命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)

  • 15人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中村智志
  • 新潮社 (2017年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101301822

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自殺率全国一位の秋田で主に中小企業の経営者の相談者として悩みを聞き、この先どうしようもないと思い、自殺まで思い詰める相談者の手助けをボランティアとして続けている佐藤久男氏の生き方と、相談に来る人びとを描く。
    重たいノンフィクションではある。しかし中村氏の体験に基づく助言、行動で相談者はなんとか立ち直っていく再生の話でもある。
    終盤は秋田ばかりでなく、東日本の震災被害者の相談にも出かけていく佐藤氏の姿が描かれる。中村氏の行動力と相談者に心を寄せる姿には頭が下がる。
    未だに立ち直りきれない被災地の現状を垣間見、阪神大震災を体験した私にとっても東日本の震災は阪神とは異なる問題を多く抱えていることを痛感した。

  • すごくよかった。心に響いたしじんわりもした。
    私にもアドバイスくれたような気持ちになった。
    本人ではなくて、第三者が取材して書いてるルポなのがまたいい。その距離感がいい。

全2件中 1 - 2件を表示

中村智志の作品

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)の作品紹介

事業の失敗を、なぜ社長が命で償わねばならないのか。心血注いだ会社の倒産と深刻なうつ病を乗り越えた佐藤久男は、NPO 法人を立ち上げた。自殺率ワーストの地で、民・学・官の連携により自殺者数を半減させた活動は秋田モデルと呼ばれ全国に影響を与える。絶望し、駆け込んでくる人の心に笑顔と言葉で灯をともす男を描く「生きる支援」のルポルタージュ。『あなたを自殺させない』改題。

命のまもりびと: 秋田の自殺を半減させた男 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする