夢の守り人 (新潮文庫)

  • 4485人登録
  • 3.96評価
    • (600)
    • (717)
    • (608)
    • (34)
    • (2)
  • 432レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2007年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302744

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夢の守り人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 守り人シリーズ第3巻。人を魅了させる見事な歌を歌う放浪の歌い手ユグノ、眠り続けるタンダの姪である少女と新ヨゴ王国の一の妃、期せずして人鬼化してしまったタンダを救おうとバルサたちは奮闘する。

    1~2作目は王国単位の騒動でしたが、本作は大呪術師トロガイの過去を中心に“人の内面”に焦点を当てた展開となっています。
    現実が辛くて辛くて堪らない時、「いっそ全てが夢ならば」「いっそこのまま夢から覚めなければ良いのに」と強く願う瞬間があるかもしれません。本作ではその先、の恐ろしい世界を少し垣間見せてくれたように思います。夢を願い、夢に自ら入ったつもりが、気付けば夢に取りこまれ手遅れになることも。自力で目覚められる人もいるでしょうが、一人の力ではどうしようもない時もあります。そんな時は――やはり信頼し合える家族や仲間の存在が大きな原動力に。

    夢や「サグ」や「ナユグ」を行き来し少し複雑に感じた場面もありましたが、シンプルに見るとバルサやタンダたちの、血のつながりを越えた先にある強い絆を感じられる1冊でした。

  • 守り人シリーズ三作目。いよいよ乗ってきちゃって休日でもないのに1日で読了。は~楽しい。

    今作は呪術師のタンダとトロガイの物語でした。
    が、まず言いたいのが、バルサとチャグムの再会!
    感極まって泣いてしまったよ。笑
    その前のタンダがチャグムを助ける場面の台詞にもぐっときたし、チャグムの成長も感じられて嬉しかった。

    そして花守りと化してしまったタンダを守ろうとするバルサの姿にも涙。
    タンダを殺すくらいなら自分が死んだほうがいいと思うなんて...改めて二人の絆の強さを感じました。
    タンダも言っていたけど、タンダとバルサとチャグムは血こそ繋がっていないけれど家族なんだなって。たとえ離れていても想い合い、支え合って生きている.....だめだ。また泣けてきちゃう。

    解説に「よいファンタジーには、悪人はいない。良い人の悪い行動があるだけである。」という文章があったように、今回は特に誰のせいでもない、事故のような出来事だったなと。
    とにもかくにもタンダが戻ってこられてほっとしました。

  • 夢から目覚めぬ娘。
    娘の魂を捉えた歌唄い。
    現実に帰りたくない魂を糧に生きる花。

    現実を生き抜くバルサ。

    こころをつよくもつのです。

  • 「行きて帰りし物語」という言葉がある。どこが出典だったかと調べるとトールキンだった。ファンタジーの一つの類型として、異世界へ「行って」そこからちゃんと「帰ってくる」物語というものがある。いつもファンタジーを読む時に、頭のどこかにある言葉の一つだ。異世界へ行ったままではだめなのである。ちゃんと帰ってこなければならない。ちゃんと帰ってこそ、その勇気と功績を称えることもできる。

    『夢の守り人』は、タンダが夢の世界へ行って帰ってくる物語だ。タンダが自分を見失わず、帰ってくる。その姿に胸が躍る。これだけでも十分読み応えがあるが、この夢の世界の意味するところが深い。私たちの人生とか、意識や無意識といったところへ鋭く迫ってくる内容。解釈はおそらく幾通りでもあるが、読んだ人がそれぞれ、自分のことに引き寄せて読むのが一番いいのだろう。

    「花」をめぐる会話や文は、人生の折々で自分の境遇の例えに引けるような強度を持っていると思う。
    「あの中で、「花番」が~と言うところがあるだろう。あれはこういうことなんじゃないのかね」と、仮想の対話を思い浮かべる。

    『闇の守り人』の時にも思ったが、人間の「怒り」が美しく、崇高に表現されている。それはファンタジーという枠組みを使わないと難しいことだ、と改めて思う。

  • タンダ、ひどい目に遭ってるなぁ…まさかのバルサとの戦い。
    でもジンやトロガイ、シュガにチャグムなど、懐かしい人達が勢ぞろいしていて、わくわくする。そういや『闇の守り人』はバルサがカンバルに帰っての話だから、彼らは出てこなかったんだ。
    トロガイの過去にも驚いたけど、『夢』についての話は深い。「夢を見ていた方がいい、戻りたくない」と思うほど現実がつらいことは確かにある。そこに居続ける人と、やっぱり厳しい現実に戻ってくる人との違いって、たぶん本当に些細なものなんだろうな。

  • 読み始め…16.10.21
    読み終わり…16.10.23

    守り人シリーズの3作目は 「夢」 です。

    現実に強く願う夢や希望や憧れを
    寝てみる夢の中でみたことはないけれど
    そんな夢をもし夢でみてしまったら
    きっと覚めたくないと思うでしょう。
    このまま夢の中で生きていけたら
    どんなにいいかと思うでしょう。
    そのうえその夢から
    覚めなくてもいいと言われたら
    覚めなくてもいい方を選択してしまいそうです。
    それが現実のなかでは
    死を意味するなどとは知らないまま....

    よくよく考えるととても恐ろしいです。
    そんな夢をみてしまって
    引きずり込まれてしまったらどうしよう。

    そんな人の夢を糧とする異界の花の
    恐ろしい魔力に囚われてしまった
    姪を救うため、薬草師タンダが立ち向かいます。

    がしかし....タンダ自らも囚われの身となって
    人鬼と化してしまい、そこにバルサが
    一役買って幼馴染を救う戦いに挑む――

    年齢不詳といわれている呪術師
    トロガイの過去にも深い関わりがあり
    若かかりし頃のトロガイのことを知ると
    守り人シリーズとしての世界感にも
    より深みが増したように感じられました。

    チャグム皇子も登場します。
    たくましく成長していて頼もしい !
    今後の期待も膨らみます♪

  • トロガイにそんな過去があったとはっ!(;゜∀゜)夢って美しく癒されるものだと思っていたけれど、囚われてしまうと恐いな(--;)そんな夢にも惑わされないバルサが少し可哀想な気がした(T-T)タンダは優しいところが良いところだけど、優しすぎるよ‼(>_<)バルサとタンダって恋とか愛じゃなく魂で繋がっているんだな~(*´-`)

  • シリーズ3作目。
    精霊から何年後かの物語でチャグムやシュガが再び登場。
    前2作品と比べ話が現実と夢の狭間というちょっとややこしく感じた。
    けれど、登場人物の過去の話や精霊以後の成長、再会により楽しみながら読めた。
    精霊を書いていたときからシリーズ想定していたのかな。気になりました。

    守り人シリーズ今後の展開楽しみです。

  • 守り人シリーズ。花に魂を奪われたタンダを救うため力を尽くすバルサたち。自然とイメージされる風景がとても幻想的。少し成長したチャグムが登場し、バルサたちと再会できたのも良かった。

  • 守り人シリーズ第三弾!
    花とか夢とかの理屈がよくわからなかったが、やはり物語に惹きこまれて一気に読ませる力はスゴイ!

    現実を逃れて夢の中で生きていけたらと思うこともないではないな。

    バルサがだんだん過去から解放されていく。
    タンダとバルサの関係っていいな。
    女バルサの方が強くて、男のタンダの方が癒し役ってのがいいな。

  • 今までの守り人シリーズの中で、内容をきちんと理解できなかった気がする。
    魂とか命とか花とか、ちょっと分かりにくい。
    チャグムとバルサの再会はとても良かった。

  • 上橋さんの本を片っ端から読み出してから、今回初めて少し読むのが苦しかったです。
    何故なんでしょうか…文章があまり入ってこなくて。
    トロガイの過去だったり花の設定だったりは興味深く思ったのですがどうしても斜め読みになってしまいました。

    チャグムとの再会までの成り行きはとても面白かったですし、再会シーンもすごく良かったです。

    よくよく考えられたお話であった故に一度取り残されるとついていけなくなってしまう物語な気がしました。
    もちろんそれは私が悪いんですけどね。

    また次も読みます。

    2012.12.11

  • もし自分に諦めきれない夢があって、それは現実の世界ではかなえられないけれど、ある世界ではそれが叶っているなら、私は現実の世界に戻ってくることができるのかな?
    派手なアクションは控えめだけれど、前2作と違い、美しく切ないものがあります。雰囲気も少し異なるけれど、引き込まれる世界観はそのままです。
    タンダの師・トルガイにも若い頃があり(当然だけど)、道を誤ったりすることもあったのだとなんとなくほっとしてみたり。チャグムの再登場が嬉しかったり。
    人間の一生は短く、夢より現実のほうが辛辣ではるけれど、現実のほうが愛しく美しく大切であると感じました。心の奥に響くように語られる物語です。

  • 幸せと不幸の量はやっぱり一緒なんだろなーと思った。

    最近人生って、しんどいことのほうが多いんじゃないかなって思ってたけど、この本を読んで、そうじゃないって思った。
    幸せと不幸の量は一緒。
    不幸と同じだけ幸せがある。
    それを見る力とか覚悟とか勇気とかがあるかどうか。

    不幸の量が多い人は、そこから幸せを見出せると信じられた人なんだと思う。

    べつに世の中は不公平じゃないね。

    私は、しんどい人と出会うことが多い職業だけど、
    私はこの仕事がその人たちに直接的には影響を与えられるとは少しも思ってない。
    でも、私にできることは、その人たちが、
    不幸から同じだけの幸せを見出せることを信じてそばにいることだ。

    まずは、私が、
    自分を不幸だと思わず生きていかなきゃな。

  • 読まないで手元に置いたままだったのがものすごくもったいなく思う。
    もう一度読みたいですね・・・!!

  • かっこいい無敵の女用心棒バルサが活躍するこのシリーズは、彼女の活躍の爽快感、痛快感と共に、彼女自身が、自分の在り様・・生き方に疑問を持ち、少なからず苦悩しているところが、なかなかに奥深くて、ジャンル的には児童書なのですが、大人が読んでも十分満足できるファンタジーです。

    今回は、呪術師という、普通の暮らしからはみだしてしまった師弟が人生について考える。そんな話。

    今いる場所は、自分のいるべき場所ではないかもしれない。どうしても拭えない居心地の悪さ。多分、大人になる手前の頃に、何となく人生の先行きが見えてしまい、誰もが一度は突き当たるそんな思い。トロガイ師とタンダは、その居心地の悪さを敏感に感じ、普通の村人の生活を捨てて呪術師になった。

    でも、一見、自由に見えるその生活は、誰にも守ってもらうことの出来ないアウトローの生活であり、社会の枠組みから外れて、「自由」を手に入れるということは、「孤独」と隣り合わせなのだということ。それによって失うものは、決して少なくないのだという現実。「自分で生き方を選ぶ」とは、どういう事なのか。その辺がちゃんと書かれていて、少年少女には、興味深い内容なのではないかと思います。

    今回タイトルになっている「夢の守り人」とは誰の事なのか?という事に気づいた時、闇に飲み込まれそうになるバルサの心を守っているのは、間違いなくタンダなのだと・・それがタンダの愛の形なのだと気づかされて、ちょっとほんわかした、いい気分になりました。

    「精霊の守り人」では、威勢のいいバルサ姐さんに、いつも置いてきぼりな感じのタンダでしたが、本作では、二人の心はちゃんと繋がっていて、お互いかけがえのない存在で、支え合って生きている・・という事が本当に良く分かります。結婚という枠にハマっていなくても、もう二人は夫婦同然なのですよね。社会の枠から外れて生きる彼らには、そんな枠など、すでに気に止めることではないのかも知れません。

    手の届く所に、自分の心の拠り所となる人がいる。それだけで、彼らはしあわせなのですから。。

  • 守り人シリーズ 第3弾

  • 守り人シリーズ3作目。
    チャグムとバルサそれぞれの運命が交錯、つかの間の再会を果たすのが泣かせます。
    バルサは奴隷商人に追われていた青年を助けます。
    若く見える彼じつは妖精に魅入られた歌人でした。
    一方、村ではタンダの姪カヤが眠ったまま目を覚まさず、魂が抜けている様子。
    タンダは師トロガヤに相談しますが…トロガヤには思いがけない過去が。
    皇太子として宮廷に暮らすチャグムは、皇帝になりたいと思わず沈んだ気分でいる。
    宮廷では一の妃が眠りから目を覚まさないという事態が…
    カヤを助けようと魂を呼ぼうとしたタンダは、花守りに取り込まれてしまいます。
    力を合わせて事態を解決しようと動くのが心地よく、夢見て眠る世界も存在感有り、さすがです。

  • 【人の夢を糧とする異界の“花”に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は“花”の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた“花”は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌い手ユグノの正体は?そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは?】

    守り人シリーズ第三弾。
    今回はトロガイの過去が描かれています。
    主役がタンダではないからか
    前2作品のような激しい格闘シーンは少なかったですが、
    タンダを想うバルサの気持ちがひしひしと伝わる心打たれる作品でした。
    夢の中の世界で生きればきっと幸せが続くのだろうが・・・
    私は現実を生きたいですね。
    シリーズ3作品は違う話から成り立っているものの
    繋がってる部分も多いので、
    このシリーズを読むならやはり
    【精霊の守り人】から読み始めることをお薦めします。

  • 「精霊の-」「闇の-」と、前の2作が活劇系のストーリーテリングだったので、「バルサはこれからどこへ行くの?」と思っていたところの第3作。こうきますか!

    前作2作の活劇のイメージが強かったせいか、最初の歌い手のエピソードの展開を飲み込むのに少し時間がかかりました。ですが、そこからの展開は「人の心」「人の思い」の問題に入り込み、哀しくも美しい世界が広がります。

    バルサはこの話ではどちらかというと脇役に回り(「精霊の」メンバーも要所要所で登場しますが、こちらもそんな感じ)、呪術師トロガイと弟子のタンダが前面に出てきます(アニメ版のタンダはあまりに男前で、驚きながらも見るのが楽しみ♪)。今まで出てきた別世界「ナユグ」とは別のある世界を抱えることになったこの2人(正確にはもう1人いる)の過去と、あるきっかけで暴走しはじめたその世界のかかわりが、それはそれは美しく甘やかなタッチで、時にはやりきれない思いで語られます。

    この愁いを帯びた美しさはどこかで…と自分の読書体験を探ってみたところ、おそらく、菊地秀行さんの「吸血鬼ハンターD」シリーズの「薔薇姫」「昏き夜想曲」の世界に似ているような気がします。人間に圧倒的な敵意を持っているわけではないけれども、人間の奥にある弱さを取り込んで、美しい花や歌で別の世界に引きずり込んでいく存在。それに、日常の世界から外れた人々のありようを素晴らしくうまく描いている点が共通するようにも思います。

    シリーズものを読んでいると、3作目くらいで中だるみする作品が結構あって「もういいや…」と思ってしまうのですが、この巻は「そういうロマンチックテイストな持っていきかたがあったとは!」とすっかり上橋マジックにやられてしまったのでこの☆の数とします。

  • 守り人シリーズ第3弾。今回はタンダとトロガイが活躍します。バルサはちょっと脇役っぽい感じ。
    夢の中に誘われた人たちをいかに助けるか、呪術師コンビが大活躍。ただし、夢の中の花のくだりや動機などが少々わかりにくく、情景を想像しにくかった。お話自体は面白かった。

  • 呪術全開。
    裏の世界が表に漏れ出し、渾然一体となる。

    母親の愛情(というか本作では執着か)の強さが世界を狂わせる。

  • どちらかというと、タンダとトロガイ師が主のお話。はぁ、人間離れしてると思ったけどやっぱりねぇって感じでした。それにしてもタンダは本当優しいですね。男顔負けのバルサとお似合いです。前巻が全くタンダが出てこなかったので、もうちょっとバルサとの絡みが欲しかったなあというのが本音です。タンダ好きなんで。人生を生き生きさせるのが夢、人生をダメにするのも夢、夢って怖いものなのかもしれない。

  • 今回もはずれなく、楽しめました。
    夢、居心地がいい世界だよね。
    誰しもが抱く世界。そこに留まるか、現実に戻るか…
    私はやっぱり、つらくても現実がいいかも。

  • 守り人シリーズを薦めてくれたTさんにとってベストと相当期待値上げて読んだ。
    時々感じる夢から覚めたくないという思いを超えて、自ら夢の世界へ入り込み帰りたくなくなってしまう。夢の世界いると現実世界での身体がボロボロになってしまう。この世界観が好き。
    夢と現実微妙な境界とか、トロガイの人間味あるとことか、彼らに見えるものがあるからこそ普通の村で生きていけないとこの展開とか良いし、カヤの感じる先が見えることへの空虚さみたいなの共感できるし、、面白い。。

    あとがきがささる。「眠って見る夢と憧れてして追い求めるものを、なぜ人は、同じ言葉で表現してきたのでしょうね。」「日々の暮らしをこつこつと営んでいく人という生き物が、いま生きている現実ではない何かを心の中で思い描くーそれこそが「夢」で、それは遥か彼方にあるものだからこそ輝いて見える。」
    あとがきを読んでから本編を読むとまた楽しめるかも。

    が、ファンタジー過ぎる終わり方なんが残念。

    別のとこに書いたメモ
    好きだからこそ、クライマックスの終わり方が物足りない。トロガイ、タンダの夢から現実に引き返すことを促す言葉が僕には響かなかった。夢に縋りたいとどっかで思ってる自分には、彼等の言葉が響かなかった。それと歌い手をもっと共感できる存在にして欲しかった。彼も「外れた人」で生まれた「場」から、外れざる得なくなってしまった人、バルサにすら理解されないあの価値観にも、分かってもらえない喜びや哀しみがあるはずで、、その葛藤を含めて人間味溢れた存在にして欲しかった。が、小説読んでここまでこうなって欲しいこうならいいのにって思うのも久しぶり。
    あとがき含めて、いい本に巡り会えた。

全432件中 1 - 25件を表示

夢の守り人 (新潮文庫)に関連するまとめ

夢の守り人 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢の守り人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢の守り人 (新潮文庫)の作品紹介

人の夢を糧とする異界の"花"に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は"花"の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた"花"は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌い手ユグノの正体は?そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは?いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾。

夢の守り人 (新潮文庫)の単行本

ツイートする