下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)

  • 329人登録
  • 3.35評価
    • (15)
    • (21)
    • (72)
    • (8)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 森達也
  • 新潮社 (2006年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101300719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1949年7月5日、初代国鉄総裁・下山定則が出勤途中に行方不明となり、翌6日未明常磐線五反野ガード下の線路上で轢死体となって発見された。
    通称「下山事件」である。
    戦後のこの時代のことを、ほとんど何も知らない。
    自分が生まれていないどころか、親たちですらこの世に存在していない。
    日本国でありながら、国旗である「日の丸」の掲揚が許されない時代があったことなど、まったく知らなかった。
    同様に、当時の政治事情やアメリカとの微妙な関係についても何も知らない。
    松本清張さんがこの時代のことを「日本の黒い霧」に書いているらしいが、残念ながら読んだことはない。
    政治犯の釈放に合わせた共産主義容認の流れ。
    組織化し強大な力を持ちつつあった組合への対策。
    相次ぐ鉄道関連事故の発生により、メディアを含む世論は一斉に共産主義=怖ろしいという考えに傾いていく。
    作品の中に登場する多くの固有名詞。
    私ですら知っている有名な名前をあれば、たぶん知る人ぞ知るといった名前も登場しているようだ。
    事件の背景にある見えない力を恐れ、文字通り墓場まで秘密を抱えて逝った人も多いのだろう。
    何が真実なのか。結論は出ないまま作品は終わっている。
    丁寧な取材で掴んだ多くの証言。
    個々に見えていたものの後ろに隠されていた意外な繋がり。
    戦後とは想像もつかないほど混沌とした時代だったのだろう。
    その裏で誰が何のためにどんなことをしていたのか。
    確かなことは、その時代があったからこそ今の日本があるということだけだ。
    「下山事件」は「三鷹事件」「松川事件」と共に語られることが多いらしい。
    三つを総称して「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれている。

  • 1949年7月6日、初代国鉄総裁の下山定則は、国鉄常磐線の北千住-綾瀬間の線路上で轢断死体となつて発見されました。下山事件を説明すれば、たつたこれだけでありますが、現在に至るまで謎に包まれ、多くの捜査関係者やジャアナリストたちがその真相を突き止めんと、血眼になつた事件であります。
    さらに続く7月15日には三鷹事件、8月17日に松川事件が相次いで発生しましたが、いづれも未解決のまま現在に至つてをります。これら三事件を、国鉄三大事件などと称し、戦後間もない不安定な世相の中、人々を不安に陥れたさうです。

    さて下山事件。本書『下山事件(シモヤマ・ケース)』の著者・森達也氏は、映画監督の井筒和幸氏に「彼」を紹介されたところから、この事件に関つてゆくことになります。その後の森氏の苦難を思へば、井筒監督も罪なことをしました。「彼」とは、親戚が下山事件に関つたといふジャアナリストらしい(最後に正体は明らかにしてゐます)。森氏のほかに、その「彼」、斎藤茂男氏、週刊朝日の諸永裕司氏らが共同でこの事件を追ふ形になりました。しかし、「彼」も諸永氏も「下山病に感染(斎藤氏)」してしまひ、森氏を取り巻く雰囲気は俄かにきな臭くなつて参りました......これが、後に捏造騒ぎなどの問題の遠因になるのでせう。

    森氏は映像(ドキュメンタリー)が本職のせいか、その著書も一般のノンフィクションと違ひ、時系列で事件を再現する形式ではありません。取材対象を詳しく描写し、その息遣ひまで伝へんとするかのやうです。インタヴューする森氏自身の葛藤、逡巡、焦燥といつたものまで隠しません。
    読者は、新事実からどのやうな真相究明がなされたかを期待すると、当てが外れるかも知れません。しかし著者は「客観的な事実ではなく、主観的な真実を掴んだという自信がある」さうです。そして下山病のワクチンは見つけたつもりだけれど治すつもりはない、とも。それどころかこのウィルスを撒き散らして、多くの人に感染させたいらしい。迷走する取材活動の中で、最終的に辿り着いた本書の「目的」なのでせう。

    今さらながら、発表メディアの影響力いかんで、「ノンフィクション」の内容が如何様にも変化することを、森達也氏から教はつた気分です。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-675.html

  • なんだかごたごたしたいきさつがあったみたいですね。そのごたごた自体は、一方の言い分だけを聞いてどうこう言うことはできないので、なんとも言えません。
    ただ、この本についてだけを純粋に言うなら、下山事件に関する本ではなく、下山事件を調べようとして結局ごたごたしてしまったということを書いた本としか思えませんでした。

  • 下山事件の真相そのものではなく、真相に迫る過程を描いたドキュメント。新たな事実、真相が描かれている訳ではないのに著者の高揚感だけが伝わり、読み手からすると興醒めする作品だった。下山事件の真相を描いた作品は松本清張の『日本の黒い霧』、矢田喜美雄の『謀殺 下山事件』、柴田哲孝『下山事件 最後の証言』と面白い作品が多数あるのだが、この作品は余り面白いとは思えなかった。

  • 古本で購入。
    ノンフィクションが読みたかったので。

    昭和24年(1949)7月6日、常磐線五反野ガード下で初代国鉄総裁下山定則が轢死体で発見された下山事件。
    この戦後最大のミステリーとも言える事件について読むのは、松本清張『日本の黒い霧』を読んで以来2度目。
    かつて大学に向かう常磐線の中、しかもちょうど轢断現場の辺りで下山事件のくだりを読んでいた、というしょうもない理由で興味を持ち続けていた。

    本書の話は、祖父が下山事件実行犯かもしれないという男(作中では『彼』)に、著者の森が出会うところから始まります。

    ただまぁ、結論から言えばガッカリ本ですよコレは。

    まず内容自体が他人の著書や報告書のコピペのよう。
    森による新見地ってのはあまりない。取材で得られた新たな材料の組み立てを試みていないところに不満が残る。

    それから、取材を進める中で森が周囲とゴタゴタを起こして、一々その経過なり状況なりが描写されるのが不快。
    何がしたい作品なのかいまいちよくわからなくなってる気がするんだな。

    これは僕の求める「ノンフィクション」でも「ルポルタージュ」でもなかった。
    もっと骨太の本だと思ったんだけど。

    読んでいて森の迷走ぶりばかりが目に付く。
    何より
    「要するに事実を暴くことは、僕にとっての最終的な目的ではない。知った事実を素材にして、そこから何を自分が感知するのかが重要なのだ」
    というスタンスが僕に合わなかった。

    つまり森は、いわゆる「アーティスト」なんだと思う。
    この人はジャーナリストではない。
    雑誌連載の文章の一人称を「僕」にすることに拘るところからも、それはわかる。
    事件に対して主観で臨んでるわけだ。
    そのフィルターはノンフィクションには要らんよ。

    「文庫版のための付記」にもあったしネットで少し調べたりもしたが、森は重大な過ちを犯している。
    証言の捏造だ。
    この付記でいろいろ書いているが、正直言い訳にすらなってない。
    「読者に謝罪しなければならなかったがその機会がなかった」
    と言うけど、ホームページ持ってんだよね。
    全体に自己正当化、自分は被害者であり加害者でもある的な逃げのにおいがする。

    下山事件に興味がある人は、松本清張『日本の黒い霧』か、矢田喜美雄『謀殺 下山事件』(僕も未読だけど)を読むのがいいのかも知れない。

  • 実際にあった事件。予備知識なしで読んだので何もかも新鮮で最後までひといきに読んだ。
    昭和の大事件。こんなにも他殺につながる状況でも自殺と処理される。謎めいていて面白い。

  • 柴田氏が「彼」として出てきていて、彼から話を聞いたところからはじまり、どのように発表するかの紆余曲折が書かれていた。
    色んな人が出していたんだなぁ…と。
    これから柴田さんの本を読むので(下山事件 最後の証言)、その前に読んでみてよかったと思う。

  • ぐちゃぐちゃダラダラはっきりしねええええええ!つまりなんなんだよ。裏切られたー先に出版されたー罵られたー、じゃねえよ。日記かこれは。かなり興味深い新要素とか出てきてるのに、構成がクソすぎるうううう!他の2冊読んだ方が良さそうかな。

  • 東京駅から上野へ、常磐線に乗り換え北千住まで。東武線に乗り換えるところで、そういえば今より通過するであろう、この先のJR線と交差するあたりの線路上が事件現場であることに思い至る。

    読み始めて気がついたのだが、著者は彼のオウムのドキュメンタリー映画を撮った人だと、ならばたかじんの番組にでてたのを見たことがある。ここから、新たに判明する事実の断片をつむぎ、真相に迫ろうと模索する一人称の「僕」は顔を持ち、テレビで知り得たその容豹とキャラクターを思い浮かべながら読み進めることとなった。

    著者自らの日常と共同で取材を行う面々との衝突、軋轢をも詳述する様は、同じ題材をあつかう清張さんの「日本の黒い霧」中の一編とはそのアプローチが大きく異なるものの、今日の視点を交えることで、遠い過去の事象が、しっくりと受け入れられたりもする。

    面白かった。本書の取材に派生する先の一冊、後の一冊についても是非とも目を通したいと思う。
    (2006年11月東京出張時記)

  • 初代国鉄総裁の下山定彦は自殺か他殺か? JFKの死の真相と同様に、下山事件もトップクラスのタブー。暗殺とか陰謀、情報操作は外国の話と思いがちだけど、日本でも普通に行われている。本書はかなり核心に迫っており、書かれていないけど、森氏への恐喝なども有ったのではと勘繰りたくなる。読み出したら止まらなくなる超一級のルポ。

  • 昭和を代表する怪事件である下山事件。
    下山事件については全く知らず、猟奇殺人系のお話かと思っていたのですが、実話と聞いてびっくりです。

    1949年(昭和24年)7月5日に国鉄総裁の下山氏が轢死体で発見されます。
    警察からは自殺として報告されたのですが、現場の証拠や当時、事件にかかわったとされる関係者から話を聞くと
    どうやらいろんな「大人の都合や偉い人たちの都合」があったらしいです。

    その調査の過程のようなものがこの書籍で紹介されています。

    下山事件に関してはこの書籍以外にも多くの関連書籍が出ています。
    祖父に聞けばもしかしたらもう少し詳しい話を聞けるかと思ったのですが、
    残念ながらそこまで知識欲が高まりませんでした。

    人を殺してまで守りたい利権ってなんなんでしょうね?そこがまず引っかかる。
    下山氏が悪いことしてたわけじゃなさそうですし、もっと他にやり方があったような気もしないではない。

    いずれにせよ私にとっては少し昔過ぎるお話です。
    どちらかというと、おっかあもかわいそう、おっとうもかわいそうのほうが読み終わった後の印象が強かったですね。

  • この本は、単行本の頃にいちど読んでいて、下山事件がらみの本をその頃いくつか読んだ。『田中角栄』や『奥むめおものがたり』などをこないだ読んで、日本の戦後がどう動いてきたかという点で、1949年に起きたこの事件や三鷹事件、松川事件はたぶん一つの曲がり角なのだろうと、また読んでみようと文庫になった本を借りてきた。

    初代国鉄総裁の下山定則が、運転手を待たせたまま姿を消し、その翌日未明に、線路上で轢断死体となって発見された事件は、自殺か他殺かということも、事件の真犯人が誰かということも、その狙いや背景さえも、いまだに明らかになっていない。

    森はある日、祖父が下山事件の関係者だ、と言う「彼」に会い、「彼」とともに、下山事件を調べはじめる。矢田喜美雄とともに事件の真相を追い続けていた斎藤茂男と出会い、「真相を知りたいだけなんだ。知るまでは死にきれない」という斎藤と同じく、森も次第に"下山病"にとりつかれていく。

    事件が起こったのは、経済安定九原則の一環として「行政機関職員定員法」が成立し、42万人の公務員が解雇されることが発表されたばかりの時だった。

    ▼全逓と並ぶ最強の労働組合だった国鉄労働組合は激しくこれに反発、6月には首都圏で国電ストが決行された。列車妨害事件の報道はちょうどこの頃から、大きくメディアに取り上げられるようになり始める。こうして社会不安がピークに達しかけたとき、下山国鉄総裁の轢死体が発見され、三鷹、松川と二つの事件がこれに続く。(p.140)
    …この時期の新聞各紙は、まるで同一のキャンペーンの下にあるかのように、列車妨害事件を連日大きく扱い、国鉄当局は組合左派や共産党の事件への関与を仄めかし、世相の不安はますます高まり、既に飽和しつつあった。(p.141)

    その仄めかしは、共産党員の検挙によって、あたかも実際そうであったかのように人の心に刻まれたことだろう。事件の真相はいまだに分からない。分からないながらも、真実を探ろうとした森の本音は「下山総裁は他殺」だ。

    だが、下山総裁は「自殺」とされ、捜査本部は解散される。

    半世紀以上前の事件を追い、いくつものピースを集めながらも、パズルはできあがるようにみせて、なかなか完成しない。そのなかで森は下山事件とその後の日本のあゆみについてこう記す。

    ▼翌日もいつものように列車は運行されたが、レールがいつのまにか切り換えられていることに、この地点を通過する列車の乗客たちは気づかない。…
    …列車は走り続ける。南北に分断された朝鮮半島で戦争が起きて特需があり、日米安保を通過して、55年体制も整えられた。驚異的な経済発展がこれに続き、森は痩せ川は汚れたが、国民総生産はいつのまにか世界のトップクラスになっていた。国鉄は民営化され、売却された汐留の跡地がきっかけになったようにバブル景気が始まり、ニューヨークのロックフェラーセンターやティファニーを日本の企業が買い占めた。(p.380)

    ▼アメリカにとって最も都合がよい展開は、下山殺害の背景に共産党が暗躍していたというイメージを日本人が抱くことだ。これによって日本の共産化はくいとめられる。…しかし警察が他殺の線で本格的に動けば、捜査の手がいつかは真相に及ぶ可能性はある。…メディアによってこの謀略が世に知れることだけは、絶対に防がねばならない。…
     だからこそ公式には自殺にして、捜査は中断させねばならない。しかし総裁は殺されたのかもしれないという意識だけは、日本中に根付かせたい。「何をするかわからない」共産主義によるテロの脅威を、しっかりと植え付けたい。
     事態はまさしく、このとおりに展開した。下山の後に三鷹、松川と事件が続き、実際に共産党員が検挙されたことで、日本国民の不安と共産党... 続きを読む

  • 結局、事件の真実を知りたいという欲求を具体的な意味で満たすことはなかったが、それを満足させたいのなら森達也の本を読むべきではないのだろう。
    一般的には事件の解明のみに向けて取材・執筆された他の本を読んだうえで、それを森達也はどう考え、消化しようとしたのかに興味を持つひとが読むものだろう。
    やはりこのひとは究極的にナルシストなのだろう。いい意味でもそうでない意味でも。

  • ノンフィクションとかドキュメンタリって言葉より、エッセイって言った方が適切な気がします。下山事件の本じゃなくて、ギョーカイの裏話的な何かだよね、っていう…。

  • 映像脚本家。清張でおなじみの戦後間もない未解決国鉄3大事件のはじめの一つ。90年代後半に書き始めたというビハインドはありながら、なかなか深い…と思いきや、終章でジャーナリストのゴタゴタに話が展開する。2ちゃんねるまで巻き込んで、ドラマチックな今風のドキュメンタリー。

  • 甲賀などを舞台とした作品です。

  • 下山事件についてまったく知識がないまま著者に対する興味で読み始めました。戦後最大?の未解決事件下山事件の真相に迫る本なのかなと思っていたが、森さんらしく「ノンフィクション」というよりは「ドキュメンタリー番組」を見ているようで。事件に関しては、戦後日本の共産化を恐れたアメリカの思惑、職員の大量解雇や労働組合の弱体化、将来的な民営化をねらう国鉄首脳部や政府、その他権力闘争が複雑に絡み合っているように思えたのですが、結局のところ最終的な決定者(黒幕)は誰なのかはよくわからなかった。いろんな思惑があるのはわかるが、果たして国鉄総裁を残虐な方法で殺すまでして得るものとはなんだったのか。生きていてはまずいことがあったのか。脅すことが目的で殺してしまったのは予定外だったような記述もあったが、森さん自身ある程度わかっていて触れていないのかわからなかったのか、とにかくちょっと消化不良。もう少しほかの本を読んで勉強しないと私には理解できないかもしれない。情けない。なにしろ、その右翼なりフィクサーなりの大物ぶりがどうしても実感できないものだから。でもこの事件やその頃の権力者たちの決断がその後の日本の進んできた道に大きく影響しているらしいこと、それが当然のことながら現代にも地続きになっていることだけはなんとなくわかった。事件を追うのと平行して、最初の情報提供者やTBS、週刊朝日編集部とのトラブルについて赤裸々に内情を描くのは森さんらしい、かな。

  • 米軍のキャノン機関の謀略か、共産主義者の暴走か。旧日本軍の特務機関だった矢板玄とは。三越そばに今も現存するライカビルを舞台に何があったのか。あの頃の日本はどんな状況下にあったのか。筆者は戦後史の岐路だという。GHQの占領が終了してもなぜ事件は解決しなかったのか。読み進むにつれ、あの時代の空気のにおいが行間から漂いはじめ、いつしか「下山病」に感染することになるだろう。

  • 事実は小説より奇なり。

    下山事件の犯罪特異性もさることながら、取材過程で筆者に起こる様々なハプニングが赤裸々に書かれており、そのスリル感もあいまって好奇心をくすぐられ続けられる作品。

  • 進んだり、立ち止まったり、惑ったり、振り返ったり。
    相変わらずのモリタツ節が随所に詰まった作品。

    戦後最大のミステリーと謳われる、国鉄の初代総裁・下山定則が
    轢死体となって発見された「下山事件」の真相を追う。

    同時並行で森自身が登場人物となって、この企画持ちかけた「彼」とのやり取りや
    メディアに売り込んだり裏切られたり裏切ったり、取材対象者を欺いたり、
    森を頼って上京してきたNHKのディレクターをいきなり被写体にして
    下山ドキュメント映画を撮りはじめたりと、あっち行ったりこっち来たりする。

    本筋の事件の真相を追う物語は、正直、登場人物が多すぎて分かりづらい。
    この事件をとりまく歴史とダブらせる効果も狙っている気がするが、
    モリタツにしてはちょっと整理されていない印象。

    たぶん、この人と一緒に仕事をするのは大変だろうなぁってちょっと思った。

  • 事件そのものに対しては、この本では物足りない。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    下山事件。昭和24年7月5日、日本橋三越から忽然と姿を消した初代国鉄総裁下山定則が、翌日未明常磐線の線路上で轢断死体となって発見された。自殺か?他殺か?戦後最大の怪事件の謎は、50年後のいまも解かれぬまま、関係者は鬼籍に入っていく―ある人物から得た重大な新情報。著者の迷宮への彷徨が始まった。生き残った関係者を探し、その記憶を辿る。真実はどこにあるのか。

  • 気鋭のノンフクション作家の新たな視点の「下山事件」が読めます。


    あまり「下山事件」に関しては事前の知識がない状態で読みました。読んでみて判ったのですがこの作品、かなり後発なんですね。「下山事件」フリークには新しい発見はおそらくないと思います。というかこの作品作者の森さんがいかに苦労してこの事件と取り組んできたかについてトクトクと書かれています。

    事件の真相に迫る新事実や読者の想像力を書き立てる記述もありません。
    昭和史に残るこの未解決事件について「あなたはどう推理する」という
    アプローチにもっていっていないところが新しいところかもしれません。
    筆者も「なんだよこれ」と思いつつ一気に読んでしまいました。
    アマゾンのレビューを見ると結構評判も良いみたいなのでこの作者の森さんの姿勢に共感している読者が多いんでしょうね。

    アマゾンで色々調べてびっくりたのがなんとドラマもあったんですね。
    ちょっと観てみたいですね~。

全44件中 1 - 25件を表示

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)に関連するまとめ

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)の作品紹介

下山事件。昭和24年7月5日、日本橋三越から忽然と姿を消した初代国鉄総裁下山定則が、翌日未明常磐線の線路上で轢断死体となって発見された。自殺か?他殺か?戦後最大の怪事件の謎は、50年後のいまも解かれぬまま、関係者は鬼籍に入っていく-ある人物から得た重大な新情報。著者の迷宮への彷徨が始まった。生き残った関係者を探し、その記憶を辿る。真実はどこにあるのか。

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)の単行本

ツイートする