天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

  • 2841人登録
  • 4.41評価
    • (558)
    • (397)
    • (115)
    • (1)
    • (0)
  • 248レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302805

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最終章 第1部 
    タルシュ帝国のラウル王子の戦略に 何とか抗おうと海に飛び込んだチャグム
    その後の運命はまっすぐな清い彼の心を痛めつけていく・・・・
    ひどい目にあいながらも 新ヨゴ国の民のため 母や妹のため 奔走するチャグム

    そんなチャグムの消息を 危険を冒しながら探し続けるバルサ    会えてよかった~

    アスラや草兵の子などナユグが見れるオ・チャルたちがおびえるものは何なのか?

    急いで次を読まなくては。

  • タルシュ帝国のラウル王子の手から逃れ、ロタ王国と新ヨゴ皇国の同盟を願う為、単身ロタに乗り込むチャグム。
    チャグムの安否を心配し、行方を探し続けるバルサ。

    精神的にも肉体的にも、傷を負い、疲弊し、それでも前に進もうとするチャグムの姿に心打たれます。
    そして、それを大きな懐で包むようなバルサの愛情にも心打たれます。

    二人の旅を見るのは久しぶり。
    いろんな人に支えられて、この旅を乗り切って欲しいナ。

  • チャグムとバルサの再会シーンが素敵!どんどん状況が深刻化してきて、絶望しかないように感じ、チャグムの描いてる未来へと辿り着くのが難しいように思うけど、ここからどう這い上がっていくか期待して読み進めたい。

  • 2017/03読了。バルサとヒュウゴが出会い、タンダは草兵として取られ、チャグムは陰謀の渦の中。間一髪のところで出会えたバルサとチャグムに感無量です。

  • 守り人シリーズ最終章三部作第1巻。
    今までの登場してきた国や人々を巻き込みながら、戦の様相が色濃くなっていきます。タルシュの北部侵攻、ロタ王国の分裂、新ヨゴ皇国の鎖国…それぞれの国が目指す路とそこに生きる人々の思惑が入り交じり、展開はますます壮大に。
    互いを案じながらも会うことのなかったバルサのチャグムの再会はぐっときます。さすがバルサと言いたくなるプロフェッショナルさ。またこの2人の旅が見れるなんて幸せです。絶望し、希望を見出し、再び絶望し、それでもかすかな希望をさぐりながら前へ進もうとするチャグムと、彼を全力で支えようとするバルサ。困難な道をひた進んできた二人の背景を知っているからこそ、ますます過酷さが増しそうなこの旅路を目を逸らさず見届けようと思ってしまいます。
    守り人・旅人シリーズもいよいよ完結編。丁寧に読み進めたいと思いながらも、ついつい先を急いてしまう面白さが健在です。

  • 遂に再びバルサとチャグムが出会った!
    相変わらず激しい戦いの日々だし、タンダも酷い目に遭ってるしアスラもチキサも揺れてるし、手に汗握る状況ですが、なんとかなりますように!
    カチャルもシハナも出てきて、今までの総集編みたいな。

  • ちょっとチャグムの足取りがやや巧すぎな所があった気もしたけど、蒼路からの怒涛感が(多少ペースは落ちるけど)あまりそがれてないのがいい。ヒュウゴいいわ~。

  • p331からp337まで。
    どーしようもなく盛り上がった。(自分的に)

  • チャグムがシュガへ宛てたて手紙から始まる。

    早くチャグムとバルサが再会してほしくって、ドキドキ、ハラハラ。
    いろいろな思いが交差し、物語が続いていく。

  • チャグム皇太子編最終章第2弾。

     ファンタジー要素を薄め、弱国が強国にいかに対抗するか、その国家の興亡を描こうとする最終章である。
     息を付く間もない展開に加え、登場人物には見えない全体像は読者には見えているという心憎いばかりの王道構図によって、否が応にも増してくるハラハラ感には脱帽という他はない。

  • 荻原規子さん、佐藤多佳子さん、上橋菜穂子さん。仲が良いんだね!なんか納得。私もこの3人の作品、好き!

    このお二人と私は、それぞれ作風や手法は異なりますが、どこか深い底の方で通じ合っている感覚があり、しかも、三人とも、いわゆる「児童文学」というジャンルからデビューしながら、読者層は子どもから大人まで幅広い、という共通点があります。―p360・361より

    『モモ』、もう一回読んでみようかなぁ。確か小6くらいで一回読んだけど、まったく覚えてないわ(笑)

  • チャグムが、タンダが……

    もうハラハラし通し。。

  • 最初のチャグムからシュガへの書簡で、既に胸が痛くなる(--、)きっとバルサのことだから、チャグムを直ぐに探し当てて、タンダと三人で昔のような旅が始まるよね!p(^-^)qと願望をもって読み始めたのに、なかなか再開できず、それぞれに試練が…(ToT)様々な事が動きだし、次回はどうなるのかドキドキ(゜゜;)

  • ◆新ヨゴ皇国の皇太子チャグムはタルシュ帝国からの公開の途中で海へ飛び込み、行方不明のままに葬儀が執り行われた。
     大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい──密かな依頼を受け女用心棒バルサはかすかな手がかりを追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。バルサは<狩人>ジンからの密書で、チャグムの生存を確信する。かすかな情報を頼りにロタ王国にひそかに入国し、あらゆる可能性を考えながらチャグムの跡を追っていくバルサ。タルシュ帝国の密偵ヒュウゴや、ロタ王国のカシャル<猟犬>たちが暗躍するなかで、バルサはチャグムを探しだせるのか。
     時を同じくして、タンダのもとにチキサとアスラの兄妹が訪れ、異界<ナユグ>に異変が起きていると訴える。胸騒ぎを感じるタンダだったが、そこへ新たな訪問者があらわれる。
     一方、星読博士シュガは、宮中のタルシュ帝国との内通者と接触し、国のため、民のために恐るべき決断をしようとしていた。
     これまで分かれていたバルサの物語とチャグムの物語が、合流して大きな流れをつくっていく最終章三部作の一冊目。「守り人シリーズ」第八巻。


    (^^)<Comment

  • ちょうど休日だったのもあり、蒼路の旅人に続いて読了。海に飛び込みロタを目指したチャグムをジンの依頼を受けたバルサが捜索。少ない手がかりからチャグムの足取りを追うバルサ。後半、チャグムが襲われているところにバルサが追い付き・・・!続いてカンバル編に進みます。アスラのその後が分かり少し安心しました。

  • シュガへ宛てたチャグムの手紙から始まる、物語の最終章!

    シュガ、タンダ、バルサ、彼らの元にそれぞれチャグムにまつわる使者たちがやってくる。これまでの物語が、全て一つになり、明らかにされていくことがよくわかる。

    バルサはチャグムにやっとのことで追いついていくが、なんとチャグムにより、足止めされてしまう。。

    タンダの元にはあの、タルの民、アスラとチキサが助けを求めにやって来た。ナユグに何か起こっているようだ。だか、タンダは弟の代わりに、草平に出ることになる…。その先にも不思議な若者がタンダの元にやって来る。

    バルサはロタ王国の秘密を知り、今度こそチャグムを探しに行くことになる。
    たった一人で国を背負うチャグム!チャグムへの思いに駆られるバルサ…

    バルサの本当の強さ、女としての脆さ、チャグムの青きまっすぐさ!二人の行方がどうか幸運なものとなるようにと祈りながら読み進めるこの楽しさといったら!!

  • 守り人シリーズ7巻、最終章3部作の第1巻です。

    南の強国、タルシュ帝国からの侵攻が迫る中、新ヨゴ国の皇太子として国を守るには何をすべきか、成長したチャグムはそれを一人で考え、実行に移します。
    一方で、チャグムの安否を気遣いバルサが彼を追いかけます。
    そして、感動の再会~

    困難は全く解決されてませんが、バルサがいると無条件に安心してしまうわ。

    あと2冊で完結か。
    読むの勿体ない。

  • 守人シリーズラスト3部作の1。
    あらすじ
    海に身を投じたチャグムを探して、バルサはロタ王国に向かう。しかし、ロタ王国にもタルシュ帝国の陰謀があった。また、この世界と重なって存在する異界、ナユグでは春を迎えるが、それが何か影響しているらしい。なんとか出会ったバルサとチャグムは二人でカンバル国に向かう。

    どんどん話が大きくなっていくわー。国と国との思わくや、恨み悲しみが影響されていて、あとがきにもあるように、様々な人々の視点から読めるのが面白い。

  • どうやって大団円に向かうか…蒼路が起でロタ王国編はまさに承。細かい山はあれど淡々とした流れ。バルサとチャグムは次回で出会うのだろうと思ってたけど。でもその分 展開が早められそうだしね。転結のまずカンバル王国編でどんなドギマギするのか、楽しみで仕方ない。
    巻末の会談でのお話しの中での日本の中でのファンタジーについての捉え方がまさにその通りかもって気付かされた。だからなのか世界の中では夢見る大人が多いのでは思ってはいた。でもネガティヴな面ばかりではなく、ポジティブな意味でもその役割は素敵なのではと感じる。

  • 2016年4月22日購入。
    2016年8月18日読了。

全248件中 1 - 25件を表示

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)に関連するまとめ

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする