虚空の旅人 (新潮文庫)

  • 3882人登録
  • 4.20評価
    • (687)
    • (653)
    • (327)
    • (10)
    • (0)
  • 406レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302751

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

虚空の旅人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【再読】

    チャグムが主人公となり、舞台も新たな国。今までとは違った雰囲気を持った話だったけど、面白さは変わらず。むしろ新たな展開にワクワクした。明らかにスケールが大きくなっているし、ファンタジーだけでなく、大河モノとしての面白さも加わっている。様々な国の思惑、そして人々の思惑、いろいろ絡まってくるのにスッキリとした読みやすさがあるのはさすが。王家以外の、民や今回のラッシャローのような存在のお陰かと。重くなりすぎない。
    チャグムも他の国の王家と触れあうことで、より自分を見つめ直していたように思う。国が違えば、制度も信じるものも違う。何が正解とも言えないけど、チャグムは真っ直ぐに進んでほしい。そしてやっぱりシュガが好き。笑

  • この話は、シリーズのターニングポイント。単発の話から、大きなシリーズへ、ヨゴを舞台にしたファンタジーから、様々な国、人、文化によって織りなされる叙事詩へと、シリーズの世界が広がっていった、きっかけの話。ファンタジーではあるが、同時に、国と国の戦いの気配、政治の世界が広がっていく。強い恐ろしい国、タルシュ帝国に狙われて、新ヨゴ皇国らの国々は、どうなっているのか、ハラハラ心配が始まる。

  • タイトルに「守り人」が付いてない・・・と思ったら、バルサは出てこなかった。

    本作で一気にスケールが大きくなる。

    いろんな登場人物の視点を丁寧に描く著者の視野の広さ、土地の痩せた北国を描いたかと思えば、豊かな南国を描く著者の想像力の幅の広さには感動する。

    恥ずかしながら、小谷真理さんの解説で指摘されるまで、ジェンダー倒置がいろんな視点から試みられていたことにも気づいていなかった。
    続きを読むときの楽しみが増えた気がする。

  • 作者後書きにて、シリーズ化するつもりはなかったという事で驚き。
    登場人物皆魅力的なので。
    今作を執筆し、続編の動きが出たという事で嬉しい。

    解説小谷真理氏。
    女性という立場を絡めての考察。ここまで考えなかった。。

    サンガル王国長女カリーナが切ないなぁ。。
    『踏み込んだ分だけ踏み込んでくれる』と某アニメのセリフを思い出したけれど
    彼女はそれが一番だと思っていつも決断しているのだろうし、たとえ他の方法があると気付いても、気づいただけで、一番とは認められず、結局彼女はそれを選ぶことは出来ない気がする。。。
    夫とは、今後どういった関係を築くのだろうか。
    それとも切り捨てるのだろうか。

    というのが一番の感想。
    何故に。。。
    いくら頭が良くても、本質や無邪気な人には、計算では勝てないし。。


    シュガもがんばるのだけれど、あの3人がいてくれたら。。と歯がゆく思ってしまったのが二番目の感想。



    勿論、チャグムの葛藤、決断は素晴らしいもので
    今後続編で彼等についてまた読めるのがうれしい。

  • 物語がテンポよく進んで行って、その流れに乗るように私も夢中になって行く。
    チャグムのお話で、精霊ではどんなふうにこの先成長をするにかなって思ってて、ここで成長ぶりが伺えて嬉しいやら、ドキドキするやらでした。

  • 物語は、南の豊かな海洋国、サンガル王国に移る。
    舞台ががらりと変わったせいか、一層色彩感が豊かに加わった気がする。

    この巻には、バルサが登場しない。
    サンガル王国の新王の即位の儀に参列したチャグムとシュガを軸に展開する。
    サンガル王国を足掛かりに、北の国々へ版図を広げようとするタルシュ帝国の暗躍。
    シリーズとしても、本作が大きな結節点になるらしい。

    カリーナ王女やサンガル王、新ヨゴ国の帝など、国のために人ひとりの命を顧みることのない人々と、そういう考えに激しく抵抗を示すタルサン王子やチャグムの対立が印象的だった。
    人を見殺しにしないという優しさと、それを貫く心の強さを育てているチャグムの成長が眩しい。

    海洋民ラッシャローの娘、スリナァの活躍も目覚ましい。
    タルシュの陰謀に巻き込まれ、家族を襲われた上に、その情報をサンガルの王都へ伝え、ナユーグル・ライタの目にさせられてしまった幼いエーシャナを救うため、八面六臂の活躍をする。
    そんな大活躍の割に、後悔ばかりしているのが不思議と微笑ましい。
    彼女はこの先、シリーズに出てくるのだろうか?

  • RPGで新しい大陸に行った時のような高揚感。バルサに命を助けられた皇太子チャグムが主人公となった本作は、南の島国に旅をし、その国で計られる陰謀に立ち向かう。これまでと全然違う政治劇な展開ながら、新旧キャラと物語の魅力で愉しまされる。

    幾つもの「正しさ」(あるいは正義)が交わることはそれだけで物語だが、それを分かった上で本作を翻弄し構成する作者の力量に感じ入る。チャグムの持つ意地、矜持、未来図、自分の運命的なもの、それらを受け入れて成長して欲しいと思う。まだまだ先が楽しみな物語。

  • 面白かった。
    チャグムの成長が著しい。

    サンガルの危機、タルサン王子の濡れ衣、スリナファ、エーシャナの運命どれも同時進行でハラハラしながら、あっという間でした。

  • チャグム&シュガの物語。バルサやタンダ、トロガイなどは、チャグムの回想という形でしか出てこない(しかも、ほんの少しだけ)。
    チャグムとシュガが海と共に生きる国・サンガルに行き、タルサン王子やカリーナ・サルーナ王女などと触れ合いつつ、彼らの危機を結果として救うことになる。チャグムが皇太子として国同士の難しい交渉をこなしたり、ナユグに引き込まれそうになりながら頑張って呪術師と戦ったりする、その成長ぶりに目頭が熱くなる。「うちの子、大きくなって…」みたいな。
    作中「顔の前に垂らした薄布」についてのやり取りが何度かあるのだけど、それが最終巻のあれに繋がるかと思うと感慨深い。いい話だった!

  • 上橋菜穂子の守り人シリーズ 第4弾

    今回は「守り人」ではなく、
    新ヨゴ国の皇太子 チャグムの他国との外交で起こる
    国家転覆の危機。

    少しずつバルサやチャグムの世界の諸国の情勢が分かり始めてきた。
    なかなか賢い女たちの攻防が面白い。

    もう少しラッシャローのスリナファが活躍するかと思ったのだが、個性的なキャラなのでもったいない気がした。

  • 今回はバルサ出てこないのね〜。なんて思いながら。新ヨゴ、カンバル国から更に舞台は広がってサンガル国。これも読み応えありました。
    チャグムの成長を感じました。

  • 2017.2.8
    みなさんレビューされてますが、チャグムの成長がうれしくなる本作。
    今後の展開が楽しみなのと、何度も読んでるのにまた精霊の守り人が読みたくなった。

  • 守り人シリーズ第4巻。新ヨゴ王国の皇子チャグムはシュガとともに、隣国サンガル王国の新王戴冠の儀式へ帝の名代として出席する。
    海の王国サンガル――血の気の多い男たちと国政を担う冷静沈着な女たち、漂海民、海底の民に魂を呼ばれた<ナユーグ・ライタの目>を持つ少女、そして背後に渦巻く陰謀……海を舞台に、各々の思惑と陰謀が交錯する。

    過去の厳しく辛い経験を経て、心身共に一回りも二回りも大きくなったチャグム。皇太子という立場に閉塞感を抱えつつも、他国との外交を堂々と卒なく対処していきます。広く物事を捉える冷静さを持ちながら、自身の信念にそぐわない事態には例え他者の問題であってもまるで自分のことのように全力で立ち向かう。シリーズの主要人物であるバルサ、タンダ、トロガイが揃って登場しない稀有な本作ですが、チャグムの言動の陰にいつも彼らの姿を浮かべることが出来ます。
    チャグムと、彼の善き理解者であるシュガの二人の関係に度々ぐっとくるものがあります。

    広く渦巻く陰謀という名の伏線を、終盤一気に回収する様はお見事。清々しいラストでした。

  • 守り人シリーズでチャグムがメインとなる物語。しかし、登場人物それぞれが主人公のようにかき分けられる文章力はさすが。また、文化人類学の知識・研究をもとに作り出された物語は、他のファンタジー作品と異なり、実在の民族に伝わっている神話や民話なのではないかと思わせるほど説得力がある。

  • チャグムのお話。
    チャグムが命をとても大切に思って、守ろうとする。
    バルサが出てこないのは残念だけど、ハマってしまいました!
    世界観にドキドキ。

  • チャグムがサンガル王国へ
    バルサが出てこないけど、チャグムの成長を感じる。

  •  チャグム頑張る。そして、シュガに夢を語りつつ、サルーナ王女との未来を感じさせるラストに、ああ少年成長物語はやっぱりいいなぁと。

     巻き込まれ型事件譚ではあるが、緊張感続く展開と、特にラスト近くにある疾走感ある描写は、著者の力量そのもの。
     バルサの持つ母目線での行動・言動に、多少なりとも辟易していたところ、チャグム主人公の物語の方が安心して読める感じ。

  • 前作よりさらに壮大なスケールに。海の王国、さらに遠くの大国とどんどん世界が広がってくるのですが映像が目に浮かぶよう。ストーリーも面白いのですが日本語の表現が美しいのも魅力的。続きも買わなくちゃ。

  • 2016/11読了。皇太子として成長したチャグムが初の外交行事で陰謀に巻き込まれ、政治的判断と良心の間でもがきながら解決に導く。

    バルサが出てこないのに驚いたけれど、シュガとチャグムが大活躍。若く未熟な2人が協力し合い、最善を尽くすさまが良い。いつの間にかこんなに堅い絆ができていたとは。

    複雑な駆け引きと呪術というファンタジー要素の両方がふんだんに盛り込まれ、本当に読み応えありました。例によって2回一気に読みました。

  • 今作では、守り人から旅人へと題名が変わり、舞台も新たな場所へ移り変わり、王国を巡る物語はさらなる大河へと導く。舞台が変わっても、物語の構成はしっかりとされ、様々な陰謀が渦巻く中、女性の力強さが感じられ、物語の壮大な世界観が表現され、王国を取り巻く状況が不思議な何かとつながっているのが感じられ、そこに生きる人々の様子などが丁寧に描写され、躍動感溢れ、面白く読めた。チャグムの人間模様、成長も感じられ、更なる期待を感じる。今後の彼らの関わりにも注目したい。あとがきからも物語の更なる壮大さ、新たな展開に期待。

  • 今回の舞台は海。今までは山や森だったから新鮮。バルサは全く出てこない。
    女たちが賢いのがサンガルの財産、というのが良い。少年少年たちが命をはって頑張っている。
    いろいろな人の視点から始まり、クライマックスに向けてひとつの事件に発展していく物語は好き。
    チャグムとシュガの絆が麗しい。
    この作者の作品は、いい人か悪い人かとはっきりしているのではなく、味方だけれども魅力的でない人がいたり、さまざまなキャラクターがいるから物語が現実味を帯びてくる。

  • どうやっても感想をうまく言葉にできない。悲しい。
    このシリーズのテーマはいつもシリアスで大真面目。

    まっすぐなタルサンとそれを助けたサルーナと、賢く冷酷なカリーナの対比。

    最終ページ
    「わたしは、あえて、この危うさをもち続けていく。天と海の狭間にひろがる虚空を飛ぶハヤブサのように、どちらとも関わりながら、どちらにもひきずられずに、ひたすらに飛んでいきたいと思う。」
    狭間とは、為政者が持たねばならぬ人民を切り捨てる冷酷さと、皇太子という身分にもかかわらず自身を危険に晒してエーシャナを助けた愚直な優しさ、の狭間だと解釈した。
    そのような強さは自分には無理そうだなと思ってしまった。

    解説は斜め上

  • 『守り人』はバルサが主人公。『旅人』はチャグムが主人公。4作目となる今作で初の旅人!チャグムがいいかんじで成長してて、嬉しい!

    「わたしは、あえて、この危うさをもち続けていく。天と海の狭間にひろがる虚空を飛ぶハヤブサのように、どちらとも関わりながら、どちらにもひきずられずに、ひたすらに飛んでいきたいと思う。」―p379より

    青年版チャグム、かっこいいわ!

    解説を読んで、「異世界」ファンタジーが、ナユグという別世界に限らず、サンガルという外国に広がっていることに気がついた。やっぱり面白い、深い作品。

全406件中 1 - 25件を表示

虚空の旅人 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

虚空の旅人 (新潮文庫)に関連するまとめ

虚空の旅人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚空の旅人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

虚空の旅人 (新潮文庫)の作品紹介

隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、"ナユーグル・ライタの目"と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が-。海の王国を舞台に、漂海民や国政を操る女たちが織り成す壮大なドラマ。シリーズを大河物語へと導くきっかけとなった第4弾、ついに文庫化。

虚空の旅人 (新潮文庫)の単行本

ツイートする