天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

  • 2746人登録
  • 4.44評価
    • (543)
    • (395)
    • (91)
    • (1)
    • (0)
  • 217レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302812

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再会したバルサとチャグムの、カンバルへの旅路。
    民の守り人たらんとするチャグムと、そのチャグムの守り人たらんとするバルサ。

    久々に同じ時間を過ごす二人の様子がどこか、懐かしく。
    その合間にはさまれるタンダとトロガイの師弟の話も、次巻への伏線でしょうか。

    次はいよいよ最終巻、じっくりと読みたいような駆け抜けたいような。
    ”そのときは、人になど、たのまない”、二度目の再会はどんな形になるのでしょうか。

  • バルサ、チャグム頑張れ応援したくなる局面が頻繁に訪れる。カンバルでの微妙な外交に四苦八苦。最後には、ようやく希望が叶うが、どうも、ナユグの状況が、今までと違う。
    迫り来るタルシュ帝国とどう絡み合うのか?最終章に突入!ああっ終わっちゃう。でも読みたい。

  • バルサとチャグムの関係がとても心地いい。
    また、シハナやカームが登場しても、
    その人柄を「既に知っている」というのは、
    シリーズものの強みなんだろうなぁ。
    と感じた。

    本編でもチャグムはまた一段成長する。
    「みごとなホイ(捨て荷)だったね」
    というバルサの一言がとても良かった。

    最後、楽しみ!

  • チャグムがタンダと名付けた馬がどうなったか、気になる! 私もいつか犬を飼ったら、タンダと名付けたいな。

    ひざまづいた後にチャグムがとらわれた、胸の中の複雑な思い。それをユーモアある一言でぬぐい去ったバルサは凄い!
    誰にでも、人生でホイ(捨て荷)を使う時があるのかもしれない。
    いつ、何を捨てるのか?
    いざという時、ためらわず捨てる勇気を持つ大人は魅力的だ。

  • んー。面白いんだけどなんか専門用語っていうかその国の食べ物や花の名前がするするっと当たり前のようになんも注釈なく入っててうん?とたまになってしまう。それが持ち味なんだろうけれど。
    でも面白かったです。シハナやカームが出てきたりなんか過去の人々がそろい踏み!みたいな。
    毎度毎度ごはんが旨そうなんだ。

  • 「第二部カンバル王国編」を読んだ。ロタからカンバルに向かい同盟を結びつけたいチャグムとそれを守るバルサの物語。金と権力、派閥争いなど大きな渦の中に放り込まれ孤独なチャグム。襲いかかる刺客との戦いに手に汗握り、カンバル王との交渉で見せたチャグムの熱い想いにグッときた。守り人シリーズも次で完結。新ヨゴ皇国とタルシュ帝国の戦いの結末は?みんなの未来は?あれこれ考えながら「第三部 新ヨゴ皇国編」を読む。

  • 敵も強いし、なかなか思い通りにならなくて苦しいし。でも進んで行く。強くて繊細でまっすぐな心のチャグムがまぶしいです。

  • こちらのほうにレビューが乗せてあります。

    http://booklog.jp/users/ohsui/archives/4101302812

  • カンバル王とのかけひきが心に残る。
    国を治める人は大変だ。。。

    後書きで、バルサはずっと一貫人としての立場を貫く、とあって ナルホド、と。

    次巻のバルサのセリフにあるが、泥にまみれて一所懸命やって、
    神のような超人的な力で成し遂げた、と言われてしまったら本人は確かに辛いな。。。

    タンダが。。。
    戦争シーンが怖くて、これ実写映画でこのシーンを再現されたら本当観るのが辛くなる。。。

    ファンタジーといえど、本当シビアな作品だと改めて思った。

  • 最終章 第2部

    ナユグ(ノユーク)の異変に気付き始めているタンダ・トロガイそして チャグムやカンバルの牧童や氏族の長達も。

    ロタとカンバルの同盟を結ばせるために奔走するチャグムとバルサ・・・・

    TVドラマに踊らされず、最初からシリーズ読んでて良かったぁ~

    登場人物が繋がってきて 最後の新ヨゴ国編へと続く

    シュガの出番が少ないのがちょっと寂しいけど
    国同士の駆け引きが大きく感じた第2部でした。

  • バルサの故郷カンバルにて、ロタとカンバルの同盟に動くチャグム。
    ここでもそう簡単に事は運ばない。
    カンバル王とチャグムの最後のシーンにはグッとくるものがあった。
    これから本編最後の新ヨゴ編へと突入する。
    一人でも傷つく人が少なくなるように・・・・と願いながら、次作に進みたいと思います!!

  • チャグムとバルサの最後の旅。少しずつ希望が見えてきたラスト。あと1巻で終わりかと思うと、悲しくなってきた。

  • カンバル王説得のためチャグムがとった行動。
    小泉首相が米国大統領にした有名なエピソード思い出す。
    民を救うためなら、王は自分のプライドは捨てる。

  • 2017/03読了。タルシュの脅威とナユグの影響からくる天災の予兆。バルサの前では子どもらしい一面を見せるチャグムが愛しい。

  • 守り人シリーズ最終章三部作第2巻。
    一縷の望みを掛けてチャグムはバルサとともにロタからカンバルへ。
    道中に出会う盗賊との攻防と、カンバル王との対面での心理戦が、こうも描写として重なるとは思わず唸ります。後者は、チャグムにとって、新ヨゴ皇国の皇太子としての立場と、カンバル王の心を動かすために起こした行動の狭間の葛藤が痛いほど伝わってくるだけに印象的なシーンです。
    戦の最前線に駆り出されたタンダの運命も見逃せません。タンダが<ナユグ>の異変に気づき、決死の思いでトロガイへ伝えようとする描写は2人の互いを思いやる師弟関係にぐっときます。
    イーサン王弟の助けもありチャグムはいよいよ自国・新ヨゴ皇国へ赴き、バルサはタンダの身を案じ戦場へ。気付けばバルサの背を越えたくましい青年となったチャグム。彼の成長が眩しくもあり、この先重い決断を迫られる未来も垣間見え悩ましい気持ちにもなります。カンバルの神々しい光がバルサ達を守りますように。
    いよいよ次巻が最終巻。10巻目にも関わらず、まだまだ読み足りないと思ってしまいます。。

  • 絶望的でしかなかった未来に、少しだけ光が見えてきたかも…?
    魅力的な人がたくさん出てきてわくわくします。
    市井の人々が幸せなれるミライが訪れますように。

    順番間違えてまだ闇の守り人を読んでいないのがとても悔しいので、未読の人は『闇の守り人』を先に読む方がいいのかも。

  • 2016年6月5日購入。
    2016年8月22日読了。

  • 内通者の正体とかチャグムがカンタダ王説得する手段とかその後の悶々とかそれをフォローするバルサの言葉とか、なんか色々なものが不自然でなくストンと落ちるの凄いと思う。

  • チャグムとバルサの旅がはじまりました^ ^
    カンバルに着いてカームやラダール王がタルシュ帝国側についていた時はショックで…
    でも分かり合えて良かった。

    アラム・ライ・ラ

  •  チャグム皇太子編最終章第3弾。

     バルサが再び出会ったチャグムは、もはや少年のそれではなく、未来と他者とを想う青年に成長していた。
     そして、目指すはバルサの故郷カンバル。新ヨゴ皇国に、平和と安心をもたらすため。

     危機を乗り越えたと思えば、出会うのは新たな危機と予想外の状況。冒険小説はこうあらねばということが響いてくる逸品。

  • カッサ、再登場!やったー!!と思ったら、怪我して終わり・・・!?

    『精霊の守り人』ぶりに、チャグムとバルサが一緒にいる。新ヨゴ皇国からカンバル王国へと舞台をかえて。この巻も面白いなー。

    アラム・ライ・ラ。
    ヨンサ方言のカンバル語で、山が頬を染めているという意味。母なるユサの山々は、お日さまに恋をしている。「タンダが撫でたら、バルサも頬を染めるの?」p98より
    とあるように、太陽が男性、山が女性という設定。

    一般的には、山は男性、海が女性を表すことが多いと思う。チャグムが卵を抱いたり、バルサが用心棒だったり・・・、やはり性の逆転が多い話だ。

  • ◆消息を絶っていたチャグムを、ようやくのことで見つけたバルサ。数年ぶりに会うチャグムは負傷していたものの、見違えるような若者になっていた。
     タルシュ帝国からナヨロ半島を守るべく、ロタ王国、カンバル王国、そして新ヨゴ皇国の同盟を成立させようと奔走するチャグム。だが、タルシュ帝国の密偵たちは、すでにカンバルに近づいており、側近には意外な内通者がいた!
     その頃、新ヨゴ皇国ではタルシュ軍による侵略が始まり、タンダは草兵として軍隊へ駆りだされてしまう。
     しかし、新ヨゴ皇国を襲おうとしているのはタルシュ帝国ばかりではなかった。北の大陸には〈ナユグの春〉が訪れており、それは、気候を温暖にし豊作をもたらす一方、天変地異も引き起こすものだった!
     『精霊の守り人』以来となる、バルサとチャグムの旅路が胸に迫る最終章三部作の二冊目。「守り人シリーズ」第九巻。


    (^^)<Comment

  • いよいよ期待したバルサとチャグムの二人旅だ♪バルサの故郷だし、なんとかなりそう!(^^)と思ったのに、辛く苦しくて、うまくいかない(--;)ナユグの春による天災も気になる(>_<)本当に次の巻で終わりなんだよねぇ?(゜゜;)

全217件中 1 - 25件を表示

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)に関連するまとめ

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)の作品紹介

再び共に旅することになったバルサとチャグム。かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆-迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。狂瀾怒涛の第二部。

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする