いように感じた。
    脳も身体も身体なのだ。

  • ものすごい対談本!
    今身体というテーマに関して自分なりにこだわりがあるし、ものすごい興味があることもその一因にあるとは思うが、それを抜きにしてもこの対談で見られる二人の哲学、身体感、現在の社会への問題意識、自分の研究分野への情熱、こだわり その他様々な表現が筆舌に尽くし難い。
    もうこの対談そのものが本で読んだとしても普通の本以上に内容の詰まったものになっているし、その言葉の選択のセンスと構成力とそれこそ同時並行性というものは頭の良さというレベルを超えてある種の芸術のようにも感じられる。
    対談だからこその話の脱線やテーマの多様性、同じ事をいうにしてもそれぞれが別角度からといった部分からこの本はものすごい意味の含有率で出来上がっている。
    まさに会話の偶然性による奇跡の一冊。

  • 野中郁次郎『経営は哲学なり』では、響きあう脳と身体を引用しつつ、技術伝承を論及!

  • 「単純なもの」というのはそうあるように限定されているものであって、ありとあらゆるものの本質はもっと複雑で無限ともいえる可能性を秘めている。
    また、一点集中よりも拡散的に、正確には並行して色々なことに興味を持って刺激を受けていくことが大切。

  • 身体の同時並列性からみた、科学の「論文主義」に対する違和感、疑問からはじまる第1章から、知識人も同時並列的に「全体をトータルに動かしたらどうなるのか」といったことを考えなくてはならないという結論に至る、第4章までが大きな流れになるとおもう。最初と最後をつなぎ合わせれば、問題→結論となっている。
    ただし、疑問なのは「同時並列的」な知性というのは他への伝達が不可能だということ。記述可能な知性のよいところは伝達ができるということ。たとえ、得られる情報量が圧倒的に違うものであっても、つたえられなきゃどうしょうもないんじゃないかと思う。(あえて口語風に書きました)

    ところで「クオリア」ってなに?
    それと、「できない」うちはまったくできず。「できる」ようになれば苦もなく「できる」とは自転車とかお手玉のようなイメージか?

  • 脳科学者の茂木氏と古武術研究家の甲野氏の対談である。養老氏が「バカの壁」の取扱説明書とのまとめをしている。内容は「興味」や「身体」の力を復権しようということで、ロボット製作の問題、引きこもり問題や、教育問題や、文明の問題に及ぶ。科学は限定的な知識しかもたらさない。正直によくわからないことを告白せよとする。これはよくある観点だ。筋トレは、部分的な筋力を偏って鍛えることで、かえって全身のネットワークを破壊しているなどの観点はなかなか面白い。ただ、「真に受けてしまう人」が多いとか、身体観が矮小化しているということに関して、どうしてそうなのかという社会的考察が(したくないのかもしれないが)弱い。両者の議論をみていると、現代はおかしい人が多いという見方が共通しているが、それはそれで理由があるんだろう。だが、あえていえば、一般人は、武道の達人になろうとは思わないし、腦のクオリアの疑問に転んだりはしないのである。正直にいって、生活に支障はない。つまり、そういうことをやっておれるヒマ人の放談といえなくもない。マニュアル化をきらう両者の対談は面白いもので、刺激をうける内容である。だが、彼らに敬意を表して、頭の片隅に残しておきつつ、アホらしいと思うことも大事である。身体観の矮小化は中国の古典を学ぶことが少なくなっているのが関係しているのだろう。武道の極意が、荘子にいう輪人(車輪職人)の技のようなもので、たとえ親子であっても伝達不能であることは、古典の素用があれば、見やすい道理だ。

全11件中 1 - 10件を表示

響きあう脳と身体 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

響きあう脳と身体 (新潮文庫)はこんな本です

響きあう脳と身体 (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする