精霊の守り人 (新潮文庫)

  • 7543人登録
  • 4.19評価
    • (1505)
    • (1092)
    • (742)
    • (37)
    • (10)
  • 1034レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2007年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302720

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
浅田 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

精霊の守り人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に小説を読みました。
    旅の途中で立ち寄った古本屋で購入。
    行きの車中で読破。
    幸福な読書でした。

    詳しい感想は、コチラ。↓
    http://blue-shine.jugem.jp/?eid=156

  • 念願の守り人シリーズを大人買いしました。

    主人公バルサがチャグム皇子に偶然出会い命を救うところから物語は始まりますが、まずバルサの年齢が30歳というのが意外でした。
    そしてチャグムの口調や好奇心旺盛なところが可愛くて、すぐにのめりこみました。
    ああ、これからあと9冊はこの世界に浸れるのかと思うと...もうそれだけで星5つつけたいくらいですが、思った以上に展開が早くて。もっと読みたかったというのが正直な感想。まあシリーズものとしてはこのぐらいがちょうどいいのかな?

    サグとナユグというふたつの世界というのが私には想像もつかなかったし、ニュンガロイムとニュンガロチャガが入り乱れてる場面は、え?これほんとに児童文学なの??と思うくらい。世界観がしっかりできているので、今後の展開にも超期待です。

  • 老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。建国神話の秘密、先住民の伝承など文化人類学者らしい緻密な世界構築が評判を呼び、数多くの受賞歴を誇るロングセラーがついに文庫化。痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。

  • 不覚。。次作の感動の予感だけで泣いてしまった。アダルトでもジェンダーフリーで読める。著者の文章力はもとより、別世界の空想話しにも関わらず、登場人物に読者が自身を投影しやすい細かい描写が惹きつけられる。図民は読むべし!詳しくはWikiで。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E3%82%8A%E4%BA%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

  • 日本人作家が、カタカナの人物名の物語を書くとことに違和感、嫌悪感(日本のCMなのに外国人ファミリーが出てくると、そんなに外国人に憧れてるのかよと思ってしまうのと似てる)を持っていたので、その手のファンタジーは敬遠していたが、評価が高かったので読んでみた。

    まず感じたのは、名前は外国っぽいけど、意外に和風だなということ。自然が舞台になっているせいだと思った。

    アクションシーンは、バルサが短槍使いということもありあまりバリエーションはないが、まあ、時代劇のチャンバラシーンを見ていても飽きないのでいいかなと。

    精霊の守り人などにナンタラカンタラという少し長いカタカナ名が付いているが、結局覚えられず適当に読み流した。(子供だとすぐに覚えるだろうから、それが物語に没頭できるか出来ないかの差かなと思った)

    バルサが助けるチャグムという子や、幼なじみのタンダなどはキャラが上手く描けていたと思うし、謎をとくための古い文献や妖術使いなどのお約束グッズ/キャラが出てくるのも良かった。

    心理描写が長い恩田陸さんと上橋菜穂子を足して二で割ったような作者が書いたらもっとのめり込めたかな?と思っていたら、なんと、本の最後の解説を恩田陸さんが書いていた^^;

    この本を借りた後、綾瀬はるか主演でドラマ化されると聞いて、いいタイミングで読むことが出来たなと思った。

    おっさんなので、そんなに没頭できなかったけど、若かったらこの世界観が好きになっただろうと思えるので星4つとなりました。

  • 2014.4.29 am4:07 読了。徹夜。面白すぎる。のめりこんであっという間に読んでしまった。想像以上。著者が文化人類学者であるからか、随所で現実の出来事をモデルにしたと思われる描写が見られる。ヤクーはアボリジニを連想した。サグとナユグという世界観もどこかで見た気がする。現実を投影して物語を構築し、物語を通して人々に現実世界の本性を伝える。双方向の関係。目の前のことだけに目がくらんで、性急になりがちな現代。このような、世界の枠を、自分自身が認識している世界の大きさを知らせてくれるような物語は不可欠だと思う。恩田陸の解説における「生きていくということは、この世界についての自分の地図をつくること」という言葉や、M.エンデと似たような考えを述べていたことが印象的だった。これは全巻揃えるべきか…!次巻にも期待。

  • バルサは今年三十。―p14より
    とあったけど、三十歳の女の人が主人公の話って珍しくない!?ファンタジーの主人公にしては、おばさんすぎる!

    「十一、二の子ってのは、いちばん命の力が強い時期だって、ヤクーは信じていたんだ。七つより幼い子ってのは、まだ魂がこの世にしっかりととどまっていなくて死にやすい。十四、五になると、つぎの命を産みだすために身体が準備をはじめて、そちらに力をとられてしまうってね。」―p336より
    ともあった。チャグムは十一、二歳の男の子。

    設定から引き込まれる話だった。面白かった! 解説にあったように、アイテムやキャラクターが多いだけの、すぐにゲーム化されそうな異世界ファンタジーではない。守り人・旅人シリーズ、1作目。これは最後(10作目)まで読まなくっちゃ♪

  • うーん? 評判がいいので期待しすぎで読んだのかもしれない。
    世界観はしっかりしていると思う。でもしっかり地に足をつけた設定であるがゆえに、翔ぶことができていないのかな…という印象。登場人物はそれぞれにもっともな言い分があって、各々の信念を基軸に行動している。誰も彼もが「いいひと」で、共感の余地がある。だからこそ共感しきれない。単純な勧善懲悪がいいというわけではないけれど、どの立ち位置にも納得のいく言い分が用意されていて、これほどに「悪いひと」がいないと、さすがに少々胡散くささを感じてしまう。…私が素直じゃないからかもしれませんが、用意された信念に従って行動する登場人物群に、覚悟も葛藤も感じられなかった。
    描写は素朴で、やや平坦かもしれない。固有名詞がアジア系(非欧米系)を狙いすぎているような? この辺りは完全に好みの問題なので、私の好みではなかったというだけですが。

    戦闘シーンが多いけど、迫力はあるのに生々しさに乏しい、かなぁ。傷を負う描写にも痛みを自分自身に投影することはなかった。作者が創作したストーリーのまま、プロットをなぞって怪我をしているように感じられた。

    巻末の解説で「母国語で読める」幸運とありましたが…ううーん?(やー、指輪やゲドを引き合いに出してるけど比べるほどにはファンタジーとして追いついていないんじゃ…私、指輪にもゲドにもそこまで思い入れないけれど)

    全体を通して深みが足りないのかな…世界の息遣いが感じられない。最初に書いたように読む前から期待が過剰だったのだろう。シリーズ続刊を読むかは現時点では未定。読み進めていけば高評価の理由がわかるかな? と期待を捨てきれず迷っているところ。

    (本編には関係ないツッコミだけど、解説、「有象無象の異世界ファンタジーが世界中に溢れた」のはハリポタ以降のことじゃないと思う)
    -----------------------------
    別の場所で『精霊の守り人』について書いた文章を追加します。参考までに。(2016/10/06)

    (前略)
    「大人も充分楽しめる児童文学」というフレーズを前もって聞かされていたら、期待するのは正直に「モモ」とか「果てしない物語」レベルだよね…。これは「児童文学だけど大人も楽しめます!」と期待を煽ってしまった売り手側の甘さに責があるのであって当の「精霊の守り人」という物語自体に落ち度があるのではないとは思うんですが。

    ただ「精霊の守り人」という物語は、とても精巧につくられた「箱庭」世界のように私には感じられました。
    文化人類学という分野を研究する作者が、その知識と経験をつぎこんでつくった、ほぼ完ぺきな「箱庭」世界。
    地理、歴史、神話、伝説、人種、民族、気候、風土…。そういった要素を考慮して、現実にありうべき精巧さで創造した世界。
    知識と経験をつぎこんでつくりあげたその文句もつけようもない「箱庭」に、登場人物と物語を付与して披露された小説。
    登場人物のそれぞれにも背景と価値観、それぞれの正義を用意してあって、精緻に設計された小説。

    でも、箱庭、というだけ。
    というのが率直な私の感想です。
    文句のつけようもない、歴史やら地理やらの背景を用意された世界。学問的には完璧なモデルケースなのかもしれない。
    でも箱庭でしかない。
    もっと、学問的にはありえない、突拍子もない、理論的には成立しない、奇天烈な、ファンタジー世界設定で描かれた物語でも、もっとずっと圧倒的にこちらを巻き込んで物語られる小説は存在して、私はどっちかといえば、そちらのほうに高評価をつけたい。
    小説って結局は虚構です。ファンタジー小説に限らず、小説というものは虚構です。嘘です。たとえ私小説であっても、小説である以上は虚構がある。嘘を物語ることによって、真実を語る。嘘を通して真実を示す。それが小説だと思っています。
    どれだけもっともらしい世界を構築できるか、ではない。
    そこに築きあげる世界が理屈にかなってるか、あるいは薄っぺらいか、ではない。世界の信憑性は正直なところ、あってもなくてもかまわない。
    そこで何を語るか、なのだと思うのです。

    世界の重厚さに比べて、「精霊の守り人」という物語で語られる物語は、あまりにもありきたりで薄っぺらい、ように私には見えました。登場人物も、設定が現実的かとかではなく、その人物に真に迫る覚悟が感じられない。
    児童文学として子供に薦めるなら、「果てしない物語」のほうを挙げたい。「大泥棒ホッツェンプロッツ」とか「エルマーと竜」とか「ぼくは王様」とか「ドリトル先生」とかね。いかに学問的に整合性のある「世界」か、よりも、たとえ破綻があったとしても生き生きとした「世界」を、躍動する登場人物の笑顔や涙に読みながら巻き込まれる感動を、子供には味わってほしいかな…。
    (注・例として挙げた物語には世界設定に破綻があると言ってるわけじゃありません)
    (後略)

  • 古代の日本やアジアを思わせる異世界でのファンタジー。小学生の頃、大すきでシリーズ読破した覚えがある。にもかかわらず、内容はすっかり忘れちゃってたので、15年ぶりくらいの再読。

    さっぱり覚えてないおかげで、新鮮な気持ちで楽しめた。上橋菜穂子さんの物語り、世界観の構築はさすがだと思う。また、登場人物の心の機微や、食事や住まいの様子など人々の「生活」を描くのがとても上手。でも、お話としては『狐笛のかなた』の方がすきかな。

    上橋菜穂子さんや荻原規子さんに、児童文学の世界に息づく現代日本のファンタジーは支えられているんだなと。あと、文庫版の解説が恩田陸と神宮先生でびっくり。

  • おもしろい。
    話の流れがどうのというよりは、人類の歴史と、人々が考えてきたことと、それがどういう風に伝えられて現在があるかということがすごくリアルで。
    長い時間を経て、すっかり形骸化してしまった文化や風習。忘れられたものがあれば、新しく始まるものもあるし、意味も分からずとも続けられるものもある。変化していくことそのものにこそ、時代を読むための重要な意味があったりもする。
    これは、人類が創ってきた文化の物語。

全1034件中 1 - 10件を表示

精霊の守り人 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

精霊の守り人 (新潮文庫)に関連するまとめ

精霊の守り人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精霊の守り人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

精霊の守り人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

精霊の守り人 (新潮文庫)の作品紹介

老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。建国神話の秘密、先住民の伝承など文化人類学者らしい緻密な世界構築が評判を呼び、数多くの受賞歴を誇るロングセラーがついに文庫化。痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。

精霊の守り人 (新潮文庫)の単行本

精霊の守り人 (新潮文庫)のKindle版

精霊の守り人 (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする