強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)

  • 245人登録
  • 3.25評価
    • (13)
    • (24)
    • (56)
    • (14)
    • (4)
  • 45レビュー
著者 : 安東能明
  • 新潮社 (2006年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (495ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101301518

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!
    誘拐もの好きな人にオススメしたい。箱根駅伝とあるだけにミステリーに青春がプラスされていて読み終わった後も爽やかな気持ちが残る。

  • 宣伝文句に傑作サスペンス巨編とあるが,正直面白くなかった。箱根駅伝を題材にしているが,箱根駅伝への興味をかきたてる内容でもない。

  • 箱根駅伝をというスポーツテーマを絡めた誘拐サスペンスです。手に汗握るスピード感が心地良く、一気読みでした。
    選手、警察、テレビ局、犯人と4つの視点から話が進行していくのですが、詰め込み過ぎでどれも中途半端になってしまった気がしました。もっと「大学を背負って立つ学生の重圧」を中心に書き込こんで欲しかったです。
    犯行の動機もよく解らず消化不良でした。

  • 20130902

  • 設定はかなり欲張りな感じ。
    箱根駅伝に初めて選ばれた選手、その彼女が誘拐、脅し、電波ジャックなどなど。
    こういう盛り沢山な設定で描く場合、登場人物が相当しっかりしてないともう浮いちゃう気がするんですよね…

    うーん、発想は面白いんだけどなぁ。
    まず読み返すことはない小説ですね。

  • 箱根駅伝が好きなので読んだ。

    話はそれなりだが、自分の中の「箱根駅伝映像」が
    思い出され、そっちにドキドキしてしまった。

  • 2011年12月

  •  一駅伝ファンとして以前からタイトルだけは知っていた作品だったのですが、本屋で見かける機会がなかなかなく、最近ようやく手に入れて読みました。

     タイトルにある、『強奪』されたのは陸上部の女子マネージャー。レースと同時に事件も展開していく、というサスペンスでありスポーツものでもある話でした。両方の要素を入れた結果どっちつかずな終わり方だったかな~という印象。半端に駅伝を知ってるから「そんな展開ってある!?」って思ってしまったけど、まああくまでフィクションだよね。しかし作者の取材力には感心しました。これどれくらい日テレに取材したんだろう。

  • 2011.12

  • 描写がリアル!駅伝好きが読めば、あのときのあの空気感を思い出せるのではないでしょうか

全45件中 1 - 10件を表示

安東能明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)の作品紹介

12月30日の夜、神奈川大学駅伝チームの女子マネージャーが誘拐され、監禁中の彼女の映像がTV局に届く。駅伝生中継のジャックをも仄めかし、次々と要求を突きつけてくる誘拐犯。混迷の中でスタートした駅伝。そして、激走とシンクロするように誘拐犯・TV局・警察の熾烈な攻防戦が始まった。ハイテクを駆使し可能性の限界に挑んだ犯罪の結末は。一気読み間違いなしの傑作サスペンス巨編。

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)のKindle版

強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)の単行本

ツイートする