精霊の守り人 (新潮文庫)

  • 7353人登録
  • 4.19評価
    • (1487)
    • (1067)
    • (735)
    • (37)
    • (10)
  • 1012レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2007年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302720

精霊の守り人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドラマで見て面白そうなので。
    続きも読みたい。

  • バルサが強くてかっこいい。世界観がしっかりしていて、まるで保温等にその世界が存在しているかのように感じられた。

  • 巧妙な謎解きの要素、爽快なアクション要素、日本の文化的要素。
    いろいろな要素がうまく融合されていて秀逸!!

  • 小学生のときに挫折したこの本を大学生になって読み直した。私はやっぱり上橋菜穂子さんのこの世界観が大好き。内容もぎっしり、疾走感もあって大満足だった。早く続きを読まなくては。

  • 同じファンタジーつながりということで、義母からの推薦図書。
    ただ、『図書館の魔女』の直後では軽すぎて、読みごたえに欠けたかなあ。
    おもしろかったけど。民間伝承が権力に曲げられてるのとか。
    さて、続きを読むべきか否か…

  • 夢中になるファンタジー。
    でも現代に通じるものもあり。

  • 話題なのは知っていたけど、シリーズ系はなかなかいろいろタイミングが合わないうちは読み始めない。
    自分の波長が整って読み始めたら、見事に引き込まれる。
    この感じは「DIVE!!!」以来かも。
    ファンタジー、児童文学好きなら読んでおいてもよいと思う。
    人間の心を読み解くのが好きな人も、読んでおくとよいと思う。
    ただ、次々に読みたくなるので注意。

  • ファンタジー小説。

    情景もわかりやすく、読みやすかった。
    精霊の「卵」を宿した少年を守り、国の伝説の真意を追う、短槍使いの女用心棒バルサ。
    綾瀬はるかなイメージではなかったけど、、

  • 新潮の100冊にも入っているようです。

    とっても素敵な物語。

    ファンタジーと 読まずにいるのは あまりにもったいない。
    これを前から読んでいた子どもたちがうらやましくなりました。

  • はじまりの本が一番最後になってしまいましたが、やっぱり面白い‼︎
    ここから物語がはじまったんだな^ ^

  • 読みやすい。面白い。直ぐに読み終わった。シリーズが長くて読むのを躊躇っていたが、直ぐに全部読めてしまいそう。ドラマ見てから読んだけれども、やはり原作を読むと表現したいことや伝えたいことなど、深く知ることができて、違う。原作を知ることは良いなぁ、と思った。

  • ファンタジー小説。精霊の卵を宿し「精霊の守り人」にされた新ヨゴ皇国の皇子チャグムを守り闘うバルサの物語。

  • 2017/2/11再読
    ラルンガとの戦いっぷりとか、ちょいちょい覚えてたのと展開が違った。アニメとちょっと変えてるのかな?多分記憶にあったのはアニメ版のエピソードだ。
    けど、本筋は変わらないし、ラストのバルサが「連れて逃げようか?」って言って、チャグムが「それは他の子のために取っといて」って断る件が泣ける。バルサの格好良さとチャグムの聡明さというか覚悟を決めた強さが際立ってるようで、好きなシーン。

    その他、
    ・zwb

  • うきうきしながら読んだ。

    最後にバルサとチャグムが別れるところで、チャグムが「このままバルサとタンダと冒険していたい」と泣いたところが悲しかった。
    でも、裕福な暮らししか知らずに皇帝になるよりも、自分で考えて生きることの大切さを知ったチャグムなら、事実のままに歴史を記録して、100年後の旱魃の危機もきっと無事に乗り越えられる国に変えていけるんだろうなと思った。

  • ドラマ視聴後に読了。
    ドラマはオリジナル要素があることがわかった(もしくは今後の物語の先取り?)。
    ファンタジーといえば西欧的な世界観をイメージするけど、このシリーズはもっと「オリエンタル」なかんじ。呪術とか星読みとか。シリーズの中の世界観が確固としていて安心して読めるし、描写が丁寧なので想像しながら読むことができる。読者にやさしい地図もついているので、見ながら読み進められるところも◯。
    ドラマになるまで存在を知らなかったがもっと有名・人気になっていいと思う作品。

  • 壮大な物語の始まりの布石が見えていてわくわくします。

  • 老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。
    精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。

  • 作り込まれた世界観。
    引き込まれました。戦闘シーンも興奮しっぱなしで、さらっと読めます。シリーズで読みたいです。今日買いに行きます。

  • テレビの総集編を観てから手に取った作品

    やはり小説は面白い!!
    主人公のバルサ・幼馴染のタンダ・トロガイ・チャグム
    登場人物がみんな個性的で、面白い。

    「獣の奏者」は読んでいたが、こんな面白いファンタジーがまだあったとは・・・。
    この先がまだ9巻と短編集があるとか。

    今年はこの作品を読み進めて バルサとともに旅をしたいと思う。

  • 守り人シリーズ第1巻。女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムを命辛々救う。チャグムはその身に“精霊の守り人”を宿らせていた。

    星を読み<天の声>を聞く聖導師、帝に仕える<狩人>の存在、バルサを支える薬草師タンダと呪術師トロガイ、“精霊の守り人”の卵とそれを狙うラルンガ<卵食い>、大旱魃の危機に瀕したヤシロ村。
    運命に翻弄されるチャグムを守ることで、同様に幼い頃に故郷から逃げることになったバルサは、自身を不器用に守り育ててくれた養父ジグロに想いを馳せます。

    「児童文学」という枠には収まりきらないほどの重厚な世界観と険しく続く冒険。守り人シリーズはどこから読んでも良いとは聞きますが、やはりこの第1巻をまず手に取ってほしいと思います。多くを語らずとも強い意志で使命を果たそうとするバルサという女性をはじめ、個性的で魅力的な脇役にぐいぐいと惹かれていき、気付けば物語のとりこに。

    読後は大団円、の一言では済ませられない部分を多く含んでいます。しかし喜びも哀しみも抱えながら人は前に進むもの、という実直で熱い決意を感じるラストはとても心地良いものでした。バルサの旅路をこの先も見届けたくなり、早速次の巻に手を伸ばそうと思います。

  • ザ!ファンタジー!
    バルサの行き方、チャグムの成長。最後まで自分もハラハラドキドキした世界観に引き込まれていました。
    母が大好きだったので実家にはほぼ全巻そろっているのだけれど。獣の奏者はよんだのにこれはずっと読まず嫌いで後悔。
    NHKも始まり、いざ読んだら面白い。シリーズ読みます。。

  • これもまた、確実にひとつの世界と歴史を作り上げているファンタジー。児童文学として上梓され、子供にも大人にも楽しめるファンタジーを願って書いたとのことだが、その目論見は見事に当たったと言える。語り口はソフトだが、内容はハード。

    恐らく背景となる設定には、言語や度量衡に関するものもあるんだろうな、と思わせる緻密な世界観と、王道的な貴種流離譚が組み合わさり、しかもキャラが立っていれば面白くならないワケがない。

    個人的には、戦闘描写にやや不満はあれど、全体のバランスを崩すではなく、世界を楽しんだ。

  • 『精霊の守り人 悲しき破壊神』
    NHK/毎週土曜放送
    2017年1月21日から

全1012件中 1 - 25件を表示

精霊の守り人 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

精霊の守り人 (新潮文庫)に関連するまとめ

精霊の守り人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

精霊の守り人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする