天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

  • 2817人登録
  • 4.61評価
    • (723)
    • (292)
    • (61)
    • (1)
    • (0)
  • 294レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302829

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恋人に会うより楽しい。くらい、このシリーズにのめり込み、漫画を読む感覚で今日、完結までを読み終えました。もう分析・批評は考えず、「自分の肌に合う本」と思うことにしました。ごちそうさまでした!!

  • とうとう終わってしまった。
    映画も漫画もアニメもかなわない程の、豊穣な物語を味わうことができた。
    シリーズを読み終えて不思議なのは、よくありがちな「物語のその後」はどうなったのか?できる事なら続編が読みたい…という思いが湧いてこないのだ。いい意味で。
    腹八分目であとは余韻を楽しめば、もう満足、そんな感覚におおわれる。足りないでも、満腹でもない。本当にちょうど良い。最高である。次にこんな感覚を味わえる物語に出会うのはいつになるだろうか…

  • バルサとタンダが幸せに穏やかに暮らしていて、それだけでいいと思いました。チャグムが目指したのはこれだものね。。もう一度最初から読み直したいです。

  • 最終章、最終巻。

    10年余りをかけて紡がれたこの物語も、閉幕となりました。
    ”父上、おさらば!”、生命と血統の二つの父への惜別の言葉、なのでしょうか。

    ”天”が示すもの、”地”が示すもの、それぞれを守るためにみんながもがきます。
    そんな劇中の重さがあるだけに、ラストシーンの春の描写が愛おしい、そんな一冊。

    しばしの余韻に包まれた後、ゆっくりと読み返してみようかと思います、”精霊”の旅から。

  • 守り人シリーズ最終章三部作第3巻完結。
    シリーズ作品に登場した今までの人物たちが登場し、まさに集大成とも言える最終巻でした。

    牽引する者、影で支える者、統治のなかで生きる者、統治のそとで生きる者、人ではない者、見えている世界<サグ>、見えない世界<ナユグ>。シリーズを通して読んでいる最中に感じていたのは「多様性」。そして読み終わった今感じているのは「共生」です。
    この作品には様々な立場で、様々な考えを持つ人々がそれぞれの生活を営みながら、悩み、苦しみ、考え、ふとした瞬間に幸せを見出しながら生きています。その中で人と人との縁が随所に感じられ、その縁は何歳であろうと人を飛躍的に成長させます。さらに彼らすべての受け皿となっている自然――恵みにも脅威にもなり得る自然の壮大さ荘厳さは神秘的で、その描写は常に敬意を払っているように感じます。
    ジャンルとしては児童書かつファンタジーになるのでしょうか、人の関わりが絡む場面はとても現実的ですし、ハッピーエンドの一言では終わらせないシビアな面も多く残します。生きていれば経験する悲喜交々、一方向からだけでは判断できない人の心情、振り返れば心に留めておきたい場面や考え方に多く出会えたように思います。

    作品としては一旦完結しますが、この先もそれぞれの地で、バルサの、タンダの、チャグムの、それ以外の全ての人々の物語は続いている。その緩やかな日常が垣間見えるような心地良い読後でした。

  • 守り人シリーズ⑨ 最終巻です。

    半年以上かけて勿体ぶって大事に読んできたのに、とうとう最後の一冊になってしまいました(涙)。

    でもさすが上橋さん、最後まで大満足のフィナーレです。
    それまでの戦の殺伐としたシーンから一転、トロガイが放ったコン・アラミ(金の蜘蛛)の糸の神々しさと浮遊感がすごくって、頭から離れません!
    そして、登場人物それぞれが自分の居場所に帰り着いた、そんな印象を与えるあたたかいラストシーンがとてもよかったです。

    チャグムやバルサはもちろん他のみんなも、それぞれの正義に向かって頑張っている姿に感動して胸がいっぱいになってしまうんですよね。
    本巻には出てこなかったけどシハナだって、チャグムの父でさえみーんなそれぞれの事情を抱えながら、他の誰かのために自分の信念を進むのです。
    単純な善悪ではなく、その事情を丁寧に描いている、それがこの物語の魅力ではないでしょうか。

    新ヨゴ皇国の再生はもちろんなんですけど、ラウル王子を導きながら骨太な国を目指すであろうタルシュの国づくりも見守っていきたかったです~
    全く触れられてないけど、アイオルが今のアイオルになるまでの苦労や葛藤が透けて見え、ヒュウゴの今後を追っていきたくなりました。
    敵でさえこんな気持ちにさせられてしまう、恐るべし上橋作品。。

  • 長い長い苦難の末に、チャグムもバルサもタンダもそれぞれの暮らしへと戻ったところを見届けることができて、読み終えてこれだけ切なく、同時に胸の内がくすぐったいような温かい気持ちになれた物語は久しぶりだったと思います。
    これからチャグムが作り上げていく新たな新ヨゴ皇国の姿を、そしてバルサとタンダの暮らしをずっと見ていたい気もします。
    本当に素敵で素晴らしい物語でした。

  • すごい。
    ものすごい愛を感じました。バルサとタンダの中の想いの深さが、タンダを生かすためにタンダの腕を切断するという行為の中に、どんな愛の言葉よりキスとかそういう行為よりも、深い。
    そして大きくなったチャグムとバルサの永遠の別れ……なのに、悲しみはない。それどころか、清々しささえ感じます。もう二人は会えないのだろう。でも、精霊の守り人の最後のような悲しい、寂しい別れではないんです。二人は、二人の歩む道をきっぱりと見つけて、それがもう交わらない、それだけ。
    大団円。と呼んでいいのだろうか。新ヨゴは救われたし、タルシュもきちんと皇帝が決まった。トロガイ師も生きて戻った。タンダとバルサは夫婦になったし、どこも丸く収まった気もする。が、そこまでに、あまりにも多くの命が失われたし、タンダの腕も、死んだコチャも帰っては来ない。
    帝のあり方とかチャグムとの対峙のところとか、すごいなあすごいなあと思いながら読んでいました。
    ヒュウゴとジンが大好きなんです!
    ところで、上橋さんの講演会に行った話をここでしたか記憶がないのですが、「こういうところでは必ずバルサとタンダは結婚するんですか?と聞かれますね~」と語っていた、と書いたんですけれど、むしろそこ読み取れなくてどうする!?めっちゃ書いてあるじゃん!はっきりと結婚とか夫婦とか書いてないけどめっちゃ書いてあるじゃない!と思ってしまった。
    あとがきの鼎談なんかを読んでいると、やはりゲド戦記や指輪物語に再チャレンジしなくてはならんな……と思う。

  • バルサとチャグム、二人を取り巻く壮大な物語の、完結編。



    2014.02.04

  • 完結、満足。

    速かった。でも、大きかった。
    誰かに焦点が当てられた物語には、最早収まらなくなっていた。すごすぎる。

    しかし、始まりは『精霊の守り人』だった。
    あの、我儘皇子チャグムが、外界に触れ、異世界に触れた所から全ては回り出した。
    そうして、バルサは盤上を読めないものにしてゆく達人だった。シュガの星読みさえ、届かぬ駒の進め方をバルサがやってのけた。

    それぞれの思いは、道を作り、話を紡ぐ。
    意志によって創られた物語だった。

    最終巻を読む時のワクワクと寂しさ。
    もう、この世界に足を踏み入れることはできないと思うと、躊躇いすら覚える。
    一度読んだものは、もうなくなることがない。
    だから、バルサやチャグムと同じ歩幅で歩めなくなることが残念だった。

    上橋菜穂子は、これだけの世界を創り上げて、それは守り人だけでなく獣の奏者というまったく別世界まで創り上げて、疲れないのだろうか?

    その中に浸ってしまいたい気持ちが、私ならあるなあと思った。

    ああ、とりあえず良い作品でした。ありがとう。

  • 2013.2.13読了。
    シリーズ最終作。
    ロタとカンバルの同盟軍を連れ、帰国したチャグムと神の国を信じている父王との訣別、そしてチャグムが新王になるまでの話。
    バルサはタンダを戦場まで助けに行き、その後も一緒に暮らす。

  • 全10作。読み終わってしまった。
    壮大な話だったなぁ。読んでよかった。
    獣の奏者のときも思ったんだけど、この作者の話は読み終わるのがもったいないと思わせるすごい作品だと思う。
    番外編もあるみたいだから、読みたいな。

  • 三部作一気読み。あー、終わっちゃった。寂し〜。苦難の道を歩んできたすべての人々に幸あれと祈らずにはいられない。タンダとバルサの二人にやっと共に暮らす平穏な日々が訪れたのが嬉しかった。二人の生活ぶりが描かれた短編を早く読みたいなあ。2012.12

  • 遂に守り人シリーズ全読破。バルサとチャグム、2人に関わる人々を交えた長い長い物語が終わり、色んな思いで胸がいっぱいです。
    壮大でありながら非常にリアル、人々の生き様や自然がもたらすものへの敬意が丁寧に描かれている。まさに共存という言葉がしっくりくる。もっともっと読み続けていきたくなるような、生命力溢れる物語。
    天と地の守り人の、ラストへと駆け抜ける盛り上がりにはトリ肌がたった。命を救う為タンダの腕を切るバルサに、胸が締め付けられる想いだったが、これが彼女の最大の愛情表現と言った上橋さんには本当に参る。ファンタジー好きはもちろん、色んな人に勧めたい。

  • チヤグムはカンバルとロタの兵士とともに新ヨゴ皇国の都へ。戦況だけでなく洪水の危機を一刻も早く伝えねばなりません。バルサはチャグムと別れてタンダを探しにゆきます。ずーっと気になって気になっていたけどようやくタンダのことを書いてくれた、という気持ちでした。父帝と対峠する場面も、これまでの苦難の道が思い出され何とも言えません。ジンの涙にもグっときました。帝はこれまでは冷徹で人ならぬ神の子、という描かれ方をしていたように思いますがチャグム自身も為政者となる立場となって初めて、共感はできないながら父の生き方を理解できる境地に達し、悲しいめぐり合わせの父子でしたが、最後にそういうある種の和解が描かれていて良かったです。そしてやはりくせ者ヒュウゴがここでこう来たか!という役割を果たし、やっぱり彼を主役に据えたお話をいつか読みたい!と思いました。

  • クライマックスで
    ババーが全裸で
    生肉食らいながら
    大樹と一体化して
    緊急洪水警報ながしていた

    そう考えると漫☆画太郎作品っぽいな

  • 読み終えて1週間以上経ってからのレビューですが……。
    前作でついにチャグムとの再開を果たしたバルサ。この第二部・カンバル王国編では、北の諸国の同盟を実現するため、チャグムはバルサと共に王都を目指します。

    チャグムがバルサと共に旅をしたのは、第一巻「精霊の守り人」以来。当時11歳だったチャグムはバルサに守られてばかりでした。しかし、それから歳月が経ち、17歳になったチャグムは今回の旅ではしっかりとバルサをサポートしています。彼の成長が微笑ましく感じられます。

    いつも上手く行きそうで行かないじれったさによって、物語に引き込まれます。
    そして最後、全ての道が閉ざされたかと思った次の瞬間に、どーんと糸口が開くどんでん返しが爽快です。しかも、これがいきなりな展開ではなく、振り返ってみればその伏線がちゃんと紡がれている事に、さすがだなと思わされます。

    タルシュ帝国との戦争という「サグ(この世)」の出来事ばかりに目を奪われがちですが、今巻の最後では「ナユグ(精霊界)」絡みの大事件が起きます。
    タルシュとの戦いには希望が見えた反面、ナユグの事件はどうなるか分からないという終わり方。最終巻に向けての期待をこれでもかというほど高めてくれる作品です。

  • 完結。

    天子は神たるべき、それを嫌がるチャグムは純粋で正しいと思う

    自分をひとりの人間としてみて欲しいのも

    けれど、天子が(というか天子っていう呼称自体そうだけど)人間を超越した存在だと思わせることで、トップに立つうえでことをスムーズにいくんだとも思う




    チャグム、大きなったなぁ…(感涙

  • そして父、帝との和解。
    チャングムは色んな人との交わりで成長し、色々なものが見えるようになりました。

  • シリーズ通して文句なく面白かった。
    精霊から夢まではバルサを主人公としたファンタジー色の強い一話読みきりだったのが、虚空の旅人以降、チャグムとバルサの物語が縒り合わさる太い糸のように結びつき、そこに様々な人物や国、習俗や伝説、政治と生活が鮮やかに絡み合って大団円のうちに終わったという印象。
    完全な架空の世界でありながら非常にリアリティがあって、特に十代の若い人に読んでもらいたい。
    作中の食べ物も美味しそうだった。
    また文庫版に収録されているあとがきや解説、特に天と地の対談は、東北の大震災を踏まえて泣けてきた。
    日本のファンタジーの最高傑作の一つだと思っている

  • 遂に完結!!
    …というか、これで最後かと思うと読み終えてしまうのが惜しくて、買ってからしばらくは手をつけられなかった。

    この巻で一番忘れられない場面は、第二章にあるバルサがタンダの腕を切り落とすところ。
    切な過ぎて、やるせなくて……。
    なんて酷い運命をバルサに科すのだろう!
    と、ちょっぴり作者を恨んだくらいw

    あと、最後まで相容れないチャグム親子も切なかったなぁ……。
    息子は過酷な運命を背負いながら、それでも立派に真っ直ぐ育っていったのに、国が滅びの窮地に立たされても尚、帝として『天ノ神』で在り続けることに微塵も疑問を抱かぬ父。
    生まれた時からそういう生き方しか教わらなかったとはいえ、実の息子の言葉すら受け入れられない、あまりに頑ななその姿勢は、憐れとしか言い様が無かった…(T_T)

    最終的に、チャグムは国を護り、バルサにはタンダやトロガイと共に暮らす穏やかな日々が訪れたが、個人的には、頑張ったチャグムをもう一度バルサに会わせてあげて欲しかった!
    これから国を建て直して行かねばならないチャグムには、まだまだ苦難が降りかかるはずだから、この先、帝として頑張っていく彼に心の糧みたいなモノをあげても良かったのでは…と、思ったのは私だけ?

    何にしても、涙なくして読むことの出来ない一冊だった。

  • 私にとって守り人シリーズは生きている物語です。
    結末を迎えた後も彼らの人生は連綿と続いているからです。
    もちろん、本書より前の人生もちゃんと在ります。
    私は彼らの人生の一部をちょっと覗かせてもらっただけにすぎないのです。

    最初は理不尽な生い立ちのせいで、痛ましく、でも強く生きるバルサに惹かれて。
    そのうち、あれよあれよと皇太子として成長するチャグムに目が離せなくなって。
    気がつけば、国の存亡の危機に立ち向かうチャグムの壮大な旅路がどうやって終わるのか気になってしかたがありませんでした。

    最終章を迎えるまでに、敵国や隣国の内情がこれでもかというくらい描かれていたので、外交術や駆け引きなども見ごたえ(読みごたえ?)がありました。
    さらに、呪術や精霊が棲むもう一つの世界との関わりなど盛りだくさんで、守り人の世界を心行くまで堪能できました。

  • へぼ弟子と罵りながらもタンダを思うトロガイ師に涙。

  • 守り人シリーズ本編、遂に完結。最も大きなうねりが到来し、全てが結末へと向かっていきます。帰還したチャグムと帝の対話の結末は、最善ではないにしても今まで築き上げた自分達の立場から考え得る精一杯のものだったのでしょう。また、バルサがタンダを救う為の並々ならぬ決意を持った行動も素晴らしかったです。トロガイもきっちりとその存在感を魅せつけたことにはあの緊迫した場面でも爽快な気分を味わせてくれました。そしてようやく訪れた平穏への兆し。彼ならきっと最後の温かい光景を守れる国を築いてくれるはず。短編集も楽しみです。

  • とうとう旅が終わってしまった。充足感と寂寥で胸がいっぱい。

    タンダの腕のシーンがものすごく印象的で2人がお互い思いやり、共有しあっている感情が一気に流れ込んでくる感じがして泣けた。
    タンダ:切り落とす時の痛み、その直後から長期間闘わなければならない激痛への恐怖はもちろんだけど、それ以上に、バルサにこんな辛い役割を負わせてしまうことの悲しみや申し訳なさ、 片手を失うことで今後ずっとバルサに負担をかけてしまうのではというやるせなさなど。
    バルサ:自分が切らねばならない辛さよりも、タンダの激痛、無念、長期に渡るであろう心身の苦悩を思いやっている感じ。

    帝はチャグムに愛情がなかったわけではないことが最後の最後で分かって少し救われた。
    精霊の守人から通して振り返ってみると、チャグムの成長ぶりは本当に圧巻だった。
    為政者と民衆が、みんなどこかに責任を投げているようなところ・・・現実に置き換えても耳が痛い。

    ナユグも自然も天も地、ただあるようにあるだけ。
    この考え方は西洋よりもやっぱり東洋的なのかなと思う。個人的にも最終的に行き着くところはここかなと思う。

全294件中 1 - 25件を表示

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)に関連するまとめ

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)の作品紹介

ロタとカンバルがうごいた!北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。-十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章『天と地の守り人』三部作、ついに完結。

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)はこんな本です

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)のKindle版

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)の単行本

ツイートする